ダイエット中なのに体重が減らない!その原因&痩せる秘策を徹底解説

「甘い物を食べるの我慢してるのに」「毎日、家で腹筋してるのに」と、憧れのスタイルになるために頑張ってっもなぜか減らない体重……。そんなお悩みを抱えている方はいませんか?そこで本記事ではダイエット中に体重が減らない原因や痩せる秘策を徹底解説します!



目次

ダイエットしているのに体重が減らないあなたへ!


素敵なスタイルに憧れて、ダイエットを頑張ってみてもなぜだか体重が減らない……。何かが悪いのか?と疑問を持ちながらも、とりあえずダイエットを続けてみるけど「効果が出るのかな?」と不安な気持ちは消えませんよね。

思ったように体重が減らないと、どんなことが起こるのか見ていきましょう。

体重が思ったように減らなくてストレスを抱える女性は多い


ダイエットの効果を実感する要素の一つに、身体の変化だけではなく“体重の変化”があります。ダイエット中にどんどん体重が減少すると嬉しいですよね?「52キロが50キロになった!」と、数字で体重を把握できます。

さらに、体重が減ったことがわかれば「あと1キロで40キロ台になる!」と徐々にモチベーションもアップするでしょう。しかし、なかなか体重が減らないとストレスを抱え込む人も……。「せっかく好きな物を我慢してるのになんで痩せないの?」とイライラし、ストレスをため込んでしまうのです。

効果を感じないため続かない


体重が減らなくても根気よくダイエットに励んでいる方も、もちろんいるでしょう。「いつか痩せられる!」とモチベーションを上手に保ちながらダイエットに励むことはかなり困難です。

効果を実感すればダイエットも楽しくなりますが、体重が減らなかったらダイエットを続けるのは難しいでしょう。


体重が減らない原因になるNG行為はコレ!



ダイエットにおいて体重が減らないと、効果も実感しづらいのでダイエットを継続するのが難しいとお話をしました。ではなぜ体重が減らないのでしょうか?ここでは体重が減らない原因について詳しく解説をします。思い当たるNG行為があれば改善が必要です。

睡眠不足になっている


睡眠時間が短いとダイエットの妨げになります。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、壊れてしまった細胞を修復し代謝を上げる役割がありますが、こうした働きを行うにはエネルギーが必要です。

このエネルギーは私たちの身体の脂肪を燃やすことで生み出します。つまり脂肪を燃焼することによって、成長ホルモンが身体にしっかりと働きかけてくれるのです。睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌量も減り、脂肪が燃えにくくなります。

体重が減らないと悩んでいる方は、ご自身の睡眠時間はどれくらいかを再度確認しましょう。

栄養バランスが偏った食事をしている


ダイエット時によくありがちな“糖質制限”や“野菜しか食べない”方法を実践していませんか?栄養バランスが偏った食事を摂っていると、エネルギー代謝が悪くなり、効率よく脂肪が燃えません。さらに体重が減らないだけではなく、身体にとっても必要な栄養を摂取できなくなり、体調不良を感じる可能性も……。

「野菜だけしか食べない!」など偏った食事内容になっている方は、バランスの良い食事を心がけましょう。

停滞期になっている


ダイエットを継続して行うと、ほとんどの方が“停滞期”という壁にぶつかります。摂取しているカロリーが少ないと身体が「これ以上痩せたらやばい!」と思い、一時的に体重を減らさない“省エネモード”に切り替わるのです。

省エネモードになることで、ホメオスタシス(恒常性)機能が働き身体を守ろうとします。停滞期に入ると体重が減らずにイライラすることもありますが、ここは我慢して停滞期を乗り越える精神を保つことが重要です。

カロリーオーバーをしている



食べている量が多ければ痩せることは困難です。消費エネルギーよりも摂取エネルギーが増えると脂肪が蓄積され、体重が増えます。もちろんダイエットにはなりません。ご自身の運動量と食事量を再度見直し、カロリーオーバーしていないかを確認しましょう。

すぐにカロリーをカットする方法の1つとして、スムージーなどによる置き換えダイエットが挙げられます。中でも置き換えダイエット向けのおすすめスムージーが『もぎたて生スムージー』。健康食品とは思えないおいしさで、飲みやすく気楽にカロリーカットができると評判になっています。気になる方は、公式サイトもチェックしてみてください!

もぎたて生スムージー公式サイトはこちら♡


急いで食べている


実は食事のスピードもダイエットと密接な関係があります。食べるのが早い人はほかの人と比較すると咀嚼回数が少ないといわれています。咀嚼回数が少ない人は血糖値が急激に上がり、太りやすくなるのです。一方でよく噛んで食事をすれば緩やかに血糖値が上昇し、ダイエットに効果的です。

また、満腹中枢も刺激するため、お腹いっぱいになりやすいと言われています。

便秘気味


普段から便秘がちな方も体重が減らない原因と言われています。便秘だと食物の吸収力が落ちてしまいます。ではなぜ便秘になるのでしょうか?便秘の原因は偏った食生活や睡眠不足、水分不足と言われています。

毎食のバランスを見直したり、睡眠時間を多めにとったり、一度生活習慣を確認してみましょう。便秘から脱出できれば体重が減少するかもしれません。

姿勢が悪い



姿勢が悪いのも痩せない原因の一つです。姿勢が悪いと血液の流れが悪くなり、リンパの流れが滞ってしまうため、脂肪を溜め込みやすくなります。当然ダイエット効果を感じることはできません。日々のパソコン作業や、スマートフォンを操作する際の姿勢に意識を向けてみるといいですよ。

筋力が少ない


身体の筋肉量が少ないと脂肪を燃焼する力がしっかりと発揮できません。脂肪を燃やすのは有酸素運動が必要と言われていますが、効率的に脂肪を燃やすには筋力トレーニングなどの無酸素運動が重要です。ある程度の筋肉を増やさなければ、落としたい脂肪も燃やせません。

有酸素運動ばかり行っている人は、週に2~3日筋力トレーニングを取り入れてみましょう。

むくんでいる


実は身体のむくみも体重が減らない原因と言われています。身体がむくんでいると、体内に老廃物が溜まってしまいます。血液の流れも悪いため老廃物や水分が体外へ排出されにくい状態になるのです。

むくみを感じる方は適度な運動を取り入れたり、水分を多めに摂取することをおすすめします。

また、下半身からむくみを解消するために「着圧レギンス」を履くのも1つの方法です。おすすめは、下半身と腰回りのダイエットサポートをしてくれる『グラマラスパッツ』!
モデル業界で注目の集まっている商品ですので、合わせてチェックしてみてください。

グラマラスパッツ公式サイトはこちら♡



カロリーを消費する運動ができていない


体重が増減する仕組みは、カロリー摂取・消費のバランスによって左右されます。いつもと同じ運動量で食べすぎてしまった日は当然体重が増えます。しかし、食べすぎた日にいつもよりも倍の運動をするとカロリーの消費量が高くなります。

しかし、実践する運動がカロリーを消費する有酸素運動でなければ痩せません。普段から行っている運動がカロリーを消費する有酸素運動なのかを確認しましょう。


すっきり痩せる♡体重が減らないときの秘策



「体重が減らない……」「ダイエット効果が出ない……」と悩んでいる方、上記で紹介した原因に当てはまりましたか?原因が分かればあとは対策を打つだけです。ここでは体重が減らないときの秘策を紹介します。

ダイエットの方法を見直す


体重が減らないときは実践していたダイエット方法を見直す良い機会です。今まで行っていたダイエット方法はどういったものなのか?そのダイエットを行うことでどんな身体の変化を感じたのか、メリットやデメリットを見つけてみましょう。

ダイエットを続けているとどんなことが得意・不得意か見えてくるはずです。また、そのダイエット方法を実践してストレスが溜まったのであれば改善しましょう。

たっぷりと睡眠をとる


睡眠不足はダイエットの大敵です。夜更かしをすると、その分間食をする可能性もあります。また、睡眠中は成長ホルモンが分泌され脂肪燃焼に働きかけます。ダイエット効果を発揮するためには睡眠時間を確保するか、睡眠の質を上げましょう。

寝る前のスマホやパソコン操作は深い眠りにつけず、睡眠の妨げになります。就寝前は極力、電子機器の操作を避けてリラックスした状態を作ると質の良い睡眠に繋がりますよ。

食事を見直す


普段の食事の量、バランスは大丈夫ですか?炭水化物や脂質の過剰摂取、野菜を食べないなどバランスの悪い食事は肥満の原因に繋がります。1食の中で炭水化物、タンパク質の割合はどれくらいか、どれくらいの量の野菜を摂取しているのかをアプリやノートに記録してみましょう。特に日本人の食事はタンパク質の量が少ないと言われています。

運動をする方はタンパク質の摂取量にも注目してください。


また、置き換えダイエットを取り入れるのも方法の1つとしておすすめです。先ほどご紹介したもぎたて生スムージーは、アレンジレシピも豊富でダイエットに取り入れやすいよう工夫されています。ぜひ、こちらも合わせてチェックしてみてください。

もぎたて生スムージー公式サイトはこちら♡

1
2