北山宏光さんがローリエプレスに初登場♡ 映画『トラさん』の見どころ直撃!

Kis-My-Ft2の北山宏光さんが映画初出演にして、初主演も果たした『トラさん~僕が猫になったワケ~』が、2月15日より公開となります。

北山さんは今作で小学生の娘を持つお父さん役を演じ、さらには猫役!? にも挑戦。家族を残してあっけなく死んでしまった売れない漫画家の寿々男(北山さん)が、トラ猫の“トラさん”となって家族の元に戻るというストーリーで、“猫スーツ”をまとい、何とも愛らしい猫っぷりも見せてくれています♡

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

ローリエプレス編集部では、お父さんと猫という難役をナチュラルに演じた北山さんにインタビュー! 父性も芽生えたというお父さん役でのエピソードや、人間が演じる“猫”への取り組み方、北山さん自身がこの作品を経て感じたことなどを語っていただきました♡

目次 [開く]

初の映画出演で父親役と猫役に挑戦!


(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

「あの大きなスクリーンに自分が映ってるっていうのがすごく不思議な気持ち」と、今作で映画初出演&初主演を飾った感想を語る北山さん。幼い頃、友達と初めて遠出をして観たエンタメが映画だったということもあり「人生何が起こるかわからないな~」と感慨深く語ります。そんな北山さんが演じているのが、高畑寿々男という売れない漫画家で、ダメ人間なんだけど、どこか憎めない愛らしいお父さんと、その寿々男が死んで転生した“トラさん”というトラ猫。どちらも演じるのがなかなかに難しそうな役柄にも関わらず、北山さんはそれをとてもナチュラルに表現しています。

「寿々男はやっていることは最悪なんですけど(笑)、どこか可愛らしくて憎めない人なので、そこは演じる上で意識していました。観てくださる方に寿々男を好きになってもらわなくてはいけないので、セリフ以外の部分でもそれが伝えられるようにというのは考えましたね。そのヒントになったのが、原作(漫画『トラさん』)の寿々男の表情とかで。僕自身も原作を読んで、寿々男を好きになったので参考にしました。寿々男の家族のお金を取ってギャンブルに行くとかはダメですけど、漫画家という仕事と向き合う部分では男として共感できたし。漫画家さんって白い紙にペンを入れるところから始まって、それって0から1を作る作業じゃないですか。そこは僕らの仕事とも近い部分があるなと。何か生み出したいけど、生み出せなかったり、こうなりたいけど、できない、なれないとか。理想と現実との間で葛藤したりすることはあるので」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

一方、猫を演じた“トラさん”の方も試行錯誤の上で作り上げたそう。

「一応、猫スーツを着ているだけで、猫として成立していると考えていたんですけど、実際の猫は4足歩行なのに、映画の中の僕は原作漫画と同じく2足歩行でガンガン走っていたり、そこを猫と人間のどっちに寄せるかというチョイスは難しいところでもありました。こちらとしては要所要所に猫の動きを入れて行くことで、猫スーツとの相乗効果もあって、観ている方が猫として認識してくれるんじゃないかって思って。だから餌を食べるときも、実際の猫は口から行くけど、僕はつまんで食べていたり。そこは監督と相談もして、餌以外にも“これも手を使ってもいいんじゃないかな?”とか、制限を広げるとより面白くなるんじゃないかと思ってやりました。猫の動きに縛られてしまうと、お芝居自体が縛られてしまうので、そういう芝居の要素は、観ている人たちに脳内変換してもらえると、このギミックの面白さが伝わるんじゃないかなって。そこは一番悩んだところではありましたけど、苦労というよりは楽しみながらやってましたね」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

「幼稚園ぐらいのときに猫を飼っていて、一回、10代で犬に浮気をしたんですけど(笑)、今、また猫、飼いたいなって思ってます」と、今作で猫を演じたことで、改めて猫の魅力に気づいたという北山さん。

「猫のバランス能力はハンパないですね。塀の上を歩くシーンとかもあったんですけど、僕はちょっと怖かったし。ジャンプもそうだし、くるっとひっくり返ったり、あれはやれって言われてもできない(笑)。あと猫をやっていて羨ましいって思ったのは、常に可愛がられていること。猫スーツを着てると、宏々路ちゃんとかもモフモフ触って来るんですよ。それに手に肉球とかもついているから、マネージャーさんが飲み物とかの蓋を開けてくれたり、台本も“何ページ、お願い”って言うと開いてくれて、至れり尽くせりで(笑)。猫っていいなって思いました」

ホントにかわいくて、父性が芽生えそうに


(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

今作は北山さんが猫を演じているというキャッチーな見どころがありつつ、心温まる家族との物語が軸となっています。そんな家族を演じた妻・奈津子役の多部未華子さん、娘・実優役の平澤宏々路ちゃんとのシーンは、ほっこりとした気持ちも湧きつつ、後半には涙が抑えられない名場面が訪れます。

「撮影の合間はよく3人で話してました。宏々路ちゃんが宿題をやっていたりして、学生が一番忙しいなって思ったんですけど(笑)、その宿題を見せてもらって“これ、どうやるんだっけ?”なんて会話を多部ちゃんも一緒にしたり。あとは休憩中に昼寝をしている二人の写真を撮ったり、逆に僕のも撮られたり。そういうコミュニケーションを裏でも取ることが映像にも出ると思ったし、特にこういう雰囲気の作品では必要だなとも思ったので」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

――多部さんはどんな方でしたか?

「嘘を全然つかない、さっぱりとした方ですね。僕、毎日、ファッションチェックをされていて。現場にはジャージとかで行ってしまうときもあるんですけど、今日は終わったら友達とご飯でも行こうかなって思って普段着で行ったりすると、多部ちゃんから“何これ~どこに売ってるの?”とか言われて(笑)。僕からしたら普通なんですよ。でもそういうことが重なって、毎日チェックされるようになってしまって。多部ちゃんはオシャレなので鍛えられました。もう“コーディネートはお願いします!”って言いたくなるくらい(笑)」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

――(笑)。宏々路ちゃんはどうでしたか?

「天才だなって。それは出来上がった作品を観てもそう思いました。ホントにかわいくて、父性が芽生えそうになりました(笑)。自分に娘がいたらきっとこんな感情になるんだろうなって。地元に帰るとあのくらいの子がいる同級生もいて、現実的ではあったんですけど、イマイチ自分ではピンと来てなかったというか。でも撮影を重ねているうちにこういうことなのかな?って。娘を目に入れても痛くないって言う友達に、いや、痛いだろうって思ってたんですけど(笑)、言わんとしてることは何となくわかりました」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

――そんなお二人と一緒だからこそ演じられたなというシーンはありますか?

「そういう意味では全部のシーンがそうだったと思うんですけど、やっぱり寿々男が猫の姿になって作業場にいるときに、二人がもういない寿々男への想いを話すところは心が動きました。あのシーンは監督からここでは泣かないでって言われてたんですけど、本番がスタートしたら勝手に涙が出てきちゃって。ダメだ! 我慢できないって(笑)。あのシーンは二人がいたからこそ、寿々男として決意がちゃんとできたと思います」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

筧昌也監督とは初タッグの北山さん。コメディ要素も多い本作で、監督のジャッジを頼りにしていたと言います。

「動きや、言い方とか、テストのときに僕からこういうのどうですか?って提案して、それを監督が笑ってくれたらOK!って思うようにしていました。特にバカリズムさんとのシーンは、僕が考えてきたものを出し切って、監督がOK!って言ってくれたのでできたところもあります。僕、芸人さんをすごくリスペクトしていて、その中でもバカリさんは脚本も書くし、演技もする方じゃないですか。だからどれくらい僕に付き合ってくれるかっていうのも勝負だと思っていたんです。けど、バカリさんの“それ以上こっちに来ないで”っていうセリフがあるんですけど、それは僕の動きに合わせてアドリブで言ってくださっていて。しかもテストが終わったら、僕も笑っちゃってたんですけど、バカリさんも笑ってくれていたから、それはすごく嬉しかったですね」

スタートラインに立つ勇気は常に持っていたい


(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

今作に出演したことで、北山さんご自身が感じたことをいくつか教えていただきました。

――寿々男というキャラクターを演じて、ご自身の人生観に影響はありましたか?

「やっぱり死んで後悔はしたくないので、何でも日々チャレンジして行きたいなって思いました。新しいことを始めることにビビらないというか。スタートラインに立つ勇気は常に持っていようと。やらないよりはやって後悔する方がいいので」

――ちなみに、今、チャレンジしてみたいことは?

「世界一周旅行。よく居酒屋さんとかに行くと、99万円で世界一周とか書いてあるポスターが貼ってあるじゃないですか。ああいうのを見て、いつかやってみたいなと思いますね。でも100日以上かかるみたいなので、そのときは一瞬、メディアから消えちゃいますけど(笑)」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

――これはやっておけば良かったと後悔していることはありますか?

「義務教育(笑)。よく親から後で後悔するから勉強しなさいって言われてたんですけど、今となるとそれがわかりますね。知識があると物事の見方が変わってきたり、新しい知識を得るにも最短ルートで行けたりするじゃないですか。英語、日本史、世界史とかは今からでもやりたいとは思うんですけど、時間がないですね。だから勉強が仕事って言われていた学生のうちにやっておけば良かったなって思っています」

――北山さんは大切な人にその想いを伝えられている実感はありますか?

「寿々男は“愛してるニャー”だけど、ちゃんと家族に対して愛してるって言えているのがすごいなって思うんです。これを言えるようになったら合格だなって思うんですけど、自分ができるかというと……言葉は勘弁して欲しいというか、そうじゃない方法で気持ちを伝えられたらって思います。僕が両親にしてるのは物ですかね(笑)。それで安心してもらえるところもあるし。まあ、催促が来たりするんですけどね(笑)」

(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

笑って泣けて、いろんな表情の北山さんも堪能できる、映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』2月15日(金)より全国ロードショー! 「機会があればお忍びで」と、北山さんも劇場に行きたいとおっしゃっていたので、もしかしたら一緒に映画館で鑑賞できるかもしれませんよ♡

作品紹介


(C)板羽皆/集英社(C)2019「トラさん」製作委員会

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』
2月15日(金)より全国ロードショー
出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要 潤、バカリズム

ストーリー


過去に猫を題材にしたヒット作を生み出すものの、現在は売れない漫画家の高畑寿々男(北山宏光)は、妻・奈津子(多部未華子)がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、娘の実優(平澤宏々路)からも呆れられる日常。だが、家族への愛情表現は欠かさず、お気楽な寿々男を、奈津子も実優も許してしまっている。そんな中、いつものようにギャンブルに出かけた寿々男は、その帰り道に交通事故に遭い、あっけなく死亡。“あの世の関所”に送られ、裁判長(バカリズム)から「執行猶予1ヶ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿で」との判決を受ける。トラ猫の姿となった寿々男は、奈津子と実優の元に戻り、なんとか実優の気を引くことに成功し、“トラさん”と名付けられて高畑家の飼い猫の地位に収まる。しかし、猫の寿々男の言葉は二人には届かず、二人から可愛がられるだけで、寿々男は“愚かな人生の挽回”をするどころか、二人に何もしてあげられない。そうこうするうちに約束の1ヶ月が迫り……。
(瀧本幸恵)

この記事を書いたライター

瀧本幸恵
編集&ライター。映画、TV、音楽などのエンターテインメント系で主にお仕事をさせて頂いています

関連記事