アッシュってどんな色?定番カラー&レングス別ヘアスタイルを紹介♡

季節の変わりめ気分を一新したいときにヘアカラーでイメチェンするという人も多いと思います。今回おすすめするのはくすみカラーがかわいい「アッシュカラー」。色味のバリエーションも多く透明感にあふれて一気にあか抜けた雰囲気になれると人気のカラーです!

ここではアッシュカラーの特徴を踏まえながら、カラーの種類やおすすめのスタイリングをご紹介するので、自分のなりたいヘアスタイルを是非見つけてみてください。

目次

アッシュカラーでおしゃれヘアになろう!


もはや美容室の定番であるアッシュカラーですがそもそも自分に似合うのか分からないという人もいますよね。定番色は「グレージュ」や「ブルージュ」といった個性的なカラーが目立つので少し抵抗を感じる人も多いと思います。

しかしアッシュカラーは人それぞれに似合う色があります。カラーが持つ特性や自分の個性を知っていれば誰でも似合う色が見つけられます!まずはその色が持つ特徴や性質について基本知識を抑えて、自分に似合うカラーを見つけてみましょう!

「アッシュ」ってどんな色?


アッシュと聞くとどんな色を想像しますか?アッシュ=「灰色」なのでグレーに染まるというイメージを持っている人もいるかもしれません。しかしアッシュカラーはグレーそのものの色になるわけではありません。

染まる色味を指すのではなく、仕上がり後の髪の色を表現する言葉です。染色後の色はグレーがかった、またはグレーに近い色味になります。

アッシュカラーの特徴


カラー剤は青や紫の色をしていることが多いです。日本人の髪色はもともと赤みの色素が強いので明るい色にすると黄色や橙(だいだい)の色が強く出ますから、アッシュカラーはその色を打ち消す反対色の、青や紫を入れて色味を整えることで透明感のある色味を出しています。

自分に似合うアッシュカラーとは?


もはや定番となったアッシュカラーですがその種類は豊富で、どんな色にしたらよいか分からない人も多いと思います。「グレーは冒険すぎる」「ブリーチしないといけないんじゃないの?」「暗い色しかできない私には縁がない……」など何となくのイメージで挑戦できない人もいるのではないでしょうか?

アッシュカラーは人によって似合う色が違います。その似合うポイントを知り自分の持つ特徴と重ねることであなたに似合うカラーが分かりますよ。

髪質


髪質によってアッシュの出やすい色は異なります。固めでハリやコシがある人はもともと赤みや橙が強い傾向があるのでその色を消すマットカラー(緑系)や青を入れるときれいに染まります。一回では希望の色味になりにくいため回数を重ねて徐々に髪質を変えていく必要があります。

逆に髪が柔らかくて猫っ毛の人は希望のカラーになりやすいです。もともと黄みの色素を強く持つためそれを消す紫を入れることできれいな色合いになります。

パーソナルカラー


自分に似合う色を見つけるには自分が「イエベ」なのか「ブルベ」なのかパーソナルカラーを知ることも大切です。イエベは肌色が黄みがかったイエローベースのこと、ブルベは肌色が青みがかったブルーベースのことを指しますがこの生まれ持った性質によっても似合う色が異なります。

ブルベさんは青みがかった色が映えるのでアッシュ系は基本的にどんな色でも似合います。逆にイエベさんは青みが強いと顔がくすんで見えるのでイエベに合うベージュやブラウンなどの色を混ぜると肌の色との相性がよくなります。

また色白さんはくすみカラーが肌をより白く見せる効果がありますが、色黒さんは顔のトーンが暗く見えくすんで重たい印象になる恐れがあるので注意が必要です。色黒さんは明るめで透明感のあるアッシュカラーを選びましょう。自分の好きな色味にするのもいいのですが、自分に似合う色を知ることであなたの魅力がもっと引き出されますよ。

アッシュカラーの魅力


2020年トレンドのアッシュカラーはどのタイプの人でもそれぞれに似合う色があるということが分かりました。しかし仕事や学校などで暗めの髪色しかできない場合は楽しめないと思っている人はいませんか?

実は暗めの色にこそ普通のカラーにはない特徴が発揮されるのがアッシュカラーです。そんな嬉しい効果をもっと知って、髪色をさらに楽しみましょう!

透明感が出る



アッシュカラーは赤みや黄みを抑えるので仕上がりは白っぽくもグレーがかったくすみカラーになることで人気です。浮かび上がるような透明感を放ち、やわらかい髪質と肌の色を白く見せる効果があります。明るいカラーでなくても暗めの髪でも同じ特徴が発揮されます。

一見すると黒髪に見えるような髪色でも、光が当たると髪が光を宿し透き通るような色に見えて軽やかな印象を持たせることができます。

ブリーチなしでもOK


おしゃれな髪色にはブリーチが付いて回るもの、おしゃれ髪を楽しみたいけど髪の毛を痛めたくないという方にもアッシュカラーはおすすめです。ブリーチとは、髪の毛の色素を抜いてそこに色を入れるので希望の色になりやすい反面、髪の毛の負担は大きくなります。

しかしアッシュカラーは、そのままの髪でも外国人のような透明感やぬけ感が出やすいカラーリングなので髪のツヤ感を失わずに美しい髪のままおしゃれを楽しめます。

明るさによって異なる特徴!


アッシュカラーにすると髪の毛が明るくなりすぎるイメージを持つ人がいますが、実際の明るさの決め手はトーン(色の明度)の高さになります。それでは、色の明るさによってアッシュの色はどのように変わるのでしょうか。ハイトーンやダークトーンにしたときの見え方や印象をチェックしていきましょう。

ハイトーンのアッシュカラー



明るめのトーンだと合わせた色が引きつように見えます。アッシュベージュの場合だと赤みや黄みをおさえたベージュが明るく強く出ます。より濃くカラーを出したい人は、ブリーチをすることが多いです。ブリーチすると明るくなりすぎる印象がありますがアッシュのくすみが髪色をベールで包み込むように明るさを抑えてくれます。

ダークトーンのアッシュカラー



暗めのトーンは髪にツヤと透明感を与え柔らかな髪質に見せてくれるので、暗めの色が好きだけど重くやぼったい印象になるのはいやという方におすすめです。ベースが暗めのカラーなのでそこに光がプラスされるイメージです。自然な仕上がりになるので仕事をしながらおしゃれもしたいという方に特に人気で、最近ではオフィスヘアとしても定番のカラーリングになっています。

これが定番!人気のアッシュカラー


くすみがかった髪色が落ちついた印象とツヤ感を出してくれるアッシュカラーですが実際にはどんな色があるのでしょうか。普段お仕事や学校などで髪色に制限がある人でも楽しめるカラーがたくさんあるのでどんなカラーがあるのか見ていきましょう。

アッシュグレー



代表的なカラーでもあるアッシュグレーは髪の毛に透け感と躍動感を持たせるのでこなれ感が出る色味になります。明るめにするとより立体的で個性的なヘアになり、暗めにするとツヤ感が増して知的な印象のヘアになるので、クールな雰囲気が好きな方におすすめのカラーリングです。

アッシュブラウン



初めての人におすすめなのがアッシュブラウンです。暗めのカラーでも重たい印象を感じさせないのでナチュラルな雰囲気になります。普段ブラウンに染めている人で、その後の赤みや黄みが気になる方はアッシュブラウンにしてみるといつもと違った雰囲気を楽しめますよ♪

アッシュベージュ



グレーとベージュの中間のくすんだ色味でベージュの赤みを打ち消すアッシュベージュは外国人のような雰囲気になると人気の色です。その中でもグレージュ、ミルクティーアッシュなど種類も豊富なのでさまざまな色味が楽しめます。透明感が強くやわらかい雰囲気になるので、クールな印象の色味が多いアッシュ系でもふんわりとした女性らしい印象になります。

アッシュブルー



アッシュブルーは黒髪に近い色でも髪の毛を軽く見せどこか神秘的な雰囲気になります。青は寒色系の中でも黒になじみやすいのでクールでモードな印象になります。ブルベさんが似合う特有の髪色なので個性的な髪色を楽しみたい方は是非挑戦してみてください。

アッシュパープル



人と違うおしゃれを楽しみたい人にはパープルもおすすめです。パープルと聞くと派手なイメージがありますが暗めのカラーなら髪にツヤ感を出てほんのりとしたパープルが肌を血色よく見せるので、かわいくも大人っぽい雰囲気になりますよ!

アッシュオリーブ



ベージュやブラウンよりも深みを持たせたオリーブは大人のニュアンスカラーです。ブラウンやベージュとの相性も良く、お肌が透き通ったようにきれいに見せてくれるので柔らかく上品な印象になります。オリーブはパーソナルカラーでいう秋タイプのイエベさんに似合いやすいです。

次のページ
1
2

関連記事