顔・体の日焼け止めの落とし方を徹底解説!おすすめクレンジングも♡

特に夏の日差しの強い時期、日焼け対策として欠かせないのが日焼け止めですよね。中には、「1年中手放せない!」という人もいるでしょう。日焼け止めは、美白・美肌を保つために重宝するアイテムですが、正しい落とし方をしないとかえって肌に悪影響を及ぼす可能性もあります。
この記事では、正しい日焼け止めの落とし方を徹底解説します。塗るだけで満足せず、その後の落とすという工程も正しい手順で行いましょう!


目次

意外と知らない!?日焼け止めの落とし方



美肌を目指す女性たちが手放すことのできない日焼け止めですが、その正しい落とし方を知らないという人は意外と多いのではないでしょうか。

日焼け止めのパッケージには必ず、日焼け止めの「塗り方」とともに「落とし方」が記されています。気にしたことがなかったという人は、持っている日焼け止めのパッケージをぜひ確認してみてくださいね。

日焼け止めが肌に残ると起こる悪影響



日焼け止めが肌に残った状態のままであることの一番の問題点は「肌に悪影響をもたらす」ということでしょう。

美肌のために毎日頑張って日焼け止めを塗っているのに、正しい落とし方をしなかったためにかえって肌にダメージを与えている可能性があると考えると、なんだか悲しいですよね。では実際に、日焼け止めが肌に残ったときに起こる悪影響とはどのようなものがあるのでしょうか。

ニキビなどの肌荒れ


肘や膝の裏側などの部分は特に、日焼け止めがたまってしまいがちです。そのたまってしまった日焼け止めをしっかり落としておかないと、汗をかいたときにかぶれたりニキビの原因になったりと、肌荒れを引き起こしてします。

乾燥


特に紫外線カット力が強いウォータープルーフタイプの日焼け止めにありがちなのが、乾燥です。紫外線カット剤は効力がなくなったとしても肌に残り続けるため、しっかりと落とさないと乾燥の原因となり、そこからシワやたるみなど、さらに別の問題を引き起こす可能性もあります。

毛穴の黒ずみ


日焼け止め以外の化粧品にも言えることですが、肌に塗布した状態で長時間経過すると徐々に酸化していきます。これらの酸化の原因をしっかり取り除いておかないと、毛穴の黒ずみやつまりに繋がります。

帰宅後はなるべく早く日焼け止めを落とそう


日焼け止めが肌に残った状態だと、上記のように肌に多大な悪影響を及ぼします。そのため、必要なとき以外は極力肌に塗布していない状態にすることが大切です。

帰宅後は、なるべく早めに日焼け止めを落とすことを心がけましょう。塗っている時間が長くなればなるほど肌に負担がかかっているということを頭に入れておきましょう。

石鹸オフOKの日焼け止めでもクレンジングすべき?



日焼け止めは、タイプによって特徴や落とし方が異なります。紫外線カット力が高いものやウォータープルーフのものでも石鹸で簡単に落とせる商品が多くなってきているのは、使う側にとってはとても嬉しいことですよね。

しかし、石鹸オフOKと表示のある商品でも、本当に石鹸のみで落とすだけで十分なのでしょうか。

基本はクレンジング使用がおすすめ!



「石鹸オフOK」の表示を見て、ついつい手を伸ばしてしまうという人も多いでしょう。クレンジングをしなくて良いとなると、それだけで時短に繋がりますよね。

しかし、日焼け止めを塗った日には、基本的にはクレンジングを使って洗い流すのがおすすめです。石鹸オフOKの日焼け止めでも、肌に残ってしまう可能性があるためです。

お湯で落とせる日焼け止めの場合



日焼け止めの中でも、特に落としやすいのがお湯で落とせるタイプの日焼け止めです。

ほかのタイプと比べて肌に負担がかかりにくいのが特徴で、赤ちゃんの肌にも使える商品が多いです。しかし、その分紫外線カット力が弱かったり、汗で簡単に落ちてしまったりというデメリットもあります。

落とすときのポイント


お湯で落とせる日焼け止めの場合、日焼け止め自体はお湯で簡単に洗い流せます。しかし、日焼け止め以外の汗や皮脂などが落としきれず、肌に悪影響を及ぼす可能性があります。

クレンジングまで使う必要はないですが、顔は洗顔料を使って、体は石鹸やボディーソープを使って洗うようにしましょう。

石鹸やボディーソープで落とせる日焼け止めの場合



お湯で落とせるタイプよりも紫外線カット力が強く、クレンジングで落とす必要があるタイプよりも洗い流すのが簡単なので、普段の生活の中でよく使っている人が多いのが石鹸やボディーソープで落とせる日焼け止めでしょう。

しっかり紫外線を防いでくれて、それでいて後のお手入れも楽というのは嬉しいですよね。

落とすときのポイント


このタイプの日焼け止めは、石鹸やボディーソープのみで洗い流しているという人も多いでしょう。しかし、すでに触れたように、このタイプの商品でもクレンジングを使って落とさないと肌に残ってしまう可能性があります。顔も体も、クレンジングを使用することをおすすめします。

クレンジングで落とす必要がある日焼け止めの場合



紫外線カット力の強いものやウォータープルーフのものに多いのが、クレンジング必須タイプの日焼け止めです。

ほかのタイプのものに比べて、紫外線から肌を守ってくれる機能は優れていますが、その反面肌への負担も大きいと言えるでしょう。毎日の日焼け対策に使うのではなく、バーベキューや海水浴など長時間日光を浴びることが想定されるときにのみ使うのがおすすめです。

落とすときのポイント


このタイプの日焼け止めは耐久性に優れているため、お湯はもちろんのこと石鹸やボディーソープを使っても十分に洗い流すことができません。必ず、顔・体ともにクレンジングを使うようにしましょう。

落としにくいからといって、肌をゴシゴシとこするように洗うのはNGです。十分な量のクレンジングを手に取り、優しくなでるように肌になじませていきましょう。

日焼け止めの落とし方【顔編】



ここからは、日焼け止めの正しい落とし方について徹底解説していきます!基本的な落とし方を覚えて、日焼け止めによる肌への負担を減らしましょう。

日焼け止めは、「顔→体」の順番で落とすのがおすすめなので、まずは顔に塗った日焼け止めの落とし方から確認していきましょう。

手順1.手のひらになじませる



クレンジングを適量手のひらにとって、全体に広げるようになじませていきます。ここで注意したいのは、クレンジングの量が多すぎても少なすぎても良くないということです。

クレンジングの量が多すぎると肌になじみにくくなり、反対に少なすぎると日焼け止めが落としきれなかったり摩擦で肌に負担がかかったりしてしまいます。

手順2.顔全体になじませる



手のひらになじませたクレンジングを、優しく顔全体になじませていきます。落ちているか不安だからといってゴシゴシとこするはもちろんNGです。

手順3.顔の中央から外側に向かってくるくると



顔全体にクレンジングがなじんだら、まずは指の腹を使って小鼻の日焼け止めを落としていきます。その後で、手のひら全体を使って優しく顔全体の日焼け止めを落としていきます。

指の腹を使うときも手のひらを使うときも、くるくると円を描くように落としましょう。

手順4.クレンジングをティッシュでオフ



クレンジングを使うと、肌の表面に日焼け止めや汚れなどが浮いてきます。これらをしっかりと落とすために、クレンジングの後は一度ティッシュでオフします。

手順5.ぬるま湯で十分に洗い流す



お風呂の温度と同じ40度前後のお湯で顔を洗い流すと、肌に必要な潤い成分まで同時に洗い流してしまい乾燥に繋がります。32度~34度くらいのぬるま湯で、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流しましょう。

手順6.洗顔料や石鹸で顔を洗う



ダブル洗顔不要のクレンジングもありますが、洗顔料や石鹸を使って洗顔をした方が洗い残しを防げます。洗顔をするときも優しく丁寧に、洗い流すときはぬるま湯を使いましょう。

日焼け止めの落とし方【体編】



正しい手順で顔の日焼け止めを落とせたら、次は体の日焼け止めを落としていきます。クレンジング必須の日焼け止めを塗ったときには、体もクレンジングを使ってしっかり洗い流すようにしましょう。

手順1.濡らす前の体にクレンジングを塗る



湯船につかったりシャワーで体を濡らしたりする前に、クレンジングを体に塗っていきます。肌が濡れた状態でクレンジングを使うと、洗浄力が落ち、日焼け止めが肌に残ってしまう可能性があります。

手順2.手のひらで優しくなでて落とす



顔のときと同様に、手のひらで優しくなでるように落としていきます。肌に日焼け止めが残ると悪影響を及ぼしますが、ゴシゴシと洗うのももちろん肌への負担になります。

手順3.洗い流すときは弱めのシャワーか洗面器に入れたお湯で



紫外線を浴びたり日焼け止めを塗ったりした後の肌は敏感になっているため、シャワーの刺激を与えると肌を傷つける恐れがあります。

シャワーを使う場合には弱めに出すか、あるいは洗面器にお湯をためてから体にかけるようにしましょう。

1
2
3

関連記事