香水&香りの種類を解説♡正しい選び方を知って好みの香りに出会おう

「良い香りがする女性に憧れるな。」これは、多くの女性が感じることですよね。ですが香水ってつけすぎると、香りがきつくになるし、実際不快な気持ちになったことがあるから抵抗がある!という方もいると思います。

でもそれは香水の使い方次第。この記事を読んで、あなたもふんわり良い香りのする、憧れの大人の女性になりませんか?


目次

香水の種類が分からない!結局どれを選べばいいの?



香水は種類が多く、初めてだとどの香水を選べば良いのか迷ってしまいますよね。香りや特徴だけではなく、どんなシーンに最適か、どんなつけ方をすれば良いのか、自分の好みで自由に選べる反面、初心者の方には難しいと感じてしまう方も多くいると思います。

そこでこの記事では、基本となる、香水の種類からご紹介します。香水にはどんな種類があるのか、種類によってそれぞれの香水の特徴やつけ方もご紹介します。あなたにあった香水はどんな香水か、理想の香水をイメージしながら読んでみてくださいね。

香水の種類



香水の種類についてご説明します。香水は大きく4種類に分けられ、それぞれ特徴が違ってきます。それぞれの特徴を把握せずに使うと、香りがキツくなってしまう場合や、思ったよりも香らなくてがっかり、なんて事になりかねません。

香りが強く、長く香るものから順番に紹介します。どのくらいの時間香りが持続してほしいか、どのぐらい香りの強さがほしいか、あなたの理想をイメージしながら、読んでみてください。

パルファム



まず最初にパルファムをご紹介します。今は、香水といえばこれから紹介する4種類すべてを指しますが、昔は香水といえばパルファムのことを指しました。香水の基本とも言えるのが、このパルファムです。

ですがパルファムは、香りがきつくなりやすい面があり、香水初心者の方よりは、もっと香水を楽しみたい方にオススメの香水です。扱いが難しい香水ですが、高級感のある香りが多く、品格のある場などでの使用に適した香水です。

特徴


パルファムは香水の中でも最も香りが強く、香りの持続時間が長いのが特徴です。つけ方に注意が必要ですが、つけ直し要らずで、1日中香りをまとえます。

濃度


パルファムの濃度は、15%〜30%です。香水の濃度としては高いため、つけ過ぎないように注意が必要です。

持続時間


パルファムの香りの持続時間は、5〜7時間です。少量で5~7時間もの長い間、香りをまとえます。

つけ方


パルファムは、足元や腰につけましょう。ワンプッシュで充分です。パルファムは香りが強くなりやすいので、足元や服の下につけることで、ふんわりと香らせられますよ。

オードパルファム



次にオードパルファムをご紹介します。種類が多いこと、パルファムよりも値段が抑えられていることから、愛用している女性も多い香水です。オードパルファムをいくつか持っておき、日によって違う香りをまとうことで、服と同じようにオシャレの1つとして、香水を楽しんでいる女性も多くいます。

特徴


オードパルファムの特徴は、種類が多いことです。色んな香りのオードパルファムがあり、さらにパルファムと同じように、長い時間香りが持続してくれます。

濃度


オードパルファムの濃度は、10〜15%です。パルファムよりは濃度が低いですが、香水の濃度としては高めの数値になっています。

持続時間


オードパルファムの香りの持続時間は、5〜7時間です。パルファムと同じくらいの時間、香りをまとえます。

つけ方


オードパルファムは膝裏や足首など、腰よりも下の位置につけましょう。香りは下から上へ香るので、腰より下に振りかければちょうど良い濃さで香りを楽しめますよ。

オードトワレ



3つ目にオードトワレをご紹介します。オードトワレは、誰でも扱いやすく、最も愛用者の多い香水です。香りの持続時間が、長すぎず短すぎないところも、多くの人に愛されています。パルファムやオードパルファムよりも優しく香りをまとえるので、香水初心者の方にも扱いやすい香水です。

特徴


オードトワレは、香りが強すぎず、弱すぎず、香りをふんわりとまといやすい特徴があります。

濃度


オードトワレの濃度は、5〜10%です。この数値は、香水の濃度としては低めの数値ですが、普段使いとして活用しやすい、香水の濃度でもあります。

持続時間


オードトワレの香りの持続時間は、3〜4時間です。1日香りをまとうことは難しいですが、午前と午後で違う香りを楽しめます。

つけ方


オードトワレは、耳の後ろや首の後ろにつけましょう。1〜2滴で充分です。食事に出かける前などは、腰から下につけることで、食事の香りの邪魔をせず、優しい香りをまとえますよ。

オーデコロン



4つ目にオーデコロンのご紹介をします。オーデコロンはきつい香りになりにくいので、つけすぎてしまうのが怖いと感じる初心者の方にオススメの香水です。これまでに紹介した香水の中で、香りが最も弱く、持続時間も最も短いので、香水初心者の方も気軽に香水を楽しむことができます。

オーデコロンは、休憩の息抜きや、夜のリラックス時間に使って柔らかい香りで癒されたり、お手拭きにシュッとかけて、良い香りのお手拭きでお客様をおもてなししたり、寝る前に枕にシュッとかけて、良い香りに包まれながら就寝する、なんて使い方もできます。

特徴


オーデコロンは、多量につけてもきつい香りにはならない特徴があります。自分だけ、または近くにいる人にだけ、ふんわり香りが届く香水です。

濃度


オーデコロンの濃度は、2〜5%です。この数値は香水の濃度としてはとても低く、香水をつけるのが初めての方にもオススメです。

持続時間


オーデコロンの香りの持続時間は1〜2時間です。香りの持続時間が短いので、息抜きにちょっとだけ香りを楽しむ使い方もできます。

つけ方


オーデコロンは胸元や手首につけることで、優しく香りをまとうことができます。多量につけても香りが強くなりにくいので、好みの量をつけましょう。

あなたはどれが好き?香水の香りの種類



ここからは、香水の香りの種類についてご説明します。香水と香りは切り離せないものですよね。普段の生活でも、爽やかな香り、スパイシーな香り、甘い香り、落ち着く香りなど、香りの種類はともて多く存在しますが、あなたはどんな香りが好きですか?

「甘い香りが好き。」と答えられる人もいれば、好きな香りが分からない場合や、上手く説明ができない方も多くいると思います。そこで、香りの種類を4つご紹介します。人からどんなイメージを持たれたいか、どんな時に香水をつけたいかをイメージして、香水を探すときの参考にしてみてください。

フローラル系



まず初めにフローラル系の香りをご紹介します。フローラル系の香りは、花の香りです。ローズ、すずらん、ジャスミンなど、フローラル系だけでも種類がとても多く存在します。1つの花の香りがする「シングルタイプ」と、複数の花の香りがする「フローラルブーケタイプ」があります。

フローラル系の香りは、女性らしさを出したいときに最適です。甘い香りや爽やかな香りなど、香りの種類はさまざまですが、若い人からご年配の方まで、多くの女性に愛されています。フローラル系の香りは、女性のイメージがすでに強いので、浮いたりせず、初心者の方にも馴染みやすい香りです。


オリエンタル系



次にオリエンタル系の香りをご紹介します。オリエンタル系の香りは、アジアやインドなどの外国をイメージさせる香りです。お寺のお香などにも使われる、独特だけど温かみのある香りがします。

オリエンタル系の香りは、ちょっとピリっとしていて、少し癖を感じる香りですが、大人っぽく、神秘的な雰囲気をまとえます。甘い香りがあまり好きじゃない方や、香りが人とは被りたくないと思う方、セクシーな香りを求めている方にオススメの香りです。


シトラス系



3つ目にシトラス系の香りをご紹介します。シトラス系の香りは、柑橘系の香りです。レモンやオレンジ、ライムの香りをイメージすると分かりやすいかもしれません。柑橘系の香りからイメージされる通り、夏にぴったりな香りで、暑い日差しで汗をかいてしまっても、爽やかな雰囲気をまとえます。

シトラス系の香りは、爽やかで涼しげな香りがするので、男性にも女性にも、仕事でもプライベートでも人気の香りです。フレッシュで若々しいイメージを与えることができる香りでもあるので、新入社員の方にもオススメです。甘い香りが苦手、という方にもオススメできます。


グリーン系



4つ目にグリーン系の香りをご紹介します。グリーン系の香りは緑の葉の香りです。新緑、森、茎の香りをイメージさせる香りでもあります。さっぱり爽やかな香りなので、春〜夏にかけて人気の香りです。シトラス系と同じく、男女問わず使えて、仕事でもプライベートでも人気の香りです。

グリーン系の香りは、つけているのを忘れてしまうくらい、香りが馴染んでくれるので、香水はつけたいけれど、あまり香水っぽさを出したくない方にもオススメの香りです。またグリーン系の香りは、リラックス効果のある香りなので、お風呂上がりのリラックスタイムにつけるのもオススメですよ。

香水の種類&香りの正しい選び方



次に香水の選び方についてご紹介します。この記事の最初に、香水は種類が多く、初めてだとどの香水を選べば良いのか迷ってしまいますよね、という話をしました。ここまでで基本的な香水の知識をある程度知れたとは言え、まだまだどんな香水を選べば良いのか迷ってしまうと思います。

そこで香水の種類とその選び方についてご紹介します。気になる香水を全て試してみるのも良いですが、それは大変な作業です。数が多くなるほど、鼻もマヒしてきます。香水の正しい選び方を知って、ある程度絞り、自分の気分を上げてくれたり、相手に好印象を持って貰える香水を選びましょう。

次のページ
1
2

関連記事