頭皮が硬くなる原因&柔らかくする方法とは?おすすめアイテムも必見

頭皮の硬さが気になる人はいませんか?気にしていない人も要注意。頭皮が硬いとさまざまなトラブルが起こってしまうことも。セルフチェックで自分の頭皮を確認してみましょう。原因や柔らかくする方法も紹介していきます。


目次 [開く]

硬い頭皮を柔らかくする方法が知りたい!


なんだかつっぱりを感じたり、ずっしりとした重さを感じたりと頭皮がこわばっているなと感じる人も少なくないでしょう。そのような事が起きるとどのようなデメリットがあり、また解決するにはどうしたらよいのでしょうか?

原因やセルフチェックの方法、頭皮のセルフマッサージの方法まで紹介していきます。頭皮をほぐしてスッキリ気分爽快になりましょう。


頭皮が硬くなる原因


硬くなってしまうことで何かと不調を招いてしまう頭皮。いったい、どのようなことが原因なのでしょうか。原因別に詳しく解説していきます。


運動不足


最近運動が足りていないな、という人の中で頭皮に違和感を感じているという人はいませんか。実は運動不足も頭皮が硬くなってしまう原因の一つ。

運動が足りず血行不良が起こり肩こりや首のこりなどの不調が起こると感じる人はいるでしょう。これと同じで運動不足による血行不良で頭皮にもこりが生じるのです。

適度な運動は血のめぐりを良くし、こりを防いでくれます。ところが、運動が足りないと血のめぐりが悪くなり、頭皮まで血行を良くすることは難しくなってしまうのです。これにより、頭皮がこわばってしまいます。

運動不足は頭皮が硬くなってしまうだけではなく、冷えなどの不調の原因にもなってしまうので適度な運動を心がけたいですよね。


頭皮の乾燥


乾燥も頭皮が硬くなってしまう原因の一つ。乾燥は頭皮の水分と油分のバランスが崩れてしまうことによって起こります。

顔や肘、かかとなどが乾燥した場合、皮膚はカサカサとしてごわつくような感覚がありますよね。これと同じことが頭皮にも起こるということです。また、乾燥した肌がカサカサとして粉をふく状態になるのと同じで、頭皮の乾燥はフケの原因にもなるので注意しましょう。

食生活の乱れやストレス


頭皮が硬くなってしまう原因には食生活の乱れやストレスが関わってくることも。食生活は体調に大きく関わってくるものです。

良質な油は肌にうるおいを与えてくれるなど美容に欠かせないもの。しかし、そうでない油や糖質を多く取りすぎてしまうことで、血の巡りが悪くなってしまうこともあるのです。それにより頭皮が硬くなってしまいます。

ストレスもまた、自律神経の乱れにつながり血の巡りが悪くなってしまうのです。そのため、ストレスの多い生活を送ることで頭皮が凝り固まる原因を作っているといえるでしょう。

頭皮がカチカチになってしまわないように、バランスの取れた食事を心がけながらストレスをためない生活をしたいものですね。

きつく束ねた髪にしている


毎日同じ髪型、しかもぎゅっときつく束ねた髪型にしている人はいませんか。そんな人は要注意です。

髪の毛をぎゅっと結わえることで頭皮が引張れられてしまい、血行が悪くなってしまう可能性があります。血行の悪くなった頭皮は凝り固まってしまうのです。

健康な頭皮を守るためには、毎日きつく結わえた髪型を続けることは避けた方が良さそうですね。

頭皮が硬いと何が起こる?


頭皮が硬くなってしまう原因について解説してきましたが、それによりいったいどのようなことが起こるのでしょうか。硬くなることで起こるトラブルについて解説していきます。


顔がたるむ


頭皮のたるみは顔のたるみ。頭皮がたるんでしまえば当然、皮膚は1枚でできているので顔のたるみにもつながってしまうのです。では、頭皮がカチカチになるとどうしてたるんでしまうのでしょう。

血の巡りが悪くなることで頭皮が硬くなってしまうことは解説してきましたね。このように血の巡りが悪くなることで硬さが出てしまった場合、それを放置することで頭皮の弾力も失われてしまうことにつながっていくのです。

頭皮に弾力がなくなれば、当然たるみが生じます。そして、頭皮がたるむことで顔のたるみにもつながってしまうのです。

抜け毛・薄毛になる


頭皮が硬くなってしまう原因に血行不良があることはすでに説明しましたね。この血行不良による頭皮の硬さは放置することで抜け毛の原因になってしまう可能性があるのです。

頭皮にはたくさんの毛細血管があります。血行が悪くなってしまうことで頭皮の毛細血管まで十分な栄養が届かなくなってしまうのです。畑に栄養がなければおいしい野菜が育たないのと同じように、頭皮に栄養が十分に届かなければ、良い髪の毛も育たないというのが想像できますよね。

頭皮に栄養がいきわたらずしっかりとした丈夫な髪の毛が育たなければ、抜け毛やさらには薄毛になってしまうということです。

肩こり


顔と頭皮がつながっているように、頭皮と首や肩はつながっています。そのため、頭皮が硬くなることによって、頭を支える首や肩の筋肉も一緒にこわばり硬くなってしまうのです。

また、肩こりは頭皮の硬さととても深い関係にあり、頭皮が硬くなることで肩こりが起こるのと同じように肩こりによって頭皮も硬くなります。頭皮の硬さと肩こりの両方は血行の悪さから起こるものであるため、適度に体を動かすことは必要といえるでしょう。

目の疲れや頭痛が起こる


頭皮が硬くなることによって、目の疲れが起こることがあります。頭皮が硬くなることで、近い位置にある目にも影響がでてしまうのです。そして、目の疲れが出るだけでなく、頭痛が起こる原因にもなります。

頭皮が硬くなる原因に血流が悪るくなることが原因とご紹介しましたが、この血流が悪くなることで、緊張性頭痛という締め付けられるような痛さの頭痛が起こるのです。また、目の疲れによっても頭痛は起こる可能性があるので、頭皮の硬さはなるべく解消したいものですね。

あなたの頭皮はどう?頭皮の硬さのセルフチェック


実際に自分の頭皮の硬さがどうなのか確認したことはあるでしょうか。ヘアサロンなどでもチェックしてもらえるでしょうが、今回は自分で簡単にチェックする方法を紹介していきます。


1.手の指を広げて頭皮全体をつかむ


まず、頭皮全体をつかむように手の指を広げます。指を広げた手で、ボールをつかむような感覚で頭全体をつかんでみましょう。

頭をつかんだ状態で頭皮を前後左右に動かしてみてチェックしてみます。頭皮は指と一緒に動いていますか?


2.円を描くように手を動かす


頭皮を手でつかんだまま、円を描くように動かしてみることでもチェックすることができます。強く力を入れることなく、円を描くように指を動かします。

この時、スムーズに頭皮が指と一緒に動いているかどうか意識を集中させましょう。頭皮は指と一緒に動いたでしょうか。


頭皮が動く=柔らかい


指でつかみ頭皮を動かしたとき、スムーズに頭皮が動く場合は柔らかいといえます。逆に、スムーズに動かず、つっぱり感や頭がい骨を触っているかのような硬さを感じる場合は要注意です。そのような場合には頭皮が硬くなっているといえるでしょう。

また、頭皮を指で動かしたときに一応指と一緒に皮膚が動くものの、額の皮膚よりも硬いという場合には頭皮が硬くなり始めているので、それ以上硬くなってしまわないように対処をしましょう。

硬い頭皮を柔らかくするには?


セルフチェックの結果、頭皮が硬いと感じた人もいるでしょう。では、どのようにしたら頭皮は柔らかくなるのでしょうか。マッサージやシャンプーなどを紹介していきます。また、頭皮が硬いと感じなかった人も、予防としてチェックしてみて下さい。


マッサージをする


硬い頭皮を柔らかくする方法として一番に思いつくのが頭皮のマッサージではないでしょうか。肩や腰などのマッサージと同じく、頭皮もマッサージすることで血行が良くなりこりも解消されるでしょう。

頭皮マッサージは自分の手を使って気軽に行うことができます。セルフチェックのときと同じように手の指を広げ頭皮をつかみ、優しく円を描くようにマッサージしましょう。襟足から頭頂部に向かって引き上げていくように場所を移動させるのがポイントです。

また、自分の手の指を使ったマッサージの他にも、ブラシのようなツールを使用した方法もあります。カッサやマッサージ用の機械などもありますが、日常ではパドルブラシのような大きめでクッション性のあるブラシをブラッシングのときに使用するだけでも簡単で効果があります。

シャンプーなどを見直してみる


シャンプーを見直すことも柔らかい頭皮を保つには必要なことの一つ。ドラッグストアなどで購入できる市販のシャンプーはかなり強い洗浄力のものもあります。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった石油系合成界面活性剤などの洗浄成分は洗浄力も強く脱脂力も強いため、頭皮に負担がかかっていることも。特に乾燥肌の人は頭皮の過度な乾燥を招いているかもしれません。

頭皮が乾燥することによって硬くなってしまうということはすでに説明済みですよね。シャンプーによって頭皮が乾燥し硬くなってしまうのを避けるためには、より頭皮にやさしい洗浄成分のシャンプーを選ぶ必要があるということです。

例えば、グルタミン酸~やココイル~といった表記のアミノ酸系といわれる洗浄成分のシャンプーは、必要な皮脂まで洗い落としてしまうことなく頭皮にやさしいので、乾燥によって頭皮が硬くなってしまう人におすすめです。

1
2

関連記事