タレ目メイクのやり方を徹底解説♡タレ目になるマッサージ法も必見!

目次 [開く]

タレ目メイクで可愛くなりたい!


タレ目の顔はどこか親しみやすく男性ウケもいいですよね。タレ目顔にあこがれている方も多いのではないでしょうか。自分はツリ目だから仕方がないとあきらめるのはまだ早いです!ツリ目の方でも自然なタレ目にする方法を解説するのでぜひ参考にしてみてくださいね。


タレ目メイクの基本のやり方



タレ目メイクは目尻を目頭より下げて見せるのがポイントなので、アイラインやアイシャドウの入れ方に注意する必要があります。また、眉メイクやまつげのカールのさせ方を工夫すればタレ目効果を高めることができます。ここでは基本のタレ目メイクを解説します。

アイシャドウのベースカラーを上まぶたと下まぶた全体にのせる



まずホワイト系のベースカラーを上まぶたと下まぶた全体に囲うように塗ってください。
アイシャドウベースはのせすぎないことがポイント、薄くのばすように塗ってくださいね。

少し濃いアイシャドウを上まぶたの二重ラインまでのせる



タレ目にするには上まぶたのアイシャドウをどう入れるかもポイントです。二重幅に中間色のブラウンカラーを入れて陰影をつけましょう。目頭から目尻まで同じ幅で塗ってしまうと目尻が強調されてしまうので、タレ目にする場合は目尻の方は幅を狭く塗ってくださいね。ツリ目の人は特に目尻は狭く塗って強調させないことが大事です。

タレ目ゾーンには締め色、涙袋にはハイライトをのせる



上まぶたに塗ったアイシャドウを下まぶたのタレ目ゾーンに塗ります。この時、上まぶたのラインの先端とつなげるように入れると柔らかい目元になります。

涙袋もタレ目メイクには欠かせない要素です。アイライナーやブラウン系のアイブロウで涙袋の影を少し下げ気味に描くことがポイントです。影の線は綿棒などでしっかりとぼかしてください。影の内側にハイライトカラーをのせてぷっくりとした立体感を出したら完成です。

アイラインを下げ気味に引く



上まぶたのアイラインは、目頭を太めにして目尻は下げ気味に細めに引くのがコツです。下げすぎると不自然に見えてしまうので、まぶたのラインの延長線を意識しながら引いてくださいね。色は黒めに近いダークブラウンなどがおすすめです。

まつげメイクでタレ目効果を上げる



目頭と黒目の上のまつげはビューラーでしっかりとカールさせてください。目尻の方をカールさせないことでタレ目に見える効果が上がります。

マスカラも上まぶた下まぶたともに、目尻側にしっかりと重ねて塗ることで重みが出てタレ目効果が上がります。

並行眉でタレ目とのバランスをとる



上がり眉とタレ目だと眉と目の間が空いてしまってアンバランスに見えてしまいます。タレ目に見せるためには、眉はできるだけ並行になるように下のラインを中心に描いて目との距離を近づけるのがポイントです。

また、タレ目は可愛らしい印象を与えるので、眉もアイブロウパウダーでぼかしてふんわりと柔らかい印象に仕上げましょう。

アイシャドウで変わる!なりたい雰囲気別タレ目メイク



タレ目ゾーンのアイシャドウの入れ方やアイシャドウの色によって違った雰囲気を作ることができます。可愛らしさを出すタレ目メイクでも大人っぽい印象や色っぽい印象を作ることができるので、なりたい雰囲気別のメイク方法をぜひ参考にしてみてくださいね。

下まぶたの目尻側に濃いアイシャドウをのせて甘顔に



下まぶたは目尻側の3分の1に暗めのブラウン系アイシャドウを入れてください。ここで気を付けることは、目尻の輪郭に沿ってアイシャドウを入れるのではなく、黒目の下のラインから目尻までの三角形を埋めるように塗ることです。目尻のラインを下げるように重ね塗りをしたら、明るいブラウンでしっかりとぼかしてください。ぼかしを入れることで自然な仕上がりになります。

茶系のアイシャドウは肌なじみも良くタレ目の影を作るには最適な色。加えて、上品な色味で大人可愛い印象を作るにもぴったりなカラーです。

ピンクのアイシャドウで柔らかい雰囲気に



下まぶたの目尻側3分の1にピンクのアイシャドウをタレ目気味にのせると目元がまろやかな印象になります。目のキワをボルドーカラーで引き締めると甘くなりすぎず目力がアップしておすすめです。

ピンクのアイシャドウで柔らかい雰囲気を作ったら眉も丸みのある自然なラインにしてくださいね。ピンク色とのコントラストを意識して眉頭は淡くするのがおすすめです。眉山は丸くしてそこからなだらかに下がっていくように描くのがコツです。アイブロウパウダーでしっかりとぼかしてナチュラルに仕上げてくださいね。

寒色系アイシャドウで大人っぽく



まずはアイホール全体に明るめのベージュカラーを入れて自然で健康的な目元にするのがコツです。涙袋の部分もブライトアップしてくださいね。

寒色系のアイシャドウを上まぶたのキワに沿って細めに引きます。下まぶたは目尻から目頭に向かって、目尻側を太くタレ目になるようにのせていきます。ここでポイントとなるのはアイシャドウの色。寒色系でもカーキなどカジュアルになりがちの色味ではなく、例えば青寄りのグリーンカラーなどを使うと涼しげで大人っぽい印象になります。

渋赤カラーのアイシャドウで色っぽい目元に



渋いレッドカラーのアイシャドウを下まぶたにのせることで色っぽい目元になります。下まぶたのまつげの生え際に渋赤カラーを細くしのばせるのがコツです。この時、上まぶたは赤みのないベージュカラーをのせて目尻のタレ目ゾーンはダークブラウンで引き締めてください。渋赤カラーが引き立って印象的な目元に仕上がります。

アイラインで変わる!なりたい雰囲気別タレ目メイク



タレ目メイクに不可欠なアイラインですが、引き方によってモテ顔にしたりナチュラル感を出したりできます。また、黒のアイライナーだけでなく色の付いたアイライナーを使うといつもと違った雰囲気に仕上がります。ここでは、タレ目メイクでなりたい雰囲気別にアイラインの引き方を解説します。

目頭から目尻までしっかりアイラインでモテるタレ目に



モテるタレ目にしたいなら2色使いがおすすめ。まずリキッドタイプの極細アイライナーで目頭から目尻までタレ目になるように意識しながらしっかりとアイラインを引きます。目頭の方は幅広くラインを引き、目尻は幅を狭く長めに引いてくださいね。

さらに赤みのあるブラウン系のペンシルで目頭から黒目の外側までラインを重ねて引いてください。そうすると色の効果もあって優しい雰囲気を演出できるので男性ウケも良くなります。

インサイドアイラインで自然なタレ目に


ツリ目の人はアイライナーを入れるとキツイ印象になってしまいがちですが、まつげの生え際、インサイドラインにタレ目になるようにアイライナーを入れると自然な仕上がりになります。リキッドタイプのアイライナーを使って、まぶたを引き上げながら黒目の外側の位置から目尻の方へインサイドラインを引きます。目尻より少し長めに下げて引くと自然なタレ目メイクになります。

目尻長めの隠しラインで色っぽさをプラス


ハナレ目でタレ目にすると男性が声をかけたくなるような色っぽくて可愛い印象を与えることができます。まず、ブラウンのアイシャドウを二重幅と下まぶたの目尻側3分の1にのせます。黒のアイライナーを使って上まぶたは目頭に幅を広くラインを引き、目尻は下げ気味に5ミリほど長めに引くのがポイントです。

また、眉メイクでは眉頭に色をのせないことでハナレ目に見せる効果が上がります。男性からするとハナレ目タレ目にすることで女性らしい優しい雰囲気と声をかけても大丈夫そうな隙を与えてくれるので、モテメイクとしてはおすすめですよ。

目尻の赤ラインで女っぽく



色の付いたアイライナーでタレ目を作るのもおすすめです。目の輪郭を変えてタレ目にするにはテクニックが必要ですが、目尻に赤のアイラインを引くだけで自然なタレ目に見せてくれます。目頭から引くのではなく目尻から短めに引くのがポイントです。それだけでシャープな目元を自然なタレ目に見せることができ、女っぽい柔らかな印象を与えてくれます。

ツリ目を優しいタレ目にするメイクはコレ♡



ツリ目を自然な感じでタレ目にするにはちょっとしたコツが必要です。抜け感を出して優しい印象にすることもでき、アイラインやアイシャドウの使い方で柔らかい印象を作ることもできるのでメイクの参考にしていただければと思います。

抜け感のあるタレ目メイク



基本のタレ目メイクを少し工夫することでリラックス感を出すことができます。ここではアイシャドウ、アイライナー、マスカラの色味で抜け感をプラスするコツを解説します。

明るめのアイシャドウで抜け感をプラス



基本のタレ目メイクと同じように、二重幅のアイシャドウは目尻側を狭く塗ることが重要です。そこで目のキワにのせるアイシャドウを明るい色にすると抜け感が出てナチュラルな仕上がりになります。

下まぶたはパール入りのアイシャドウでツヤのある潤んだ目元に。下まぶた全体にのせるのではなく目頭から黒目の下あたりまでのせることで上品な目元に仕上がります。

アイライナーとマスカラもナチュラルカラーで統一



もともとキツイ印象を与えがちなツリ目の方は、アイライナーとマスカラも黒ではなくブラウン系を選ぶとリラックス感が出て柔らかい印象になります。おすすめはミルキーブラウンのアイライナー。明るく可愛い色味が甘さをプラスしてくれます。

マスカラはチョコブラウンがおすすめ。深みのあるカラーがナチュラルな印象を与えてくれるでしょう。アイシャドウと合わせて色の統一感が出せることもおすすめポイントです。

1
2