前髪の基本の巻き方は?簡単ストレートアイロンからコテ巻きまで解説!

仕事や学校に行く際に前髪が決まらない……。コテで前髪を巻こうとしても、うまく巻けずに変な跡がついちゃったなんて経験は1度や2度ではないはず。せっかく前髪を巻いても、納得できない結果になってしまう人は多いと思います。

ヘアアレンジが苦手な不器用さんでもストレートアイロンの簡単で、基本的な巻き方を身につければ毎日の髪型もかわいくなります。かわいい前髪はストレートアイロン1つで簡単に作れるのです!

この記事では、前髪の基本の巻き方や失敗せずに巻ける方法、コテ・ストレートアイロンでの巻き方、アレンジについてレクチャーします!

この記事を参考にして、かわいい前髪を作ってくださいね♪

目次

前髪の巻き方次第で雰囲気がガラリと変わる♡


朝の身支度で、ついつい後回しにしてしまう前髪。しかし、前髪を巻くだけで普段の髪形が数倍おしゃれに見えるのです。前髪の巻き方次第で印象も変わるので、気軽にイメチェンしたい人は前髪の巻き方を変えてみましょう!


【100円以下も♡】LUPISでヘアアクセサリーを探す♡

コテに慣れていない女性はストレートアイロンを使うのがおすすめ


自分のコテやストレートアイロンを持っている人は多いけど、なんとなくしか使い方が分からない……。と悩んでいる女の子は多いもの。コテで上手に前髪が巻けない人は、ストレートアイロンでくるんとしたかわいい前髪を作りませんか?

ここからは、前髪をストレートアイロンで巻く方法についてお伝えします。


ストレートアイロンの温度は140度に設定する


髪を巻くのに慣れていない人は、ストレートアイロンの温度を高くせず140度くらいに設定しましょう。高い温度は美容師や、普段から使い慣れている人に適した温度です。巻くのに慣れていない人が高温に設定されたコテやアイロンで巻くと、やけどや失敗の原因になってしまいます。


ストレートアイロンのほうが、操作が簡単


コテは、髪の毛の巻く方向を間違えると変なクセがついてしまい、戻すのも大変です。基本を押さえたい初心者さんは、ストレートアイロンを使うのをおすすめします!ストレートアイロンなら外巻き・内巻きが簡単にできるので、朝の短い時間でもかわいい前髪が作れますよ。

アレンジも楽しめるので、まずはストレートアイロンで前髪を巻けるようになりましょう!


前髪をきれいに巻きたいときは生え癖をなくそう!


前髪をキレイに巻くためには、ちょっとした準備が大切です。寝起きの髪の毛は生え際にクセがついていて、キレイに巻けてもボサついて見える可能性が……。前髪をキレイに巻くためのちょっとした準備についてお伝えします。


前髪の根本を濡らす


前髪は、朝起きたままの状態でアレンジすると重い通りの前髪にならない場合があります。まずは、前髪を根本からしっかり濡らしましょう。根本まで濡らすことで、生え際がなくなります。

これを忘れてしまうと「なんか上手くいかない……」なんてことも。前髪を巻くときは、必ず根本からぬらしましょう。

水でぬらすのもいいですが、時間がないときは寝ぐせ直しを使うのもいいですね。

こちらの商品は寝ぐせを根本から直してくれ、さらに女の子らしい香りを髪にまとってくれます。いつでもいい匂いでいたい女の子におすすめの商品です。



ドライヤーを左からあてる


髪をタオルドライしたら、ドライヤーを左から当てていきます。前髪は、完全に乾かしてしまって大丈夫です。ドライヤーを左から当てながら、指で前髪をジグザグにほぐすように乾かしてあげます。


ドライヤーを右からあてる


次に、ドライヤーを右から当てていきます。左右からドライヤーを当てると、自然なまっすぐの前髪に。おおざっぱにやってもちゃんと前髪はまっすぐになります。

もし、左右どちらかの方向に流しておきたい場合は流したい方向に向けてドライヤーを当てましょう。


持っている場合はスタイリング剤を使う


スタイリング剤を持っている人は、スタイリング剤を両手で伸ばして前髪に動きをつけましょう。根元にべったりとつけると油っぽい印象になってしまうので、軽く髪に触れ、中間~毛先を中心に指で動きをつけていきます。スタイリング剤を付けると前髪が巻きやすくなり、形がつきやすく、キープ力もアップするのでおすすめです。ウエットな髪質はおしゃれ度をぐんと上げてくれますよ。


不器用さんでも簡単!基本の前髪の巻き方


不器用だから、髪を巻くのはハードルが高い……。という人は多いのではないでしょうか?実は、コツさえつかんでしまえば、不器用さんでも前髪は簡単に巻けてしまうのです。

ここからは、不器用さんでも簡単にできる前髪の巻き方についてレクチャーします。

巻きたい部分の前髪をとる


前髪を巻く際に失敗してしまう理由として、一度に前髪を多く取りすぎてしまうのが挙げられます。思ったような形に巻けない場合は、前髪を3回くらいに分けて巻くと上手に巻けますよ。


ストレートアイロンで毛束を挟み、滑らせていく


前髪を頭皮がヤケドしないように、根本の部分をストレートアイロンで挟みます。そして、優しく挟んだストレートアイロンを前髪の先に向けてサッと滑らせます。

一度、前髪全体にストレートアイロンの熱を髪の毛に加えると、次に前髪を巻く際に形がつきやすくなります。


毛束の真ん中あたりから手首をひねり、前髪を巻く


巻きたい部分の前髪をストレートアイロンで挟みます。毛束の真ん中まで滑らせたら、手首を内側にひねります。すると、前髪はくるんとかわいい内巻きに。もし、巻きが足りない場合は、もう一度繰り返しましょう。

他の前髪の部分も同様に巻くと、フェイスラインに沿って上手に前髪が巻けますよ。


ストレートアイロンでの前髪の巻き方《前髪あり》


ここからは、ストレートアイロンで作る前髪の基本的な巻き方についてレクチャーします。

ストレートアイロンでもアレンジ方法はいくつかあるので、与えるイメージを使い分けたいおしゃれ女子におすすめです。参考にして、かわいい前髪を作ってくださいね。


【100円以下も♡】LUPISでヘアアクセサリーを探す♡

ぱっつん前髪の基基本の巻き方


ぱっつん前髪の人は、一度140度にしたストレートアイロンで前髪を挟んで滑らせ、熱を持たせたらアイロンで前髪の根本を優しく挟み、少し上に持ち上げます。

そして、内側に向かって優しく巻いていきましょう。ポイントは、強く巻きすぎないこと。強く巻きすぎてしまうとガーリーすぎる印象になってしまうので、優しくストレートアイロンを挟み、2~3回前髪をとかすように巻くとふんわりとした印象の前髪になります。


ななめ前髪の基本の巻き方


ななめ前髪の人は、まず140度にしたストレートアイロンで前髪全体に熱を持たせるように滑らせます。つぎに、前髪全体をつかみ上に持ち上げ、持ち上げたまま外巻きに巻きます。するとキレイな八の字の韓国風の前髪に。

片方にだけ流したい場合は、流したい前髪をつかみ外側に向かってストレートアイロンをひねりながら流します。すると、外はねのななめ前髪が完成します。


眉うえ前髪の基本の巻き方


眉うえ前髪の人は巻こうとすると不自然な前髪になってしまうので、ストレートアイロンで前髪に熱を持たせるように滑らせると前髪が自然にまとまります。

もし、物足りなさがある場合は、スタイリング剤を使用するとより前髪のまとまり感が出て一気におしゃれ度が上がります。

簡単なのに大人っぽくなるので、オススメです。


前髪を流したい人の基本の巻き方


140度にしたストレートアイロンで前髪を挟み、流していきます。次に、前髪を3つに分け分けた内の真ん中の前髪を流したい方向に向けて流していきます。すると、流したい方向に前髪が巻かれていきます。

次に、流した前髪の真ん中部分をストレートアイロンで挟み、くびれをつくるように軽く巻くと前髪にさらに動きがついてかわいい印象になります。

巻いていない2つの部分の前髪は、フェイスラインに合わせて内巻きにしていきます。


1
2

関連記事