練り香水は魅力いっぱい♡基本の使い方&付け方やおすすめ商品を紹介

素敵な香りをまとえるフレグランスアイテムは、いい女の必需品です。香水やヘアミスト、あるいは柔軟剤など、さまざまなアイテムがあって悩んでしまいそう。すれ違いざまにやさしく香るような、さりげない香りを身に着けたいですよね。

そこで、今回はフレグランスアイテムの中でも、さまざまな使い方ができると人気の「練り香水」についてご紹介します!おすすめの練り香水もピックアップしてご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。



目次 [開く]

練り香水の使い方がよく分からない……



聞いたことはあるけれど、実際に使ったことがないという人も多い練り香水。一般的な香水と違って固形ということは知っているけれど、いったいどうやって使えばいいの……?

そんな「練り香水初心者」さんでも気軽に試すことができるよう、まずは練り香水について詳しく見ていきましょう!

そもそも練り香水とは?



練り香水は、ミツロウやワックス、オイルなどのお肌にやさしい成分に、香料を練りこんだものです。小さなケースに入っていたり、ワンタッチで塗れるロールオンタイプなども人気です。

また、大きなボトルになることもある香水と違い、ポーチやバッグに携帯できるコンパクトなサイズ感も魅力の1つ。パッケージデザインもオシャレなものが多く、持っているだけで身だしなみに気を使っていることがわかるアイテムです。

練り香水の魅力



もっともメジャーなフレグランスアイテムといえば、やっぱりボトルタイプの香水ですよね。の数も多く、使ったことのある人も多いのではないでしょうか?その一方、練り香水の魅力に気がついていない人はまだまだたくさんいるようです。

練り香水には、唯一無二の魅力がたくさんつまっています。知らないなんてもったいないので一緒にチェックしていきましょう!

アルコールフリー


先ほどもご紹介したように、練り香水の主な成分は、ミツバチが巣を作るときに分泌する天然のロウである「ミツロウ」と、「香料」です。自然のものだけを使った練り香水もあり、長時間つけていても肌への影響が少なくて済みます。



これに対して一般的な香水は、香りを長持ちさせるためにアルコールが含まれているものが多いです。アルコールは揮発するときに香りが広がるため、強い香りを持続させるためには必要不可欠な成分ですが、敏感な人は肌荒れを起こしてしまうこともあります。肌荒れを気にして香水が使えないと悩んでいる人は、練り香水を使ってみるのはいかがでしょうか?使用されている成分をチェックして、肌にやさしいものを選んでくださいね。

香りの調節がしやすい


練り香水は、つける量を細かく調節できます。香水はワンプッシュごとにしか調節ができないため、つけすぎてしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。



フレグランスアイテムは、香りが強すぎると周りに「香害(こうがい)」と言われてしまうことがあります。自分にとってはいい香りでも、すべての人にそうとは限りませんよね。自分にも相手にもやさしく香る練り香水なら、香りが強すぎて周りに嫌な顔をされることもありません。

こまめに塗り直しやすい



香りがやさしい分、香水よりもすぐに香りが薄れてしまう場合もあります。しかし練り香水は、香らせたいときにすぐ塗り直しができるという手軽さも魅力です。ここぞというシーンの前に、お手洗いでサッとひと塗り。リラックスしたい時間の前にひと塗りなど、24時間好きなときに塗り直しができていつでも好きな香りを楽しめます。

使い方のバリエーションが多い



ふんわりとやさしく香るため、練り香水ならではの使い方がたくさんあるのも魅力の1つです。いろいろなところにちりばめられた香りは、自然とあなたのことを思い出す素敵な香りになりそうですね。

意外と多い!練り香水の使い方



お気に入りの香りをさまざまなシーンで楽しめる、練り香水の使い方をご紹介します。なかには驚きの使い方も!お手持ちの練り香水でぜひ試してみてくださいね。

体温の高い部位につける



練り香水だけでなく、フレグランスアイテムをつけるときは体温の高い部位につけるようにしましょう。具体的には「首筋」や「手首の内側」など、太い血管が通っているところがおすすめです。

香り成分はあたたまることで周りに広がるため、血の巡りによって温度が高くなっている部分につけると、より効果が感じやすくなりますよ。

シーンによってつける場所を変える


首筋や手首などはもちろん、香らせたいシーンによってもつけるのにぴったりな部分があります。

職場の気になる相手と話すときは、こっそり手のひらに塗った練り香水があなたの触れるものをいい香りにしてくれます。あなたが立ち去った後も、そこに残ったやさしい香りがあなたを印象づけてくれます。



周りにいい香りをアピールしたい女子会では、デコルテに多めの練り香水を塗りましょう。あなたが動くと香りが広がり、同性からも憧れられる女性になれるかもしれません。

毛先につける



ワックスタイプの練り香水は、ヘアアレンジにも使えるんです。汗や雨で流れてしまわないよう、梅雨や夏本番の使用は控えるのがベター。毛先に少しつけるだけで、濡れ感を持たせつつも香りを楽しめる素敵なヘアスタイルができあがります。

ヘアアレンジアイテムを複数使っているという人は、香りが混ざらないように注意してくださいね。

手紙につける



手紙やギフトに香りをつけるのもオシャレな使い方ですよね。開封と同時に香りが広がれば、もらった手紙やギフトもより一層嬉しくなってしまいそう。

手紙そのものやラッピングに塗るのに抵抗があるという人は、メッセージカードにつけてみるのはいかがでしょうか?贈りたい人への想いに香りを添えれば、きっと気持ちが伝わりますよ。

ハンドクリームに混ぜる



ミツロウやワックスは保湿力も高く、そのままつけても手や指先をしっとりと保ってくれます。しかし、練り香水の中には多少べたつくものもあるため、ハンドクリームに混ぜて使うのもおすすめです。

練り香水と併用するときは、ハンドクリーム本体の香りが強すぎないものを選びましょう。普段使っているものが無香料なら、ハンドクリームの香りづけとして使うのもいいですね。

ハンカチなどの小物につける



自分の体につけるだけでなく、いつも持ち歩いている小物に塗ってもよさそうです。つけやすいのはハンカチやアームカバー、スカーフなどの布製品。広範囲に塗る必要はないので、目立たない部分に少量をつけて香りを楽しみましょう。

ルームフレグランス代わりに



練り香水にも使用期限があり、そのほとんどが開封後から1年間を目安に設定されています。しかし、頻繁に練り香水を使わない人は、期限内に使い切れない場合もありますよね。

体に使えなくなった練り香水は、フタを開けたままお部屋に飾りましょう!オシャレなパッケージならインテリアとしても使えますし、香りがなくなる最後まで使えて一石二鳥です。

クローゼットに置く



衣類にいい香りを移したい場合は、フタを開けた練り香水をクローゼットの中に置いておきましょう。普段着る服からもいい香りがするようになり、コーディネートが楽しくなりそうですね。

また、ルームウェアやランジェリーからいい香りがすると、寝るまでの時間をよりリラックスして過ごすこともできます。

練り香水の正しいつけ方は?



次に、練り香水の基本的な使い方もチェックしておきましょう。自然由来の成分のみでできているものが多いので、使い方や保存方法に気をつけたいものもあります。

1.指の腹で練り香水をとる



練り香水を使うときは、爪の間に入りこまないよう注意しながら、指の腹で少量をすくいとります。指についた香水は、特に気にならなければ洗う必要はありません。ヘラやスパチュラなどを使うよりも、指でとる方が量の調節もしやすいためおすすめです。

1
2

関連記事