女性の体臭の原因って知ってる?今日からできる臭い対策を徹底解説♡

汗をかいたときや靴を脱いだときなど、ふとした瞬間に気になってしまう体臭。「こんなに臭っているのは自分だけかも……」と不安になってしまいますよね。

実は男性だけではなく、女性でも体臭に悩んでいる人はたくさんいます。デリケートゾーンの臭いなど、女性ならではのお悩みが生じることもあるのです。

今回は、女性が気にしている体臭の部位や、臭いの原因を紹介していきます。頑固な体臭にも効果的な臭い対策法も必見です。気になる臭いを撃退して、爽やかな毎日を過ごしましょう!


目次 [開く]

女性でも体臭を気にする人は多い!


男性だけの悩みだと思われがちな体臭ですが、実は女性でも自分の臭いを気にしている人は多いのです。夏場の汗、長時間履いて蒸れた靴、女性ならではの臭いなど、気になる部分をあげればキリがないほど。

頑固な体臭の原因はさまざまで、普段の食生活や不摂生、体質などによって引き起こされます。しかし、生活習慣を整えたり、普段の何気ない行動を見直したりするだけで、困った体臭は改善できてしまうのです。

今回は、女性が気にしている体臭の原因を紹介していきます。今日からできて効果抜群な臭い対策法もチェックして、頑固な臭いの悩みとさよならしちゃいましょう!

女性が気にする体臭の部位といえば?


体臭に悩んでいるとはいっても、女性によって気になる臭いの部位はさまざま。生活習慣やお仕事の内容によっても、体臭が発生する部位はまったく違うのです。人には相談しにくいパーツのお悩みも意外と多くなっています。

ここでは、女性が体臭を気にしやすい部位や、臭いを発する理由を紹介します。臭いやすい部位には、ちゃんと臭う理由があるのです。それでは、詳しく見ていきましょう。

ワキ


ワキには「アポクリン腺」という汗を分泌する汗腺が分布しています。「汗をかきやすいから臭いが発生しやすい部位である」と勘違いされがちですが、ワキに汗をかくこと自体は体臭の原因ではありません。

アポクリン腺にはアンモニア、尿素、脂質などが含まれています。これらが汗や皮脂と混ざったものは、肌表面に住んでいる雑菌の大好物。雑菌が汗と混ざった老廃物を食べ、分解されてできた産物が臭いの原因です。

アポクリン腺の分布が多く、雑菌のご飯が増えがちなワキは、身体のほかの部位と比較しても特に臭いを発しやすいといえます。

デリケートゾーン


デリケートゾーンはワキと同じく、アポクリン腺が多いパーツです。アポクリン腺から出た汗は、雑菌に分解される過程で臭いを発するようになります。

雑菌は通気性が悪い空間を好みますが、生理中のデリケートゾーンは特に蒸れやすくなります。そのためより多くの雑菌が繁殖し、体臭の原因になってしまうのです。

足の裏


足の裏は、汗腺はありますが皮脂腺はないパーツです。そのため、汗をかいても臭いが発生しづらいはずなのですが、足の裏の臭いに悩んでいる女性は非常に多くなっています。

足の裏が臭う原因は、コソウ菌という細菌が足の角質を食べることです。コソウ菌も通気性の悪い場所が大好きで、蒸れやすい靴の中は彼らにとって最高の空間。長時間通気性の悪い靴を履き続けると、コソウ菌はどんどん増えて臭いがきつくなってしまいます。

頭皮


頭皮は皮脂の分泌量が非常に多く、雑菌が皮脂を分解することで臭いが発生しやすい部位です。髪の毛がべたつきやすい人は、同時に頭皮の臭いに悩んでいることも多いのではないでしょうか。

また、頭皮と一緒に洗っている耳の裏側やうなじには、ワキやデリケートゾーンと同様、アポクリン腺が多く分泌しています。頭皮の皮脂と相まって雑菌が繁殖しやすいので、注意が必要です。


にんにくや辛いものを食べた後だけでなく、慢性的な口臭に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。口臭は、口の中に溜まった垢や細菌によって引き起こされます。

唾液は垢や細菌を洗い流してくれる作用を持ちますが、唾液の分泌が減ったり、唾液では取り切れないほどのタンパク質を摂取したりすると、口の臭いが出てきてしまいます。歯だけでなく、舌もキレイにすることが大切です。

女性の体臭の原因


不摂生や体質、年齢など、女性の体臭の原因は人によってさまざまです。体臭の原因によって対策方法も異なるので、自分の臭いの原因はしっかりと把握しておきましょう。

それでは、女性の体臭の原因を詳しく見ていきます。心当たりがないか、チェックしてみてくださいね!

偏った食生活


炭水化物や食用油の摂りすぎは、体臭を引き起こす大きな原因です。汗と皮脂が混ざったものを雑菌が分解すると臭いが発生するので、皮脂の分泌量を増やす食生活には要注意!

炭水化物に含まれる糖質は、過剰摂取をすると中性脂肪に変化して皮脂の分泌を増やす要因になります。また、炭水化物ばかり摂っていると基礎代謝が低下し、代謝されずに余った糖質がどんどん余計な皮脂になってしまうのです。

揚げ物や菓子パン、クリームたっぷりのスイーツにも注意が必要です。これらは皮脂の分泌量をダイレクトに増やす食材なので、知らないうちに食べ過ぎていた……なんてことがないように気をつけてくださいね。

過度なダイエット


皮下脂肪は、男性ホルモンを女性ホルモンに変化させる機能を持っています。そのため、過度なダイエットで皮下脂肪が少ない女性は、男性的な臭いを発しやすくなるといわれているのです。

また、極端な食事制限だけをするダイエットは、アンモニア臭やケトン臭などの強烈な臭いを発生させます。基礎代謝が下がると体内のエネルギーは不完全に燃焼されますが、その過程で発生した副産物が体臭の原因になるのです。

汗をかきにくい


汗をかきにくい体質の人は、汗をよくかく人よりも体臭がきつくなるという話も。

もともと汗をかきやすい人の場合、ほとんどが水分で構成されたサラサラの汗をかきます。一方、汗をかきにくい人は塩分を豊富に含むどろどろの汗をかきますが、この汗は雑菌のご飯にはうってつけなのです。

また、汗腺の働きが鈍いと汗の質が低下して、雑菌が好むどろどろの汗になってしまいます。そのため、汗をかきやすい夏よりも、秋や冬に汗をかいた方が臭いやすいといわれているのです。

ムダ毛の処理が不十分


ワキやデリケートゾーンなど、体毛が密集しやすい部位には汗が溜まりがち。汗そのものに臭いがなくても、時間経過とともに溜まった汗に皮脂や雑菌が集まって体臭を発するのです。

ワキのムダ毛やデリケートゾーンの毛を正しく処理すると、臭いのケアがしやすくなります。蒸れも防げて一石二鳥です!

皮脂や角質の洗い残しがある


皮脂分泌の多い部位は、皮脂や角質を洗いきれないことも。特に頭皮やうなじなどは洗い残しが多いため、しっかりケアする必要があります。

だからといって、爪を立てたりガシガシと力強く洗ったりするのは絶対にダメ!過剰な洗浄は肌に必要な天然保湿因子まで奪い、皮脂の過剰分泌を促すこともあるので、注意しましょう。

蒸れて雑菌が増殖している


肌表面に住んでいる雑菌は、酸素を嫌う嫌気性の細菌。そのため、通気性が悪く蒸れやすい部位で増殖し、体臭を発生させるのです。

デリケートゾーンや足の裏など、ショーツや靴でみっちり覆われている部位は非常に蒸れやすくなっています。雑菌が嫌うような、通気性のいい環境を作ることが大切です。

年齢によって体臭が変化する


年齢を重ねてから臭いが気になり始める人もいると思います。年齢を重ねると皮脂の分泌量が減り、臭いはなくなるはずです。しかし、ターンオーバーの乱れによって角質が体表面に溜まると、臭いを発することがあります。

また、女性特有の甘い香り成分「ラクトン」の減少や、抗酸化力の低下によって臭いが身体に残りやすくなるのも体臭の原因です。年齢による体臭は生活習慣を改めることで改善できます。ラクトンの減少はデオドランドアイテムでカバーしましょう。

男性が女性の体臭に引いてしまう瞬間とは?


体臭は誰にでも起こりえるものとはいえ、自分の臭いで男性に不快な思いをさせるのは嫌ですよね。男性のなかには、予想もしていなかった女性の臭いにドン引きしてしまう人も……。

ここでは、男性が女性の体臭に引いてしまった瞬間を紹介していきます。同じような経験をしないように、気をつけてくださいね!

居酒屋で靴を脱いだときに臭った


「会社の飲み会で靴を脱ぐタイプの居酒屋に行ったとき、一緒にいた女性が靴を脱いだ瞬間に悪臭がして驚いた。飲み会のときは近くに寄らないようにしていました」

1日頑張った足から発せられる臭いは非常に強烈。特にストッキングを履いている女性の足は、非常に蒸れやすくなっています。靴を脱いだのをきっかけに気になる男性から距離を置かれたら、悲しすぎますよね……。

通り過ぎたときに汗臭かった


「見た目も雰囲気が可愛らしい女性が自分の後ろを通り過ぎたとき、ふわっと臭ってきたのが汗の臭い。見た目が完璧だっただけにすごくがっかりした」

女性らしい人からスポーツ男子のような汗の臭いがしたら、すごくびっくりしますよね。忙しさを理由にかいた汗を放置していると、雑菌が繁殖してどんどん臭いが強くなってしまいます。忙しいときは臭い対策グッズをチェックしましょう。

1
2

関連記事