肩幅が広い女性に似合うコーデのポイントとは?服次第で華奢見えも♡

女子の体型のお悩みの一つが「肩幅の広さ」。なんとか華奢に見せたい!と思っている人もいますよね。

今回は、肩幅をカバーしてくれるアイテムや、着こなしを伝授します。肩幅が広いからこそおしゃれに見える服や髪型も紹介するので体型をうまく活かしたファッションで、おしゃれにキメましょう!



目次

肩幅が広い女性だからこそ似合うコーデがある♡


ガッチリとした肩がコンプレックスで、服選びに悩んでる?でも、そんな肩幅が広い女性だからこそ楽しめるアイテムやコーデがあります!

肩幅が広いことのメリットやうまく体型カバーしてくれるアイテムを知ることで、ファッションのお悩みも一気に解決しますよ。肩幅の広さを活かしたおしゃれを満喫しましょう。


SHOPLISTで今すぐおしゃれアイテムを探す♡

肩幅が広い女性は魅力がたくさん♡


「肩幅が広い」という体型は、たくましく見える、上半身が目立ちすぎる、強そう、などネガティブに捉えられがちですが、実はそこには隠れた魅力がいっぱいあります。

肩幅の広さが生むプラスの効果について見てみましょう。自分では気づかなかった意外なメリットが発見できますよ。肩幅の広さをファッションにぜひ活かしてくださいね。


小顔に見える


肩幅が広いことのラッキーポイントの一つが、「小顔に見える」ところです。その肩幅の広さや肩の曲線がはっきりしていることが、すぐ上にある顔をキュッと小さく見せてくれます。

写真と撮ったときにも小顔効果がしっかり残せますよ。顔はもちろん、手などの他のパーツも広い肩幅のおかげで小さく女性らしく見えるんです。これは肩幅が広い人だけの特権です。


ウエストがくびれやすい


肩幅の広さが体全体のバランスにメリハリを生み、ウエストにキュッと引き締まったくびれを作ります。メリハリができることで、女性らしいキレイな体のラインができあがります。

ウエストがくびれたメリハリのあるボディは、健康的な色気がたっぷりです。そのボディラインを活かした、爽やかでセクシーなファッションにもチャレンジしたいですね!


華奢見えする♡広い肩幅を《カバーする》服・アイテム


やっぱり華奢な体型に憧れる!という肩幅が広い女子のためのマストアイテムを紹介します。どのアイテムも着るだけで、気になっていた肩幅を目立たないようにうまくカバーしてくれますよ。

それぞれのアイテムの華奢見えポイントをチェックしながら、ぜひ積極的にコーデに取り入れてくださいね。それぞれのアイテムのポイントを押さえて、どんな服なら肩幅カバーの効果がアップするのか、運命の一枚を探しましょう!


Vネック


Vネックは、縦ラインに開いたその襟元が、広い肩幅でできる横のラインを上手にカバーしてくれます。首周りがすっきりするところも、肩幅が広く見えるのを防ぎます。



深めのVネックは大人っぽく、チラッと見えるデコルテがとてもセクシーです。肩のラインがはっきり出ないゆったりめのサイズを選ぶと、より肩幅カバー効果が期待できます。

アシンメトリー


左右非対称の個性的なデザインのアシンメトリートップスも肩幅が気になる人におすすめです。そのユニークなデザインに目がいくので、肩が目立たなくなります。



チラッと肌見せができる鎖骨部分がカットされたデザインのものや、肩のストラップが太めのものを選ぶのが、華奢に見える秘訣です。肩幅の広さを感じさせないだけでなく、おしゃれにも見える一石二鳥のトップスです。

ドロップショルダー


ドロップショルダーとは、服の胴体と袖の合わさる部分が、肩より下にあるデザインのことを言います。ドロップショルダーは、華奢見えを求める肩幅が広い女性にまさにぴったりのアイテムです。



肩が落ちて見えるので、上半身のシルエットが滑らかになります。もともとしっかりと肩のラインがある肩幅の広い女性が着るからこそなで肩になりすぎず、ちょうどよい緩やかな曲線ができます。これは試す価値ありですね。

オーバーサイズ


オーバーサイズの服は、肩幅の広さを隠すのにもってこいのアイテムです。ダボっとしたラフなシルエットが肩幅の存在感を消してくれます。ハリのある素材のものよりも、柔らかいものを選ぶことも大切です。



ボトムスはスキニーパンツやショートパンツでシンプルにまとめましょう。そうすればオーバーサイズでもコーデがだらしなく見えません。Tシャツやスウェットでカジュアルスタイルを極めるのもおすすめです。

フード付き


ゆったりとしたシルエットのフード付きのトップスは肩幅の広さをうまくカバーしてくれます。選ぶときはなるべく首周りが詰まっていない、フードが大きめのものを選んでくださいね。



首元を見せることで肩幅が狭く見える効果があります。リラックス感のあるサイズを選ぶと小顔にも見えて、肩幅が広い人には嬉しい優秀アイテムですね。長めの袖を少し上げて手首を見せると、すっきりとした印象になります。

SHOPLISTでおしゃれアイテムを探す♡

華奢見えする♡広い肩幅を《活かす》服・アイテム


悩みの種になっている肩幅の広さを長所にして、ファッションの中で活躍させましょう!肩幅の広い女子がバッチリかわいく着こなせるアイテムを一挙大公開します。

肩幅が広いからこそ似合う服があるのだから、これは見逃すわけにはいきません!あっと驚く、自分の体型に愛着がわくようなアイテムがそろっています。ぜひお試しあれ!


ノースリーブ


ノースリーブの中には、広い肩幅だからこそうまく着こなせるものがあるんです。それがTシャツの袖をそのままストンと切り落としたような、肩から首までの部分がしっかりあるノースリーブです。



肩幅が広い人は肩と腕のラインの境目がはっきりとしているので、このタイプのノースリーブだとシルエットがきれいです。露出がそこまで多くないので、Tシャツ感覚で着られて明るく健康的に見えますよ。

オフショルダー


ついつい隠したくなる肩幅の広さを、チャームポイントとして思い切りアピールしませんか?そこで登場するアイテムがオフショルダーです。気になる肩を見せるのに初めは抵抗があるかも知れませんが、実はオフショルダーこそが肩幅の広さを活かすのにぴったりなんです。



オフショルダーからのぞくツルっとした肩のてっぺんやなだらかな鎖骨のラインはすごくセクシーです。肩幅が広い人ならずるっと袖が下がることもありません。オフショルダーで作るかわいいコーデはデートぴったり。彼も思わず肩を寄せて抱きしめたくなりますよ!

抜き襟シャツ


ゆるっとした首元のシルエットが印象的な抜き襟シャツも、肩幅が広い女性が得意なアイテムです。ボタンをきっちりと最後まで留めずに胸元やうなじを見せて、首周りに抜け感を作ることで肩幅が目立ちません。



しわ加工されたものやリネン素材などの柔らかい雰囲気のシャツも、肩のラインがぼやけるのでおすすめです。中に合わせるタンクトップを変えることで、いろいろなスタイルの異なるファッションが楽しめます。

SHOPLISTでおしゃれアイテムを探す♡

肩幅が広い女性が避けるべき服は?


これを着ると肩幅がさらに広く見える、たくましさがアップする、というようなコーデをしていませんか?そういうときは、肩幅を強調してしまうアイテムを選んでいる可能性があります。

ここでは、肩幅が広い女性がコーデで控えるべきアイテムを紹介します。コーデが完成した後に、しまった!とならないようにアイテム選びの際の参考にしてくださいね。


首の詰まった服


首の詰まった服は、首から肩にかけてのラインをはっきりと見せるので、肩幅が広い人には向きません。それに加えてぴったりと肌に張り付くような素材を選んでしまうと、より肩幅が広く見えてしまいます。



肩幅が広い人は、首周りが開いた服を選びましょう。シャツでも、ジャストサイズのものでボタンを全て留めてしまうと、首の詰まった服と同じような効果が出てしまうので要注意です。

ボートネック


水平ラインが伸びたような襟元のボートネックも、肩幅が広い人は避けたいアイテムです。視覚効果で横のラインがさらに伸びたように感じられ、肩幅が広がって見えてしまいます。



ボートネックは一枚でそのまま着るのではなく、タンクトップを下に着てストラップを見せるなど、横のラインを遮るような重ね着スタイルの工夫が必要です。

ボーダー柄


ボーダー柄も、肩幅の広い人が気をつけたい横のラインを目立たせてしまいます。特に幅の広いボーダーは余計に肩幅が広く見えてしまうので選ばないように気をつけましょう。



もしボーダー柄をトップスで取り入れるなら、幅が細く、カラーが淡めのものを選びましょう。またはトップスではなく他のアイテムにボーダーを取り入れるのもいいですよ。

1
2

関連記事