下まつげが少ない人必見!魅力的な目元になれるメイク&エクステを紹介

つけまつげの選び方のコツ


1.軸が太いものを選ぶ
糊(ノリ)をつける範囲が大きく接着が安定するのと、まつげのキワに装着できるので目元を大きくみせてくれます。
2.まぶたのタイプ別で選ぶ
まぶたが重たい人は長めのタイプを、まぶたが薄い人はナチュラルなタイプを選ぶと、自まつげとの馴染みが良いです。
3.軸のカラーにも注目
アイライン効果を狙うなら、軸が黒いものを選ぶとはっきりとした目元に仕上がります。
反対にナチュラルでぬけ感のある目元を演出したいときは、軸のカラーが透明なものを選んでみましょう。

つけまつげの付け方


1.アイメイクは全て終わらせておく
2.あらかじめ自まつげをカールさせる

この一手間で、カールしているつけまつげと馴染み、自然な仕上がりになります。
3.つけまつげを丁寧に台紙から外す
4.つける前に、目元にのせて仕上がりをイメージする
5.目頭より少しずらしたところに置く

実際に置いてみて幅が広ければ、カットして調節してみましょう。
6.つけまつげの軸を持って、曲げたり伸ばしたりを数回行う
これをすることによって、目のカーブに馴染みやすくなります。
7.つけまつげ専用のノリをつけて、ゆっくりと目に装着する
中央から装着していくと失敗しづらいです。
8.鏡を見ながら角度などを微調整して完成!



下まつげにおすすめのつけまつげ


チャレンジしてみたいけれど、種類がありすぎてどれが良いのかわからない……。そんな人におすすめの、扱いやすく気軽に試せるつけまつげをご紹介します。



【ANNEX JAPAN(アネックスジャパン)】Secret Charm ベビーマジック ダークブラウン


ストレートタイプでまつげにも馴染みやすい、下まつげ専用のつけまつげ。専用接着剤入りです。ダークブラウンで派手になりすぎず、ナチュラルな目元になります。

Secret Charm ベビーマジック ダークブラウン Amazonはこちら


【コージー本舗】KOJI 3DEYES 01-U エアリーアクセント


まるで本当のまつげのような自然な立体感を演出できる、3D製法のつけまつげ。軽やかなふわっとした仕上がりになります。根元が透明ベースのため、ナチュラルに仕上げたい人におすすめです。


コージー本舗 KOJI 3DEYES 01-U エアリーアクセント Amazonはこちら


お悩み別!下まつげのメイクテクニック


ぱっちりした大きな目元にしたかったり、逆に派手なのが苦手でナチュラルに仕上げたかったりと、人それぞれ理想の目元は異なりますよね。

ここからは、お悩み別におすすめのメイクのコツやテクニックをご紹介します。



下まつげが少なすぎる


下まつげが少ないけど、つけまつげは少し苦手……。そんな人は、アイライナーを使って下まつげを描いてみましょう。アイライナーの筆が細めで、自まつ毛との馴染みもよく自然に仕上がる「ブラックブラウンのアイライナー」がおすすめです。

最初は難しいかもしれませんが、スムーズに細く描くことができると、下まつげをナチュラルに増やすことができますよ。



目をもっと大きく見せたい


ビューラーを使って下まつげをカールするときは、なめらかな「Cカール」ではなく、ぐいっと下向きな「Jカール」を意識して、しっかりまつげを下向きにカールさせましょう。まつげの縦幅で目力が出て、大きな目元を演出できます。

また、目尻の下まぶたのあたりにほんのりブラウンシャドウを入れると、陰影がついてよりデカ目効果が期待できますよ。



面長を目立たなくしたい


面長さんは、下まつげを縦に強調させてお顔の余白を減らすとともに、目の位置を下げることがポイントです。

マスカラを選ぶ際は、ボリュームタイプよりもロングタイプを選びましょう。下まぶたに、キラキラとした「ラメ入り」や「パール入り」のアイシャドウをのせて涙袋をつくると、面長が目立たなくなります。



ナチュラルに仕上げたい


挑戦してみたいけれど、派手になりそうで不安……。そんな人は、ブラウンカラーのマスカラやつけまつげを使うことで、透け感のある目元を演出できて、ナチュラルに仕上げられます。

カラー入りのものを使ったことがなくて心配な人は、ブラックに近い「ダークブラウン」などから挑戦してみましょう。ダークブラウンは日本人の顔に馴染みやすく、ブラックよりもやわらかい印象に仕上がります。



下まつげをメイクでもっと魅力的に見せる方法


下まつげメイクに慣れてきたら、好みに合わせて自分流にアレンジしてみましょう。下まつげがポイントとなって、よりおしゃれ感を演出できますよ。

次は、まわりに差をつけられる、おすすめのメイク方法をご紹介していきます。



カラーマスカラでこなれ感をプラス


ブラックカラーのマスカラを使用すると、目元が全体的に重たい印象になりがちですが、下まつげにカラーマスカラを取り入れることで、こなれ感を演出できます。

定番はブラウンカラーのマスカラですが、ピンク系やレッド系もいいアクセントになります。ピンク系やレッド系を取り入れるのに最初は抵抗があるかと思いますが、目尻だけに塗るなどワインポイントとして使うと、おしゃれ度が増しますよ。



あえて毛束感を出すのもアリ


かわいらしい韓国のアイドルのような目元になりたいのなら、まつげ2~3本をくっつけて「束感」を出してみましょう。

マスカラを塗り終わった後、完全に乾く前にピンセットを使って等間隔につまんでみてください。しっかりと毛先をつまむことで毛束感が出て、ドーリーでかわいらしい印象になれます。



下まつげを盛りたいならマツエクもおすすめ!


どうしても下まつげメイクが上手くできない……。そんなときは、まつげサロンに行って、エクステ(マツエク)を試してみませんか。マツエクには豊富なデザインがあり、まつげの長さを強調してくれるものや、ビューラーをした後のようなカール感を出してくれるもの、マスカラを塗った後のような太さを出してくれるものなど、さまざまな種類があります。

お店でアイリストさんとのカウンセリングの際に、自分の理想としているデザインをしっかり伝えれば、理想の下まつげになれますよ。念のため、メリットとデメリットも紹介しますね。



マツエクのメリット・デメリット


さまざまな良い効果を期待できるマツエクですが、実はメリットの他にデメリットがいくつか存在します。

マツエクは一度つけてしまうと取れるまでに時間がかかるため、事前にデメリットをしっかり確認し、自分に合うかどうか確認することが大切です。



メリット


1.メイク時間が短縮される
マツエクをつけることでビューラーやマスカラの時間を短縮できるので、忙しい朝のメイク時間が大幅に短縮できます。
2.お泊まりも無敵!24時間ぱっちりまつげ
ノーメイクでも盛れるのがマツエクの最大のメリット。メイクをしていなくても目元ぱっちり、アイライン効果もあるため、彼とお泊まりをすることになってもかわいいままですっぴんにも自信が持てます。
3.カールや長さでデザインが無限大
マツエクには、カール・長さ・太さ・質感・カラーなど、豊富な種類があります。自分の理想としている目元により近づけます。

ビューラー&マスカラでは限界のあるメイクでも、マツエクでは叶えられるメイクもありますよ。



デメリット


1.定期的なお手入れが必要
まつげには毛周期があります。まつげの生え替わりとともにマツエクも一緒にとれてしまうため、最低でも2~3週間に1回は「リペア」として、まつげサロンに通う必要があります。時間に余裕がない人にとっては負担となります。
2.金銭的に負担になる
マツエクをするのにも、リペアに通うのにも、それなりの金額が発生します。定期的に通い続けることを考えると、金銭的な負担は避けられません。


下まつげのマツエクの選び方


人気の長さは6~8mmといわれています。そのため、マツエク初心者さんはまずはこのあたりの長さから挑戦してみるのがおすすめです。タレ目にみせたい場合は、目尻に長さのあるマツエクをつけるなど工夫をすると、理想の顔立ちに近づきます。

マツエクにはさまざまな種類があるため、アイリストさんとのカウンセリングの際に、自分の理想としている下まつげの形やデザインをしっかり伝えましょう。理想としている顔立ちに1番近いデザインや、プロの目から見た似合うデザインを提案してもらえます。



マツエクを長持ちさせるコツは?


決して安い金額とは言えない、マツエク。せっかく取り入れるのなら、できるだけ長持ちをさせて綺麗をキープ&金銭面での負担を減らしたいですよね。

実は、日常生活でちょっとした注意やひと工夫をするだけで、マツエクをより長持ちさせることができるのです。



目元を擦らない、触らない


自まつげ(自分のまつげ)とマツエクをくっつけている「接着面」をなるべく触らないようにしましょう。最初は気になって触ってしまいがちですが、たびたび触っていると、通常よりもマツエクが取れやすくなります。

クレンジングはオイルフリーのものを


マツエクは、オイルクレンジングに非常に弱い性質があります。そのため、クレンジングをする際は「オイルフリーのクレンジング」を使い、マツエクに負担をかけないようにしましょう。

どれを使ったら良いのかわからないという場合は、まつげサロンに専用のクレンジング剤が売っていることが多いので、サロンに行った際に一緒に購入するのもおすすめです。



しっかり乾かす


雨や汗・プールなどで水に濡れることは、マツエク&グルーの天敵です。そのため、汗をかいたときや雨に濡れたときは、ドライヤーを使いなるべく早めにマツエクを乾かすことが重要です。また、洗顔後もマツエクが塗れた状態となっているため、早めに乾かすことを心がけましょう。

自分に合う下まつげメイクをみつけましょう





あまり重要視されることが少ない「下まつげ」ですが、下まつげメイクをしっかり行うことで、理想的な顔立ちを目指せるだけでなくさまざまな良い効果が期待できます。下まつげが少ない……。と悩んでいる人も、つけまつげやマツエクを使えば、簡単に理想的な目元に近づけます。

今回ご紹介したそれぞれの特徴やメリット&デメリットをしっかり確認して、自分に合う下まつげメイクをみつけてくださいね!

(まい)
1
2

関連記事