キャンプの服装はおしゃれに!春夏秋冬コーデ&おすすめアイテム♡

大自然の中で仲間たちとわいわいバーベキューやたき火を楽しむキャンプ。

最高にリラックスできそうだし、最近はおしゃれなグランピングもはやってるし、この夏こそキャンプデビューしたいけど、キャンプって一体何を着ていけばいいの?とキャンプに興味はあるけど、このような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

この記事ではあなたのそんな疑問にお答えします。



目次

キャンプってどんな服装で行けばいいんだろう…



自然の中で過ごすキャンプでは、快適に過ごすためにも防寒や日焼けを考えた服選びがとても大切です。だけどせっかくの楽しいイベントなんだから、おしゃれもしたいですよね。

キャンプの服装を選ぶときのポイントをおさえつつ、各季節ごとのおしゃれなコーデ、あると便利なおすすめアイテムをご紹介します。

SHOPLISTで今すぐアイテムを探す♡

キャンプの服装を選ぶときのポイント



キャンプでは野外で長い時間を過ごします。せっかくのいろいろなアクティビティをめいっぱい楽しむためにも、快適に過ごせる服装選びをしていきたいですよね。どんなポイントに気をつけて服装を選ぶべきかをご紹介します。

汚れても気にしない



キャンプでは野外でのアクティビティが中心です。お気に入りの可愛いコーデで行っても、洋服が土や落ち葉で汚れたり、水で濡れたりするのを気にしながら行動するのはなんだかとっても気疲れしますし、なにより周りのテンションも下げてしまうかもしれませんよね……。

ちょっとくらい汚れても気にならないコーデ選びを心がけましょう。

肌の露出は控えめに



野外では開放的な気分でいたいし、特に暑い夏は薄着で過ごしたい気持ちもありますが、キャンプでは常に虫さされやケガのリスクがあります。梅雨時期の山にはヒルが出たり、夏場は太陽が照りつけて日焼けをしたり熱中症になったりすることも……。

そういったリスクは肌を覆う洋服1枚でかなり軽減できます。楽しいはずのイベントが残念な思い出になってしまわないよう、なるべく肌の露出は控えるようにした方が安全です。

燃えにくい素材を選ぶ



野外でのバーベキューやたき火など、火を使うアクティビティはキャンプの楽しみのひとつですよね。ですが普段のキッチンと違って火力のコントロールは簡単ではないですし、場合によっては風で火の粉が散って思わぬところに燃えうつってしまうことがあります。

やけどを防ぐためにも、なるべく燃えにくい素材の洋服を選ぶとよいでしょう。また、袖口や裾がひらひらしている服や、フリンジのような装飾のついた洋服は、自分でも意識しないうちに火に近づいて着火してしまうことがあるので、避けた方が無難ですよ。

疲れないよう、歩きやすい靴で



キャンプ中は長時間野外で歩き回ったり、舗装されていないゴツゴツの地面の上で過ごしたり……。足が疲れてしまわないように、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

たとえばスポーツサンダルは涼しくて歩きやすいし、水遊びにも良いのでおすすめです。ただし素足が露出するので、行動中以外は虫よけや日よけもかねて靴下をはくようにしましょう。

ハイキングや川でのアクティビティをする際は、専用のアウトドアシューズを持っていくと良いですよ。多少のことでは足をケガすることのないよう頑丈にできていたり、滑らないように加工されていたりするので、気兼ねなく遊べます。

羽織ものはマスト!



山や森林の中では日中暑くても夜になるとぐっと気温が下がることがあります。かなり冷え込む秋冬のキャンプはもちろんのこと、真夏のキャンプにも必ず羽織ものを持っていきましょう。防水加工がされているものなら、突然の雨にも対応できるので一石二鳥ですよ。

貴重品は常に身につけて



キャンプの時はテントやバンガローに荷物を置いて行動することが多くなります。いくら大自然の中といっても油断は禁物。携帯や財布などの貴重品は必ず身につけておくようにしましょう。

万が一遊んでいる途中にケガをしたり、迷ったりしたときも、貴重品さえ持っていればあわてず行動できますよ。行動の邪魔にならないよう、ポシェットやボディバッグに財布と携帯を入れて身につけておくのがおすすめです。

SHOPLISTでおしゃれなキャンプコーデを探す♡

季節別!キャンプにおすすめな服装・コーデ《春》



ここからはキャンプにおすすめなコーデを季節別にご紹介します。

まずは春におすすめのコーデから。気候もおだやかで野外でも過ごしやすい季節ですが、夜になるとぐっと気温が下がります。羽織ものは必ず持っていくようにしましょう。

春キャンプはレイヤードコーデが基本!



気温の変わりやすい春のキャンプには、脱ぎ着をして温度調節ができるレイヤードコーデがおすすめです。Tシャツワンピにロングスカートを重ねて足まわりをカバー、マウンテンパーカーで防寒すれば寒い夜も安心です。

コーデに白などの明るい色を多めに取り入れたり、小花柄のアイテムを使ったりすることで、春らしさを出せますよ。貴重品はまとめてボディバッグに入れ、常に身につけておきましょう。

スポーツMIXで軽やかな春のキャンプスタイル



機能性の高いスポーツアイテムを使ったスポーツMIXは、キャンプにもぴったりのスタイルです。脱ぎ着のしやすいライン入りスウェットは吸汗性や防寒性に優れているので、春先の温度調節アイテムとしても活躍します。

単品だとユニセックスな印象になるので、大人女子は下にガーリーなアイテムを重ねて首元や、すそをチラ見せするのがおすすめです。ボトムはライトデニムと白スニーカーで春らしさをプラスすると良いですよ。動きやすくて快適だけど、2020年のトレンド感も感じられるコーデです。

ボーダーカットソーでさわやかキャンプコーデ



さわやかなボーダーカットソーは、もともと船乗りたちが海上で着ていたアイテムなだけあって丈夫なことには定評があります。万が一汚れてもガンガン洗えるので、アウトドアにもぴったりですね。

さわやかな春のボーダーコーデに合わせるボトムはチノ地がおすすめです。こちらも米軍の軍服に使われるほど丈夫な生地で、アウトドア向きの素材です。パンツではなくロングスカートを選ぶと女の子らしさを出せますよ。リュックにスニーカーで身軽に動けるようにしましょう。

ガーリーなキャンプコーデはチュニックで



ひらひらのワンピースやふわふわスカートのガーリーコーデは可愛いけれど、キャンプでは動きづらくて、周りからも場違いだって思われてしまうかも……。可愛さと動きやすさの両方を追求したいならチュニックがおすすめです。

レースやピンクなどのガーリー要素がたっぷりのチュニックに、ギンガムチェックのレギンスを合わせたコーデなら、女の子らしくて可愛いけど、ちゃんと動けるスタイルですよ。男女混合のキャンプにもおすすめのモテコーデです。

ビッグシルエットで今っぽいゆるカジキャンプコーデ



カジュアル派の大人女子にはビッグシルエットのトップスでつくる、ゆるカジコーデがおすすめです。インナーに中に重ねても良いですし、上にビッグシルエットのアウターを重ねても良いでしょう。

ボトムスはスキニーにすると動きやすいですし、すっきり見えますよ。ほどよく抜け感のある、おしゃれな大人のカジュアルキャンプコーデです。

SHOPLISTでおしゃれなキャンプコーデを探す♡

季節別!キャンプにおすすめな服装・コーデ《夏》



夏のキャンプはとにかく暑さと虫さされの対策が大事!虫さされは痛かったり、かゆかったり不快なだけでなく、時にはじんましんなどを引き起こすことも……。野外では特に足首やすねなどのあたりが虫に狙われやすいので、草木の多い場所ではレギンスなどでしっかりカバーしておくことをおすすめします。

ワンピースにはレギンスがマスト!



荷物もかさばらなくてコーデに悩まずに済むワンピースはキャンプでも大活躍ですが、足元が無防備になるのが弱点です。レギンスを合わせてしっかり足元をおおいましょう。長め丈のノースリーブワンピにレギンスを合わせれば2020年のトレンド感のあるコーデになりますよ。

キャップやスポーツサンダルでアウトドア感もばっちりです。ワンピースはサイドやバックにスリットの入ったものが動きやすくておすすめですよ。

クールな大人女子のブラックコーデ



クールな大人女子には、タンクトップとサルエルパンツでつくるリラックスコーデがおすすめです。ゆるいシルエットのスタイルでもオールブラックならだらしない雰囲気にはならず、きりっとした印象を出せますよ。

日よけや虫よけにはさらりと羽織れるシアーシャツを持っていきましょう。羽織らないときは斜めがけで結んでおくと、オシャレ感が出ます。

動きやすさ抜群!大人のサロペット



サロペットやオーバーオールなどの“つなぎ”アイテムは、もともと作業着として使われていたデザインなので汚れを気にせずガンガン動けて、キャンプにもぴったりです。このような“つなぎ”のアイテムは、組み合わせ次第では子どもっぽくなってしまいますが、ブラックやテラコッタなどの落ち着いたカラーを選べば大人っぽいシックな印象になります。

中に合わせるインナーのえりぐりや袖丈などの微妙なバランス次第で、女性らしさや抜け感を出せるので、その辺りは出かける前に試着してしっかりチェックしておきたいですね。

1
2

関連記事