赤リップメイクのコツを大公開♡アイシャドウとの組み合わせ方も必見

サッと塗るだけで華やかに見える、赤リップメイク。インパクトがあり派手な印象から、赤リップをメイクに取り入れるのは難しそう……。と感じる人は多いのではないでしょうか。

今回は、テクニック不要で誰でも簡単に取り入れられるメイクのコツと、雰囲気別で赤リップに似合うアイシャドウをご紹介します。赤リップを上手に取り入れて、大人メイクを目指しましょう!



目次 [開く]

トレンドの赤リップメイクで旬顔に♡


赤リップに憧れるけど、メイクが難しそう……。扱い方次第でかわいくなったり大人顔になったり、浮いて見えたりする赤リップを取り入れるのって難しいですよね。

実は赤リップにはさまざまな種類や色味があるので、上手に取り入れれば理想の大人メイクが簡単に叶うようになるんですよ。赤リップメイクで、魅力的な女性を演出しましょう!



赤リップメイクを上手に取り入れるコツ


華やかな赤リップを塗ると、それだけでインパクトがあるので他のパーツメイクをどうしたらいいのか悩みますよね。赤リップと他のメイクが上手に馴染んで浮かないコツについて、ご紹介します。



リップ以外のメイクは薄めに


インパクトのある赤リップを塗る場合、その他のメイクは控えめにするのがおすすめです。アイメイクもチークもリップもすべてをしっかりメイクにしてしまうと、派手すぎる印象や古くさい印象を与えてしまうことに。リップメイク以外は薄めにして、バランス良くするのがおすすめですよ。



リップライナーでキワまできちんと


唇にしっかりとした色味を出したくても、赤リップを唇のキワまで直接塗りこむと、失敗してはみ出したり滲んだりするのが怖いですよね。そんなときはリップライナーを使い、唇のキワにラインを引くのがおすすめです。

リップライナーを使うと、滲みやはみ出しを予防できてリップメイクが落ちにくくなりますよ。仕上げに綿棒を使い余分な色味を消してリップの形を整えると、いつまでも綺麗なリップを保つことができます。



リップケア&グロスでツヤ唇に


赤リップは他の色と比べると目立つので、周囲の視線は自然と唇に集まる傾向に。そんなときガサガサの荒れた唇をしていたら、せっかくのメイクが台なしですね。

大人メイクを演出するためにも、日頃からリップケアはしっかり行うようにしましょう。つるつるの唇になったら赤リップを塗り、グロスを重ねることでツヤのある魅力的な唇となりますよ。



ナチュラルに仕上げる場合は指塗りで


他のメイクと馴染まなくて、赤リップだけ浮いて見える……。そんなときは、指塗りがおすすめです。リップを指に少量取ったら、そのままトントンと指で唇を軽く叩くようにして塗ってみましょう。

リップのまま直接塗るのとは違い淡い発色となるため、ナチュラルに仕上げたいときや浮いて見えてしまうときにおすすめですよ。



慣れてきたら、内側から外側に向かってグラデーションをつくるように塗ってみましょう。まるでお花が咲いたようなかわいらしい印象となりますよ。

赤リップはいろいろな種類がある!


赤リップはどれも同じと思っていませんか?同じ赤リップでも、さまざまな種類の色味や質感があるんです。また、形もそれぞれ違うので、自分に合う赤リップをみつけてみてくださいね。



赤リップの色味


強いイメージのある赤リップですが、なかにはやわらかい印象の色味もあり、それぞれ違った印象を与えてくれます。その日の気分によってイメージを使い分けることができますよ。



純レッド系


赤リップの定番色である、純レッド系。ビビッドな色合いから、派手な印象を与えることが多いのが特徴的です。外国人などはっきりとした顔立ちの人によく似合います。

試してみたいけれど、勇気がない……。そんなときは、透明感がプラスされたものや薄付きのものを選ぶのがおすすめです。



朱赤系


純レッド系は勇気がいる!そんなときにおすすめなのが、朱赤系。赤リップにほんの少しだけオレンジをプラスしたような色味が特徴的です。落ち着いた印象を与えてくれます。

朱赤系は神社や着物などによく使われる色味なので、純和風の日本人に良く合う色なんです。



コーラル系&オレンジ系


元気な印象を与えてくれる、コーラル系。コーラル系は、赤にオレンジやピンクを合わせたような色味が特徴的です。ナチュラルなメイクをしたいときにおすすめ。また、オフィスなどでも活躍します。



オレンジ系は、名前の通り赤リップにオレンジを混ぜたような色味が特徴的です。明るく元気なイメージが強いので、友達と遊びに行くときなどにおすすめです。また、赤リップに抵抗がある人でも、オレンジ系ならチャレンジしやすいのではないでしょうか?

ローズ系&ボルドー系


上品でエレガントな印象を与えてくれる、ローズ系。赤にピンクと紫が混ざったような色味が特徴的です。青み系の色合いのため、オレンジや黄色が苦手な人におすすめです。



落ち着いた大人の女性を演出してくれる、ボルドー系。ワインレッドに近い色合いで、シックな印象を与えてくれるのが特徴的です。パーティなど華やかな場所で使用するのがおすすめです。

ブラウン系


カジュアルなのに落ち着いた印象を与えてくれる、ブラウン系。派手な赤にシックなブラウンが混ざった色味は、どんなシチュエーションにも使いこなせる万能カラーです。オフィスなどでも大活躍します。



赤リップの質感


赤リップの色味で印象が変わるように、質感によってもイメージは大きく変わってくるものです。それぞれの特徴を知って、上手くリップメイクを取り入れていきましょう。



マットタイプ


色味をしっかり出したい!そんなときにおすすめなのが、マットタイプ。リップにツヤがなく高発色でシックに見えることから、大人の女性を演出できますよ。

キラキラした唇が苦手な人や、オフィスメイクとして使いたい場合におすすめです。



ツヤタイプ


マットタイプとは異なりキラキラした印象の、ツヤタイプ。みずみずしく透明感があるため、ナチュラルなリップメイクがしたい人におすすめです。

少しだけ派手にしたいときは、濃い色味のものを選ぶと印象も変わって見えます。



赤リップの形状


赤リップにも形状がそれぞれあり、特徴や使いやすさも変わってきます。自分が使いやすい、お気に入りのリップをみつけてみてくださいね。



口紅タイプ


リップの中では定番の、口紅タイプ。サッと塗るだけで、発色が良くしっかり色づくのが特徴的です。定番のタイプであることからさまざまな種類の赤リップが揃っていて、初心者さんでも扱いやすいのでおすすめです。



グロスタイプ


唇にツヤを与えてくれる、グロスタイプ。しっかり色づくのが苦手な人やナチュラルでかわいいメイクをしたい人におすすめです。色もツヤも両方ほしい!という場合は、口紅タイプの上から重ね塗りすると魅力的な唇を演出できます。



ティントタイプ


うるおいを保ちつつ高発色でもある、ティントタイプ。食事をした後でも発色をキープすることが多く、メイク直しの時間がない人におすすめです。ティントタイプは唇に色が着色することがあるため、メイクを落とす際はしっかりクレンジングをするのがポイントです。唇荒れの原因にもつながりやすいため、敏感肌の人には向かない傾向があります。



肌タイプ別!赤リップメイクに似合うアイシャドウの色


さまざまな種類の赤リップがあることがわかりましたが、本当に自分に合うのはどれだろう?と悩んでしまいますよね。また、似合うアイシャドウをみつけるのも難しそう……。

そんなときは、パーソナルカラー診断を受けてみてはいかがでしょうか?パーソナルカラー診断で肌タイプがわかれば、自分に似合う赤リップやアイシャドウの色味がわかるようになります。



パーソナルカラー診断とは?


パーソナルカラー診断は、お肌の色・髪の色・目の色などから自分に似合うタイプをみつけることをいいます。パーソナルカラーを知っておくと、似合う赤リップの色味だけでなくメイクや洋服のタイプなどもわかるようになるので、まだ受けたことがない人はぜひ受けてみてくださいね。

パーソナルカラー診断は、ネットから数分で気軽に受けることができる他、デパートやサロンなどでも受けられます。



イエベさんはコーラル系が似合う


パーソナルカラー診断で「イエローベース春」または「イエローベース秋」と診断された人は、コーラル系のアイシャドウがおすすめです。

コーラル系は赤と黄色やオレンジを混ぜたような色合いなので、イエベさんのお肌とよく合うんです。流行りのオレンジ系も、イエベさんと相性バッチリなのでおすすめです。



赤リップもアイシャドウに合わせて、コーラル系やオレンジ系の赤色を選ぶのがおすすめです。逆に、青み系のアイシャドウや赤リップは似合わない傾向にあるので、なるべく避けたほうが無難です。

ブルベさんはくすみピンク系が似合う


つづいてパーソナルカラー診断で「ブルーベース夏」または「ブルーベース冬」と診断された人におすすめなのが、くすみピンク系のアイシャドウです。

別名「ダスティピンク」とも呼ばれているくすみピンク系は、名前の通り「ピンク」が少しくすんだような色味をしています。上品でやさしい印象が、ブルベさんのお肌とマッチします。



赤リップは、くすみ系の赤やボルドー系がおすすめです。逆に、黄色みのあるリップやアイシャドウは浮いてしまうので、要注意。

なりたい雰囲気別!赤リップメイク×アイシャドウの組み合わせ


赤リップメイクで、どんな雰囲気を目指したいですか?ここからは、なりたい雰囲気別に赤リップとアイシャドウの組み合わせをご紹介します。



赤リップ×赤系アイシャドウで華やかに


華やかな雰囲気になりたいなら、赤リップ×赤系アイシャドウで統一した「赤メイク」をするのがおすすめです。上まぶたには赤アイシャドウをグラデーションになるようにアイホール全体にいれ、下まぶたは目尻を中心にいれましょう。

赤リップはティント系で発色も潤いもどっちも重視して、チークも色味を合わせて赤系にすれば「赤メイク」の完成です。血色感があり華やかな印象になりますよ。



派手顔さんはマット系アイシャドウが◎


派手顔さんはもともと華やかな顔立ちをしているため、アイシャドウはマット系で抑えておくのがおすすめです。あまり派手すぎず普段使いもできるようなブラウンアイシャドウを使うと、バランス良く仕上がりますよ。

アイシャドウに合わせてブラウン系やボルドー系の赤リップを合わせると、落ち着いた大人の雰囲気を与えてくれます。



童顔さんはお花が咲いたようにかわいく♡


大人のイメージが強い赤リップは、童顔さんには似合わない色として避けられてしまいがち。それでも赤リップメイクがしたい!と思ったら、無理に大人の雰囲気を作り出すのではなく、あえてピュアなイメージを主張すると赤リップメイクがしっくりきます。



アイシャドウはピンク系を使いふんわりと仕上げて、赤リップは色味よりも透明感を重視するのがおすすめです。マット系リップを塗るとどうしても浮いてしまうので、ツヤタイプやグロスなどで仕上げましょう。

もう少し色味がほしいと感じたら、マット系リップを指でトントンと軽く叩きながらお花が咲いたようにグラデーションをつくると、ピュアなイメージにぴったりのメイクになります。

ローズ系赤リップ×ラベンダーアイで魅力的に


ミステリアスな大人メイクを目指すなら、ローズ系の赤リップとラベンダー系のアイシャドウの組み合わせがおすすめです。

ラベンダー系のアイシャドウをアイホール全体に薄く塗り、バーガンディのアイラインをまぶたの真ん中から目尻に向かって引いてみましょう。ローズ系赤リップとの相性も良く、大人の魅力を演出できます。



魅力的な女性に♡おすすめの赤リップを大公開!【プチプラ・デパコス】


なりたい雰囲気や赤リップの取り入れ方がわかってきたところで、プチプラ&デパコス別におすすめの赤リップをご紹介します。どれも優秀なアイテムばかりなので、お気に入りをみつけてみてくださいね。



おすすめのプチプラ赤リップ


気軽にデビューができる、おすすめのプチプラ赤リップをご紹介します。プチプラなのにどれも優秀なものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。



【ParaDo(パラドゥ)】ピュアリップカラー(RD01)


みずみずしいのにしっかり色づく、ティント処方のリップ。サッとひと塗りするとナチュラルな薄づきとなり、重ね塗りをすることで好みの色合いに調整できます。

カラー「RD01」は、ほんのり青みと深みのあるレッド系なのでブルーベースさん向けです。



【CEZANNE(セザンヌ)】ラスティング リップカラーN(402)


高発色で落ちにくい、口紅タイプのリップ。アルコールフリーで保湿成分が配合されているため、唇にやさしいのが特徴です。キャップの天面がミラーのようになっているので、外出先で鏡がなくても簡単にメイク直しができちゃいます。

大人メイクにおすすめなのは、402番の深みレッド。明るい色合いなので、リップメイクを強調させたいときに活躍するアイテムです。



【CANMAKE(キャンメイク)】メルティールミナスルージュ(No.04 キャラメルテラコッタ)


垢抜けメイクにぴったりな、とろけるルージュ。オイル配合で潤いがあるのにベタつきを感じることがない、優秀なアイテムです。

ワセリン配合のため、唇の乾燥が気になる人でも安心して使えます。



おすすめのデパコス赤リップ


高級感あふれる、おすすめのデパコス赤リップをご紹介します。上品でこだわったものを厳選したので、ぜひ気になる1本をみつけてみてくださいね。



【CHANEL(シャネル)】ルージュ ココ フラッシュ(60 ビート)


サッとひと塗りで高発色が続く、口紅タイプのリップ。保湿成分配合なのでなめらかな塗り心地で、力を入れずに簡単に塗ることができます。

カラー60番のビートは朱色タイプなので、イエローベースさんのお肌に似合います。



【YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)】ルージュ ヴォリュプテ シャイン(No.85 Burgundy Love)


とろけるツヤタイプでしっかり色づく、口紅タイプのリップ。6種類の美容オイルを配合しているため、唇をやさしくケアしながらリップメイクが楽しめる1本。甘いマンゴーの香りに癒されます。

カラー85番の「Burgundy Love」は、ほんのり青みのある赤リップのためブルーベースさんにおすすめのカラーです。



【DIOR(ディオール)】ルージュ ディオール ウルトラ リキッド(635 エクスターゼ)


マットな仕上がりなのに100%自然由来のリップ。スキンケア成分が配合されているため、唇をやさしく守ってくれます。

魅力的な大人メイクにぴったりなのが、635番のエクスターゼ。花びらのような赤リップを演出してくれますよ。



赤リップを上手に取り入れて大人メイクを目指しましょう





赤リップの上手な取り入れ方と、雰囲気別に似合うアイシャドウやおすすめのアイテムについてご紹介しました。気になるリップやメイク方法はみつかりましたか?

赤リップにはさまざまな種類があるので、上手に取り入れれば魅力的な大人メイクを演出できます。気になる赤リップをみつけて、素敵な女性を目指してくださいね。

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ