秋の旅行ファッションどうする?アイテム別おしゃれコーデ一気見せ♡

みなさん旅行は好きですか?
おいしいものを食べに行ったり、観光地でたくさん写真を撮ったり、グループで温泉旅行に行ったり。


日本国内はもちろん韓国や台湾、ベトナム、ハワイなど気軽に行ける海外への旅行も人気が高いですよね。今回は秋におすすめのアイテムを使って、旅行にぴったりなコーディネートをご紹介します。



目次 [開く]

秋の旅行ファッションもおしゃれに決めちゃおう♡


四季の中でも「秋」は、日や時間帯によって暑かったり寒かったりいろいろ。

そのため、薄手の服ばかりだと、夜は寒く感じることも。かといって厚手のコートを持っていくのは邪魔ですよね。秋にちょうどいいおしゃれで可愛い服を目的別、アイテム別に見ていきましょう。あわせて旅行の際にひとつ持っていくと役立つおすすめアイテムも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。



秋の旅行ファッションを決める時のポイント


旅行に持っていく服を選ぶポイントはおおまかに言うと3つ!場所、数、嵩です。
どこに行くか決まったらまずはコーディネートの系統を決めてしまいましょう。

そして数というのは服自体の数ではなくコーディネートの数です。その際、服の嵩も意識して、なるべく薄手のものを多めに選ぶといいです。お洋服によっては畳んだり、ぎゅっと押しつぶすとダメージがかかってしまうものもありますよね。荷物を入れるバック、トランクを決めるときは、そういったトラブルも考慮して選ぶようにしましょう。



コーデは行く場所によって決める


旅行に行く際は、きちんと目的に合ったコーディネートになるように心がけましょう。
例えばハイキングや食べ歩きなど長時間歩くような日にヒールやブーツでは足を痛めてしまいます。

足が痛くて歩けない……なんてことにならないよう、旅行全体で歩くことが多い場合は履きなれた歩きやすい靴を選ぶようにしましょう。また体験型レジャーなどアクティブな予定が組み込まれている場合は、スカートやブラウスのようなひらひらした服だと引っ掛けて破けてしまったり、汚してしまったりする可能性があります。靴と同様、動きやすいカジュアルなものを選ぶようにするといいです。




体温調整できるアイテムを1つは持っていく


目的地と自分の住んでいるところに気温差がある場合は、現地の天候や夜の気温なども事前にチェックして暖かいものも2~3枚は入れておくようにしましょう。

夏の終わりから秋後半にかけては、昼夜で温度差のある日が多くなってきます。お昼は歩いていれば薄手のものでも大丈夫ですが、日が沈むと冷え込んでくるため、夜出かけることがあるなら薄くても暖かいパーカーやインナーを入れておくと安心です。



着回し術で荷物は少なく、コーデは多く


長めの旅行なら荷物や服も多くなってしまいますよね。なるべく荷物を軽くしたいところですが、
写真もたくさん撮らないとですし毎日同じコーデという訳にはいきません。そんなときは着回し術を駆使して、ひとつのアイテムで何通りものコーディネートができるように意識してみましょう。


服を選ぶ際は、他のアイテムと馴染みやすいデザインやカラーのものにするのがポイントです。
インナーやアウターをボトムスと合わせながらコーディネートをいくつか作ってみましょう。

おすすめは、ビスチェです。薄くて小さいので邪魔にもならず、同じシャツでもビスチェを上に重ねるだけで別のコーディネートにできちゃうので着回しに使うにはぴったりです。



お洋服の嵩はなるべく小さく


暖かいものを持って行くといいと紹介しましたが、秋冬のアウターというのは結構かさばるものです。
トレンチコートやジャケットなどは秋らしくて可愛いアイテムですが、小さく折りたためず邪魔になってしまいがち。予想がはずれ、夜も暖かい日が続けば持ってきても着る機会がないなんてことも……。


服を持ち運ぶときは嵩を小さくすることが大切です。100円ショップなどで売っている服用の圧縮袋を使うのもいいですが、型崩れしやすいものやシワに気をつけましょう。ポイントはボトムスの入れ方。半分に折ってくるくると丸めて荷物の隙間に詰めていけば、かさばらずに運ぶことができますし、支えとしても使えるため他の荷物が中でぐちゃぐちゃになってしまうのも防いでくれます。



秋の旅行ファッション♡アイテム別コーデ《スカート編》


続いてアイテム別にコーデを紹介していきます。まずはスカート編。

スカートは女の子の定番アイテムで種類もどんどん増えてきています。カラーや長さを変えれば同じトップスに合わせても、ガーリーから大人っぽい雰囲気までいろんなコーディネートを楽しめるのがいいですね。長さで分類すると「ミニ」「ひざ丈」、ひざ下数センチほどの「ミディ」、ふくらはぎまでの「ミモレ」、足首までの「ロング」、足先まですっぽり隠れる「マキシ」に分けられます。


短ければガーリーに、長ければ大人っぽい印象を演出することができます。タイプ別に分類するとたくさんありますが、特に秋に似合うものとしては生地の質感やカラーを活かした「デザインスカート」、体のラインにぴったり沿う形の「タイトスカート」、腰から下にかけてふんわりと広がる「フレアスカート」などがおすすめです。



ベージュのスカートで秋らしさを


秋の人気カラーのひとつである柔らかい印象のベージュカラー。ボトムスや靴にベージュを取り入れると、トップスのカラーが引き立って全体のシルエットもきゅっと締まって見えます。

秋は、夏の涼しい寒色系のイメージから落ち着いていて温かい暖色系のイメージに変わっていきます。寒くなってくる季節でもあるので、温かみのあるデザインやカラーを意識してコーディネートすると
ふんわりした秋っぽい雰囲気を演出することができます。

ベージュには、髪色やトップスが暗めでも全体をワントーン明るく見せてくれる効果があります。
その特徴を存分に発揮するため、長さは短すぎない「ひざ丈」か「ミディ」がおすすめです。
少し寒いようなら下にタイツやストッキングを履くと防寒対策と美脚効果で一石二鳥です。



ボーダートップスを合わせてシンプルに


ボーダー柄は太って見えると言われていますが、寒い時期は少しダボっとしたものや、ふっくらして見えるコーディネートの方が可愛らしく見えます。しかしボーダー柄といえば「マリンボーダー」と呼ばれているものもあって、特に細めボーダーは夏のイメージが強いアイテムです。

秋にボーダー柄を取り入れたい場合は太めボーダーや、色の濃いデザインを選ぶのがおすすめ!
ここで注意したいのが上下の組み合わせです。上が少しふっくらして見えるのに、下も同じふんわりタイプを合わせてしまうとそれこそ太って見えてしまいます。スカートを選ぶ際は裾が長すぎない
シルエットが細めのタイプを選ぶようにしましょう。上が「柄」アイテムなので、下のスカートはシンプルに無地のものを選ぶとバランスがいいでしょう。




トレンチ柄で大人可愛く


耐久性や防水性に優れていてデザイン的にも特に秋冬には人気のトレンチ柄スカート。
大人っぽいこなれ感があり、ボタンやベルトで可愛さも演出できる万能なデザインです。


分類で言うとフレアスカートに入ります。丈は短めのひざ丈~ロングまであるので、トップスに合わせて可愛い系のコーデなら短め、大人っぽく決めたいなら長めを選ぶといいでしょう。ウエストから下に向かって広がっている形のスカートにすると腰の周りがすっきりして見えるのでおすすめですよ。



お気に入りのデザインスカートを見つけよう


デザインスカートとは生地の特徴、質感などを活かして作られたものです。
おしゃれで可愛いデザインがたくさんあります。

例えばジーンズの生地で作られた「デニムスカート」や、裾がギザギザになっていて普通のスカートとは一味違った魅力のある「ヘムスカート」などがその一種です。


おすすめは2種類以上の生地が使われていて、切込みの中から別のデザインを見せることができる「切り替えスカート」。中の生地に使われているカラーと同じ色のトップスや小物を合わせると、全体に統一感が生まれてきちんとして見えるので、バックやアクセサリーなど小物のカラーも気にして選んでみましょう。



秋の旅行ファッション♡アイテム別コーデ《パンツ編》


続いて、秋の旅行アイテム、パンツ編。

アクティブな旅行には動きやすいパンツスタイルがおすすめです。たくさんはしゃぐ日や、よく歩く日は風通しがよくて柔軟性のあるタイプを選びましょう。また天気はいいのに風が少し肌寒く感じるような日には、クロップドパンツがおすすめ。クロップドとは「切り取った」という意味で、丈が短めのデザインのことです。「〇分丈」とも言われており秋くらいなら七分丈~九分丈がちょうどいいでしょう。靴にパンプスやショートブーツを合わせれば足をすらっと綺麗に見せることもできます。




ワイドパンツできれいめコーデ


ワイドパンツは女性らしいシルエットで存在感があり、涼しげなイメージがあります。


上下の組み合わせとしてビビット×アースカラーでインパクトのある明るめコーデ。白×グレージュで上品な大人コーデ。パステルカラー×キャメルで若々しくカジュアルなコーデ。などトップスのカラーに合わせてさまざまなカラーに挑戦してみてください。



黒スキニーで男ウケもバッチリ


可愛い系、大人っぽ系、クール系など、どんな系統のファッションにも取り入れやすいスキニー。

素材も薄くて軽いため持ち運びには大変便利なアイテムです。スキニーは、生地に伸縮性があり足のラインにフィットするのが特徴。トップスにシャツやニットを合わせると細見え効果も抜群でしょう。
着回しすることを考えるとカラーは黒がおすすめです。どのトップスとも相性のいい黒スキニーは秋の旅行にはマストアイテムですね!



ショートパンツでカジュアルな秋コーデ


トレンチ風にボタンやカフスがついたもの、デニム生地のもの、裾が広がっていてスカートに見えるデザインのものなどたくさんの種類があるショートパンツは、ニットやブラウスなど少しボリュームのあるトップスと合わせるのがおすすめです。カラーはボルドーや深緑、ブラウンなど秋っぽいものをチョイスしてみてください。



レトロな70年代風ベルボトム


アメリカ海軍の発祥で、60年代から70年代にかけて大流行したベルボトム。
裾がラッパ状に広がっており日本ではパンタロンやラッパズボンとも呼ばれています。


裾の広がりによって種類があって一番大きく広がっているのがベルボトム。かなりのインパクトがあって脚長効果が抜群です。ハイウエストなタイプが多いので、丈の短いトップスがおすすめ。

膝から下に向かって緩やかに広がっているのがフレアデニム。ベルボトムよりはガーリーなイメージなので、レースがついているトップスなどを合わせるとさらに可愛さアップです。

太ももからふくらはぎあたりまでは細めで、足首のあたりだけ広がっているのがブーツカット。
カウボーイがブーツを履きやすいようにと作られたデザインのようで、少しボーイッシュな印象に。カットソーやブラウスなどで可愛いすぎない大人感を目指してみてください。


秋の旅行ファッション♡アイテム別コーデ《ワンピース編》


いつの時代も世代を問わず高い人気を誇るワンピース。上下が分かれていないのでメインのカラーをばっちり目立たせることができます。秋はカーキやボルドーといった大人っぽいカラーが人気のようですね。デザインの種類もたくさんあってアウターやインナーと合わせることもできるため、1枚でいろいろなコーディネートを楽しめるのがワンピースのいいところです。




ジャケットを合わせて甘辛コーデ


秋には1枚でもコーディネートが完成するロング丈のワンピース×ジャケットがおすすめ!
足元までしっかり覆ってくれるので下に着込めて寒さ対策も可能です。ワンピースが柄物なら、羽織るジャケットは無地でシンプルなカラーのものを選びましょう。


少し肌寒い日は、キルティングやムートン生地でしっかり寒さ対策を。また大人クールにキメたいときは、ミリタリーやライダースといったシックなジャケットと合わせるのがおすすめです。



花柄ワンピースでガーリーに


一気に女の子らしい印象になれる花柄ワンピ。カラーやお花の大きさ、シルエットなどは
可愛い~大人っぽいまで自分のなりたいイメージにあったちょうどいいものを探してみましょう。



おすすめは、腰のあたりにベルトや切り返しがついているタイプ。ずどんとしたストレートタイプのものより、体のラインを綺麗に見せてくれます。カラーは、せっかくのお花柄なのでイエローやグリーンなどの少し明るめのものを選ぶと華やかで可愛いです。

着回し術として先ほど紹介したビスチェを重ねると、印象をがらっと変えることができるので、またひとつ新しいコーディネートを楽しめますよ。




圧倒的おしゃれ感♪チェックワンピ×ベレー帽


秋コーデのアクセントとして人気の高いベレー帽。
コーディネートに取り入れてみたいけれど、なかなか普段のファッションには合わせづらいかも……。


そんなベレー帽と相性抜群なのがチェックワンピです。特に秋に人気のカラーはグレーに白黒のチェック、ベージュに赤と黒のチェックなど。女の子らしい甘めなものが可愛いですね♡




シャツワンピで大人仕上げ♡


清潔感があってカジュアルなシャツワンピ。通常のブラウスやシャツと同じように、ボタンやカフスがついており着丈が長いのが特徴です。単体で着て爽やかなイメージに。アウターとして羽織って大人っぽいイメージに。使い方によってさまざまなイメージを演出できます。

秋にシャツワンピを着るなら、ボルドーやイエローなどの明るい暖色系カラーが可愛いです。
ただボルドーやイエローは膨張色でもあるので、ゆったりしたデザインのものはシルエットが崩れて見えてしまいます。ウエスト部分に絞るヒモがついているものを選ぶのがおすすめです。



目的地でも変わる!秋の旅行ファッション・コーデ


いろいろな系統のコーディネートを紹介しましたが、気になったアイテムは見つかったでしょうか?
続いて秋の旅行におすすめのファッションアイテムを使って、目的地にあったコーディネートを
セットアップで紹介していきます。



【ゆったりデート】秋の旅行ファッション・コーデ


まずはじめに、旅行先でのゆったりデートにおすすめ!女の子らしくて可愛いコーディネートをいくつかみていきましょう。



1、おしゃれなカフェで彼とランチ【ボルドー×お花柄スカート】


温かな日差しが差し込む秋のお昼には女の子らしいお花柄のスカートに、秋の定番色であるボルドーやワインレッド、チェリーレッドなどの明るめカラーを合わせて見ましょう♪



2、ちょっと大人な美術館デート【パステルニット×プリーツスカート】


ゆったりと歩く美術館でのデートには、女性らしく綺麗なシルエットになるプリーツスカートを。パステルカラーの薄手のニットを合わせるとさらに女性らしさアップです。



3、秋の味覚を食べ歩き!【ラフなニット×ワイドパンツ】


よく歩く時は、通気性がよくて動きやすいワイドパンツがおすすめ。トップスはラフなニット。カジュアルなのにきっちりして見える大人の女性を演出できます。



4、秋の定番もみじ狩り【コーデュロイビッグシャツ×スキニージーンズ】


伸縮性のあるスキニージーンズで、しっかり歩けるので山道や水辺でも安心です。寒さ対策も兼ねてコーデュロイのビッグシャツを羽織ればおしゃれ感マックス!



【アクティブに動く】秋の旅行ファッション・コーデ


夏が終わると、暑さもだいぶ落ち着いてきて、日中は歩いたり動いたりもしやすくなってきます。
秋こそ外でアクティブに遊ぶのもいいですね!動きやすくて通気性のいいコーディネートを心がけてみましょう。


1、テーマパークでわいわい遊ぼう【リブニット×黒スキニー】


テーマパークは、待ち時間も楽しめるのがいいですよね!並んでいる間に寒くならないようインナー+少し厚手のニットがおすすめ。アトラクションに乗るためヒラヒラしたスカートは控え、伸縮性のあるスキニーを合わせてみましょう。



2、食欲の秋、フルーツ狩り!【Vネックニット×チェックスカート】


フルーツ狩りで秋を満喫したい。そんなときはコーディネートも秋っぽいブラウンで統一してみましょう。全体が暗くなりすぎないようスカートはチェック柄をチョイス。ニットはVネックタイプにすると首元がすっきりしてカジュアルに。



3、普段の生活から離れてキャンプ体験【パーカー×サルエル】


忙しい毎日もたまには休憩。のんびり楽しむためにあまり体を締め付けないような服を選ぶといいです。ゆったりしたサルエルで足元も楽ちん♪スカートを履く場合は、足元の邪魔にならないひざ丈くらいまでにしましょう。中にインナーパンツを履くと防寒対策もばっちりです。




4、紅葉を見に行こう、ハイキングデート♡【ガウン×ハイウエストパンツ】


ハイキングに行くときは、少し厚手のアウターを持って行きましょう。よく歩いた後は汗が冷えて寒く感じることがあります。ボトムスはお腹までしっかり温められるよう、ハイウエストパンツがおすすめです。歩きやすいようウエスト部分がゆったりとしたゴムでできているものを選びましょう。






【夜を楽しむ】秋の旅行ファッション・コーデ


たくさん体を動かして、ぽかぽかした秋の日中を楽しんだ後はひんやり涼しい夜の秋も楽しみましょう。昼に比べて、風が強くなったり気温が下がったりしやすい季節なので、夜のお出かけには上に羽織れるものも忘れずに♪



1、疲れた体は温泉で癒す【スウェット×プリーツスカート】


秋冬は温泉が楽しみになってくる季節ですね。
旅行に行くならやっぱり最後は温泉!という方も多いのではないでしょうか。

お風呂上りはには体がポカポカするので薄手の服装になりがちですが、湯冷めしてしまうので上に羽織れるカーディガンやパーカーを持って行くようにしましょう。
ナイロンやポリエステルは避け、肌に優しい生地のものにするのがおすすめです。



2、ライトアップを見に行こう【ベージュワンピ×ガウンコート】


夏から秋にかけては夜ライトアップしているスポットも多いですね。長時間、外を歩く際は寒さ対策を忘れずに!少し厚手のアウターを持って行くようにしましょう。荷物になる!という人は中にヒートテックのような発熱インナーを着ていきましょう。



3、旅先でのディナーを楽しもう【大人っぽワンピ×白ライダース】


旅行先のディナーでは普段よりもちょっぴり豪華な気分を味わいたいものです。イタリアンやフレンチなどレストランに出かける際は思いきって大人っぽく。ワンピースにライダースを羽織ると一気にかっこよく、おしゃれな女性に♡




秋の旅行ファッションに大活躍!おすすめのプチプラアイテム


最後に、秋の旅行にひとつ持って行くだけで大活躍のおすすめアイテムを紹介します。
この投稿をInstagramで見る

がシェアした投稿 -




【WEGO】シャギーキャップ


プチプラで様々なジャンルが揃うWEGO。秋らしいシャギー素材で手触りのいいキャップです。
スカート、パンツ、ワンピース共にどんな系統にも合わせやすく、柔らかいので荷物にも詰めやすいです。ふわふわした質感で女の子らしさアップです。



【UNIQLO】ウルトラストレッチジーンズ


ユニクロのジーンズでは最もストレッチ性が高いので歩く、しゃがむといった動作が楽にできます。
長時間履いていてもひざ抜けしにくく、食べ歩きやハイキング、レジャーに行く際におすすめです。
カラーバリエーションも多いのでひとつ持っていれば大活躍間違いなしです!



【UNIQLO】ウルトラライトダウン


こちらもユニクロの人気商品で「驚くほど軽く、暖かく、コンパクト」。がキャッチコピーの小さく折りたためるダウンです。専用の袋がついているため荷物にも詰めやすく、ベスト型、パーカー型など種類も豊富。秋の旅行にはとてもおすすめです。
この投稿をInstagramで見る

がシェアした投稿 -




【UNIQLO】ヒートテック


長年、愛され続け不動の人気を誇るユニクロのヒートテック。薄くて丈夫な上に保温性も抜群です。
3段階の暖かさから選ぶことができてシャツタイプ、レギンスタイプ、ショーツ・ブラタイプ、など種類がとても多いのが魅力のひとつです。とにかく薄くて軽いので秋の旅行のお供としてはとてもおすすめです。



秋の旅行は、着回しコーデで大人可愛く




旅行に行く際のファッションのポイントは、やはり着回しで荷物を少なくすること。紹介したアイテムも参考にしながらトップスのカラーやボトムスの丈をうまく合わせて「大人っぽいけど可愛い」おしゃれなコーデを目指してみてください。


(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ