くるりんぱの基本!どんな髪の長さでも簡単に可愛くアレンジできる♡

今やヘアアレンジの定番となった「くるりんぱ」。みんなが簡単、誰でもできるって言うけれど、実はできません……、という人はいませんか!?でも大丈夫!本当に誰でも簡単にできるコツを教えちゃいます。今日からアナタも「くるりんぱ」デビューでおしゃれヘアをゲットしちゃいましょう!


目次 [開く]

「くるりんぱ」はどんな髪の長さでも簡単にできる♡


「くるりんぱ」は、基本のやり方さえ抑えてしまえば、ロングだけでなく、ミディアム、セミロング、ボブの人でもできちゃう超優秀なアレンジテクなんです。どんな長さにも応用できるのでまずは基本を抑えておきましょう。


基本の「くるりんぱ」のやり方


まずは基本を覚えましょう。不器用さんでも必ずできるようになります!上手にできるようになるには、とにかく練習あるのみ!時間があるときにこの基本のやり方を何度もトライしてみましょう。


トップの髪を少なめにとる


髪の毛全部を使うこともできますが、これからチャレンジする初心者さんや一度やってみて失敗してしまった人にはハーフアップからチャレンジする方がよいでしょう。毛量が少ない方が束ねた髪の毛のコントロールがしやすいです。

今まで何度もチャレンジしたけれどうまくいかなかったという人ほど量を減らして練習して、まずは少なめから始めてみましょう。

細めのゴムで結ぶ


先ほど少なめにとった毛を細めのゴムで結びます。ここでのポイントはきつく結びすぎないこと!ちょっとゆるめに結ぶことが成功への道です。

あまりに緩くてもキレイに仕上がらないのですが、最初は成功体験を積み上げることが大切です。この後に結び目の上の髪の間に毛先を入れていくので、それを想定して少しゆるめにしておきましょう。

結び目をゆるめる


先ほど結んだ場所より少し上の部分をゆるめましょう。もしゆるすぎてやりにくいようなら、ゴムをもう一巻き結んできつくしたりして調整してくださいね。


ゆるめた結び目の間に上から毛先を通す


ゆるめた結び目を左右に分けて空間を作ります。できた空間に毛先を通します。方向としては上から下に向かってが正解。入れ方を下から上へと逆にするのは「ぎゃくリンパ」と言います。

もし毛先が暴れちゃってまとまらないから通せない!なんて場合は一時的に毛先をしばっておきましょう。また、不器用さんの救世主「アレンジスティック」という便利なアイテムもあるので、便利道具に手助けしてもらいましょう。全髪が通過できるよう工夫してくださね。

毛先を左右に引っ張って整える


無事に結び目を通過できたら毛先を引っ張り出してください。左右に引っ張るとキレイにしまっていくので、左右にちょっとずつ引っ張ってみてくださいね。強く引っ張りすぎると崩れてしまうので、ゆっくりとが鉄則!きれいに整えていきましょう。


全体をほぐして完成! 


ここまできたらもう完成したも同然。最後は全体をほぐしてこなれ感を演出します。どうですか?もし1度やってうまくいかなくても諦めないで!何度も練習すれば必ず成功しますし、上達していきます。ゴムの太さを変えたりまとめる髪の量を増やしたり減らしたり試行錯誤してみてください。


髪の長さ別!「くるりんぱ」アレンジ方法《ボブ編》


短いヘアスタイルだと「くるりんぱ」ができないと思っていませんか?実はボブでもかわいく仕上がるアレンジがあるんです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。


サイド「くるりんぱ」


簡単にできて初心者にオススメなのがサイド「くるりんぱ」です。

片方のサイドに「くるりんぱ」を基本の通りに作ります。「くるりんぱ」をした毛先をまた「くるりんぱ」して、それを2回繰り返しましょう。残った毛先は耳にかけてゴムで留めたあと、ヘアアクセでゴムを隠しましょう。仕上げに「くるりんぱ」した部分から少しずつ髪を引っ張ってほぐして完成です。三つ編みで同じようなこともできますが、2020年のトレンドは断然「くるりんぱ 」!ぜひマスターしましょうね。

ゆるふわハーフアップ


パーティアレンジとしても使えるのがハーフアップ。さりげなく華やかな雰囲気を作れます。

トップの髪を取って若干ゆるめに結びます。結んだゴムの頭皮側の髪を2つに分けてその間に毛先を上から通します。通した髪を左右に分けてキュッとしめます。サイドの髪をランダムにほぐしてふるゆわ感を出したら完成です。

前髪「くるりんぱ」


後ろ髪は短すぎて……、という人は、前髪でもできちゃうんです!

前髪と一緒にトップとサイドの髪もまとめて後ろに向かってでゆるめにしばります。根元から10センチくらいでしばるのがコツです。根元側の毛束を前後2つに分けて毛先を通して引っ張ります。通った毛先はピンで留めましょう。根元を少し引っぱってこなれ感を出したら完成です。

「ぎゃくリンパ」アップ


「ぎゃくリンパ」は、通常毛束をまとめた髪の上から差し入れるところを下から上に向かって入れることからついた名前です。

まずはハーフアップの「くるりんぱ」を作ります。残った髪の毛を右、左、真ん中の3つに分けてゴムで結びます。それぞれをゴムの結び目上に隙間を作り、毛先を下から上に通して毛先をピンで留めます。全体のバランスを見ながら髪を引いてボリュームを出しましょう。ワックスをつけてからやるとまとめやすくなりますよ!

写真はまずはハーフアップにして、それを一緒にまとめたスタイル。より立体的なヘアの完成です。

お呼ばれにもぴったりな「くるりんぱ」シニョン


ゴージャスな仕上がりがデートやパーティにぴったりなシニョンです。

ハーフアップの「くるりんぱ」を作ります。いつもよりサイドの後毛を多めに残しておきましょう。ハーフアップの毛先と残った毛を左右2つに分けてクリップなどで留めます。左右の毛を三つ編みにして逆サイドの三つ編みの下に毛先を入れてピンで留めましょう。

次はサイドの後毛。ねじりながら後ろに移動させてシニョンの上で「くるりんぱ」をします。毛先をシニョンの中に入れたら完成です。

髪の長さ別!「くるりんぱ」アレンジ方法《ミディアム編》


ミディアムの長さがあればアレンジ方法も思いのまま!日常使いからお呼ばれスタイルまでいろいろ試してみてください。


ギブソンタック


ギブソンタックは海外から火がついた人気のアレンジ方法です。落ち着いた中に華やかさをまとったセレブっぽい雰囲気たっぷり。ちょっとした応用編なので一度覚えればすぐに再現できちゃいますよ!

うなじあたりで髪の毛を一つにまとめて結びます。ゴムの根元の毛を左右2つに分けて毛先を通していつも通りの「くるりんぱ」にします。先ほどの穴に毛先を上から下に向かって押し込み、ピンで留めたら完成!このときに毛先を左右満遍なく髪の毛を配置するとキレイなギブソンタックが作れますよ。

大人っぽローポニー


落ち着いた大人の女性らしい雰囲気を作るならば断然ローポニーがオススメです。

まずは髪の毛を後頭部下の方で1つに結びましょう。根元の髪の毛を2つに分けたら、その穴に毛先を上から下に向かって通します。これだけで大人っぽローポニーがもう完成!簡単なのにこなれた印象に仕上がるので、忙しい朝にもぴったりなスタイリングです。

「くるりんぱ」を重ねたアップスタイル


「くるりんぱ」を使ったアップスタイルは手が込んでいるように見えておしゃれだからデートにもぴったり!見た目からは想像ができないほど簡単なので挑戦あるのみです!

まずはハーフアップの「くるりんぱ」をします。次はまとめた位置からすぐ下あたりの髪の毛をまとめてまた「くるりんぱ」。さらに襟足に残った髪の毛を「くるりんぱ」します。最後に残った毛束を三つ編みにします。三つ編みの毛先を襟足の髪に組み込んで、崩れないようピンで留めましょう。

きっちりとまとまった場所から髪を引き出してほぐして全体にボリュームを出します。できるだけトップ側の方をボリューム強めして下に行くほど弱くしていくとバランス良く仕上がりますよ。

お団子「ぎゃくリンパ」


ゆるお団子もかわいいけれど、一歩上を行くヘアアレンジなら「ぎゃくリンパ」がオススメ!

まず、耳の後ろあたりでポニーテールを作ります。ゴム留めした部分の上を斜め上下に髪の毛を分けて、そこから毛先を通して横方向に「くるりんぱ」 をします。毛先をまとめてお団子を作り、ピンで留めましょう。落ち着いた雰囲気に仕上がるので浴衣や着物など和装にもぴったりです。ぜひ参考にしてくださいね。

「くるりんぱ」×三つ編み


こなれ三つ編みをしたいなら「くるりんぱ」との合わせ技は必須テクニック!ボリュームのある三つ編みに仕上がっておしゃれな雰囲気になります。

耳の高さあたりでポニーテールを作り、「くるりんぱ」にします。毛先を三つ編みにしていき、最後はゴムで結びます。全体から髪を引き出してボリュームを調整してできあがり。ゴムの部分にはバレッタなどヘアアクセをつけてアレンジしてください。

髪の長さ別!「くるりんぱ」アレンジ方法《セミロング~ロング編》


セミロングからロングだと何かしらアレンジテクを持っていないと髪形がマンネリしてしまいます。「くるりんぱ」さえ覚えてしまえば定番の服でもガラリと印象を変えることができるので、ぜひやってみてくださいね。


編みおろし


凝った髪形のように見えてポイントの高い編みおろし。実はこちらも「くるりんぱ」を使ってアレンジできちゃうんです。まずはゴムでひとつにまとめて結んで「くるりんぱ」をします。

まとめた部分がずれないよう押さえながらゴムを下にずらして、残った髪で「くるりんぱ」をします。毛先が少なくなるまでこれを繰り返したらとめましょう。最後に全体をほぐしてバランスよく整えたら完成です。清楚系に仕上がるのでデートのときにぴったりです。

トロワツイスト


見た目が複雑なトロワツイストは女子力アップに役立つヘアアレンジ。ぜひマスターしちゃいましょ!

まずは襟足で髪の毛をひとつに結びます。ゴムの上の髪の毛を真ん中から2つに分けて「くるりんぱ」をします。次にゴムの上の髪の毛の右側を2つに分けて「くるりんぱ」をし、左側の髪の毛を2つに分けて「くるりんぱ」をします。そうすることで立体的な「くるりんぱ」の完成です。毛先はコテで巻いて動きを出すとよいですよ!

「ぎゃくリンパ」のお呼ばれお団子ヘア


両サイドの毛を編み込みにして、襟足に沿って固定します。残りの毛をその編み込みの上で1つに結び、「ぎゃくリンパ」にしたら完成。ちょっとおしとやかなアレンジに仕上がるのでパーティやデートにもオススメです。

写真はお団子ヘアにする途中でハート型になるように仕上げた高等テク。結婚式などお祝いごとに真似したいスタイルです。

ハーフアップ


大人しめな雰囲気をかもし出すのにぴったりなのがハーフアップ。ここにも「くるりんぱ」を取り入れるとこなれ感が出るのでオススメです。

トップの髪の毛を耳の横あたりの高さでゴムで結びます。「くるりんぱ」したらできあがり。連続「くるりんぱ 」にしたり位置をサイドにずらすなどの簡単アレンジも楽しめますよ。写真はぎゃくリンパの下にさらにゆる三つ編みのハーフアップを作ってまとめたスタイルです。

「ぎゃくリンパ 」×リボンで女子力アップ


髪の毛で作るリボンはとってもかわいくて女子力がグンと上がっちゃうんです。難しそうに見えるけれど、「くるりんぱ 」と合わせると意外と簡単にできるのでぜひチャレンジしてみましょう。

まずはハーフアップにして結んだ毛先をゴムに入れて髪を輪っかにします。輪っかのまま「ぎゃくリンパ」にて輪っかごと通します。輪っかを左右半分に分けて毛先の毛を真ん中に下から上にくるりと通してピンで留めます。左右のリボン部分を整えて完成。最初はハーフアップが簡単なのでオススメですが、フルアップでもできるのでお試しあれ!

「くるりんぱ」を美しく仕上げるおすすめアイテム


みんなが「くるりんぱ」は簡単だよーなんて言うけれど全然簡単じゃない!と思っている人もたくさんいると思います。

やってみてはいるけれどなんだかあまりキレイに仕上がらないなぁと悩んでいる人にも、美しく仕上げるためにさまざまな便利なアイテムがあるのでオススメしたいものを紹介していきます。

「くるりんぱ」を作るベースヘアを作るコテ


「くるりんぱ」にこなれ感を出すには事前に髪を巻いておくことが大きなポイントです。コテも扱い慣れてない!という場合でも大丈夫。巻き方は適当でも、この後「くるりんぱ」してしまうので全然問題ありません。毛先がクルッとしてることが大事です。


【Bioprogramming Club(バイオプログラミング)】ヘアビューロン 3D Plus [カール] S-type


美容師さんも使うプロモデル仕様なので仕上がりの良さは抜群!髪の毛を痛めずにカールができると評判です。ちょっとお高めですが、「くるりんぱ」する以外にもたくさん使ってみましょう!


【CREATE ION(クレイツ)】カールプロ SR


初めてコテを使う人にも使いやすい仕様で人気のクレイツのヘアアイロン。10段階の温度調節ができるので初心者のうちは低めの温度から挑戦することができます。


【SALONIA(サロニア)】2WAY STRAIGHTENING&CURLING HAIR IRON


ストレートヘアにもカールにも使える便利な2WAY仕様がうれしいヘアアイロンです。高温になるまでのスピードも早く、忙しい朝にも使い勝手が良いのもポイントです。


おすすめのスタイリング剤


コテで全体を巻き終わったらスタイリング剤をなじませて巻髪をキープしましょう。短くてピンピン出てしまうあほ毛防止にも役立ちます。


【product(ザ・プロダクト)】Hair Wax


自然素材の成分で作られたプロダクトのヘアワックスはヘアスタイリングはもちろん爪や唇にも使えるくらい体に優しいアイテム。自然なまとめ髪を作るのにぴったりな固さなので「くるりんぱ」にちょうどよいワックスです。


【LUCIDO-L (ルシードエル) 】#ジューシーモイストワックス


柔らかくてワックスというよりもジェルのような質感なので、ワックスの固さが苦手な人にぴったりです。少量でもまとめることができて、ホールド力も高いのでとっても経済的なのも魅力のひとつ。

ヒアルロン酸配合で、うるおいキープをしてくれるのも嬉しいポイントです。

おすすめのヘアオイル


スタイリング剤よりもヘアオイル派という人もいると思います。もちろんヘアオイルでも「くるりんぱ」を美しく仕上げることができますよ!


【Loretta(ロレッタ)】ロレッタ ムルムルバター


「ムルムルバター」は、天然成分でできたうるツヤバターの洗い流さないトリートメントです。トリートメントなのにスタイリングにも使えて、重くなりすぎないタッチが評判。

ただ、少量で効果があるのでつけすぎには注意してくださいね。ツヤ髪に見せたいときにも使えるので、どんなヘアスタイルでも使えて便利です。

【BOTANIST(ボタニスト)】 ボタニカルヘアオイル(リッチモイスト)


髪の悩み別に「ダメージケア」「リッチモイスト」「エアリースムース」の3種類が選べるボタニストのヘアオイルです。どれも髪の毛がしっとりするのには変わらないので、あとは自分の悩み別に選ぶとよいです。

「リッチモイスト」は乾燥して髪が広がってしまうのを防ぎたい人に、「ダメージケア」はとにかく全般的に髪の痛みが気になるという方にぴったり。「ヘアリースムース」は重たいつけ心地が苦手な人にぴったりな軽いつけ心地です。

【L'OCCITANE(ロクシタン)】ファイブハーブス リペアリングヘアオイル


ダメージを補修してサラサラつや髪にしてくれるロクシタンのヘアオイル 。5つのエッセンシャルオイルのほか、4つのグレインオイルを配合して多角的に髪の毛を守ってくれます。

タオルドライ後の髪の保護や乾燥した髪の毛の潤い追加にも使える一方、紫外線のダメージからも守りつつスタイリング剤としても使える優秀アイテムで、まとめ髪をナチュラルに仕上げられると評判です。数量限定なのでお早めに!

不器用さんでも絶対成功するアレンジスティック


何度練習してもうまくいかないとサジを投げかけている人も諦めないで!世の中にはそんな女子がたくさんいて、そのための最強の道具も開発されているんです。その名もアレンジスティック。だまされたと思って1つ買ってみてチャレンジしてみてくださいね。


【Lucky Wink(ラッキーウィンク)】ポニーアレンジスティック


100円ショップにも同様の商品がありますが、耐久性で言えば断然こちらが上!今までどんなに練習しても「くるりんぱ 」ができなかった人でもこのアイテムさえ手に入れれば思いのままに「くるりんぱ 」ができちゃいます。

アレンジブックがついているので、「くるりんぱ 」を使ったいろいろなヘアスタイルにチャレンジできますよ。

ポニーアレンジスティック Lサイズ


毛量が多い人やロングヘアの人は同じくLucky WinkのアレンジスティックのLサイズがオススメ。扱いにくい多い髪の毛も簡単に「くるりんぱ」ができます。


髪をまとめるのに欠かせない小さなヘアゴム


まとめ髪をつくるのに欠かせない縁の下の力持ちといえばヘアゴム。細くて強度のあるタイプが力強い味方となってくれます。


Vwinone ヘアゴム


700本の大容量がうれしいシリコンゴムです。「くるりんぱ 」だけでなく、少なめの髪をまとめるときに重宝するのでぜひ手元に置いておきたいアイテムです。


アックス 輪ゴム


食品衛生法適合品で、髪の毛だけでなく食品の袋を束ねるのにも何にでも使えるすぐれものです。ブラックはもちろんのこと。クリアもあるのでより目立たないゴムを探している人にもぴったりです。


華やかに仕上げるにはヘアアクセサリーが必須


なんとか「くるりんぱ」をしても最後の毛先がどうにもうまくまとめられないなんてときにもヘアアクセサリーがあれば安心です。最後はアクセサリーをつけて、不都合な場所を隠しちゃえばいいんです!

大ぶりなものを選んで、ちょっとガタついている「くるりんぱ」から目をそらさせるのもアリです。

パール ヘアクリップ


パーティ用にもぴったりなパールがちりばめられたヘアクリップ。華やかさ抜群で「くるりんぱ」が崩れてしまうことも防いでくれますよ。


リボンバレッタ


主張しすぎない大きさのリボン形のバレッタは複数使いしてもかわいいアイテム。くるりんぱのサイドにつけてもアクセントになりますし、毛先のゴム隠しにもぴったり。

普段遣いのローテーションに加えたいアイテムです。

ターコイズバレッタ


小さめのバレッタは毛先のゴム部分につけるのにぴったり。ハーフアップのときはもちろん、ポニーテールにも合わせやすいです。


「くるりんぱ 」をマスターしてアレンジを楽しもう!




「くるりんぱ」はどんな不器用さんでもできるようになるためのアイテムやコツがあります。

ロングでもボブでもミディアムでもどんな長さにも応用できて、一度できるようになるとヘアアレンジの幅が広がるので、ぜひたくさん練習して自分のものにしてくださいね。

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ