乳輪が大きい原因&小さくする方法を徹底解説♡男性の本音も必見!

胸は女性の象徴とも言えます。だからこそバストに関する悩みはつきません。大きさや色、形、感触。中には乳輪が大きいことを悩んでいる人もいるでしょう。今回は乳輪が大きくなる原因と対処法、また乳輪が大きい女性に対する男性の本音に迫っていきたいと思います!



目次

乳輪が大きいのが悩み…





乳輪の大きさを気にしたことはありますか?乳輪が大きいことに悩んでいる女性は少なくありません。胸は女性にとってとても大切な部分ですから、気になって当然です。一度気になってしまうと、頭から離れなくなってしまいますよね。
 

乳輪の大きさで胸の見た目もかなり変わる





乳輪が大きいか小さいかで、胸の印象は大きく変わります。だからこそ乳輪のサイズが気になるんですよね。「服を脱いだときに乳輪が大きいのを見られたら……」と不安になることもあるでしょう。乳輪がもう少し小さければ、こんなにも悩まなくても良いのに!

他人に相談しにくい





乳輪が大きいことを、誰にも打ち明けられず一人で悩んでいる女性は少なくありません。「ねぇねぇ、わたしの乳輪大きいんだけど!」なんて、どんなに仲が良い友達であっても言いづらいですよね。

また男性にどう思われるか不安で、恋愛に積極的になれない人もいます。乳輪が大きいせいでハッピーに生きられないなんて、もったいないことです!一緒に悩みを解決していきましょう。

乳輪の平均サイズってどれくらい?





まずは乳輪の平均サイズをご紹介しますね。ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、メジャーを使ってきっちり測ってみましょう。たとえ平均サイズよりも大きくても、落ち込む必要はありません。のちほど乳輪を小さくする方法をご紹介するので安心してくださいね!
 

乳輪の平均サイズは3センチ~5センチ





乳輪の平均サイズは3センチ~5センチだと言われています。あなたのサイズはどうでしたか?乳輪の大きさは胸の大きさに比例しているので、乳輪のサイズが平均以上でも胸が大きければバランスがとれています。
 

5センチ以上だと大きめ





もし乳輪の大きさが5センチを超えているなら、ちょっと大きめかもしれません。中には7センチほどある人もいます。乳輪だけでなく、バストのサイズや乳首の大きさも、胸の美しさに関係しています。乳輪が5センチ以上あるというだけで「わたしの胸は醜い!」と思わないでくださいね。
 

小さいことを悩んでいる人もいる





乳輪が大きいことに悩んでいる人がいる一方、乳輪が小さいことに悩んでいる人もいます。平均サイズを大きく下まわり「まるで少年のよう……」と。バストの大きさ、形、色などは個人差の出やすい箇所ですから、悩みも千差万別です。「悩んでいるのは自分だけじゃない」と思うと、少しは気が楽になりませんか?
 

乳輪が大きくなる原因





次に乳輪が大きくなる原因を見ていきましょう。乳輪が大きいのは生まれつき、と思っている人も多いようですが、実は後天的に大きくなることもあるのです。原因を知ればおのずと対処法も分かってきますよ。
 

遺伝





乳輪が大きい原因のひとつとして遺伝があります。母親や姉妹の乳輪をこっそりチェックしてみましょう。同じような乳輪であれば遺伝によるものかもしれません。

乳輪が乾燥している


乾燥によって乳輪が大きくなったとも考えられます。乾燥肌の人は肌のバリア機能が弱まっているので、ブラジャーや衣服が擦れるだけで乳輪に傷ができてしまいます。擦り傷が原因で色素が定着し、乳輪が大きく広がってしまうことがあります。



また乾燥によって痒みが発生し、乳輪をかくことで色素沈着が起こることもあります。乳輪をこれ以上大きくしないためにも乾燥を防がなくてはなりません。
 

胸が大きい





乳輪の大きさと胸の大きさは比例します。胸が大きければ、乳輪が大きくても仕方ありません。胸が大きくなるのと共に皮膚が引っ張られ、乳輪も大きくなるのが普通です。胸、乳輪、乳首のどれかが極端に大きくなければ、バランスの良いきれいな胸だと言えるでしょう。

体重の増減





90パーセント以上が脂肪でできている胸は、太ると大きくなります。それに伴って乳輪も伸び、大きくなります。

慌ててダイエットをして体重を落としても、一度大きくなった乳輪はそう簡単には小さくなりません。胸だけがしぼみ、乳輪だけはそのままなので、より乳輪が大きく見えてしまいます。短期間に太ったり痩せたりするのは美容や健康だけでなく、乳輪にとっても良くないと言えます。

乳輪が大きいデメリット


乳輪が大きいことは悪いことではありません。人によって顔や体つきが違うように、乳輪の大きさが異なるのもごく当たり前のことで、その人の持つ個性だと言えます。



といっても、なかなかそう簡単には割り切れませんよね。「乳輪は大きいよりも小さい方がいい」と思っている女性がほとんどではないでしょうか。乳輪が大きい女性が感じているデメリットを見てみましょう!

下着に圧迫されて痛いことがある





乳輪が大きいと、ブラジャーに擦れて痛いことがあります。乳輪や乳首は敏感な部位のため、少し圧迫されるだけでもヒリヒリとした痛みが発生します。夏場はブラジャーの中で蒸れて、あせもやかぶれが生じることも!

コンプレックスのひとつになる


「乳輪は大きいよりも小さい方がいい」というイメージを抱いている女性は多いです。そういう女性は自分の乳輪が大きいと、コンプレックスを感じます。



コンプレックスがあると、人生を前向きに楽しめなくなります。「乳輪ごときで……」と笑う人もいるかもしれませんが、乳輪の大きさに悩んでいる本人にとってはとても大きな問題なのです。

恋愛に後ろ向きになる


乳輪の大きさに悩んでいる女性が最も恐れているのは、「彼氏に嫌われないか」ということです。男女が肉体関係を持つとき、胸を見せないで済ませられることは普通ありません。大きな乳輪を見た彼氏が自分を嫌いにならないか、女性は気がかりで仕方がないのです。



そのような不安から、恋愛に後ろ向きになってしまうことも多いようです。彼氏を作らないようにしたり、恋人と深い関係にならないように距離を取ってしまう女性も少なくありません。
 

温泉やプールに行けない


着替えるときに見られるのが恥ずかしくて、温泉やプールに行けないという人もいます。せっかくの楽しいお誘いを断るのは残念ですよね。実際のところ、ほとんどの人は他人の乳輪の大きさなど気にもしていません。



しかし乳輪の大きさにコンプレックスを感じていると、「今わたしの乳輪を見て笑った!?」などと思ってしまいます。疑心暗鬼に囚われて、何事も悪い方へ考えてしまうようです。

乳輪が大きい女性を男性はどう思っているの?





現在付き合っている彼氏が、自分の乳輪の大きさをどう思っているのか、不安を感じている人もいるでしょう。また過去に彼氏から乳輪の大きさを指摘され、深く傷ついた人もいるかもしれません。乳輪が大きい女性を男性はどう思っているの気になりますよね!

乳輪の大きさに対する思いは、個人によってさまざまです。好意的な男性もいれば、残念ながら否定的な人もいます。否定派の言葉は胸に突き刺さるかもしれませんが、のちほどご紹介する、乳輪を小さくする方法を実践すれば良いだけです。心配しないでくださいね!

では大きい乳輪に対する男性の考えを見ていきましょう。
 
1
2

関連記事