牛乳ダイエットの効果って一体なに?やり方&美味しい飲み方を解説♡

「今よりもっとキレイになりたい!」とダイエットを頑張っている方は多いのではないでしょうか?ダイエット方法は色々ありますが、キツい運動や食事制限はなかなか続きません。

2018年から徐々に注目が集まってきた「牛乳ダイエット」をご存知ですか?簡単に続けられますから、「牛乳で痩せるわけない!」と思っている方必見です。牛乳のあまり知られていない効果についてご説明します。


目次

牛乳でダイエットできるって本当?


「牛乳でダイエットできるのか?」その答えは「イエス!」です。方法は、牛乳だけ飲むとか食事に置き換えるとかそういったダイエット方法ではありません。あくまでも軽い運動などとあわせたダイエットのサポートドリンクとして牛乳を飲みます。サポートといえども、ダイエットを強力に後押ししてくれる牛乳パワーはあなどれません。

牛乳のダイエット効果とは



牛乳ダイエットで、一体どんな効果が得られるのでしょうか?ここでは、私たちの生活の身近にある牛乳のダイエット効果について説明していきます!

カルシウムが脂肪を分解してくれる


カルシウムは、丈夫な骨や歯を作るのに必要な成分だということは広く知られています。でもそれだけではありません。カルシウムには、脂肪の分解と燃焼をサポートする働きがあります。

ストレスを緩和してくれる


ダイエット中は、好きなものを食べられなかったり、運動が辛くてストレスがたまることがたくさんあります。そのため、ダイエットが続かなくて断念することも……。牛乳に含まれるカルシウムには、体内の神経伝達をサポートする働きもあり、ストレスを緩和することができます。イライラすることがなくなれば、ダイエットが続きそうです!

腸内環境を整えてくれる



牛乳には乳糖(ラクトース)という栄養素が含まれています。乳糖は腸に届くと、善玉菌(ビフィズス菌など)を増やすのに役立ちます。また、乳糖には便を柔らかくする働きもあります。腸内環境が改善されるので、便秘が解消される効果があります。

タンパク質が豊富で基礎代謝が上がる


牛乳にはタンパク質が豊富に含まれています。牛乳に含まれるタンパク質は、バリン・ロイシン・イソロイシンなどのアミノ酸が含まれるタンパク質が多いです。これらのタンパク質は、筋肉量の増加や維持に役立ちます。筋肉量が増加することによって基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になっていきます。

食べ過ぎを予防してくれる


牛乳を食前に飲むことで、食べ過ぎを予防する効果があります。牛乳に含まれる様々なペプチド(タンパク質とアミノ酸の仲間)の中に、満腹中枢を刺激する作用を持っているペプチドがあります。そのため、食前に牛乳を飲むと空腹感が和らぎ、食事の量をいつもより減らすことができます。

牛乳で美肌にもなれる!



牛乳はダイエットをサポートしてくれることはもちろん、美肌にもなれるんです!牛乳に含まれる良質なタンパク質には必須アミノ酸がバランス良く含まれていて、その良質なタンパク質が美肌を作ってくれます。ダイエットをする目的は、ただ痩せればいいというわけではなく、キレイになりたいからですよね。牛乳を毎日適量飲み続ければ願いが叶いそうです。

牛乳ダイエットのやり方


牛乳ダイエットはどのようにやれば効果的なのでしょうか?その方法について説明していきます。

1日200mlを目安に飲む


牛乳ダイエットをする場合の1日の目安量は、200mlです。200ml当たりのカロリーは約130kcal。200mlを毎回量って飲むと面倒で続けられなくなるかもしれないので、1日にコップで2~3杯ぐらいと覚えておきましょう。牛乳は飲めば飲むほどダイエットに役立つということではありません!飲み過ぎは逆効果になってしまいます。

牛乳を飲むタイミング



牛乳を飲むタイミングは、以下に記したようにすると効果的です。先ほどもご説明したように、1日2~3杯が適量なので、ご自身の都合に合わせてトライしてみてください!

食事の前


食前に牛乳を飲むと空腹感が和らぎ、食事の量をいつもより減らすことができます。

運動後


ダイエットを成功させるためには、運動してエネルギーを消費したり、筋肉をつけて基礎代謝を上げる必要があります。食事制限だけでは、すぐにリバウンドしていまいます。牛乳に含まれるタンパク質が、筋肉を効率よくつけるために役立ちます。ちなみに、筋力をアップさせることで良く知られているプロテインの原料は牛乳です!運動後30分以内に飲むのがより効果的です。

寝る前


寝る前に牛乳を飲むと、良質な睡眠が取れ、健康を保つことができます。牛乳には「トリプトファン」というアミノ酸が含まれていて、脳内の神経伝達物質であるセロトニンやメラトニンの原料となります。セロトニンには、精神を安定させる役割があるので、心が穏やかになり良質な睡眠が取れるというわけです。

小腹がすいた時


牛乳には空腹感を和らげる効果があります。それなりのカロリーがありますが、お菓子を食べるのに比べるととっても低カロリーで、豊富な栄養も摂れます!

牛乳ダイエットをするときのポイント


ここでは、牛乳ダイエットを成功させるために知っておくべきポイントについてご説明します。どうせなら牛乳をより効果的に摂って、いい影響がもたらされるように体をととのえましょう!

1カ月以上継続する


どのようなダイエットでも言えることですが、ダイエットは継続することが大切です。すぐに結果は出ません。ダイエットには個人差がありますが、最低でも1カ月以上は続けましょう。

ホットで飲む


ダイエット中は、特に体を冷やさないように心掛けなければなりません。体が冷えると代謝が下がってしまいます。なるべくホットミルクにして飲むようにしましょう。

冷たい牛乳はよくかんでから



どうしても冷たい牛乳を飲みたいときもありますよね。その場合は、一気に飲み干すのはやめましょう。少しずつ牛乳を口に含み、かむようにして飲みます。よくかんで牛乳を体温近くまで温めてから飲むと、体が冷えるのを防げます。目安としては、一口含んだら20~30回かんでから飲み込むと良いです。

食事はきちんと摂る


牛乳ダイエットは、置き換えダイエットにはなりません。牛乳には豊富な栄養が含まれていますが、全ての栄養を摂ることはできません。牛乳とあわせて栄養バランスが整った食事を摂るようにしましょう。

軽い運動もする


牛乳ダイエットにあわせて、軽い運動も取り入れることをおすすめします。例えば、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動が取り入れやすいと思います。

体に合わないときは中止する


牛乳を飲むとお腹を壊してしまったり、アレルギー性じんましんが出たりする方もいます。その場合は一旦中止しましょう。お腹を壊す原因は牛乳に含まれる乳糖と考えられていて、加工されると乳糖は減少するので、乳製品やヨーグルトなどを代わりに食べてみるのも一つの方法です。

無理なく続けるために!牛乳の美味しい飲み方


ダイエットを無理なく続けるために、ここでは牛乳の美味しい飲み方についてご説明します。

きなこ牛乳



きなこには食物繊維が豊富に含まれているので、腹持ちが良く、食べ過ぎを防いでくれます。整腸効果もあるので、便通が良くなります。

作り方


1.ホットミルクをマグカップ1杯分用意する
2.無糖のきな粉をティースプーン2杯分混ぜる
3.砂糖をティースプーン1.5杯ほど混ぜる
※きな粉に砂糖が最初から含まれている場合は、砂糖なしでOKです。

ハニーミルク


ハチミツに含まれるオリゴ糖やグルコン酸は、腸内環境を整えてくれます。また、ハチミツにはアンチエイジング効果のあるポリフェノール・亜鉛・ナイアシン・ビタミンB6が多く含まれています。さらに脂肪燃焼効果もあり、ホットミルクと合わせると体が温まり、新陳代謝が良くなって脂肪を燃焼しやすい体へと導きます。

作り方


1.ホットミルクをマグカップ1杯分用意する
2.ハチミツ小さじ1を混ぜる

フルーツをプラス



フルーツにはビタミン類が含まれているので、牛乳と合わせて飲むのにピッタリです。例えば、キウイは食物繊維が豊富なので便通を改善する効果があり、バナナにはカリウムが含まれていて、塩分の摂りすぎによるむくみを軽減してくれます。いちごはビタミンCがたくさんで抗酸化作用があり、アンチエイジング効果が期待できます。

ミキサー不要!バナナミルクの作り方


1.バナナ1本を手で適当な大きさに崩し、ポリ袋に入れて固まりがなくなるまで押しつぶす
2.もみ込んでなめらかになったらボールに移し、冷えた牛乳を少しずつ加えて泡立て器で混ぜる
 牛乳の目安はだいたい150ccですが、お好みで調整してください。
3.お好みでハチミツを入れてもOK!

牛乳でアレンジできる『もぎたて生スムージー』


今売られているダイエット製品の中には、牛乳でアレンジできるスムージーもあります。スムージーは置き換えダイエットの心強い味方で、健康にいい栄養を補給できるというメリットも!

中でももぎたて生スムージーは、はるな愛さんが大絶賛しているスムージー商品。牛乳だけでなく豆乳やヨーグルトなど、様々なアレンジに対応しつつ、ビタミンなどの栄養素もたっぷり含まれています。

作り方も簡単で手軽にダイエットへ取り入れられますので、気になる方はぜひ公式サイトも確認してみてくださいね。

もぎたて生スムージー公式サイトはこちら♡

牛乳は低脂肪牛乳でもOK?


牛乳ダイエットは、普通の牛乳ではなく低脂肪牛乳でも大丈夫なのでしょうか?低脂肪牛乳の方がカロリーが低くて良いようなイメージがありますが、実際どうなのかこれからご説明します。

低脂肪牛乳でも問題ない?


普通の牛乳のカロリーはコップ1杯当たり約130kcal、低脂肪牛乳の場合は約90kcalです。カロリーに差があるのに、栄養バランスは普通の牛乳と低脂肪乳に大差はありません。牛乳ダイエットは低脂肪牛乳でも問題がないと言えますね。では、違う部分を見ていきましょう。

味が薄くて物足りない……


低脂肪牛乳は、普通の牛乳に比べて味が薄くて物足りないと感じることがあります。味に満足できないとストレスを感じ、甘いものを食べ過ぎてしまっては期待の効果は得られません。無理して低脂肪牛乳にする必要はないでしょう。

おいしい牛乳はどれ?カロリーは?大手メーカーを比較



各大手メーカーから販売されている牛乳について詳細を調べてみました。どの牛乳を飲んだら良いか迷っている方は是非参考にしてみてください。

1
2

関連記事