白シャツのインナーを正しく選ぶポイントは?おすすめコーデも必見♡

透けやすい白シャツに合わせるインナーは、ついつい迷ってしまいますよね。透けることを気にせず「白シャツコーデをもっと楽しみたい!」と思う方も、多いのではないでしょうか。

そこで今回は、白シャツに合わせるインナーの正しい選び方とインナー別のお手本コーデをご紹介したいと思います。マンネリしてきた白シャツコーデも、インナーの選び方次第でグッとおしゃれに着回しできるので、ぜひお試しください。


目次 [開く]

白シャツのインナー問題!何色を着るのが正解?



白シャツをおしゃれに着たいのに中のインナーがまる見え……!なんて残念なことないですか?着回し万能な白シャツですが、いつもインナー選びには苦戦してしまいがち。そんな白シャツに合わせるインナーは一体何を着るのが正解なのか気になりますよね。

結論からお伝えすると、白シャツには「ベージュ」「モカ」系統のインナーが最適。ベージュは肌に馴染むナチュラルな色で一番おすすめのカラー。外から見ても中のインナーが透けて残念なことにはなりません。

「でも、ベージュのインナーを着るのに抵抗がある……」という方も多いですよね。そんな時におすすめなインナーのタイプを色や形、素材別にお伝えしていきたいと思います。あなたが着たい白シャツのコーデ別に、インナーを合わせてみてくださいね。

透けさせたくない方におすすめ♡インナー選びのポイント



では、さっそく白シャツにぴったりなインナー選びのポイントをお伝えしていきます。白シャツのインナー選びに多い悩みといえば、「インナーが透けてしまう」こと。また、薄めの白シャツやTシャツを着て下着などの「形が響いてしまう」なんていうこともありますね……。

そういった悩みを解決するには、インナーの色はもちろん、素材や形などのデザインまで意識して選ぶことがポイントになります。インナーの色や素材、形などの特徴を知って、白シャツを綺麗に着こなしましょう!

透けにくいインナーの色



インナー選びにおいて、最も大切なのが「色選び」です。似たような色でもコッチは透けるけどコッチは透けない、など絶妙な違いが出てきます。白シャツを着るなら透けたくない!という方におすすめな色を紹介していきます。

【定番の透けないカラー】



・ベージュ
・モカ

先ほどもお伝えしたように、透けたくない!綺麗に着たい!という場合であればダントツでベージュ・モカのインナーが透けないのでおすすめです。特にビジネスシーンでは、マナー違反になることなく綺麗に白シャツが着こなせるので一枚持っておくと安心です。ポイントは自分の肌よりワントーン落としたものを選ぶこと。このひと手間でグッと目立ちにくくなります。

【ベージュ以外の透けないカラー】



・アイボリー
・ベビーピンク
・グレージュ
・ワインレッド
・エンジ

ベージュ以外で透けないカラーといえば、この5色。ベビーピンクは、よく使われますがワインレッドやエンジに関しては驚く人が多いかもしれませんね。

【ベビーピンク・グレージュ・アイボリー】

ベビーピンクやグレージュ、アイボリーは肌の色味に近いので、ふんわりと自然に着ることができます。アイボリーを選ぶ時は、同系色だからと言って「白」「オフホワイト」にしないように注意が必要です。

実は純粋な「白」は肌の色より明るい為、白シャツから透けて見えやすいんです。アイボリーをインナーに着る時は、必ず「クリーム系」のやさしい色を選ぶことがポイントです。

【ワインレッド・エンジ】

ワインレッドやエンジは日本人の血色ある黄味よりの肌に馴染むので、意外と透けにくいです。実際に着るとわかるのですが、外から見ると「ぼんやりと影があるかな?」という程度なので、悪目立ちすることはありません。ただ、同系色といって鮮やかな「赤」を選んでしまわないように注意。アイボリー同様、「赤」を選んでしまうと明るすぎるため、白シャツから透けてしまいます。

選ぶ時は、「秋」「冬」を連想させるような暗めの色にすることがポイントです。

【意識したいポイント】



・ビビットカラー、ネオンカラーは選ばない(原色)(夏のイメージの色)。
・肌より少しトーンが暗いものを選ぶと、より透けにくい。

実際お店に行くとカラー展開が多く、どのインナーが良いのか迷ってしまうこともありますよね。そんなときは上記のポイントを参考に、ぜひ選んでみて下さい。

透けにくいインナーの形



白シャツの下に着た時に、綺麗に着れるインナーの形についてお伝えしていきます。

キャミソール



インナーといえば、キャミソール。シンプルな形で肩紐も細く、インナーを目立たせずに着るにはピッタリ。仕事で着る白シャツに合わせるならキャミソールがオススメです。

ラン型インナー



キャミソールと違い肩ひも部分が太く、紐調整が無いインナー。肩ひも部分が太いので下着の肩ストラップが浮き出てくることもなく、綺麗にカバーしてくれます。

シームレスインナー



生地同士の合間につなぎ目や縫い目がないタイプ。ボコッとつなぎ目部分が外に響くこともありません。縫い目もないので、肌触りがチクチクしないのも特徴です。

カットオフ



生地の折り返し部分がなく、切りっぱなしのようなデザイン。折り返しがなくピタッとボディラインにフィットしてくれるので、タイトなシャツや薄手素材のシャツにおすすめ。

ブラトップ



カップ付きのインナーで着心地の快適さから大人気のブラトップ。下着を身に着ける必要がないので、肩ストラップやラインなどが外に響かず綺麗に着られます。ブラトップの形も種類豊富なので、キャミソールやラン型など好きなものを選べるもの嬉しいですね。

透けにくい素材



インナーとして着たときに、下着などが透けにくい素材をお伝えします。

シルク、サテン



シルクは高級生地として有名ですよね。薄手で触り心地が良く、着心地を重視したい方にはピッタリです。

メリヤス編み



Tシャツなどで使われる素材で、とても網目が細かいのが特徴。透けにくく、凸凹もないのでさらっと綺麗に着られます。

コットン、綿



白シャツに合わせるインナーとして一番オススメの素材。微細な繊維で、通気性が抜群にいいのが特徴。背中や脇の部分からインナーに汗が染みてシャツまでベタッとしてしまう夏特有の悩みも、コットン素材なら汗をたくさん吸い取って快適に着られます。脇パッド付インナーなどもあるので、悩みに合わせて選べます。

あえて見せたい方におすすめ♡インナー選びのポイント



透けさせたくないインナー選びのポイント、しっかり掴めましたか?お次は、あえて見せたい時のインナー選びのポイントをお伝えしていきたいと思います!透けさせたくないインナーは色選びが難しく悩みやすいですが、見せるインナーでは好みのカラーを合わせられるので、コーデの幅が広がりますよ!

では、おすすめのカラー、形、素材と見ていきましょう。

おしゃれなインナーの色



白シャツはとてもシンプルなデザインなので、どんな色も合わせやすいですよね。そこで今回は、あえて見せるからこそ選びたいインナーの色を厳選します。



定番の黒インナー。白シャツと合わせるとスタイリッシュで大人女子のイメージを持たせますね。「白」×「黒」コンビはシンプルでかつ着回し力も高いので気に入って買ったけど、合わせ方に困っているボトムスなどを合わせてみるのもGood!



透けやすい白インナーは、あえて見せる時には大活躍。「白」×「白」とあまり合わせない組み合わせ方かもしれませんが、インナーのデザインによってとてもおしゃれに着こなせるんですよ。

カーキ



カーキは白シャツと相性抜群。スポーティーな印象を与えるので、カジュアルなコーデにピッタリ。

ピンク



透けにくいピンクは、やわらかな落ち着いた色でしたがあえて見せるならグッと攻めたピンクを合わせてもおしゃれですね。くすみ系のピンクなら女性らしさを感じさせて、白シャツコーデのアクセントとしても良いですね。

グレー、ダークグレー



グレーは、シンプルで落ち着いた印象を与えてくれます。特に、ダークグレーのキャミソールを白シャツに合わせるとスタイルを良く見せる効果もあるのでおすすめの組み合わせです。

おしゃれなインナーの形


あえて見せるインナーなら、形・デザインをこだわってみましょう。着回し万能な白シャツなら、こだわりデザインもおしゃれに合わせられますよ。

タンクトップ



スポーティなものから、フェミニンなものと幅広いデザインがあるタンクトップ。肩まわりにレースが付いていたり、シンプルな形だったり、好みに合わせられるのがポイント。

キャミソール



肩ストラップが細めのキャミソールは、女性らしい印象のデザインが多いのが特徴。ボトムスメインのコーデに華奢なデザインのキャミソールを合わせると、グッと引き立ちます。

スクエアネック



スクエア型のタンクトップ。胸元部分が大きく開いていてバストにボリュームが出るデザイン。肩部分も太めなので、下着の肩ストラップなどもカバーすることができます。

レースやフリル付き



肩部分にレースやフリルが付いていたり、胸元にワンポイントとしてボタンがあるインナーも良いですね。アクセントになりつつも同系色でまとまっていているので、白シャツのシンプルさを邪魔せず引き立ててくれるアイテムです。

おしゃれなインナーの素材



見せるインナーなら、着心地だけでなく素材もこだわりたい。そんなおしゃれ素材もご紹介していきます。通販でインナーを見るときにもぜひ参考にしてくださいね。

総レース



おしゃれインナーと言えば、総レースがとても人気ですよね。白シャツと合わせたコーデは、抜け感があるものの上品さが現れて素敵です。レースの柄やカラーによって、雰囲気が変わるので色んなボトムスと合わせて、その日の気分に合わせてコーデを変えるのもおすすめです。

テレコリブ



縦の編みラインが特徴的なテレコリブ素材。インナーには見えないデザインなので、あえて見せるならピッタリな素材です。シンプルなデザインや落ち着いたカラーが多く、着回し万能。ワンショルダートップスなどの個性的なデザインもあるので、挑戦してみるのも良いですね。

白シャツ×インナーのおすすめレディースコーデ



着回しが自由自在な白シャツはインナーやボトムスによってガラッと雰囲気を変えることができます。お伝えしたインナーをもとに、「白シャツ」×「おしゃれインナー」×「ボトムス」のおしゃれなトータルコーデをご紹介します。どのコーデも、「この服、欲しい!」と思ってしまうくらい魅力的なコーデなので、ぜひ白シャツコーデのご参考にしてくださいね。

白シャツ×ベージュインナーで大人な抜け感コーデ



落ち着いたベージュのワンショルダーインナーで抜け感のある大人コーデ。淡いワンカラーで統一感を出しつつ、スカーフでアクセントをプラスしておしゃれ上級者になりましょう。

白シャツ×赤インナーで、スポーティコーデに



意外と合わせない、白シャツと赤インナー。パキッとした印象で、子供っぽく見えがちな白と赤のコンビもレオパードのロングスカートを合わせることで女性らしさをプラス。大人かわいいコーデに。

白シャツ×白インナーで、さわやか可愛いフェミニンコーデ



同色の組み合わせでさわやかな印象を演出しつつ、インナーのロゴがワンポイントとして可愛い、白シャツにぴったりなさわやか可愛いコーデ。華奢ベルトでウエストマークしてスタイルUPも叶います。

白シャツ×ベージュビスチェ×白インナー



インナーだけじゃ物足りない!ベージュカラーのビスチェに、白レースインナーを合わせたこのコーデ。合わせるカラーが白×ベージュだから、アイテム数が多くてもちゃんと統一感が出るんです。白レースインナーがチラッと見えて、ナチュラルかわいいコーデですね。

白シャツ×柄タイトスカート×白インナー



白シャツ×白インナーのシンプルな組み合わせならではのコーデがこちら。インパクトの強いパイソン柄タイトスカートも、おしゃれに着こなせちゃいます。リブニットの素材感とシンプルな白シャツ×パイソン柄スカートのバランスをうまく繋いで洗練された大人コーデの完成です。

白シャツワンピース×インナーのおすすめレディースコーデ



「白シャツワンピースに合わせるとしたら、なにがいい?」にお答えするおしゃれコーデをご紹介。白シャツや白シャツワンピースでこんな着こなししてみたい!と思うようなコーデをお届けします。

白シャツワンピース×カーキインナーで大人カジュアル



ロング白シャツに、カーキカラーのインナー、ボトムスを合わせて大人カジュアルコーデに。ブラウンやゴールドのアイテムも足して、おしゃれだけど抜け感を出すのが上級者テクニック。

白シャツワンピース×ライトグレーインナーでゆったりコーデ



白シャツに白ボトムスのシンプルな組み合わせに、ライトグレーのインナーを合わせて可愛らしさアップ。黒ベルトでメリハリをつけ、ラフ過ぎないゆったりコーデの完成です。

黒ワンピース×白シャツで、個性派コーデ



黒ワンピースに白シャツを羽織る着こなし、意外と見かけないですよね。「白シャツのコーデもこんな着まわし方があったんだ」と大発見の個性派コーデです。もともと相性抜群の黒×白、素材や色の割合を変えるだけで一気にオシャレ度がアップします。カラーワンピースに白シャツを羽織ってカジュアルダウンするのもおすすめです。

白シャツのインナーは、コーデの主役にも



白シャツに合わせるインナーについて、いかがでしたでしょうか?

白シャツをメインに、透けないカラーで中に着るもよし。インナーを主役にして好きなカラーやデザインを合わせるのも大人かわいいコーデになります。

お店でも通販でも多くの種類のインナーがあるので、ぜひ自分のとっておきの一枚を見つけてください。

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ