友達がいない原因って何?社会人女子の友達事情と人付き合いのヒント

『友達がいない』という社会人女子は少なくありません。友達が多い人との違いや友達が減っていく原因は何でしょうか? 一匹狼の女性は男性の目にはどう映っているのか、無理のない友達作りのポイントもあわせて解説します。
目次

友達が多い人、少ない人の違いって?



友達は多ければ多いほどよいわけではありませんが、少なすぎると「自分に問題があるのかな……」と不安を感じる人もいるでしょう。
いつも友人に囲まれている人と、ぽつんと一匹狼になってしまう人の違いはどこにあるのでしょうか?

誘うか、誘われるのを待つだけか

当然のことですが、一度や二度言葉を交わしただけの人を『友達』とは呼びません。食事に行ったり、一緒に遊んだりして、少しずつ距離を縮め、相手のことを理解したところで初めて友達になるものです。

友達が多い人は、自分から食事や遊びに誘い、積極的に友達になる『きっかけ』を作ろうとします。

一方で、友達が少ない人は、引っ込み思案な傾向があり、相手に話かけることはできても、時分から誘うまでには至りません。「断られたらどうしよう」「誘った後はどこに行こう」など不安が先に立ってしまいます。

もしもその場にいる人達が全員『誘われるのを待つ派』だったら、なかなか友達の輪は広がっていきませんね。

フットワークの軽さ

友達が多く、人脈もある人は『フットワークが軽い』『行動範囲が広い』という共通点があります。
たとえば、当日、「仕事帰りに飲みに行こう!」と誘われたとします。友達が多い人は、予定が空いていれば多少遠出になっても快くOKするでしょう。帰りが遅くなることやオシャレな服装をしていないことなどは気にしません。

会社やサークルでも、行事の参加率が高い人やノリがいい人は友達がどんどんできるでしょう。自分から誘う勇気はなくても、『相手の誘いにどれだけ楽しそうに反応するか』というのはとても重要なのです♪


悪く思われたくない気持ちの強さ

友達が少ない人は「相手に悪く思われたくない」「嫌われたくない」という気持ちが強いのかもしれません。自分がどう思うかよりも、他人にどう思われるかを気にするので、人といるのが疲れるのです。

特に、初対面の集まりや大勢での飲み会が苦手で、おちょくりやジョークも真に受けてしまう傾向があるかもしれません。

友達が多い人はその場をどう楽しむかを考えます。必要以上に自分をよく見せようとしないので、大勢の中にもスッと入りこみ、自分の欠点や失敗までも自虐ネタにしてしまう明るさがあります。

社会人になるとなぜ友達が減るのか



「社会人になってから友達が減った」「知り合う人は増えたのに友達はできない」という人は少なくはありません。新しい友達ができにくいのはまだしも、これまでの友達が1人、2人と疎遠になっていくのはなぜでしょうか。

仕事が忙しい

まず考えられるのが『仕事が忙しいこと』です。夕方は残業で帰りが遅く、休日も不定休という場合、友人の約束や習い事、飲み会への参加は難しいでしょう。

フリーの日があったとしても、「疲れて家でゴロゴロしていたい」「家でペットと戯れていたい」と、インドアでの楽しみに傾きがちになります。

ストレスが多い現代、自分だけの時間を確保することは大切です。そうなると、友人との約束は二の次になり「気づいたら半年も会っていなかった!」ということになるのです。

もし、大事にしたい友人がいたら、意識的に会う機会を設けましょう。半年、1年と会わない期間が長くなると、どんどん疎遠になっていきます。

成長して合わなくなったと感じる

親友と思っていた幼馴染と気が合わなくなるのは、自分や相手が成長して、本当の自分や居場所を見つけた証拠です。学生時代は限られた仲間と毎日顔を合わせているため、『いつも一緒にいる人=親友』と錯覚してしまうケースがあるようです。

しかし、学校やサークルという枠が外れると、「実は気性の合わない相手だった」「仲間外れになるのが嫌だから一緒にいた」ということに気づきます。

さまざまな経験を積むうちに、友達の定義が分かるようになり、「見せかけではなく、本当の友達を見つけたい」と思うようになるでしょう。うわべだけの付き合いは消滅していき、その結果、友達が減ったように感じるのです。

ライフスタイルの違い

ライフスタイルが変わると、少しずつ会う機会が減っていきます。独身時代は自由に友人と飲み会ができていたものの、結婚した途端、昼間のランチタイムしか会えなくなったという人も多いはずです。
『住んでいる場所が遠くなった』『お金の価値観が違う』『時間がない』『休みの日が合わない』『家族を優先しなければならない』などは、友達が減ってしまう大きな要因です。また、生き方・習慣・価値観の変化が、友人関係に影響を与えることもあるでしょう。

友達がいなくても幸せだと言える理由


友達の数と幸せはイコールではありません。友達が少なくても胸を張って『幸せ』と言える人は、他の人の目には輝いて見えるでしょう。

自分がやりたいことに集中できる

1人だけの時間は、自分がやりたいことに没頭できる最高のひとときです。読書にふけるのもよし、スポーツに没頭するのもよし、行先を決めない1人旅をするのもよし、好きなことをとことん極められるでしょう。

また、仕事上で専門的な分野を極めている人や誇りをもっている人は、過度なコミュニケーションを避け、『やるべきことに集中する時間』を大切にしようとします。その中にやりがいや充実感を見いだせるのは、幸せといえますね。

孤独に強い人は自由に生きられる

孤独に弱い人は1人ぼっちになりたくないという思いから、自分の本音が言えなかったり、群れの中にいて他人の制約を受けたりする傾向があります。「自由になりたい……」と思っても、なかなかその環境から抜け出せません。

逆に孤独に強い人は、自己判断で行動し、本当の自由が謳歌できるといえるでしょう。

面倒なトラブルや出費に悩まされない

友達が多いと、食事や遊びに誘われる機会が多く、必然的に『交際費』が増えていきます。結婚式に呼ばれることも多くなり、そのたびにご祝儀を包まなければなりません。

また、引っ越し祝い・出産祝い・開業祝いなど、社会人になるとさまざまなお祝い事が増えます。学生時代とは違い、それなりの金額を出す必要があるので、友達が多い人にとっては痛い出費になるでしょう。

友達が少なければ面倒な付き合いやトラブルが少なく、自分の好きなものにお金と時間が費やせます。

群れない女性は魅力的



群れない女性と、いつも集団でいる女性はどこが違うのでしょうか? 男性の目線から見た『一匹狼女子』の魅力を探ってみましょう♡

特定の相手だけを大切にしてくれそう

女性は1人よりも集団で行動したがる生き物です。1人で行動する『一匹狼の女性』は、同性の目から見れば、付き合いが悪いと思われるかもしれませんが、男性の見方はちょっと違います。

1人でいることに不安を感じない姿は、『自立した女性』をイメージさせるでしょう。また、誰にでもいい顔をしないところは、「好きになったら自分に尽くしてくれそう」「正面からきちんと向き合ってくれそう」というプラスの感情を抱かせます。

ミステリアスなオーラがある

群れない女性は、独自の世界観を持っており、女性の集団から浮いてしまうことがあります。しかし、集団でいる女性よりも、1人で行動する女性の『価値観』や『ライフスタイル』に興味を持つ男性は少なくありません。

共通の友人がおらず情報が得られないという点からも、プライベートは謎に包まれ、「あの子のことが知りたい」という欲求にかられるでしょう。このミステリアスなオーラこそが、一匹狼女子にしか出せない魅力なのです♪

でも、友達が1人もいない人生は辛い


群れない女性が魅力的だと言っても、やっぱり友達0の人生は味気ないものです。友達は何かの目的のために作るわけではありませんが、友達がいないとどんな『寂しさ』があるのかを考えてみましょう。

相談や情報交換する相手がいない

家庭や職場でトラブルを抱えているとき、心許せる友人は、よき相談相手になってくれます。

たとえ問題は解決しなくても、ただ聞いてもらうだけで心がホッとするのを感じるでしょう。1人で発散するのと、誰かがそれを受け止めてくれるのとでは大きな差ですね。

心理学によると、良好な友達関係は『心の支え』になり、人としての『成長』を促すとされています。友人のサポートがあると分かっているだけで、不安感が薄れ、明るくポジティブになるのです♪

また、友人との交流は『情報交換』の役割も兼ねています。大方の情報はネットで検索できる時代になりましたが、生身の人間がもたらすリアルな情報ほど面白く、人を成長させてくれるものはないでしょう。

1
2

この記事を書いたライター

さおり
ライター。恋愛や美容、ファッションなど、10代後半から20代の女子のお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事