ロングヘアの巻き方を徹底解説♡初心者でもできる簡単アレンジも必見

女性らしさ抜群!ウェーブ巻き


ウェーブ巻きは波を打つように巻く巻き方のことです。縦にコテを入れるのではなく横に入れるので他の巻き方とは違った雰囲気になります。

まずは髪の毛に熱を通す


髪の毛に熱を通すことで、コテで巻くときにキレイに仕上がるので、まずは髪に熱を通していきます。コテで一度髪の毛を滑らせてください。これだけで熱が通り、髪の毛にツヤが出て巻きやすくなるんです。


ウェーブ状なるように波巻きにしていく


まずは毛先を外巻きか内巻きにするかを決めていきましょう。毛先をコテに挟んだら、地面とコテを平行にしてくるくると巻いていきます。くるんとキレイな半円ができたら、次は今巻いた上の部分を巻いていきましょう。さっき巻いた方と逆の方で巻き、また半円ができたら逆の方で巻くことを繰り返していくことでウェーブ状を作ることができるのです。


巻くときは髪を沿わせるがポイント


コテで髪の毛を挟んだときに、挟んでいない部分をコテ沿うようにするといい感じになります。地面と平行にした、コテに挟んでいない髪を上から抑えつけるイメージです。そうすることでキレイな円ができ、コテを離すと挟んでいた毛と挟んでいない毛が波打つのでウェーブを作りやすくなります。

韓国で流行!ヨシンモリ


ヨシンモリは韓国で流行している巻き髪。女神の髪という意味をもつ美しく女性らしい巻き髪なんです。

毛束を多めにとって毛先を外巻きにする


まずは毛先から巻いていきますが、毛束はなるべく多めに取るといいでしょう。髪が多い人は2回にブロッキングした方がやりやすいかもしれませんが、薄めの方はブロッキングなしで大丈夫です。耳の下あたりからくるんと外巻きにし、崩さずに次の毛束を巻いてください。すべて巻き終わったら指で軽くほぐしましょう。

ボリュームを出すためにカールを追加する


次は髪の毛にボリュームを出すために、もう少しカールを追加していきましょう。耳の上あたりにコテを入れて、外巻きにします。ここでポイントですがくるくるとコテを下ろしていくのではなく1回巻きで終わらせましょう!そうすると真ん中にボリュームが出て、ヨシンモリ感が出ます。


顔周りは内巻きでも外巻きでもOK


顔周りの髪も巻いていきましょう。ゆるく巻いてみるのもいいですし、顔周りをしっかりと巻きたい方は細かく巻いてみてください。内巻きはそこがアクセントとして、カジュアルさを出してくれます。外巻きは他の髪と馴染み、エレガントさを作り出してくれるでしょう。


前髪は前に向かって内巻きに


ヨシンモリは前髪も大事なポイントです。前髪はコテを地面と平行にさせて、前に向かって内巻きにしていきましょう。根本からふくらみをつけ、巻けた前髪を横に流すと完成です。


LUPISでヘアアクセサリーを探す♡

初心者にも簡単!ロングヘアの巻き方・アレンジ


「初心者でも挑戦できる簡単な巻き方を知りたい!」そんな女子のみなさんへ、初心者さんも簡単にできるロングヘアの巻き方とアレンジ方法も紹介しちゃいます。難しいことは一切ありません!簡単にできる巻き方・アレンジなので不器用さんも可愛いヘアスタイルを作れますよ。是非試してみてくださいね!

毛先のみを巻いて抜け感を



毛先のみを巻くだけならば初心者の方でも難しくありません。毛先にコテを挟んだら地面と平行にしてくるくると上に巻きあげていくだけでカールが作れます。

外巻きだとカジュアルでかっこいい印象になり、内巻きだと甘く可愛らしい印象を作ることができるのです。毛先だけでもだいぶ印象は変わるので、まだ少し巻き方に自信がない女子は毛先を巻くことから始めましょう。最後に軽くほぐせば抜け感が出でおしゃれ度がアップします!

顔周りにカールを入れれば小顔効果も抜群



顔周りを巻くことで、ストレートのときとは印象が変わります。外巻きにすれば顔が見やすくなり、クールでエレガントな大人っぽい雰囲気に。内巻きは可愛らしく、ドーリーで甘めの雰囲気を作れます。自分の好みやコーデに合わせて巻き方を変えてみてください。毛先だけを巻いて、顔周りにカールを入れるだけでも簡単に巻き髪ヘアは作れちゃいます!

ロングヘアの巻き髪は前髪も忘れずに!おしゃれな前髪アレンジ


ロングヘアの巻き髪は前髪もしっかりとセットすることで完璧な状態になります。前髪アレンジもしっかりとすることで、もっとおしゃれ可愛いヘアスタイルを作れるんです。次は前髪のアレンジ方法を解説していきます。


長めの前髪にはカールをつけて色っぽさを



長めの前髪ならばカールをつけて色っぽさを出すのがおすすめです。コテでもアイロンでもできるアレンジ方法を紹介します。

まず、前髪を上下2つにブロッキングして根元からしっかりと内巻きにしていきましょう。できたらブロッキングで分けた上の前髪も同じように巻いて手でほぐしたり、整えたりすれば完成です!一気に前髪を巻くよりも分けた方がキレイに巻けるので、ブロッキングをしっかりしてくださいね。

シースルーバングは3つに分けて巻くのがコツ



前髪がシースルーバンクの場合は3つに分けて巻きましょう。縦に3つに分けるので、右、真ん中、左と毛束を作っていきます。そして真ん中から左右の順番で内巻きにしていきましょう。左右の毛は横に流しすことでキレイなシースルーバンクの前髪アレンジができます。がっつり巻きたいなら根本から、軽くでいいなら毛先から巻くのがおすすめです!

前髪を伸ばしているならかき上げ前髪でかっこよく



前髪が中途半端で少し邪魔だけど、このまま伸ばしたいという方にはかき上げ前髪がおすすめ。前髪を上に持ち上げてコテで挟み、後ろ向きに巻くだけで簡単に前髪が上がります。あまり時間を置きすぎると強く癖がついてしまうので、2秒程度でいいでしょう。さっと前髪を下すことで、かっこいいかき上げ前髪の完成です!前髪を上げたことで視界も広くなります。

強めに巻いてオン眉前髪もキュート



シースルーバンクはもちろん、少し重ための前髪でもできるアレンジ方法です。コテを前髪の根元からがっつりと当てて、内巻きにくるっと巻くだけ。眉毛が少し見える程度、オン眉スタイルにすることでキュートで若々しい前髪を作ることができます。少し気分を変えたいときにおすすめですが、がっつりとコテをあてるので、おでこを火傷しないように注意してくださいね。

LUPISでヘアアクセサリーを探す♡

アイロンとコテを使えば誰でも簡単にロングヘアが巻けちゃう♡


ロングヘアの巻き方はいろんな種類やアレンジ方法があります!アイロンとコテを使いこなすことで、誰でも簡単に巻き髪を作ることができるんです。

初心者や不器用な方でも簡単にできる巻き方があるので挑戦してみてくださいね。髪の毛にダメージを与えないように、ブラッシングをしっかりして髪の毛を乾かした状態にすることは忘れないようにしましょう。

たくさんの巻き方を覚えて、可愛くおしゃれなロングヘアスタイルを楽しみましょう!

(まい)
1
2

関連記事