長い前髪の簡単ヘアアレンジ特集♡髪の長さ・シーン別に紹介します!

みなさんは長い前髪のセット、どうしてますか?前髪をピンでそのまま留めるか、とりあえず横に流しておく人が多いと思います。ですが、毎回同じだとマンネリ化してきて、つまらないと感じますよね……。

そこで、ステキにかわいく長い前髪をセットする方法、まとめてみました。好きなアレンジが見つかりますよ!ぜひ、参考にしてくださいね。



目次 [開く]

長い前髪のアレンジ方法が知りたい!


長い前髪をいつも同じ方法でセットしちゃってるみなさん!たまには、違うセットで気分転換しませんか?でも、周りと差がつく前髪のヘアセットってなかなかしっくりくるものがないですよね。実は、髪の長さやシーンによって、ぴったりはまる前髪のセット方法が違うんです!

 

いつもと違うヘアセットをすると気分も上がるし、気になるあの人にも興味をもってもらえそう!自分にあった前髪のアレンジ方法を知って、さらにおしゃれになりましょう!

長い前髪をアレンジする時のポイント


長い前髪をセットするときに気にするべきポイントがいくつかあります。ここを意識しているのと意識していないのとでは、仕上がりに大きな差が出てきます。



自分に似合う前髪のアレンジを知ることで、表情がさらにかわいくみえるという嬉しいことも!さっそくチェックしましょう。

顔の形によって前髪の長さを合わせる


どんな前髪アレンジをしても似合わない……、と思うときは、自分の顔の形に注目しましょう!例えば、丸顔の方は眉ぐらいの長さ、狭いおでこの人は長めのセンター分けなど、顔の形によって似合う前髪は変わります。


それぞれの顔の形にぴったりの長め前髪を紹介します。自分の顔の形に合った前髪を見つけてみましょう!

丸顔の人は斜め前髪ですっきりと


丸顔の人は斜め前髪にすると、縦のラインができて顔の丸さが強調されません。丸顔は幼い印象ですが、斜め前髪なら大人っぽく見えます。



前髪が目にかからないので、邪魔になりませんし視界も明るくなります。やや長めに伸ばして、毛先をヘアアイロンでカールしてもOKです。

逆三角形の人は目にかからない長さがベスト


逆三角形の人は目にかからない程度に伸ばした前髪がお似合いです。目より上、眉毛より下の絶妙な長さが逆三角形の顔型をキレイに見せます。


パッツン前髪など、個性的な長さもおすすめです。目の下あたりまでの長さがあるならワンカールさせたときに目にかからず、すっきりして見えます。

卵型の人はどんな前髪もバッチリ


卵型の人はどの長さの前髪もよく似合うので、いろいろな前髪アレンジにチャレンジしましょう!アイロンでカールをつけたり、ヘアピンで留めたり、さらにひと工夫したヘアアレンジを楽しめます!



あごあたりまでの長さの前髪なら、三つ編みを作ってカチューシャ風にしてもかわいいですし、シンプルに一つにまとめたちょんまげヘアもキュートですね。

面長の人は横のラインを作ることを意識して


面長の人は、横に広がりのあるワイドバングが似合います。ワイドバングは顔の縦のラインが目立ちにくく、目元を強調してくれる嬉しい効果もあります!



前髪はなるべく厚めにとって顔の面積を減らすようにしてみてください。長めのぱっつん前髪もおすすめですよ!

おでこが広い人は分厚い前髪で隠しちゃえ!


おでこが広い人は前髪を厚くして、気になるおでこを隠しちゃいましょう!



厚めの前髪はインパクトがあり、広いおでこだからこそ楽しめる前髪といえます。毛先をギザギザにカットした、個性的な前髪にもチャレンジしてみてはいかが?

おでこが狭い人はセンター分けがおすすめ


おでこが狭い人は伸ばして伸ばして……、ざっくりセンター分け!がベストです。前髪をそのままにしてしまうととおでこが狭いので、ギュッとつまった窮屈な印象を与えてしまいます。なのでセンター分けでなるべく肌が見える部分を増やしましょう。


センター分けは大人っぽい雰囲気が出せて表情もはっきりと見えるので、周りに爽やかな印象を与えられます。

分け目はざっくりと


前髪を分けるとき、皆さんはどうしてますか?きちっと分けてしまうと、隙のない近寄りがたい雰囲気になってしまいませんか?ペタッとしてしまうのもどこか寂しい印象に映ります。前髪を分けるときはざっくりとふんわり分けましょう。



コームを使ってジグザグラインで分けると、立体感のある分け目ができます。分け目をつくるところの反対側から風を当ててブローするのも、ふんわり感を出すためにおすすめの方法です。

留める時はヘアピンを使う


長い前髪を留めるときに便利なアイテムがヘアピンですね。シンプルな黒のヘアピンも便利ですが、ゴールドなどカラフルなおしゃれカラーピンもたくさんあります。ファッション性が上がりますからぜひ試してください!



その日の服装、季節などに合わせて、ぴったりのヘアピンを使い分けましょう。アレンジに必須のアイテムなので、数種類手に入れておいても損はしません。

アイロンを使う時はくせをつけすぎない!


アイロンで作ったクルンと立体感のある前髪もかわいいですよね。そのときにやりがちな失敗が、不自然にクセをつけすぎること!くせが強くついてしまうと、その後のアレンジがしにくくなり、どこか幼い印象になってしまいます。



アイロンは低温に設定して、自然とカーブを描くように毛先まで滑らせましょう。アイロンを使うときはふんわりと、ナチュラルなカールにすることがポイントです。ホットカーラーでも自然なカールができますよ。

髪の長さで選ぶ!長い前髪アレンジ


お次は髪の長さで選ぶ前髪のアレンジ方法です。自分のヘアスタイルとのバランスを見ながらアレンジしましょう。



髪の長さそれぞれによく似合う、かわいいヘアアレンジを紹介します。ヘアアレンジの幅がさらに広がること間違いなしです!

前髪が長い女性の簡単ヘアアレンジ《ロング編》


存在感のあるキレイなロングヘアは、その魅力を生かした自然体の前髪がおすすめです。紹介するのはどのアレンジも簡単に作れるものばかり。シンプルだけれどおしゃれな前髪を目指しましょう。



ロングヘアのよさを引き立ててくれるようなかわいい前髪は、ヘアスタイル全体をステキに見せてくれます。

伸びた前髪にゆるいカーブをプラス


アイロンで緩めにくせをつけた前髪はロングヘアにぴったり。低温のアイロンを根元から毛先へ動かして、軽くアイロンを回転させ、カーブをつけるだけで完成です!



これなら初心者さんでも簡単にできます!すぐに完成するので、お出かけ前の忙しい時間にも助かる前髪アレンジです。

伸びた前髪は7:3に


アイロンやヘアピンなど、道具やヘアアクセもいらないお手軽アレンジです。やり方は伸びた前髪を大体7:3の割合になるように分けるだけ!そのまま下ろすと目にかかってしまう前髪も、これなら気になりませんし、ただ下ろすよりも大人っぽく見えます。



分け目を変えても違った印象になります。目元がよく見えるので、アイメイクには力を入れましょう。

前髪が長い女性の簡単ヘアアレンジ《ミディアム編》


アレンジがしやすく、いろんなファッションにも合うミディアムヘア。ミディアムヘアの人は、前髪アレンジにヘアピンを使いましょう!いつものアレンジにヘアピンを加えることで一気に華やかな雰囲気になります。



前髪のヘアピンは、印象的でとってもおしゃれ。ファッショに合わせたカラーピンでイメチェンして、周りのみんなを驚かせちゃいましょう!

前髪のサイドに!アクセントとしてヘアピンを使おう


ヘアピンは髪を留める道具、というイメージですが、ヘアアクセとしてもとても優秀です。前髪にアイロンで緩くカーブをつけ、サイドヘアにアクセントとしてピンをつけましょう。



前髪そのものだけでなく前髪のすぐ横にヘアピンを着けることで、顔周りが明るくなります。かなり長さがある場合は、サイドに流してピンで留めればスッキリまとまります。

目の上あたりの長さなら、あえて下ろしたままでもかわいいですよ。お好みのヘアピンの本数や傾き加減を確認して、オリジナルの着け方を発見するのも楽しいですよ!

ねじった前髪をヘアピンで留めるだけ!


前髪を少しだけとってねじり、ヘアピンでとめたアレンジ方法です。ねじることで、ただ留めるだけよりも、立体感とこなれ感が出ます。



ひとねじりでもかわいいですが、細かいねじりをいくつか重ねるのと動きが出るので、大きめの飾りのついたヘアピンでアレンジを強調するのもよいですね。

前髪が長い女性の簡単ヘアアレンジ《ボブ編》


シンプルなシルエットが人気のボブには、個性的な前髪アレンジを取り入れましょう。前髪アレンジなら、簡単にヘアスタイルの雰囲気を変えることができます。



楽しいお出かけがいつもと違う前髪にするだけで、もっと気分がワクワクします!ユニークな前髪にしたら後から写真を見たときの思い出にもなりますよ。

シースルーバングで透明感のある雰囲気に


シースルーバングにするにはカットが必要なのでは?と思いますよね。実はアレンジでシースルーバングができちゃうんです!バランスを見ながら、自分の好きな透け具合になるまで、前髪を表面からとっていきます。とった前髪はクルッとねじって上で留めましょう。



上で前髪を留めたところは、帽子で隠したり、大きめのヘアアクセをつけるのがおすすめです。長めの前髪でも、シースルーバングならフワッと軽く見えますよ。

無造作ミックス巻きで個性的に


下ろした前髪を細かくとってミックス巻きをしましょう。きつめに巻くと、前髪が長い人でも短い前髪に見えるのでその日だけのイメチェンも可能です。



髪がうねりやすい人にはそれを生かしたアレンジができるので特におすすめ。ストレートのときとかなり印象が変わるので、無造作でラフな雰囲気にして、たまにはアンニュイに仕上げてみませんか。

前髪が長い女性の簡単ヘアアレンジ《ショート編》


ボーイッシュなショートヘアの人はおでこをチラ見せするアレンジ方法を試してみてはいかがでしょうか?ワックスを指先につけて前髪の毛先を少しずつ摘みながら、束感を作ります。動くたびにチラッと見えるおでこがとってもキュート!



ただ下ろすよりも、顔に明るさが出ます。おでこに自信がない人でもチラ見せなので安心してできる前髪です。おでこチラ見せアレンジで、いつもより少しあか抜けた自分になりましょう。

長い前髪をセンター分けにしてみて!


センター分けは大人っぽく落ち着いた雰囲気に見えます。前髪を真ん中でざっくりと分けるだけなので、アレンジ初心者さんでも簡単にできますよ!



髪の根元に風を当ててブローでクセづけすれば、キレイなセンター分けができます。最後にスプレーでキープすれば完璧です。

前髪を片方に流して、クールに


前髪を左右どちらかにきっちりと流せば、クールでカッコいいスタイルに。キリッとしていてすっきりとした爽やかさも見せられるアレンジです。



前髪が顔にかかってしまう長さならヘアピンを使いましょう。カジュアルスタイルのファッションにもよく合います。

シーンで選ぶ!長い前髪アレンジ


次はシーン別の前髪アレンジです。ファッションと同じようにヘアスタイルもシチュエーションに合わせておしゃれにキメたいですよね!



今日はどこへいくのか、誰とすごすのか、今はどんな季節かなどで前髪を変えることができたら、あなたはもうアレンジ上級者です!

前髪が長い女性の簡単ヘアアレンジ《オフィス編》


たくさんの人と関わるオフィスでは、男女問わず好印象をもたれる前髪でいたいですね。派手になりすぎないけれど、その中にも個性が光る前髪アレンジを目指しましょう。



清潔感のある前髪で元気に仕事をしている姿は、周りの信頼度も上げてくれるかもしれません。気分が上がればやる気や効率もさらにアップしていくのではないでしょうか。

前髪は目にかからないように!


長い前髪ではデスクワークの邪魔になってしまいます。前髪が気になって、集中力に欠けてしまっては大変。中途半端な長さの前髪は、アイロンで軽くカーブをつけて目にかからないようにしましょう。



カールをつけすぎると目立ちすぎてしまうので、オフィスワークには不向きです。アイロンやコテが苦手な人は大きめのカーラーを使ってみてください。巻きが強くなりすぎることなく、失敗知らずです。

前髪は思い切って後ろに流す


長さが十分にあるのなら、後ろ髪と一緒に束ねてしまってはいかがでしょうか。長めの前髪が顔の前に来るのを防ぐので、仕事もはかどります。



表情がよく見えるので、人と接することが多いオフィスにぴったりです。束ねた後に髪を引き出してほぐせば、こなれ感がでて真面目すぎる印象にはなりません。おくれ毛やサイドバングはだらしなく見えないように緩く巻いたり、ワックスでまとめたりすればOKです!

前髪が長い女性の簡単ヘアアレンジ《学校編》


校則が厳しい学校は、アイロンやヘアピンなどの使用が禁止されていることがありますよね。でも周囲の目が気になるお年頃、校則にひっかからないかわいい前髪アレンジ教えちゃいます!



少し工夫をするだけで、飾らないのにかわいらしさいっぱいの前髪ができますよ。

サイドバングを長めに伸ばして触覚をつくろう


サイドバングで「触覚」と呼ばれる部分を作りましょう。触覚とはサイドバングを長めに残した部分のことです。髪を束ねるときにはその部分を残すことで気になる顔のラインをカバーできます。



触覚は小顔効果抜群で、ヘアスタイルのアクセントになってかわいいですよ。緩めのくせ毛風に巻けば、ナチュラルで優しい雰囲気になります。

やっぱり学生の前髪は自然体が1番!


「友達がヘアスタイルをかわいくキメている!」
「好きな人にかわいいって思われたい!」
こんなとき、なおさらおしゃれな前髪アレンジをしたくなりますよね。でもやりすぎは禁物です。学校では、自然体の素のかわいさも十分魅力的ですよ!



だからといって、ただそのままではいけません。ナチュラルでシンプルなツヤツヤ前髪に変身させましょう!ドライヤーの温風でブローして、その後冷風で整えると、ツヤ感がアップして健康的に見えます。

ブローの前に微香性のヘアミストを使えば、うるおいやツヤがさらに出て、ほんのりよい香りもまとうことができます。長めの前髪なら毛先だけ一巻きすれば、学校でも悪目立ちしません。

1
2

関連記事