新川優愛、竹内涼真を巡って浜辺美波とライバルに! 映画『センセイ君主』

主演を竹内涼真さん、ヒロインを浜辺美波さんが演じる、先生と生徒の胸キュンラブコメディ、映画『センセイ君主』が8月1日より公開となります。

佐丸あゆは(浜辺さん)は恋に恋するパワフル女子高生! そんなあゆはは、担任代理としてやってきた数学教師・弘光由貴(竹内さん)に恋してしまいます。先生と生徒の禁断の恋!? と思いきや、弘光先生はあゆはに興味はなく、「絶対に先生をおとしてみせます」と言うあゆはに、「そこまで言うならおとしてみなよ」と挑発! あゆはの全方向に間違った恋の猛アタックが笑いたっぷりに描かれます。


ローリエプレス編集部では、弘光先生の幼馴染であり、あゆはにとっては恋のライバル的存在となる秋香(しゅうか)を演じた新川優愛さんにインタビューをさせていただきました。落ち着た大人の魅力を持ち、あゆはをやきもきさせる美人音楽教師という、新川さんにぴったりの役柄♡ 今作への思いから、竹内さん、浜辺さんとのエピソード、そしてその美貌の秘訣まで明かしていただきました!

目次 [開く]

大人の魅力を出せるように


(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

学園ものの胸キュン作品への出演は久しぶりだったという新川さん。しかも以前は生徒役として出演していたのが、時を経て、先生役と立場が変わり「また新しい何かが自分の中でも感覚として得られるんじゃないかな」と、期待を持って現場に入ったそう。

「先生という年齢に自分もなったんだという自覚をすると同時に、あゆはちゃんとはライバルになっていく存在なので、高校生にはない大人っぽさや落ち着きを出せるように心がけました。セリフ一つ言うにしても、少し声を落ち着かせるとか、わーっと畳み掛けるようにしゃべるのではなくて、余裕があるしゃべり方にするとか。普段の私はまだまだ子供っぽくて(苦笑)、面白いことがあったらアハハハって声を出して笑ってしまったりするんですけど、秋香はふふふっぐらいで。大人の品の良さを出せるように頑張りました」

――秋香はヒロインのライバルという役柄なんですが、憎めない存在というか。

「ライバル=悪女みたいな感じではないですね。監督からも嫌な人でないから、そんな風に作る必要はないと言われていて。単純に昔から弘光先生のことを思っていて、その人が何かを諦めた姿ではなく、夢を追っている姿を見ていたいという気持ちを持っているからこその行動になるので。そこは台本を読ませていただいたときから感じていたことでもあったので、純粋に弘光先生のことを応援したい、っていう気持ちを根底に置いて演じていました」

(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

――新川さんご自身が共感できた部分はありましたか?

「ずっと余裕を持っていた秋香が、あゆはちゃんにとっては辛い言葉をかけるところあるんですけど、そこは人間味を感じて、すごく親近感が湧きました。それもあゆはを攻撃しようと思って言ってるのではなくて、彼(弘光先生)にとって本当の幸せはこれなんだって確信したからこそ、言った言葉で。その気持ちを我慢しきれなくなってしまったんだと思うと、人ってそういう部分あるよねって思えたし、私自身も役作りを考えて行く上で、楽になった部分でもありました」



今作のメガホンと取ったのは、昨年『君の膵臓をたべたい』を大ヒットさせた月川翔監督。「初めましてだったのでちょっと緊張もしていたんですけど、わりと自由にさせていただけるというか。私が何か提案をすると、“それいいね”って尊重してくださったりとか、迷っていることがあると助言してくださったりとか。個人的にはすごく楽しくやらせていただきました」と話す新川さん。普段からご自身のアイディアは現場に持って行くようにしているそうで「やっぱり演じるのは私自身なので、まずこういう風に作って行きたいな、というものは提示するようにしています。でもそれが絶対というわけではなくて、歩み寄って行くことが大事だと思っているので、自分の気持ちも伝えつつ、お話を聞くようにしています」

あゆは&浜辺さんのかわいさにハマる♡




新川さん演じる秋香は、弘光先生の幼馴染。弘光先生とともに留学をしていて、一人、夢を諦めて日本に戻ってきてしまった弘光先生を追うように、おなじ学校の音楽教師となります。そこで弘光先生に猛烈アプローチを続けるあゆはと出会い、やがて自分自身の気持ちにも変化が訪れるという人物です。物語の後半から登場するキーマンでもありますが、新川さん自身は役柄ではライバルとなるあゆは&浜辺さんの魅力にハマってしまったのだたとか。

「原作からも台本からも感じたのですが、あゆはちゃんの猪突猛進というか、こうとなったらこう! みたいな女の子はすごくかわいらしいなって思っていました。それがまた映画となると、美波ちゃんが身体を張って演じていて(笑)、その姿に胸を打たれましたね。みんなが応援したくなるヒロインです。私は後半からの出番だったので、前半、どんな感じになっているかは撮影中はわからなかったから、逆に完成したものを観てすごく楽しめました」

(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

――浜辺さんの印象は?

「2000年生まれで、まだ17歳なのにすごく落ち着いているんです。今回、撮影期間中は東京を離れて、神戸のホテルに一人で泊まってやっていたと思うんですけど、そんな状況でもいつも笑顔で、周りのスタッフさんのことを気にかけたりもしていて。自分がおなじ年の頃はそんなことできなかったし、今でもできるかわからないなって。すごく視野が広くて、大人だなって思いました。今回、美波ちゃんは変顔をするシーンが多いんですけど、その表情をすごく研究していて。監督や周りのスタッフ方と、“こんなかな?”とか言いながらやっていたんですけど、その姿もかわいかったし、こんなことにもこんなに一生懸命なんだって思って、尊敬しました」

(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

――竹内さんの印象は?

「すごく人が好きな方なんだなって思いました。男性女性関係なく、人と話をしたり、コミュニケーションをよく取っていらっしゃいました。ずっと明るく現場を盛り上げてくださっていて、さすが座長だなって。竹内さん自身は弘光先生とは違って、Sっ気のエの字もないくらい、ナチュラルでフラットな方ですね。そのおかげもあって現場は和気あいあいとしていて、特に生徒の皆さんは一緒に合唱の練習もあったりして、本当の学校みたいな雰囲気でした。その感じがスクリーンを通しても伝わるといいなって思っています」

美貌の秘訣は寝ること!




言葉や行動ではなく、存在感だけであゆはを嫉妬させてしまうという秋香を演じた新川さん。その美貌を遺憾なく発揮した役どころでしたが、美の秘訣を聞くと、特別なお手入れやエキササイズなどではなく、誰でも簡単に出来る「寝ること!」と笑顔で答えてくれました。

「とにかく寝るんです(笑)。実は今日も、昨日の10時前に寝て、今朝8時に起きて。それなのに、9時半~11時までまた寝ちゃいました。家にいることが好きで、寝るのが好きなんです。いい睡眠はお肌の回復にもいいですし、ストレスも溜まらなくなりますから。夏の暑い時期には、ひんやりするシートを敷いたりもしていますけど、正直、横になったら3秒くらいで寝てしまいます(笑)」

(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

そんな新川さんの恋愛観を探るべく、今作のキャラクターの中で、どの恋にグッと来たかと尋ねると、あゆはを密かに想いながらも、あゆはの恋を応援する虎竹(佐藤大樹さん)と回答。

「カッコいいなって思ったのは虎竹ですね。他の人に行ってしまう好きな人の背中を押すとか、自分に気持ちが向いてない相手を支えるとかって、相当、人として強くないとできないと思うんです。それは立場が男女逆になってもそう思うので、素敵だなって思いました。でも自分がそれをやれるかというと(苦笑)。私自身はあゆはちゃんほど猪突猛進っていう感じではないけど、秋香みたいに黙って見ているっていうのもできないですね。自分の気持ちはきちんと伝えたいって思うので、強いて言えば、あゆはちゃんかな。秋香は大人だなって思いましたけど、ちょっと私には難しいかな(笑)」


最後に「ポスターに“ニッポンの恋を明るくします。”っていうフレーズが入っているんですけど、恋愛ものでキュンキュンしながらも、思いっきり笑える要素も多いんですね。だから恋愛映画は恥ずかしくて、みたいな人も楽しめると思います。展開も早くて、テンポよく見られるので、いろんな方に面白かったと言っていただきたいと思います」と作品をPRしてくださった新川さん。思いっきり笑えるけど、胸もキュンとする映画『センセイ君主』は、8月1日より全国ロードショーです。

読者のみなさまにプレゼント♡


今回ローリエプレスから新川優愛さんのサイン入りチェキを抽選で1名の方にプレゼント♡

応募方法


1. 下記よりローリエプレスのアプリをDL

ダウンロードはこちら♡


2. レビューを投稿! (Apple StoreもしくはGoogle Playにて)

3. 公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRTするだけ♡




上記条件を満たしてくれた方の中からプレゼントします!

※鍵付きアカウントに関しては応募状況の確認ができないため、無効とさせていただきますことを予めご了承ください
※抽選の基準などに関するお問い合わせには一切お答えできかねます
※当選者にはローリエプレス編集部からDMにてご連絡を差し上げます。応募期間終了後もアカウントのフォローをお願いたします
※応募期間:2018年7月31日(火)~2018年8月9日(木)正午まで

みなさまのご応募、お待ちしております♡


作品紹介


(C)2018「センセイ君主」製作委員会 (C)幸田もも子/集英社

『センセイ君主』
8月1日(水)より全国ロードショー
出演:竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈、矢本悠馬、佐生雪、福本莉子/新川優愛

ストーリー


恋に恋する女子高生の佐丸あゆは(浜辺美波)は、告白7連敗中にも関わらず、恋に前向きな女の子。そんなあゆはの前に現れたのが、イケメンだけど冷徹でヒネクレ者の数学教師・弘光由貴(竹内涼真)。自分には興味はないとわかりつつも、弘光に惹かれてしまったあゆはは、ある日、勢い余って「絶対に先生をおとしてみせます」と告白。弘光の「そこまで言うならおとしてみなよ」という挑発に乗って、猛アタックを開始する。するとそこへ弘光の幼馴染で美人の秋香(新川優愛)が現れ、あゆはの幼馴染・虎竹(佐藤大樹)や、親友・アオちん(川栄李奈)も巻き込むと、弘光とあゆはの関係にも徐々に変化が起こり……。

(瀧本幸恵/カメラマン:小嶋文子)

たくさんのご応募ありがとうございます!
応募期間は終了いたしました(2018年8月13日現在)。

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事

今、あなたにオススメ