化粧水と乳液の役割と正しい使い方!おすすめスキンケアアイテムも♡

化粧水や乳液は、肌の調子を整える大切なもの。毎日のスキンケアで使うからこそ、効果的に使う方法を知っておきたいですよね。今回は、化粧水や乳液をつける順番や正しい使い方を、徹底的に解説していきます。化粧水や乳液をはじめとするおすすめのスキンケアアイテムも紹介するので、お見逃しなく!


目次 [開く]

化粧水と乳液はどっちが先?正しい使い方を知ろう!



顔を洗った後の化粧水と乳液、どちらを先につけていますか?「適当につけている」という方は要注意。使う順番を間違えていると、せっかくの保湿効果や美容効果が発揮されません。それぞれの違いや使い方をばっちり把握して、ぷるんとうるおった肌になっちゃいましょう!

化粧水・乳液・美容液・クリームなど!スキンケア用品の役割は?



スキンケアアイテムには、化粧水、乳液、美容液、クリームなど、多くの種類があります。それぞれどんな特徴や役割があるのでしょうか?コスメごとの違いを確認していきましょう!

化粧水の役割



化粧水は、水や水溶性成分でできたスキンケアコスメ。肌表面の角層に吸収され、肌をうるおして乾燥を防ぎます。基本的には洗顔後、顔全体に行き渡る量を手に取って、すばやく馴染ませるのがポイントです。また、化粧水は肌をうるおすタイプだけでなく、肌を引き締める役割を持つ収れん化粧水や、洗顔後に残った汚れを取り除く拭き取り化粧水もあります。

乳液の役割



乳液は、人工的な皮脂膜の役割を持つスキンケアコスメです。肌表面の水分が逃げるのを防いでくれます。スクワランやホホバオイルなどのさらさら系の保湿成分を使っているため、肌に馴染みやすいのが特徴です。基本的には化粧水をつけた後、水分が蒸発しないうちに手に取り、肌にすばやくつけましょう。

クリームの役割



クリームは乳液と同じく、肌の水分蒸発を防いで保湿する役割を持ちます。クリームは乳液よりも固形の保湿成分やロウ類を多く含むので、つけ心地が重めです。特に乾燥する時期は、乳液後にクリームを重ねづけするのがおすすめ。また、目元をケアして小じわやクマを目立たなくする、目元ケア専用のアイクリームもあります。

美容液の役割



美容液は、化粧水よりも粘度があり、保湿効果と美容効果をあわせ持ちます。乳液状やクリーム状、オイル状など形状はさまざまです。美白やハリなど、商品によって美容効果や配合されている成分が異なるのが特徴。基本的には化粧水の後につけ、その後に乳液やクリームをつけることで効果を発揮します。肌悩みに合ったアイテムを選ぶのが大切です。

マスクの役割



マスクは美容液と同様に、美容成分を多く配合したスキンケアアイテム。顔に塗るタイプとシートタイプがあります。美容成分によって効果が異なるので、肌トラブルに合わせて選ぶと効果的です。マスクを顔に塗り伸ばし、シートなら顔に貼りつけて15分ほど放置し、美容成分が浸透したら剥がします。スペシャルケアとして使うのがおすすめです。

化粧水・乳液の正しい順番は?



化粧水や乳液は役割に違いがあるため、つける順番を守ることが大切です。順番を守ってケアをすれば、アイテムの効果を最大限に引き出せます。それでは、正しい順番を確認していきましょう。

一般的なスキンケアの順番



基本的にコスメの形状でつける順番が決まります。テクスチャーがさらさら→とろみがあるものの順番でつけると肌に馴染みやすいです。なので、一般的には下記のような順番でつけるのが効果的だと言われています。

1.化粧水
2.美容液
3.乳液
4.クリーム

化粧品の配合成分や使用目的によって順番が異なることもあるので、パッケージ裏を確認してから使いましょう。

乳液先行型の化粧品もある



アイテムは、ものによって使う順番が前後する場合があります。たとえばIGNIS(イグニス)シリーズは乳液先行型で、化粧水の前につけることで肌が柔らかくなり、化粧水や美容液が肌に入りやすくなるのです。しかし、これは乳液先行型のコスメだからこそ。保湿目的の乳液を化粧水の前につけても無意味なので、気をつけてください。

肌質やコンディションに合わせて選ぼう



肌タイプは、うるおいのある普通肌、水分と皮脂が少ない乾燥肌、水分も皮脂も多い脂性肌、水分が少なく皮脂が多い混合肌の4つに分けられます。コスメの水分や油分の量を見て、自分の肌に足りない成分を含んだものを選びましょう。また、肌質は季節や環境によって変化するため、肌の様子に合わせて使い分けるのがおすすめです。

スキンケアについての疑問をズバッと解決!



ふとした瞬間、毎日使うスキンケアアイテムに疑問を感じることはありませんか?ここでは、多くの人が抱えるスキンケアに関する疑問をズバッと解決していきます。わからないことをなくして、もっと効果的に活用しましょう!

シートマスクはどのタイミング?



シートマスクは美容成分を多く配合しているため、美容液と同じで化粧水をつけた後に使うのがおすすめです。美容液を併用する場合は美容液の後に使うことで、成分の浸透力を高められます。また、シートマスクの貼りっぱなしは肌の乾燥に繋がるため、おすすめできません。必ずパッケージに記載された使用時間を守って使ってくださいね。

オールインワン化粧品だけで済ませてもいい?



オールインワン化粧品は、化粧水、美容液、乳液の役割を担っています。スキンケアが面倒なとき、オールインワンを使えば時短になります。自分の肌タイプに合った成分を配合したものを選べば、毎日のケアでも大活躍!もちろん他のコスメと合わせても使えますが、その場合は乳液を塗る前につけるのがおすすめです。

値段が高い化粧品の方が美容効果は高いよね?



つい、値段が高い方が効果的に見えますよね。確かに高級化粧品の方が美容成分がたくさん入っていたり、テクスチャーや香りが良かったりします。しかし、プチプラの製品でも成分によっては高級化粧品並みの効果が得られます。化粧品選びで大切なのは、自分の肌悩みに合った成分が入っているかどうかです。購入の際は成分をよく確認しましょう!

肌に赤みが出ちゃった!どうしたらいい?



スキンケアコスメの使用中に肌が赤くなった場合、配合された成分にアレルギーがある可能性があります。すぐに使用を中止して塗布部分を水で洗い流し、ほてりや赤みが引くまで冷やしたタオルを当てましょう。不安があれば病院へ行って、原因の成分を見つけてもらうのがおすすめです。

お悩み別!おすすめスキンケアアイテムを一挙紹介♡



スキンケアアイテムは、ものによって効果がさまざまです。お悩みに合った成分が配合されているものを選ぶようにしましょう。ここでは、お悩み別のおすすめスキンケアアイテムを紹介していきます。購入の際の参考にしてくださいね!

おすすめの化粧水



化粧水は、肌の水分を補給するスキンケアコスメです。肌にまんべんなく化粧水を馴染ませることが大切なので、大容量のものや伸びがいいものを選ぶといいでしょう。それでは、おすすめの化粧水を見ていきます。

【naturie(ナチュリエ)】ハトムギ化粧水



天然保湿成分のハトムギエキスを配合した化粧水です。さっぱりとした使用感なのに肌にぐんぐん浸透し、角層までうるおいを与えます。500ミリリットルの大容量サイズでたっぷり使えるうえに1000円以内で購入できるので、コストパフォーマンスも抜群です。大変優秀な化粧水なので、多くのベストコスメ大賞で1位を獲得しています。

【肌ラボ】極潤ヒアルロン液



ロート製薬株式会社のブランド「肌ラボ」の、保湿成分のヒアルロン酸を3種類も配合した化粧水です。肌につけると角層にうるおいがぐんぐん浸透し、手に肌がくっつくくらいもちもちの仕上がりになります。シンプルな処方設計で、敏感肌用のパッチテストも突破したアイテム。肌がカサカサで化粧品がしみやすい人におすすめしたい化粧水です。

【Avene(アベンヌ)】アベンヌ ウオーター



南フランス生まれのアベンヌ温泉水100%使用した化粧水です。スプレータイプの化粧水で、肌全体にまんべんなく化粧水をつけられます。メイクの上からでも使えるので、水分が不足しがちな乾燥肌や混合肌の方におすすめ。ミネラルバランスが絶妙で、赤ちゃんにも使えるほど優しい成分でできています。

【IPSA(イプサ)】ザ・タイムR アクア



肌が水をまとったようにみずみずしくうるおう化粧水です。イプサ独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」を使用していて、肌の乾燥状態に合わせて水分を与えて逃がしません。顔の水分量が安定することで余分な皮脂が出なくなり、肌のテカりや肌荒れ、大人ニキビの防止にもつながります。

おすすめの乳液・クリーム



乳液やクリームは水分を肌に閉じ込め、保湿する効果があります。肌タイプによってさらさらタイプの乳液か、しっとりタイプのクリームかを選びましょう。それでは、おすすめの乳液・クリームを見ていきます。

【無印良品】乳液・敏感肌用 さっぱりタイプ



岩手県釜石の天然水を使用した乳液です。低刺激で、敏感肌の方にも優しい作りになっています。質感はさっぱりとしていて伸びがよく、脂性肌や混合肌の方でもべたつかないのが特徴。つけるときは顔の中心から外側に向かって流し、デコルテや鎖骨も顔の一部のつもりでマッサージをすると効果的です。

【菊正宗】菊正宗 日本酒の乳液



日本酒の成分を使って作られた乳液です。保湿成分である3種類のセラミドとお米の発酵液に加え、日本酒一升分のアミノ酸を配合しています。さらっとしたテクスチャーなのに保湿力が高く、夏場でも使いやすいのが特徴です。美白成分のプラセンタエキスとアルブチンも配合されていて、肌をつややかに見せてくれます。

【ALBION(アルビオン)】エクサージュホワイト ホワイトラズル ミルクII



肌の黒色色素であるメラニンの生成を抑制してシミやそばかすを防ぎつつ、肌にたっぷりのうるおいを与える薬用美白乳液です。メラニンができにくくなることで肌がワントーン明るくなり、透明感のある美肌になります。乳液先行型コスメで肌にまろやかに馴染み、化粧水や美容液の効果をアップさせてくれます。

【NIVEA(ニベア)】ニベアクリーム[中缶]



花王株式会社のロングセラー。うるおいをしっかり保護しながら健やかなすべすべお肌を保つクリームです。スクワランやホホバオイルを配合していて保湿力が高く、乾燥や冷気、汚れた空気にも負けない肌を作ります。デパコス並みのハイスペッククリームなのに、お値段は大きいサイズでも700円しません。コストパフォーマンス最強のスキンケアコスメです。

【KANEBO(カネボウ)】カネボウ フレッシュ デイ クリーム



1日のリズムに着目して作られた、日中用のクリームです。カネボウ化粧品独自の「ベビーソフトオイル処方」で、クリームが肌に変化するように馴染み、肌にうるおい膜を形成して保湿します。SPF15・PA+++なので、乾燥をケアしつつ紫外線から肌を守ってくれるのが特徴です。朝の目覚めのようなフレッシュな香りで、気持ちのいいスキンケア時間を過ごせます。

【Kiehl's(キールズ)】キールズ クリーム UFC



キールズの代名詞とも呼べるクリームです。クリームなのにテクスチャーが軽く、ふんわりとろけながら肌をうるおしてくれます。肌馴染みがよくべたつかないのが特徴で、湿気の多い夏でも乾燥しがちな冬でも使用可能です。ダメージで固くなった肌を柔らかくするので、いつまでも触っていたくなる触り心地になります。

おすすめの美容液



美容液は、肌のお悩みに合わせて使うスキンケアコスメです。美白やハリ、毛穴の開きなど、自分の肌トラブルに応じて複数のアイテムを使い分けるといいでしょう。それでは、おすすめの美容液を見ていきます。

【メラノCC】メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液



こちらもロート製薬から、ニキビ痕や毛穴の開きに効果的な医薬部外品の美容液です。安定した活性化ビタミンCが角層の奥まで浸透し、メラニンの生成を抑えます。このダイレクトな働きかけによって肌の黒ずみを抑えられるため、毛穴が目立たず透明感のある肌に仕上がるのです。殺菌成分と抗炎症成分を配合しており、ニキビ対策もばっちりできます。

【肌美精】薬用美白美容液



Kracie(クラシエ)の肌美精シリーズです。肌の水分と油分のバランスに着目した薬用美白美容液です。季節や環境によって人の肌は変わり目を迎えますが、この変化に対応することで肌のバランスを整え、明るく透明感のある肌を作ってくれます。さらりとしたテクスチャーが使いやすく、肌にすばやく馴染んで浸透するのも特徴です。

【LAMCOME(ランコム)】ジェニフィック アドバンスト N



日本人の肌のために作られた美容液です。皮膚の常在菌のバリア機能を強化し、肌の回復機能を高めることでナチュラルなうるおいを与えます。ランコムで人気の高いアイテムで、そのハイスペックさからリピーターが多数。この美容液は洗顔後すぐに肌に馴染ませて使います。吸いつくような質感になるまで伸ばすのがポイントです。

【trilogy(トリロジー)】ローズヒップ オイル



ローズヒップの種から摂れるピュアオイルだけでできた美容液です。オイルなのにべたつかず、軽い質感が特徴で、肌にすばやく馴染みます。必須脂肪酸を含んでいるので、肌のハリや柔らかさを作るのに欠かせません。ヘアトニックにしたり、ボディクリームに混ぜたりしても使えます。オーガニック認証を受けているのもポイントです。

おすすめのマスク



マスクは、顔に美容成分を浸透させて肌トラブルにアプローチするスキンケアアイテムです。毛穴ケアができるものや美容効果に着目したものがありますが、ここでは美容効果に着目したものを紹介します。それでは、おすすめのマスクを見ていきましょう。

【QUALITY FIRST(クオリティファースト)】オールインワンシートマスク モイストEX



50枚入りで1500円という、コストパフォーマンス抜群なシートマスクです。保湿にとことんこだわったマスクで、肌につけると35種類の濃密な美容成分がぐんぐん浸透します。コットン100%のシートは丈夫で破れにくく、肌にぴたっと密着するのもポイント。化粧水、美容液、乳液の役割を持ち、面倒な日はこれ1枚でスキンケアが完了します。

【LuLuLun(ルルルン)】フェイスマスク 青のルルルン4S



シートマスクでお馴染みのルルルンから販売されている、高保湿タイプのシートマスクです。砂漠でたくましく生きるサボテンの保湿エキスとカナダの氷海で生きる海藻のエキスを配合しており、肌に強力なうるおいとハリ、しなやかさを与えます。化粧水としても使えるので、水分が不足しがちな乾燥肌や混合肌の方におすすめです。

【SK-II(エスケーツー)】フェイシャル トリートメント マスク



エスケーツーならではの整肌保湿成分であるピテラを配合したシートマスクです。50種類以上のビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機酸類を含んだピテラをシートマスクで浸透させることで、健やかな肌を保ちます。エステ帰りのような仕上がりが魅力で、特別な日の前に使ってほしいアイテムです。

【SHIGETA(シゲタ)】AW モイスチャーナイトマスク



寝ている間に肌をケアするクリームタイプのマスクです。保湿とハリを与えるクラリーセージエキスやアルガンオイルを配合しており、翌朝の肌の仕上がりに感動すること間違いなし。美容液と乳液、クリームの3役を果たしてくれるので、化粧水の後に顔全体とデコルテに馴染ませて使いましょう。翌朝、化粧水を浸したコットンか水で洗い流したらスキンケア完了です。

化粧水や乳液はつける順番と成分を意識しよう!



化粧水や乳液のつける順番や使い方、おすすめのアイテムを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?アイテムごとの違いを知っておくことで、スキンケアの効果がさらにアップします。自分の肌に合った化粧水や乳液を正しく使って、自分史上最高のお肌を目指しちゃいましょう!

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ