おすすめのピンクアイシャドウを大公開♡塗り方&大人メイクも必見!

女性のテーマカラーでもある、ピンク。やわらかくかわいらしいイメージが強い「ピンク」をつかったアイシャドウは、女性の憧れでもありますね。

今回は、タイプ別でピンクアイシャドウを上手に取り入れたメイク方法と、おすすめアイテムについてご紹介します。ピンクアイシャドウを上手く使いこなして、キュートな女性を演出しましょう!



目次 [開く]

人気のピンクアイシャドウを上手に使いこなそう♡


憧れのピンクアイシャドウにチャレンジしてみたものの、なんか似合わない……?塗り方を間違えると目が腫れぼったく見えてしまったり、幼く見えてしまったりと扱い方が難しいですよね。

実は、ピンクアイシャドウは使い方次第でかわいい女性になったり、大人っぽい女性を演出できたりする万能アイテムなんですよ!塗り方やコツをしっかりマスターして、憧れの女性を目指しましょう。



基本のピンクアイシャドウの塗り方


まずは、ピンクアイシャドウの基本的な塗り方についてご紹介します。上手く使いこなすポイントやコツについてもご紹介するので、しっかりマスターしてくださいね。



ナチュラルピンクを全体にのせて柔らかく


初心者さんは、ピンクアイシャドウでやわらかい印象をつくるところから始めてみましょう。使用するのは、ナチュラルなピンク色。パステル系から始めてみるのがおすすめですよ。アイホール全体にふんわりとのせて、やわらかくやさしい印象のアイメイクを目指しましょう。



1.パステルピンクとブラウン系でやさしい印象に


色味を選ぶ際は、濃すぎるビビットな色味は避けるようにしましょう。他の色味が何も混ざっていない純粋なパステルピンクがおすすめです。

パステル系のピンクをアイホール全体に塗ったあとは、目の際にブラウン系アイシャドウを細く入れるのがポイント。ふんわりしつつもバランスよく引き締まります。



2.アクセントでかわいくナチュラルに


ピンクアイシャドウにチャレンジしてみたいけれど、勇気が出ない……。そんなときは、パステル系ピンクをアクセントとして使用するのはいかがでしょうか?

やり方はとても簡単で、他のアイメイクを一切しない代わりにピンクアイシャドウを目尻に丸くアクセントとしてのせるだけ!ほんのり色づいた目元がかわいらしい印象を与えてくれます。アクセントで塗る際は、アイシャドウブラシを使うよりも指でのせるほうが上手くいきますよ!



一重・奥二重さんは目尻に入れてアクセントを


一重さんや奥二重さんはピンクアイシャドウとあまり相性が良くないです。そのまま塗ると腫れぼったく見えてしまったり目が小さく見えてしまったりと、意外と難しいことから避けている人も多いのではないでしょうか。



そんな一重さんや奥二重さんには、濃いめのピンクを目尻にアクセントとして入れるのがポイント。薄めやラメ入り&パール系を選んでしまうと、アイメイクがぼやけてしまうので注意が必要です。

1.アイホール全体はブラウン系で落ち着いた印象を


アイホール全体にピンクを入れると、腫れぼったく見えてしまいます。アイホールにはブラウン系など落ち着いた色味を入れるのがおすすめで、ピンクを入れる場合も、薄いピンクに留めておくのがポイントです。



2.濃いめのピンクアイシャドウを目尻に


アイホールを落ち着いた印象に仕上げたあとは、目の中央から目尻までを中心に濃いめのピンクでアクセントを入れましょう。太く塗らずに、あくまでもアクセントとして細く塗るのがおすすめです。



3.マスカラはカールを重視して


一重・奥二重さんがピンクアイシャドウを塗ったときは、しっかりカールしたまつげにマスカラをたっぷり塗りましょう。カールとボリュームのあるまつげにすることで、腫れぼったい印象を解決してくれます。



二重さんはアイホール全体に色味を入れる


二重さんはポイントメイクをするよりも、アイホール全体にピンクアイシャドウを塗るほうがかわいらしい印象になります。シーンに合わせて下まぶたにも塗って、ゴージャス感を出すのもおすすめです。



1.上まぶたはピンクアイシャドウをグラデーションで


アイホール全体に、ピンクアイシャドウでグラデーションをつくりましょう。薄めのピンクをアイホール全体に塗ったあとは、少し濃いめのピンクをまぶたの中央あたりまで塗り、最後に濃いめのピンクを目の際に塗りましょう。

濃いめのピンクを太く塗ってしまうとせっかくの綺麗な二重が台なしになるので、二重のラインを隠さないように、細く入れるようにしましょう。



2.ゴージャスに仕上げたいときは下まぶたにも塗る


パーティなど派手めのメイクを必要とするシーンでは、下まぶたにも塗るとゴージャス感がプラスされます。

下まぶたには、薄めのピンクを塗るようにしましょう。濃いめのピンクを塗ると派手すぎる印象になりやすいので、代わりにベースのピンクよりも少し濃いめの色をアクセントとして目尻に入れるのがおすすめですよ。



ピンクアイシャドウを使ったアイメイクを紹介!


かわいいイメージのピンクアイシャドウ。使い方次第ではナチュラルにも大人メイクにも仕上がるので、シーンを選ばずどこにでも使えます。さまざまなシーンに合わせた、おすすめの使い方をご紹介します。



赤みの少ないピンクベージュでかわいい雰囲気の女性に


赤みを抑えたピンクベージュは、淡くかわいらしい女性を演出してくれます。デートにも使える愛されメイクなので、ぜひチャレンジしてみてください。ピンクにベージュが混じることでお肌にも馴染みやすく、使いやすいという特徴もありますよ。



使い方は、ピンクベージュ系のアイシャドウを単色でそのまま塗るだけで完成です。とても簡単ですね。また、ベージュ系のアイシャドウをアイホール全体に塗ってベースメイクをつくったあとに、赤みの少ないピンクを上から重ね塗りするのもおすすめですよ。落ち着いた印象をもちつつ、かわいらしい目元になれます。

ピンク×ブラウンはオフィスメイクにもぴったり


かわいすぎるイメージのピンクは、オフィスメイクには使えない……。と思っていませんか?実は、ピンクアイシャドウにほんのりブラウンを混ぜることによって、大人メイクに早変わり!



使い方は、薄めのブラウンアイシャドウをベースメイクのようにアイホール全体に塗って、その上からピンクアイシャドウを重ね塗りするだけ!とっても簡単ですね。

上級者さんは、薄めと濃いめのブラウンアイシャドウでアイホールにグラデーションをつくったあとに、ピンクアイシャドウを重ね塗りするのもおすすめですよ。かわいいイメージのピンクにほんのりブラウンを混ぜるだけで、落ち着いた大人のイメージとなります。

ピンク×オレンジでヘルシーな印象を


かわいい系のピンクとビタミンカラーのオレンジを合わせると、かわいさと元気なイメージの両方を演出できるアイメイクが完成します。かわいさだけでなく明るく元気な印象も与えたい場合や、友だちと遊びに行くときにもおすすめです。

使い方は、上まぶたと下まぶたとでオレンジとピンクを使い分けるという塗り方です。一見すると合わないイメージがありますが、意外と合うのです!



上まぶたにオレンジのアイシャドウを塗ったら、下まぶたにはピンクをほんのり塗ってみましょう。下まぶた全体にピンクを入れると派手になってしまうので、目頭を中心に入れる場合は目の中央あたりまで。目尻を中心に入れる場合には、目の中央から目尻までで抑えておきましょう。

また、逆パターンとして使用するのもおすすめです。ピンクアイシャドウを上まぶたにほんのりと塗ったあとに、下まぶたにオレンジをポイント使いするのも新鮮な印象になります。どちらの場合も上まぶたは派手にしすぎずナチュラルに、下まぶたは全体を塗らずにポイント使いをするのがおすすめです。

ピンク×水色で魅力的な女性に


ピンクと水色を隣り合わせで眺めている分にはきれいな組み合わせだなと思いますが、アイシャドウで重ね塗りするのって抵抗がありますよね。そんな合わない組み合わせと思われがちな色が、実は合います!ピンクと水色を組み合わせることによって、魅力的な女性を演出してくれます。



まず、アイホール全体にピンクアイシャドウを塗ったあとに、目尻を中心に水色を入れてみましょう。濃く入れず、ほんのり色づけるくらいがポイント。やさしい印象のピンクとクールな水色が合わさることで、魅力的な目元になりますよ。

涙袋にピンクアイシャドウをつかってピュア顔に


上まぶたにつかうだけで終わりじゃない!ピンクアイシャドウは、涙袋にも使える優秀な存在です。意外な使い方を知って、ピュア顔を目指しましょう。



使う色はピンクベージュなどの、お肌に近い色のピンクを選びましょう。ほんのりピンクに色づくくらいのアイシャドウを使うのもおすすめですよ。

使い方は、涙袋に沿って塗っていくだけ。簡単ですね!好みに合わせて細かいラメ入りのものやパール入りのもので、ツヤ感を出すのもおすすめです。うるうるした魅力的な瞳を演出できます。

おすすめのピンクアイシャドウ♡【プチプラ・デパコス編】


なんとなく使い方がわかってきたものの、実際にはどんなアイシャドウを使ったらいいのか悩んでしまいますよね。そこでプチプラ&デパコス、それぞれおすすめのピンクアイシャドウをご紹介します。



プチプラのおすすめピンクアイシャドウ


手軽に試せるのにとっても優秀な、プチプラのピンクアイシャドウをご紹介します。気になっているもののまだ勇気がでないという人は、プチプラアイテムから試してみてくださいね。



【CANMAKE(キャンメイク)】シルキースフレアイズ(04 サンセットデート)


ベースカラーからハイライトまでが揃っている、4色のアイシャドウパレット。ツヤ感を出しつつ美しく輝く目元を演出してくれますよ。プチプラとは思えない、優秀アイテムです。

やわらかいパウダーを採用しているため、まわりに飛び散ることなくきれいに塗ることができますよ。美容液成分配合なので、まぶたにやさしいアイシャドウです。



【CEZANNE(セザンヌ)】トーンアップアイシャドウ(02 ローズブラウン)


ベースカラーから引き締めカラーまでそろっている、3色のアイシャドウパレット。左から順番に使っていけば簡単にグラデーションが完成する、初心者さんにもおすすめのパレットです。

大小2つのサイズが両端についているチップ付きなので、ベースメイクにもアイライナーメイクとしても大活躍をします。無香料・界面活性剤不使用・アルコールフリーなので、敏感肌の人も安心して使えますよ。



【Visee AVANT(ヴィセ アヴァン)】シングルアイカラー(008 SUNDRESS)


オレンジ系ピンクのシングルアイシャドウ。サッとひと塗りでまぶたにしっかり馴染み、元気な目元を演出してくれます。

シングルなので使いやすく、ピュアゴールド配合により潤み系アイメイクがつくれます。プチプラとは思えない優秀なアイテムですよ。シングルとして使うのはもちろん、他のアイシャドウとの組み合わせも自由自在にできます。



【RIMMEL(リンメル)】プリズム パウダーアイカラー(020)


プチプラなのにきれいに発色して、まぶたにやさしいシングルアイシャドウ。細かいパールが配合されているため、魅力的な目元を演出してくれます。まぶたにしっかりフィットして落ちにくいため、こすれによるメイク崩れを防いでくれます。

おすすめの020番は「リゾートの空のきらめきのようなパープルピンク」。濃い色味のためポイントメイクとして使用するはもちろん、他の色味と合わせて使うのもおすすめです。



デパコスのおすすめピンクアイシャドウ


つづいて高級感あふれるデパコスの、ピンクアイシャドウをご紹介します。デパコスの中から初心者さんでも試せるアイテムを厳選したので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。



【CHANEL(シャネル)】レ キャトル オンブル(356 オー フィル デ フルール)


ピンクアイシャドウ3色とホワイトを並べた、4色のアイシャドウパレット。ローズ系のピンクを中心に集めているので、このパレット1つで大人メイクが完成します。

美しく繊細な、シャネルらしい発色が長時間続くパウダーアイシャドウです。ホワイトはハイライトとして使用することもできますよ。特別限定品で売切れ間近です。気になる方はお早めに!



【NARS(ナーズ)】クワッドアイシャドー/ZEN COLLECTION(00123)


さまざまな色味のピンクのみを合わせた、4色のアイシャドウパレット。マット系からパール配合・くすみピンクまで揃っているので、シーンに合わせて利用できます。

なめらかで塗りやすいため、まぶたにも馴染みやすくムラのないアイメイクが完成します。アイシャドウはもちろん、アイライナーとしても使うことができる万能アイテムです。



【cle de peau BEAUTE(クレ・ド・ポー ボーテ)】オンブルクルールクアドリn(320)


ゴージャスなパレットが人気の、4色のアイシャドウパレット。ローズ系ピンクの他にベージュやハイライトが入っているので、このパレット1つでアイメイクが完成します。1番左のブラックはアイライナーとして使用できますよ。

白ワインとローズの香りが再現されているアイシャドウなので、アイメイクが癒しの空間となります。パレット内にはブラシを2本入れるスペースがあるので、外出先でも気軽にメイク直しができますよ。こちらも数量限定品です。



【naturaglace(ナチュラグラッセ)】アイカラーパレット(03)


ベースメイクからアイラインメイクまで叶う、3色のアイシャドウパレット。塗り心地の良いテクスチャーとブラシが2本入っているため、どんなアイメイクにも対応できますよ。03番の「ピンクブラウン」は1番右のブラウンはアイライナーとして使えるほかに、オフィスメイクにも使用できます。

「トウキンセンカ」のお花からつくられる自然の保湿成分により、乾燥しやすいまぶたを守ってくれるので、使い勝手が良く、携帯に便利なパレットです。



1
2

関連記事