痛い日焼けはアフターケアが大事!正しい対処法&NG行動も徹底解説

紫外線の強い時期になると感じる、肌トラブル。きちんと日焼け止めを塗ったはずなのに、ヒリヒリして痛い……。日焼けのトラブルは、すぐに治まることがなくしばらく続くので辛いですよね。

今回は、正しい日焼け止めの塗り方と、アフターケアについてご紹介します。正しい対処法を知って、美肌を目指しましょう!



目次 [開く]

日焼けが痛い…そんなときの対処法が知りたい!


楽しいアウトドアのイベントが続く時期、いろんなところにお出かけをして思いっきり楽しみたいですよね!けれど、日焼けで痛い思いをしたくない……。紫外線の強い時期ならではの悩みですよね。

もしかしたら日焼け止めの塗り方を間違えているのかもしれませんよ。正しい日焼け止めの塗り方と肌トラブルの対処法を知って、思いっきりアウトドアを楽しみましょう!


痛い日焼けをしたときの正しいアフターケア


ヒリヒリして痛い……。日焼けをしてしまったあと、痛いからとそのまま放置していませんか?実は、痛い日焼けは「やけど」をすることと一緒で、アフターケアは時間との勝負!日焼けの後にどれだけ正しいケアができるかで、その後のお肌への負担も大きく変わってくるんですよ。

正しいアフターケアを知って、その痛みから解放されましょう。



お肌を冷やしてクールダウンする


お肌がヒリヒリと痛くて赤い……。そう感じたら、まずはクールダウンすることが大切です。クールダウンは早ければ早いほどその後に大きく影響してくるので、日焼けをしてしまったと感じたらすぐにお肌を冷やすことを心がけましょう。



お肌に当てるものは、冷やしたタオルや保冷剤を布で巻いたものなどにしましょう。すぐに用意ができない場合は、水道水などで冷やすのもおすすめです。どちらの場合も、長時間冷やすことは危険なのでなるべく短時間に留めましょう。また、水道水で冷やす場合は水圧によってお肌にダメージを与えてしまうこともあるので、弱い水圧で冷やすことが大切ですよ!

完全にクールダウンした後にお肌を保湿


お肌を保湿する際は、日焼けした部分の火照りが引いて完全にクールダウンした後に行うようにしましょう。日焼けをした後は、お肌がヒリヒリしているため乾燥が気になってしまい保湿を優先してしまいがちですが、実は保湿をするよりもクールダウンを優先することがとても大事ですよ。



保湿をおこなう際は冷感作用のある化粧水や、敏感肌用のものなどを使用しましょう。クールダウンをした後でもお肌はダメージを受けている状態なので、冷感作用のあるものでお肌を冷やしながら保湿をすることがとても大切です。

温感作用のある保湿剤などは逆効果となってしまうので、注意が必要ですよ!

水分補給をして体に潤いを与える


化粧水などでお肌を外側から保湿した後は、内側からも保湿をすることが重要です。いつもよりもなるべくたくさん水分をとって、体の内側にも潤いを与えるようにしましょう。

水分補給をする際はビタミンCを多く含んでいる「緑茶」や、抗酸化作用のある「トマトジュース」がおすすめです。紅茶やコーヒーなどの利尿作用のあるものは、逆効果となってしまうので避けるようにしましょう。



ビタミン摂取で体の内側からケアをする


日焼けをした後のお肌は、シミやシワ・そばかすが増えやすいと言われています。そのため、ビタミンを中心とした栄養素を積極的に取り入れることで、体の内側からケアをすることが大切です。栄養バランスが偏っているものばかりを食べるのではなく、いつもよりも健康的な食事をすることを心がけましょう。



おすすめは、くだものや野菜などビタミンCを多く含む食べ物。主に、パプリカやブロッコリー・キウイフルーツ・イチゴなどに多く含まれていますよ。また、100%果汁のジュースなどでもビタミンCを摂取することができます。時間がなくてなかなか食べることができないという人は、サプリメントなどで摂取するのも1つの方法ですよ。

その他にも、メラニンの生成を抑えてくれる抗酸化作用のある食べ物も積極的にとるようにしましょう。トマトやスイカ・緑黄色野菜などがおすすめですよ。

たっぷりと睡眠をとる


日焼け後のアフターケアと関係がなさそうに感じる、睡眠。実はたっぷりと睡眠をとることも、日焼けをした後のお肌には重要です。睡眠をたくさんとることでお肌のターンオーバーを促してくれるので、日焼けしたお肌の治りが早くなりますよ。



症状が治まらない場合は病院へ行く


痛い日焼けをしてしまうと、症状が治まるまでに時間がかかります。長期戦になるので根気が必要になりますが、何をしても治らない場合や悪化していくと感じる場合は皮膚科などの病院を受診するようにしましょう。

日焼けはやけどをしていることと同じため、痛みが治らない場合や水ぶくれになっている場合は病院で治療をしてもらうのがおすすめですよ。



痛い日焼けしたあとに気をつけるべきこと


アフターケアをしっかりやったから、もう大丈夫!と安心していませんか?実は痛い日焼けをした後は、しばらく気をつけないといけないことばかりなんです。

まだ油断ができない、痛い日焼けの後に気をつけることをご紹介します。



スキンケアは敏感肌用・美白効果のものを


日焼けをした後のお肌は、思っている以上にダメージを受けています。いつもよりも敏感な状態となっているため、敏感肌用のスキンケアを取り入れて刺激を少なくするのがおすすめです。



また、敏感肌用のものとあわせて美白効果のあるスキンケアでシミ対策を徹底するのも、効果的と言われていますよ。美白効果のあるスキンケアには、お肌が黒くなるのを防ぐだけでなくシミやシワを予防する成分も含まれています。そのため、いつも使っているスキンケアを敏感肌用&美白成分のあるものに変えて、しっかりとケアをすることが大切ですよ。

スキンケアは、短期間で劇的に変わるものではありません。毎日の積み重ねが重要になるので、根気よく長期にわたって続けていくようにしましょう。

皮が剥がれてきても無理にとらない


日焼けをしてからしばらくすると、お肌の皮が剥がれてくることがありますね。これは、日焼けによってお肌の細胞が死んでしまったことによるものです。また、お肌が正常にターンオーバーを繰り返している証拠でもあり、新しいお肌がつくられることによって古いお肌の皮が剥がれて落ちてきます。



この皮を無理にとると、お肌にダメージを与えてしまうだけでなく新しくつくられた皮まで一緒にとれてしまう原因に。皮が剥がれてくると気になってしまうものですが、無理にとることはしないで自然と剥がれ落ちるのを待ちましょう。

マッサージや激しい運動は避ける


日焼けによってダメージを受けたお肌は、修復するまでに時間がかかります。そのため、日焼けをした直後にマッサージをしてしまうと、治りかけているお肌にダメージを与えてしまうことに。日焼けをしてしばらくの間は、マッサージはなるべく避けるようにしましょう。

また、激しい動きを伴う運動は、衣類のこすれによるお肌への摩擦や負担が影響されます。日焼け後のお肌は敏感な状態となっているため、なるべく刺激を与えないためにも激しい運動も控えることが大切です。



お肌が修復するまで紫外線を浴びない


日焼けをした直後に新たに紫外線を浴びてしまうと、せっかくアフターケアをおこなったお肌が元の状態に戻ってしまうだけでなく、場合によっては今まで以上に悪化してしまうことも考えられます。

これから先もずっと日焼けをしないことが理想的ですが、日焼けをした直後は野外活動などはなるべく控えるようにして新たに紫外線を浴びない工夫をしましょう。



痛い日焼けをする前に…日焼け止めの塗り方


きちんと日焼け止めを塗ったはずなのに、お肌に痛みを感じることってありますよね。それはもしかしたら、間違えた日焼け止めの塗り方をしているのかもしれません。

日焼け止めには、乳液タイプやスプレータイプ・パウダータイプなどさまざまな種類のものがありますが、今回は一般的に多くの人が使っている「乳液タイプの日焼け止め」の塗り方について、もう一度おさらいをしてみましょう!



数カ所に日焼け止めを置いて手のひら全体で馴染ませる


乳液タイプの日焼け止めを塗る際は、手のひら全体で馴染ませるのがポイントとなります。おでこや鼻・頬・あごなどに日焼け止めを少しずつ置いたら、手のひらを使って日焼け止めを顔全体に馴染ませていくようにしましょう。

一カ所だけに日焼け止めを置いて塗る方法は、塗りムラや日焼け止めが他の部位に行き届かなくなる原因になります。均等に塗るためにも、必ず数カ所に置いてから馴染ませるようにしましょう。



1
2