「イヤリングが痛い」でもう悩まない!痛くならない方法&種類を紹介

ピアスの穴を開けていなくても楽しめるイヤリングは、多くの女子に愛されているファッションアイテムです。一方で「イヤリングをつけると耳が痛い……」「耳が痛くて、イヤリングを長い時間つけていられない……」と悩んでいる女子も多くいます。

この記事ではそんな悩みを解消するための、イヤリングをつけても痛くならない方法や痛くならない種類のイヤリングを紹介します!

目次 [開く]

イヤリングが痛い…そのお悩み、解決します!


「かわいいイヤリングをつけたいけれど、痛みが我慢できない……」と悩んで、イヤリングを諦めるのは早過ぎますよ。「イヤリングが痛い」という悩みは、痛くならない方法や種類を知ることで、解決できる問題なのです。


イヤリングをつけると痛い理由



そもそもイヤリングをつけた時になぜ耳が痛くなるのか、理由を知っていますか?理由を知ることで、痛くならないように対策することができるのです。さっそく理由から見ていきましょう。

耳たぶの外側につけている



イヤリングはつける位置によって痛みが変わってきます。イヤリングを耳たぶの外側につけた場合、揺れる度に耳に圧力がかかり、痛みを感じます。特に、イヤリングの飾りが大ぶりで重いタイプのイヤリングほど、痛みの原因になりやすいです。

圧力の調整がきかないタイプのイヤリング



圧力の調整ができないタイプのイヤリングは、自分の耳たぶのサイズに合わない場合、痛みが出てしまいます。また反対に耳にしっかりと固定されず、イヤリングが落ちてしまうこともあります。圧力の調整がきかないタイプのイヤリングを購入する時は、試しにつけてみて、サイズが合うか確認してから購入するようにしましょう。

金具が耳に合っていない



耳たぶの厚さや形は人によって異なりますので、自分の耳たぶに合わないタイプの金具を使うと、痛みが生じやすいです。例えば、同じバネクリップ式のイヤリングでも圧力が1点に集中するタイプのイヤリングと、圧力が分散するタイプのイヤリングとでは人によって、痛みの出やすさが異なってきます。

耳たぶが薄い



耳たぶが薄い人は、イヤリングが落ちないようにきつく締めるため、そのぶん痛くなる可能性が高くなります。また耳たぶの薄い人はクッションが薄いということなので、長時間圧力を加えられると耳が痛くなりやすいです。

イヤリングをつけても痛くならない方法はコレ!



イヤリングが痛くなる人でも、つける方法を工夫したり、痛くならないグッズを活用することで痛みをなくすことができます。ここからはイヤリングをつける時に、痛くならない方法を紹介します。

頬に近い位置につける



イヤリングは耳たぶの中心辺りにつける人が多いですが、頬に近い耳の付け根部分にイヤリングをつけると、痛みを軽減する効果があります。特に大ぶりのイヤリングの場合は、揺れを抑えることで、痛みを軽くできます。

なお、痛みを感じにくい箇所には個人差があリます。指で耳たぶを強めに押して、痛くない場所を探してみて下さい。

シリコンカバーをつける



イヤリングにシリコン製のカバーをつけることも、イヤリングで痛みが出ないようにする方法のひとつです。シリコンがクッションになることで、痛みを軽減できます。肌触りも優しく、金属アレルギーがある方にも安心ですね。

またカバーがあることで、耳たぶを挟む部分の面積が広くなり、イヤリングが落ちにくくなる効果もあります。依頼すれば、購入するイヤリングにシリコンカバーをつけてくれるお店もありますよ。

おすすめのシリコンカバー


手持ちのイヤリングが痛い、という方におすすめのシリコンカバーを紹介します。使いたいイヤリングに合うかどうか、サイズをチェックしてから購入して下さいね。


直径が6.5mmの大きめサイズのシリコンカバーです。カバーをつけると、イヤリングをゆるめにしめた状態でも、痛くならないし、落下もしないと評判です。シリコン用の接着剤で金具とカバーを固定すると、より安定します。


クリップ式のイヤリングに適したシリコンカバーです。柔らかく伸びる素材なので、少し大きい金具にも取り付けられます。

シリコンカバーのつけ方


シリコンカバーは、特にネジバネ式のイヤリングの痛みに対して効果的です。下の手順に従えば、自分でも簡単につけることができますよ。

1.イヤリングのバネ部分を開き、ネジを一番締めた状態にする
2.シリコンカバーにネジの先の片側を入れ、もう片側も押し込むようにして装着する

通常イヤリングのバネは、自分の耳に合わせた状態になっています。シリコンカバーをつけるときは、1番締めた状態にすると装着しやすくなります。ネジの先を押し込むと、奥まで入ったことが感触で分かります。外れないか心配な場合は、シリコン用の接着剤で固定して下さい。

こまめに位置を変える



長い時間同じ位置にイヤリングをつけていると、耳たぶの1点だけに圧力がかかって、痛みを感じやすくなります。耳たぶの中心から、頬の近く、耳たぶの外側などこまめに位置を変えることで、痛みが出にくくなります。痛みが出てからでは効果が薄いので、あらかじめ時間を決めて痛みが出る前に位置を変えておきましょう。

圧力をこまめに調整する



ネジバネ式のイヤリングなど圧力を調整できるタイプのイヤリングは、こまめに圧力を変えることも痛みの対策に有効です。例えば、通勤や通学などで外で動いているときはきつめに締め、オフィスやお店などで動きが少ない時はゆるめるなど対策することで、痛くなりにくくなります。

両面テープをつける



イヤリングをきつく締めると痛いし、ゆるくすると落ちてしまうという時は、イヤリングの金具に両面テープを貼って耳たぶに固定する方法も効果的です。テープで固定される分、イヤリングを痛くないようにゆるめても、落ちることがなくなります。

テープは肌に直接触れるため、医療用のテープを使いましょう。また、人によっては医療用テープにアレルギーを起こすことがあります。必ず肌の目立たない所でパッチテストを行い、かぶれたり赤くなったりしないか、確認してから使って下さいね。

アイプチでイヤリングを支える



イヤリングで耳が痛くなる原因は、耳を強い力で挟むことにあります。よって、目を二重にするためのアイプチでイヤリングを支える方法も痛みを防ぐのには効果的です。アイプチの粘着力でイヤリングを支えるぶん、耳を挟む力を弱めることができます。イヤリングが落ちることが不安かもしれませんが、アイプチだけで支えているわけではないので大丈夫です。

金具を変えてみる



イヤリングで痛くなるのを防ぐには、イヤリングの留め具を変える方法もあります。金具の交換方法は種類により異なりますが、交換方法が紹介されている動画もありますので、自分で金具を購入して交換することも十分できます。また、購入後でも留め具を交換してくれるお店も多くありますので、購入したお店に相談してみて下さい。

痛くなりにくい金具には、つけるとピアスのように見える「ノンホールピアス」や、バネの力ではなく、レバーで耳を挟んで固定する「バネなしニュータイプ」などがあります。色々な金具を試して、自分に合った痛くならない金具を見つけてみましょう!

耳たぶが痛くなりにくいイヤリングの種類を紹介!



最近はイヤリングの種類が増え、耳たぶが痛くなりにくいタイプのイヤリングも登場しています。イヤリングの痛みに悩んでいる方は、ぜひ1度試してみて下さい。

ノンホールピアス



ノンホールピアスは重量が軽く、留め具部分も細いため、痛くなりにくいイヤリングです。金具も目立たないので、まるでピアスのようにつけることができます。ノンホールピアスは落ちやすいイメージを持っている人もいるかも知れませんが、正しくつければ落下することもなく、痛みもなく快適におしゃれを楽しめます。

おすすめのノンホールピアス



スワロフスキーを使用したノンホールピアスです。シンプルながら、存在感があるデザインが人気です。透明な樹脂製のため、金具部分が目立ちにくいほか、肌の弱い人でも安心です。

ねじバネ式イヤリング



ねじバネ式のイヤリングは、イヤリングの定番の形です。痛くならないように、自分で締め加減を調整できるメリットがあります。耳の後ろにくるネジの部分に、先に紹介したようなシリコンカバーをつけると、さらに痛みを減らせますよ。

おすすめのねじバネ式イヤリング



透かしレースのデザインがかわいらしいイヤリングです。ねじバネ式なので、自分の耳たぶに合わせて圧力を調整して使えます。色もピンクゴールド、シルバー、ゴールドの3種類から選べますよ。

イヤーカフ



耳の軟骨部分に引っかけるだけでつけられるイヤーカフは、耳たぶに装着しないため、耳たぶが痛くなりようがありません。耳たぶにほかのイヤリングをつけて、重ね付けのおしゃれも楽しめます。リング型やチェーン型、クリップ型など種類も色々ありますので、お好みのものを選んで下さいね。

おすすめのイヤーカフ



小ぶりの花のモチーフがかわいらしくも上品な、リング型のイヤーカフです。つけていることを忘れてしまうほど、痛みが出ないイヤリングです。

イヤーフック



イヤーフックは耳たぶではなく、耳の上部に引っかけて装着するタイプのイヤリングです。飾りが大きくても、耳への負担が少ないこと、落ちにくいことなどメリットも多いアクセサリと言えるでしょう。

おすすめのイヤーフック



真珠を使用した、かわいらしさとエレガントさを合わせ持ったデザインのイヤーフックです。金具の美しい曲線がコーデを上品な雰囲気に仕上げてくれます。

もうイヤリングをつけても痛くない



この記事では、イヤリングで痛くならないためのさまざまな方法や、痛くならないイヤリングの種類を多く紹介しました。すぐに実行できる方法もありますので、さっそく試してみて、痛みの心配をすることなく耳元のオシャレを存分に楽しんで下さいね。

(まい)
今、あなたにオススメ