くせ毛でお悩みの方必見!対策やくせ毛を生かしたヘアスタイルも紹介

毎朝スタイリングは大変だし、ストレートアイロンで伸ばしても雨や天気ですぐうねるし、くせ毛って本当に大変ですよね。体質だからしょうがない、と諦めてしまう前に対策やくせ毛にあったヘアスタイルを知ってくせ毛と上手く付き合っていきましょう。



目次 [開く]

くせ毛って厄介…対処法を知っておしゃれなヘアスタイルを楽しみたい!




雨や湿気で広がってしまったり、前髪がうねってしまったり、くせ毛って本当に厄介ですよね。挑戦したいヘアスタイルがあっても「くせ毛だからスタイリング難しいだろうな……」なんて諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。でも、くせ毛への対処法を知っていれば解決できる問題も実は沢山あるんですよ。知っていると得するくせ毛への対処法をご紹介します♩

くせ毛にもいろいろ種類がある




くせ毛と一括りにしてしまいがちですが、実は色んな種類があるのを知っていましたか?自分がどのタイプのくせ毛なのか、理解できていると対策法も見えてきやすいですよね

波状毛(うねったくせ毛)




日本人に1番多いタイプのくせ毛が波状毛です。髪が波のようにうねるのが特徴で、雨や湿気に弱いです。濡れるとくせが強く出てしまうので、雨や湿気の他にも海やプールで遊んでいてもくせが出やすくなってしまいます。また、ボリュームがでやすく、髪がまとまりにくくなってしまうのも特徴です。

捻転毛(ねじれたくせ毛)




捻転毛は、髪がらせん状にねじれるくせを持つくせ毛です。くせが強いのでスタイリングもしにくいので扱いが難しい髪質です。

ねじれているところが部分的に細くなっているので弱く、ブラッシングしているだけでもぶちぶち切れてしまうこともあります。髪の太さが均一でないため、手触りもざらざらしてしまいます。また、髪の太さがまばらだと、キューティクルが剥がれやすく水分量を保つのが難しいので痛みやすい髪質とも言えます。

連珠毛(ぼこぼこしたくせ毛)




連珠毛は、毛1本に太いところと細いところがありビーズのようになっているくせ毛です。手触りはぼこぼこ、ごわごわしていて広がりやすく扱いが難しい髪質です。

髪の細いところが極端に痛みやすく、途中で切れてしまいやすいので、ロングヘアーにしたくても、伸ばすのが難しいです。美容師さんや専門科に相談して上手く付き合っていく方法を探していきましょう

縮毛(ちぢれたくせ毛)




強くちぢれたくせを持つくせ毛です。黒人さんに多いですが、日本人にも縮毛でお悩みの人は多くいます。カットでくせを抑えたりするのが難しい髪質なので、縮毛さんは髪質を抑えたヘアスタイルをするのがおすすめです。

縮毛矯正でストレートにするのも良いですが、髪が伸びた部分が目立ちやすいので短い期間であてなおさないと不自然になってしまいます。

くせ毛はなぜ起こるの?主な原因は?




くせ毛には色んな種類があり、特徴がそれぞれ違うということはわかりましたが、そもそも何故くせ毛になってしまうのでしょうか。くせ毛になってしまう原因をご紹介します。

生活習慣の乱れ




髪は体の中で1番最後に栄養が吸収されるので、食生活の乱れや睡眠不足などで体に十分な栄養素が確保できないと、髪にまで栄養がいき渡らなくなりストレートに必要な髪の太さを維持できなくなります。

また、髪が細くなると痛みやすくなり髪の水分量を維持できなくなってしまいます。水分量の不足が原因でくせ毛がでてしまうこともあるので、十分な栄養と睡眠を取るよう心がけましょう。


遺伝性




くせ毛はとても高い確率で遺伝します。両親のどちらかがくせ毛であれば70%以上の確率でくせ毛になってしまうとも言われています。これはくせ毛は優性遺伝と言われており親から引き継ぎやすい遺伝子だからです。

生まれつきなので、残念ながら遺伝性のくせ毛は完全に治すことはできませんがある程度抑えたり改善することは可能ですので諦めずに自分の髪質と上手く付き合っていきましょう!

頭皮の毛穴の詰まり





食生活の乱れやストレスにより皮脂が過剰に分泌されてしまうと毛穴に詰まり、毛穴の形を歪ませてしまいます。毛穴が歪むと、うねって癖のある髪が生えてくるようになります。

せっかく綺麗な丸い毛穴だったのに生活習慣のせいで毛穴が歪んでしまいくせ毛になってしまうのはもったいないですよね。生活習慣の他にもシャンプーやトリートメントの洗い流しがあるとシリコンが毛穴に詰まってしまうこともありますので気をつけましょうね。

加齢





年齢を重ねると皮脂の分泌が減少し、頭皮が乾燥しやすくなります。乾燥から毛穴のたるみにはってんし、毛穴の形が変化することによりくせ毛になってしまいます。また、加齢によりどうしても髪の水分量が十分保つことが難しくなってしまいますが、髪の水分量が不均一になることでくせ毛になってしまうこともあります。

どうしても、若い時に比べて年齢を重ねると髪や頭皮の保湿は意識しないと難しいですが、丁寧にケアすることで長く綺麗な髪を保つこともできますので諦めずにケアしていきましょう。

くせ毛を直したい!どうすればいいの?





くせ毛を生かしたヘアスタイルもあるけど、やっぱりくせ毛のないまっすぐな髪に憧れる!そう思うのは自然なことです。くせ毛をまっすぐな髪にするための方法をいくつかご紹介します


縮毛矯正





まずは、縮毛矯正です。くせ毛の対策として最もポピュラーな方法なので試したことがある人も多いのではないでしょうか。即効性があり、綺麗でまっすぐな髪をある程度の期間キープできるのでとてもおすすめですよ。痛みやすい、まっすぐになりすぎる、などのマイナスなイメージを持っている人も多いかと思いますが、意外と縮毛矯正を1回あてる程度であれば痛みはそこまで気にならないです。

まっすぐになりすぎるのが嫌であれば、くせの強いところだけしっかりあてて他はゆるくあてる、などもできますので美容師さんとのカウンセリング時にしっかりとなりたいイメージを伝えるようにしましょう。ただ、縮毛、捻転毛タイプのくせ毛は伸びたところがわかりやすいので、細かい頻度で縮毛矯正をあてないといけないかもしれません。

縮毛矯正をあてる際は、自分のくせ毛のタイプにを美容師さんに伝えておくと何ヶ月に1回あてれば良いかなども教えてくれますよ♩

シャンプー





毎日のシャンプーのやり方を変えるだけでも、くせ毛の改善に繋がります。くせ毛になる原因にも挙げたとおり、頭皮に汚れがつまると毛穴の形が歪んでしまいまっすぐな髪が生えてこなくなってしまうのです。なのでシャンプーをするときは、毛穴の汚れをしっかりととることを意識してみましょう。

お風呂に入る前にブラッシングをして事前にほこりや軽い汚れを取っておくこと、シャンプー前に水やお湯でしっかりと汚れを落としておくことを意識すると汚れを綺麗にとれますし、泡立ちもよくなるので是非試してみてください。また、シャンプーやトリートメントの洗い残しがあると毛穴のつまりの原因になるので、洗い流しのないようにしっかり洗い流してください。

ドライヤーの後に頭皮マッサージをするのもおすすめです。汚れがとれた状態で血行を良くしてあげると、髪に栄養が届きやすくなります。リラックス効果もあるのでその後の睡眠にも良い効果がありますよ!

トリートメント





縮毛矯正のように即効性はありませんが、くせ毛を抑えるタイプのトリートメントもあります。縮毛矯正と違って、髪が痛む心配もありませんし比較的安価で普段の生活に取り入れることができるので気軽に始められる方法ですね。

トリートメントはインバスタイプ、アウトバスタイプとあり、アウトバスタイプにもミルクタイプ、オイルタイプなどいろいろな種類がありますので評判や成分などを参考にして自分にあったものを選ぶようにしましょう。

インバスタイプを使用する際は、シャンプー後髪の水分をしっかりとって塗布(とふ)し、数分時間をおいて浸透させるようにしましょう。浸透させている間に入浴すると、湯気がスチーマーの代わりになってさらに浸透しやすくなりますよ♩

生活改善





遺伝によるものが多いとはいえ、毎日の生活をかえていくことでくせ毛が改善されることもあります。特に食生活と睡眠に気をつけた生活を心がけることで、健康な髪が生えるようになりくせ毛の改善に役立つでしょう。

食生活でいうと、女性ホルモンとにた働きをする大豆イソフラボンを積極的にとることがおすすめです。髪のツヤやハリをよくしてくれるので、しなやかで健康的な髪になります。

また、食べる時間を3食できるだけ毎日同じ時間にすることで、体のリズムを整え良質な睡眠をとることができます。特に夜は、就寝の3時間前までに食事を終えることを意識してください。

くせ毛でも似合う髪型が知りたい!オススメのへアスタイル





くせ毛と上手く付き合っていくためにも、くせ毛に合うヘアスタイルを知っておきたいですよね。縮毛矯正とストレートアイロンでまっすぐにするだけではなく、くせ毛でも似合うお洒落なヘアスタイルに挑戦してみませんか?これからくせ毛の人に似合うおすすめのヘアスタイルをいくつかご紹介します。

くせ毛を生かしたパーマ





もとあるくせ毛を生かして、部分的にパーマをあてるとくせ毛を目立たなくさせつつお洒落なヘアスタイルにすることが可能です。ただ、残念ながら全てのくせ毛の人がパーマをすればくせをごまかせる訳ではありません。

くせ毛の人は髪の水分量が少なく、ツヤがでにくい髪質であることが多いので、パーマをあてるとさらにパサついてしまったり、ボリュームがでやすくなりすぎてしまう可能性があるのです。パーマをあてるときは、事前に美容師さんに相談してみることがおすすめです。

自分のくせにあったパーマをあてることができれば毎朝のスタイリングも簡単になりますよ!

お手入れ簡単なショートヘア





「くせ毛は広がりやすいから短いヘアスタイルはちょっと……」そんなふうに思っている人も多いのではないでしょうか。でも、実はショートヘアはくせ毛の人にとってもぴったりなヘアスタイルなんですよ!

くせを生かした毛流れを作りやすいので、ニュアンスパーマをあてたような仕上がりにできますし、ボリュームがでやすいので直毛の髪質の人に比べて綺麗なシルエットになります。また、ロングやミディアムのときはどうしても癖とボリュームを抑えることが重要視されてしまうカットも、ショートヘアは骨格や髪質に合わせてカットしていくので、自分に似合うカットをしてもらえます。

毎日のスタイリングもワックスひとつで完了なので忙しい朝でもお洒落なヘアスタイルで出かけることができますね。髪が短いと、トリートメントやブラッシングなどのお手入れも簡単にできるので美容室帰りの綺麗な髪をキープしやすいですよ。

くせを生かしたふわふわミディアム





ボリュームがでやすいくせ毛もカットとスタイリング次第で、ふわふわのヘアスタイルへ変身させることができます。重みがでないように肩の少し下あたりでカットして、ふわふわになるようにコテでふんわりと巻いてスタイリングしましょう。ツヤがでるタイプではなく、ふわっとキープしてくれるタイプのワックスを選んで髪の内側から揉み込むように仕上げれば可愛らしい印象のミディアムスタイルが完成です!

カラーは柔らかさがでるような透明感のあるヘアカラーがおすすめです。明るくなりすぎると髪が綺麗にみえないので、美容師さんと相談しながらカラーはしっかり選んでくださいね。

ふんわり女性らしいボブスタイル





ボブは肩のところではねやすかったり、少し苦手なイメージを持っているくせ毛の人は多いのはないでしょうか。ただ、スタイリングをきちんとすればくせ毛を生かしやすいヘアスタイルでもあります。

直毛の人ではだせないふんわりとしたボリュームをパーマなしでだすことができるので女性らしいボブに仕上げることができます。カットのときに、どんなくせ毛か、広がりやすいかどうかなど美容師さんに相談してお手入れのしやすいようにカットしてもらいましょう。

ショートヘアよりも沢山のアレンジが楽しめて、ロングヘアよりも髪のお手入れが簡単なボブヘアは全ての女性におすすめな髪型ですよ!

くせ毛でも雨や湿気も怖くない!スタイリング方法





どんなに毎日のヘアケアをがんばっていても、くせ毛に雨や湿気は大敵ですよね。特に梅雨の時期には毎朝がんばってスタイリングしても外にでたらすぐに崩れてしまう……なんてこともよくあるんじゃないでしょうか。湿気に負けないスタイリングを身につけて憂鬱な雨の日も楽しくお出かけできるようになりましょう!

ヘアアイロン





毎朝のスタイリングに使っているヘアアイロンですが、湿気が多い日や雨の日はいつもより少し温度をあげてみましょう。しっかりブロッキングして、丁寧にあてるようにしてみてください。

仕上げのスタイリング剤はオイルタイプがおすすめです。油は水を弾く性質があるので、湿気からも守ってくれて長時間キープしてくれますよ!前髪は崩れやすいのでヘアスプレーでしっかりキープしましょう。崩れてしまうのが心配であれば前髪意外にもヘアスプレーを軽くふってもOKです。雨にも湿気にも負けないストレートヘアの完成です!

お団子やポニーテールなどのヘアアレンジ





どうしても広がってしまったり纏まりにくい髪は、アップヘアにまとめてしまいましょう。アップににていれば湿気も怖くないですよね。

お洒落なローポニー





アップスタイルの定番スタイルといえば、ポニーテールですよね。その中でも大人女子でも普段のスタイリングに取り入れやすいローポニーがおすすめですよ。

step 1 丁寧にブラッシングをしながら毛流れを整えます。
step 2 ヘアオイルを髪全体に馴染ませます。毛先にはしっかりめに塗布(とふ)しましょう。
step 3 低めの位置でひとつにまとめます。顔まわりの髪はお好みで少し残しておいてもOKです。
step 4 トップの毛をバランスをみながら少しずつひっぱりだして高さをだします。
step 5 ひとつにまとめた毛束と残した顔まわりを巻いて完成です

テクニックいらずでお洒落なくるりんぱポニーテール





いつものポニーテールに少しだけアレンジをくわえるだけで、雰囲気の違うポニーテールに仕上げることができます。5分足らずで完成するので学校やお仕事の日にもおすすめです。

step 1 ブラッシングとヘアオイルでアレンジの土台を作ります。
step 2 耳の高さで後ろにひとつにまとめます。
step 3 真ん中に穴をあけてくるりんぱします。
step 4 くるりんぱの部分を少しずつ崩していきます。
step 5 細めのコテでざっくりと巻き、仕上げにヘアスプレーを軽くふって完成です。

すっきりシニヨン





毛先までまとめてしまうので後ろ髪を巻く必要もありません。もちろん雨の日でも崩れにくいヘアスタイルですよ。

step 1 ブラッシングとヘアオイルでアレンジの土台を作りましょう。仕上がりに差がでる重要なポイントなので、この工程ははぶかないでくださいね。
step 2 低めの位置でひとつにまとめます。毛先は抜ききらずに輪っかにしておきましょう。
step 3 トップの毛をバランスをみながら少しずつひっぱりだして高さをだします。
step 4 輪っかにしておいた毛先の部分をねじりながらゴムに巻きつけていき最後はヘアピンでとめます。
step 5 お団子部分にを少しほぐして自然なボリュームをだします。
step 6 顔まわりを軽く巻き、お好みでゴムの部分にアクセサリーを付けたら完成です!

くせ毛に効く!ホームケアアイテム《シャンプー》





毎日使うシャンプーですが、何も気にせずに選んでいませんか?くせ毛に効果のあるシャンプーも沢山あるので、効能に気をつけて選んでみましょう。くせ毛の人におすすめのシャンプーをいくつかご紹介します。

ボタニスト ボタニカルシャンプー モイスト





植物由来の保湿成分が入っているので、しっとりまとまる髪に洗いあげることができます。くせ毛の人によって多い、広がりやパサつきといったお悩みにも効果のあるシャンプーです。


ディアボーテHIMAWARI オイルインシャンプー(リッチ&リペア)





名前の通り、ひまわりの力に着目したシャンプーです。「プレミアムヒマワリオイルEX」により髪に油分と水分を補ってくれるので、髪質から改善できるよう働きかけてくれるシャンプーです。髪の広がりもおさえてくれるので湿気にも強い髪になれますよ。

エッセンシャル フラット モイスト&モイスト シャンプー





くせ毛、うねり髪のためにつくられたシャンプーなのでくせ毛の人には相性がバッチリのシャンプーです。扱いやすく、スタイリング時に形作りやすい髪に仕上げてくれるので毎朝のスタイリングもしやすい髪に仕上げてくれますよ。

くせ毛に効く!ホームケアアイテム《トリートメント》





シャンプーも大切ですが、トリートメントもホームケアには欠かせないアイテムですよね。しっとりまとまる髪をめざして、自分の髪質にぴったりなトリートメントを見つけましょう。

ミルボン ディーセス エルジューダFO





オイルタイプのアウトバストリートメントです。髪が柔らかくなりまとまりやすく扱いやすい髪になるのでくせ毛の人にはおすすめのトリートメントです。香りも誰からも好かれる香りなので楽しんで使えますよ。

パンテーン エクストラダメージケアデイリー補修トリートメント




こっくりとしたしっかりめのテクスチャーで髪に馴染みやすく、洗い上がりはとてもしっとりするトリートメントです。翌朝の髪がしっとりとまとまっているので、トリートメントをした次の日はとてもアレンジのしやすい髪になっていますよ。

シュワルツコフ プロフェッショナル BC KUR フォルムコントロール トリートメント




くせ毛によるうねりにアプローチするようにつくられたトリートメントです。湿気に負けない髪をつくるのにとても助けてくれますよ。さらにダメージ補修の効果もしっかりあるので、強くしなやかな髪に導いてくれます。

くせ毛だってお洒落なヘアスタイルを楽しめる♡





くせ毛のお悩みは人それぞれですが、色々な対処法があることもわかりましたよね。「くせ毛だからお洒落なヘアスタイルは無理……」そんなもったいないことは言わないで、自分にあったケアや、スタイリングを試してみてください!

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ