お局様の特徴&心理とは?上手な対処法や厳しい上司との違いも紹介!

あなたの職場にお局(つぼね)様はいますか?お局様がいると仕事がやりにくくて困りますよね。意地悪されたりネチネチと嫌味を言われたりして、職場に行くのが辛くなってしまってる人もいるかもしれません。

お局様の心理と対処法を知って、これ以上悩まされないようにしましょう!



目次 [開く]

「お局様」との付き合い方が分からない!





どの会社にもお局様と呼ばれる女性社員が一人はいるものです。長く勤務している人を単純に「お局様」と呼ぶこともありますが、その中には身勝手で気分屋で、周りの気持ちなどおかまいなしに行動、発言しているように見える人もいます。そんな人との付き合い方が分からず悩んでいる人も多いのではないでしょうか?それではお局様について、詳しく見ていきましょう!

「お局様」の意味とは?


そもそもお局様とは、どのような意味なのでしょうか?お局様は「おつぼねさま」と読みます。勤続年数の長い、ベテランの女性社員を揶揄して「お局様」と呼びます。



もともとの語源は江戸時代の大奥にあります。大奥に仕える位の高い女官がお局様でした。意地悪などのネガティブな意味合いはありませんでしたが、1989年放送の大河ドラマ「春日局(かすがのつぼね)」(NHK)で、主人公の春日局が陰で大きな権力を持っていたことから、職場で力を持つ女性社員のことをお局様と呼ぶようになりました。

未婚とは限らない





お局様というと独身女性のイメージがあるかもしれませんが、必ずしも「未婚」ではありません。独身でも人間的に素晴らしい女性はたくさんいますし、結婚していても意地悪で皮肉めいた女性はたくさんいます。お局様は「クセのあるベテラン女性社員」のことで、未婚既婚は関係ありません。独身というだけで判断しないようにしましょう。

お局様と言われる人の特徴





意地悪をするお局様が職場にいると憂鬱になってしまいますよね。上手くやるためには、まずは彼女たちがどんな人なのか知っておかなければなりません。お局様と言われる人の特徴を確認していきましょう!

後輩社員に当たりが強い





お局様はとにかく後輩社員に対して遠慮がありません。「先輩だから何をしても許される」と思っている節があります。日頃から厳しい口調で接し、ミスでもしようものなら人前で吊るし上げて怒ります。「そんなことも分からないの!?」「みんなに迷惑かけてるって分かってる!?」と。自分の方こそが周囲に迷惑をかけているという事実に、これっぽっちも気づいていません。

愚痴や悪口が好き





お局様は愚痴や悪口が大好きです。口を開けば「あぁ、疲れた~」「面倒くさ~」などと不平を言い、「●●って仕事ができない」「本当あの子は使えない!」と他人の悪口をまき散らします。聞いている方はとても嫌な気持ちになりますが、お局様と呼ばれる女性の多くは、他人がどう思うかはあまり気にならないようです。

うわさ話が大好き





お局様は人のうわさが大好きです。何が面白いことはないかと常にアンテナを張り巡らせています。上司が離婚の危機だとか、職場恋愛している人がいるだとか、そんなうわさを耳にしたものなら電光石火のごとく言いふらします。プライベートな情報は、お局様の耳には入れない方が良さそうですね。

相手によって態度を変える





お局様は相手によって態度をコロコロと変えます。自分にとって利益がある人には丁寧に接し、そうでない人には傍若無人に振る舞います。新入社員や若い女性社員に対する風当りが強いのはそのためです。

皮肉めいている



お局様は皮肉めいています。本来なら相手ができるだけ傷つかないように発言するべきですが、お局様はまるで逆をいくかのように、相手を傷つける発言をすることがあります。悪気はないのかもしれませんが、言われた方は悲しくなってしまいます。



また褒めた直後にけなすこともよくあります。同僚と少し雑談しているだけで「あらいいわね、楽しそうで!でもここは職場だからね、やるなら他所でやって!」などと厳しい言葉を吐き捨てます。

気分屋


お局様は気分屋であることが多いです。機嫌の良い日は皮肉や嫌味も少なめですが、機嫌の悪い日は手のつけようがありません。運悪く、一日中意地悪攻撃を受けてしまったことがある人もいるかもしれませんね。



周囲はいつもお局様の顔色を伺わなければならず苦労します。「今日は機嫌が悪そう……」と感じたら、気分を損ねないよう注意しなければなりません。

ヒステリック





お局様はヒステリックなことが多いです。しかも怒るツボが若者とズレているので「え?ここで!?」というようなポイントで急に怒りだします。いったん怒りだしたら手がつけられません。周囲を気にすることなく、大声でわめきちらすことも……。感情の起伏が激しく、どう対応したらいいのか困った経験がありませんか。

ミスを認めない


お局様は自分のミスは絶対に認めません。指摘されると「でもそれって……」と言い訳を繰り返します。あげくの果てには「あの人のせい」と、他人に責任をなすりつけることさえもあります。



なのに他人のミスには厳しく、容赦なく責め立てます。人前で吊るし上げて恥をかかせることもあり、後輩や部下のミスを探しまわっている人もいるようです。

実はこう思っているかも?お局様の心理





意地悪で皮肉屋で、扱いにくいお局様が職場にいると大変です。どうして意地の悪い言葉や態度で、周囲を不快にするのでしょうか?お局様の心理に迫ってみたいと思います!

承認欲求がある





お局様は「誰かに自分のことを理解してほしい」と願っています。承認欲求が強く、自分のことを認めてほしくて仕方がないのです。その心理の裏には「誰もわたしのことをわかってくれない……」という悲しみが隠れています。お局様は自分が周囲から疎まれていることを、なんとなく感じ取っているのです。だから余計に自分を認めてほしくて、我を通そうとします。

お局様の心の奥底にある悲しみに気づくことができれば、こちらも優しい気持ちになれるかもしれませんね。

コンプレックスや劣等感がある





意地悪ばかりしていてコンプレックスなどないように見えますが、実は違います。お局様こそ強い劣等感を持って生きているのです。今はもうないもの、例えば若さや可愛らしさを持っている女性に対して意地悪をするのは、自分の劣等感が刺激され腹が立つからです。強い人間は人をいじめません。お局様は実はもろい心の持ち主なのです。

苦労してきたという自負がある





お局様は仕事に関しては真面目な人が多いです。勤続年数が長ければ、その分苦労した経験も多いでしょう。そのため「わたしが新人の頃はもっと大変だったのよ……」と、若い社員に対して小言を言いたくなるようです。目の前で仕事に対する弱音を吐いたり、適当に業務をこなしたりしないようにしましょう。

寂しさや孤独感が強い





独身や子育てが終わって手の空いたお局様は、強い孤独を感じています。いつも何か物寂しくて、楽しそうな若い女性社員を見ると羨ましさから嫉妬し、ついついきつく当たってしまうようです。そのせいで周りに人が集まらず、さらに孤独を感じることになりますが、その悪循環になかなか気づけません。お局様が他人に意地悪をしたり皮肉を言ったりするのは、寂しさを紛らわすためだとも考えられます。

「お局様」と「厳しい女性の先輩や上司」の違いは?





お局様と厳しい女性の先輩や上司は、似て非なるものです。お局様が「できればいなくなってほしい存在」であるのに対し、厳しい女性の先輩や上司は「いなくてなっては困る存在」です。厳しくも愛のある指導を受けることによって、自分の仕事の質を向上させることができます。お局様と厳しい女性の先輩や上司の違いを確認しておきましょう。

みんなに平等に接しているか





お局様は相手によって態度をコロコロ変えます。自分にとって利益のある人に対しては礼儀正しく、そうでない人に対しては言いたい放題、やりたい放題です。一方厳しい女性の先輩や上司は、誰に対しても平等に接します。後輩や部下の意見を聞き入れることもありますし、自分より上の人に忠言することもあります。一本筋が通っているのです。

感情的に怒らず、相手への思いやりがあるか





お局様はヒステリーを起こしやすいですが、厳しい女性の先輩や上司は感情的に怒ることはほとんどありません。相手のことを思いやり、分かりやすい言葉でミスを指摘し改善を求めます。大勢の人の前で「何度言ったら分かるの!?」などと怒鳴っているのは、大抵お局様です。

成長を促そうとしているか


お局様が後輩社員や部下に対して厳しくするのは、自分のイライラを解消するためや怒りを発散するためです。一方厳しい女性の先輩や上司は、後輩社員や部下の成長を促すために注意したり、ときには突き放したりします。



お局様は「自分のため」を優先しがちですが、厳しい女性の先輩や上司は常に「相手のため」を思って行動しているのです。

職場以外では気さくか


厳しい女性の先輩や上司は、職場以外では非常に気さくです。例えば飲み会などの席では、先輩風を吹かせたり偉そうにしたりはしません。「無礼講でいいよ!」などと言って朗らかに笑っています。



一方お局様はいついかなるときも自分を敬うよう求めてきます。お局様と厳しい女性の先輩や上司とでは、そもそもの器の大きさが違うのです。

困ったお局様の上手な対処法





とにかく困った存在のお局様。意地悪なお局様が職場に一人でもいると、毎日が憂鬱になってしまいますよね。今日はどんな嫌味を言われるのかと想像するだけで、胃がキリキリと痛む人もいるでしょう。困ったお局様の上手な対処法をご紹介しますね!

笑顔で話を聞いてあげる





お局様を味方につけるには、笑顔で話を聞いてあげるのが効果的です。お局様は承認欲求が強く寂しがり屋であることが多いので、ニコニコしながら楽しそうに相槌を打ってあげると、「理解してもらえた!」と思って喜びます。

ただしお局様の言ってることに納得がいかなくても、絶対に否定してはいけません。「そうですよね~」となるべく肯定して機嫌を損ねないようにしましょう。

積極的なところをアピールして懐に入る





お局様の仕事を率先して手伝ったり、相談を持ちかけたりすると「積極的な子」「使える子」として評価があがります。お局様の右腕のような存在になり、意地悪をされることは少なくなるでしょう。ただし、面倒な仕事を押し付けられたり使いっぱしりにされる可能性も高くなるので注意が必要です。

褒めてあげる


お局様は自分を褒めて、持ちあげてくれる人のことが大好きです。お局様と上手に付き合いたいのであれば、お局様の長所を見つけてこまめに褒めるようしましょう。仕事のことだけでなく、性格、外見、知識、ライフスタイルなども褒めるようにすると、より効果的です。



ただし、褒めすぎには注意してください。あまりにも絶賛し続けると「もしかして馬鹿にしてるの!?」と反感を買う恐れがあります。あくまでも「自然に」行うことがポイントです。

若さ・女性らしらを見せない


お局様は若く可愛らしい女性社員を見ると嫉妬の炎をメラメラと燃やし、意地悪のターゲットにします。お局様と上手くやりたいのであれば、職場ではできるだけ若さや女性らしさを隠しておいた方が良いでしょう。



流行のメイクやヘアスタイル、ネイルなどはお局様の反感を買わない程度にして、男性社員とキャッキャウフフと楽しそうに話してるのを見られないように注意しましょう。

極力話さない





お局様を味方につけるのが難しい場合は、極力話さず距離をとるようにしましょう。嫌味や皮肉にも表情を変えず淡々と応じていると、お局様に「意地悪しがいがない」と思われ、ターゲットから外されます。お局様に自分の情報を与えないようにしましょう。

言動の記録をとる





お局様の嫌がらせがあまりにも酷く改善が見込めないようであれば、記録をとるようにしましょう。「いつ、どこで、どのような言動があったか」を詳細に残しておけば、パワハラの証拠になります。ボイスレコーダーで音声を録音しておくと、さらに良いです。最近は社会全体としてパワハラを許さない風潮がありますから、味方になってくれる人も多いでしょう。

自分がお局様にならないためには?





勤続年数が長くなりベテランの域に入ると、自分自身が「お局様」と周囲から思われてしまう可能性が出てきます。「お局様になんかなりたくない!」と思っていても、知らず知らずのうちにお局様化してしまうこともあるかもしれません。自分がお局様にならないために気をつけることをご紹介しますね。

努力している自分を褒める


「わたし頑張ってる、えらい!」と、努力している自分を褒めましょう。自分で自分の労をねぎらえば、お局様のように他人からの賞賛や評価を求めることはしないはずです。



また努力している後輩や部下を見つけて褒めることも大切です。「最近頑張ってるね!」「いい仕事してるね!」などと言ってみましょう。お局様が部下や後輩を褒めることは滅多にありませんから、お局様とは一線を画すことができますよ。

嫌味を言わない





嫌味や皮肉を言ったり、相手のあげ足を取ったりするのはやめましょう。小言も極力言わないようにしてください。相手に伝えたいことは、分かりやすく簡潔に表現するよう意識しましょう。ネチネチと長くならならないように気をつけてくださいね。

人前で怒らない


後輩社員や部下を人前で怒るのはやめましょう。吊るし上げは絶対にやってはいけません。相手の自尊心を酷く傷つけ、場合によっては深い恨みを買うことにもなるでしょう。また周囲の人に「怖い人だな……」と思われ、お局様認定されてしまいます。



仕事のミスややり方を、面前で指摘する必要はありません。「ちょっとこっちに来て」と言って陰で注意すれば、配慮のある人だと後輩や部下からの支持も高まるはずです。

昔話を繰り返さない





「昔はさ……」と自分が新人だった頃の話や若かりし頃の話を繰り返し言うのはやめましょう。自分では懐かしくて話しているとしても、周囲は面白くもなんともありません。「また言ってる……」とウザがられてしまいます。昔話は同期を相手にしましょう。

聞き役に徹する


お局様は人の話を聞かない人が多いです。特に後輩社員や部下の話などは「聞くに値しない」と思っている人もいるかもしれません。だからこそ聞き役に徹すると、お局様になるのを回避することができますよ。



自分よりも部下や後輩が多く喋るように配慮してください。「うん、うん」と優しく相槌を打ってあげると、相手は安心して話せるでしょう。聞き上手は話し上手よりも高い評価を得られますよ。

若さと張り合わない


若いことは素晴らしいことですが、年を重ねるのもまた、素晴らしいことです。思慮深く、落ち着いた雰囲気の女性は素敵です。若さと張り合う必要はこれっぽっちもありません。



若い人のすることを真似したり、滑稽に思って苦言を呈(てい)するからお局様と呼ばれてしまうのです。あたたかいまなざしで見守っていれば、周囲に大人の余裕を感じさせることができるでしょう。

お局様の心理と特徴を知って良好な関係を




意地悪なお局様が職場にいると本当にしんどいですよね。今日はどんな嫌味を言われるのかと考えると、出社拒否したくなることもあるでしょう。お局様の嫌がらせが原因で会社を辞めようか悩んでいる人も少なくないかもしれません。お局様のせいで退職に追い込まれるなんて、理不尽ですよね。

そんな困った存在であるお局様ですが、心の中には孤独や不安を抱えている人も多いようです。上手く付き合うには、お局様の心理や特徴をきっちり把握して、この記事を参考に、お局様と良好な関係を築けるようにしてみてください!

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ