動物園デートのおすすめコーデはコレ!春夏秋冬別の服装を大公開♡

「好きな人の前では少しでも可愛い自分でいたい」
でも翌日のことが気になりすぎて、デート前日から洋服選びに時間がかかってしまう方は多いのではないでしょうか。さらに「動物園デートって何着て行ったらいいんだろう?」と悩んでしまう方もいるかもしれませんね。

そこで今回は、動物園デートのおすすめコーデを季節ごとに紹介します。



目次 [開く]

動物園デートのコーデにもう迷わない!


「着たい洋服を着る!」もちろん良いことですが、ある程度の年齢になるとTPOをわきまえたコーディネートが必要です。動物園デートで全身ハイブランドのおろしたてワンピースを選ぶ方は少ないでしょう。

“動物園デート”を踏まえてコーディネートを考えるのが、重要なポイントです。


動物園デートコーデのポイントをチェック!



「TPOをわきまえた洋服……?」動物園デートに着て行く洋服を選ぶ際は“起こりうる問題”を回避しながらコーディネートを考えましょう。そこでここでは、動物園デートコーデのポイントを具体的に紹介します。

汚れても良い服装で


動物園のエリアによっては土の上を歩いて動物と触れ合う体験ができる場所もあります。そんなときに「この洋服高かったのに~」と、服に気が向いてしまうようでは、デートの雰囲気が台なしです。

相手の男性も気を遣ってしまいますし、「大切な服着てくるなよ」と思われてしまうかもしれません。必ずしも汚れるわけではありませんが、万が一を想定して多少汚れてもいい、または汚れが落ちやすい服を選びましょう。

日焼け対策を欠かさずに


園内を周っている間はほとんど外にいる動物を見ますよね。もちろん室内で生活している動物もいますが、自然の光を浴びて過ごしている動物の方が数は多いでしょう。必然的にデート中は外にいる時間が長くなります。

長時間を屋外で過ごすなら日焼け対策は必要です。羽織ものを持って行くなど、日傘や帽子を使って対策を行いましょう。

動きやすい服装で


動物園は動物が主体の場所ですから、土や石があったり、もしくは少しぬかるんでいたりする場所も当然あります。女性らしさ見せるためにふりふりのスカートにピンヒールなんて履いていったら、それはTPOをわきまえてるとはいえません。

スカートを穿いてもOKですが、動きやすいデザインを選びましょう。

秋冬は防寒対策


長時間、屋外で過ごすことが多い動物園。秋冬は防寒対策が必要です。「おしゃれは我慢!」といって薄着を好む方も動物園デートではやめておきましょう。寒さでせっかくの動物園デートが楽しめなくなるのはもったいないです。寒さに震えていると、男性に気を遣わせてしまうかもしれません。

秋冬の動物園デートではアウターや防寒対策のできるマフラーなど、小物を取り入れたコーディネートでおしゃれを楽しみましょう!

靴選びがポイント♡


基本的に動物園デートでは歩きます。園内の敷地が大きい動物園であればかなりの距離になるでしょう。「おしゃれしていこう!」と意気込んでヒールの高い靴を履いてくのはNGです。

足が疲れるだけではなく、デート中に靴擦れになって歩けなくなってしまったら楽しみが半減ですよ。できるだけローヒールで歩きやすい、足になじんだ靴を選びましょう。

雨の日はコーデに工夫を!


動物園は雨の日も楽しめるレジャー施設です。雨が降っている、もしくは降るとわかっているのであれば雨対策を行いましょう。

アウターには防水のものを選択するか、足が汚れるサンダルは避けて、レインブーツなど染みにくい靴を選択すると良いですよ。

動物園デートのおすすめコーデ・服装《春》



早速、動物園デートのおすすめコーデ、春バージョンを紹介します。徐々に気温が高くなって、比較的雨が少ない季節ですね。春らしい明るいカラーも取り入れて季節感のあるコーディネートにしましょう。

ビッグTシャツ×レギンス



アクティブなイメージを持たせてくれるカジュアルなコーディネート。ゆるっと着たビッグTシャツはオーバーなサイズ感が、かえって女性らしい可愛さをアップさせてくれます。


動きやすいレギンスにはフラットシューズで合わせて、フェミニン感をプラスしても良いですし、スニーカーでカジュアルさをまとめてもOKです。上のようなサイドラインの入ったレギンスと合わせると、ラフなコーデもおしゃれに仕上がります。

ジャケット×フレアスカート



綺麗めな大人女子の鉄板アイテム、フレアスカートを「デートに着たい!」と思っている方もいるでしょう。フェミニン感の強いフレアスカートは動物園デートでは、カジュアルダウンのアイテムとして使えます。

ジャケットはテーラードジャケットのようなきっちりし過ぎるものよりも、春らしいGジャンやライダースジャケットがおすすめです。白のライダースならコーデの印象も明るくなります。

春ニット×ワイドパンツ


季節感のあるアイテムを取り入れるならば春ニットで決まり!サラサラとした素材の春ニットは暑すぎず、寒すぎず快適に過ごすことができます。

ワイドパンツは綺麗め素材でも良いですが、ここは春らしくデニムワイドパンツを取り入れるのがおすすめです。春ニットをウエストインして全体にメリハリをつけたら、フラットシューズやローヒールでまとめると脚長スタイルになります。

チェックシャツ×スキニー


春に活躍するチェックシャツも動物園デートに取り入れたいアイテムのひとつ。1枚で着用してもOKですし、アウターとして羽織るのもOKです。

ロング丈やミドル丈のチェックシャツであれば、かっちりしすぎない、ゆるカジスタイルが完成します。チェックシャツは春っぽい明るいトーンの色味を選ぶと良いでしょう。

ロング丈ワンピース×Gジャン


春の鉄板コーデといえばロング丈ワンピース×Gジャン。ガーリーで可愛らしいワンピースも、Gジャンと組み合わせれば、程よいカジュアルさを保ったコーディネートに早変わりです。

足元にスニーカーを履けば足の疲れも心配することなく1日を楽しめちゃいますよ!

ロング丈タイトスカート×スニーカー


カントリー風のロング丈タイトスカートならば動物園デートにもマッチします。タイトスカートは一見“綺麗めスタイル”と思われがちですが、デザインや質感を選べばカジュアルなコーディネートが作れます。

上のコーデはTシャツを合わせてスポーティーな明るさが出ていますが、トップスはシャツを選んで襟抜きスタイルにしてもOK。裾をスカートにインすれば縦長ラインを確保できます。足元のスニーカーで脚長効果を狙いましょう。

動物園デートのおすすめコーデ・服装《夏》



本格的に気温が高くなる夏は、薄着も重要だけど、女の子にとっては冷房対策も必要です。いくら動物園で外にいるからといっても、暑さに弱い動物を見る際には室内に入ることもあるでしょう。冷えが気になる方は1枚羽織りものを持参するといいですよ。

ノースリーブ×ホワイトパンツ


落ち着いた色味のノースリーブは、初夏を感じさせるホワイトパンツとの組み合わせがおすすめです。デニムと合わせるよりも大人っぽい印象が作れます。ヒールのないぺったんこサンダルと合わせれば、ラフさもプラスされます。

大人感を出すにはレースをあしらったノースリーブや、アクセサリーに小ぶりなブレスレットを選んでもいいですね。

1
2
3

関連記事