女性の体臭の原因って知ってる?今日からできる臭い対策を徹底解説♡

皮脂や角質の洗い残しがある


皮脂分泌の多い部位は、皮脂や角質を洗いきれないことも。特に頭皮やうなじなどは洗い残しが多いため、しっかりケアする必要があります。

だからといって、爪を立てたりガシガシと力強く洗ったりするのは絶対にダメ!過剰な洗浄は肌に必要な天然保湿因子まで奪い、皮脂の過剰分泌を促すこともあるので、注意しましょう。

蒸れて雑菌が増殖している


肌表面に住んでいる雑菌は、酸素を嫌う嫌気性の細菌。そのため、通気性が悪く蒸れやすい部位で増殖し、体臭を発生させるのです。

デリケートゾーンや足の裏など、ショーツや靴でみっちり覆われている部位は非常に蒸れやすくなっています。雑菌が嫌うような、通気性のいい環境を作ることが大切です。

年齢によって体臭が変化する


年齢を重ねてから臭いが気になり始める人もいると思います。年齢を重ねると皮脂の分泌量が減り、臭いはなくなるはずです。しかし、ターンオーバーの乱れによって角質が体表面に溜まると、臭いを発することがあります。

また、女性特有の甘い香り成分「ラクトン」の減少や、抗酸化力の低下によって臭いが身体に残りやすくなるのも体臭の原因です。年齢による体臭は生活習慣を改めることで改善できます。ラクトンの減少はデオドランドアイテムでカバーしましょう。

男性が女性の体臭に引いてしまう瞬間とは?


体臭は誰にでも起こりえるものとはいえ、自分の臭いで男性に不快な思いをさせるのは嫌ですよね。男性のなかには、予想もしていなかった女性の臭いにドン引きしてしまう人も……。

ここでは、男性が女性の体臭に引いてしまった瞬間を紹介していきます。同じような経験をしないように、気をつけてくださいね!

居酒屋で靴を脱いだときに臭った


「会社の飲み会で靴を脱ぐタイプの居酒屋に行ったとき、一緒にいた女性が靴を脱いだ瞬間に悪臭がして驚いた。飲み会のときは近くに寄らないようにしていました」

1日頑張った足から発せられる臭いは非常に強烈。特にストッキングを履いている女性の足は、非常に蒸れやすくなっています。靴を脱いだのをきっかけに気になる男性から距離を置かれたら、悲しすぎますよね……。

通り過ぎたときに汗臭かった


「見た目も雰囲気が可愛らしい女性が自分の後ろを通り過ぎたとき、ふわっと臭ってきたのが汗の臭い。見た目が完璧だっただけにすごくがっかりした」

女性らしい人からスポーツ男子のような汗の臭いがしたら、すごくびっくりしますよね。忙しさを理由にかいた汗を放置していると、雑菌が繁殖してどんどん臭いが強くなってしまいます。忙しいときは臭い対策グッズをチェックしましょう。

対面で話していたら口が臭くてびっくり


気になる女性とご飯を食べていたときに悪臭を感じた。臭いの根源は対面に座っていた彼女。前に座っているのがしんどかった」

普段の食生活の影響や口腔ケアの不足から、慢性的に口が臭くなってしまう人もいます。「対面で話すのがつらい……」なんて思われたくないですよね。大切な人と出かける前は、いつもより口腔ケアを念入りにしたいものです。

身長差で頭皮の臭いがダイレクトに……


彼女と並んで歩いていたら、なんだか変な臭いがした。夕方だったからか、彼女の頭が臭っていたみたい。すぐにお風呂に入ってほしかったです」

皮脂の分泌量が多い頭皮は、時間経過とともに臭いやすくなります。女性でも加齢臭のような臭いがすることも。シャンプーやトリートメントの洗い残しや、ヘアワックスのつけすぎには十分気をつけましょう。

体臭なんてもう嫌!今日からできる臭い対策♡


女性の体臭は、生活習慣を見直したり、デオドランドアイテムを使ったりすることで改善できます。どうしても改善しないときは、専門の病院で診てもらうのもおすすめです。

それでは、今日からできる臭い対策の方法を詳しく見ていきましょう。

食生活を見直す


食生活を見直すことは、体臭対策に大きな効果があります。食べ物は皮脂の分泌量をダイレクトに変化させるので、普段の食生活を改めることは臭いだけでなく、美肌のためにもとても大切です。

では、具体的にはどんな食生活を送るのがいいのでしょうか?体臭を改善する食生活について、細かく見ていきます。

炭水化物中心、炭水化物抜きの生活はやめる


毎日の食事がおにぎりだけ、パスタだけ、菓子パンだけ、という人は要注意!炭水化物中心の食生活を送っていると、体内に余った糖が中性脂肪に変化して、雑菌の好物である皮脂の分泌量を増加させてしまいます。

逆に炭水化物を摂らないのも絶対にダメ!エネルギー不足は不完全燃焼を引き起こし、身体からきつい臭いを放ってしまいます。また、タンパク質を過剰摂取すると、口腔内に垢が溜まりやすくなるのです。

食事の際は炭水化物、タンパク質、野菜をバランスよく摂りましょう。エネルギーの代謝を正常に保つことが大切です。

揚げ物・菓子パン・スイーツなどの食用油に注意


油を摂りすぎると、身体に分泌される皮脂の量がダイレクトに増加します。そのため、見るからに油が多い食事を摂りすぎないことが大切です。

揚げ物はもちろん、油の含有量が分かりにくい菓子パンやスイーツにも要注意。適切な量の油は肌の保湿に効果的なので、極端に減らしすぎないようにしてくださいね。

抗酸化作用のある食材を食べる


酸化された脂質が皮脂の脂肪酸を分解すると、臭い成分であるノネナールが分泌されます。つまり、抗酸化作用のある食材を食べて脂質の酸化を防ぐことで、臭い対策ができるのです。

抗酸化作用のある栄養素は、多くの野菜や果物に含まれるビタミン類や、ぶどうや赤ワインに含まれるポリフェノールなどです。おすすめの食材は、にんじん、ホウレンソウ、レバー、ブロッコリー、ピーマン、いちご、ぶどうなど。毎日の食事に摂り入れてみてください。

また、どうしても食事に抗酸化作用のあるものを摂りいれるのが難しいという人は、サプリメントに頼るのも1つの手です。ものによって効果が異なるので、自分の体調や体質と相談して選ぶようにしてください。

デオドランドアイテムを使う


ワキや足の裏など、体臭が発生しやすい部位にはデオドランドアイテムを使うのがおすすめです。制汗剤なら、スプレー、シート、ロールオン、ローション、クリームなどのタイプがあります。使う部位やTPOに応じて選びましょう。

また、洗うだけで臭いの対策ができるシャンプーやボディソープ、衣服そのものの臭いを予防するアイテムも多数。身体や衣服を清潔に保つためにも、臭いが気になる人はぜひ取り入れてみてくださいね。

ワキにおすすめのデオドランドアイテム


ワキは、アポクリン腺が多いことから臭いが発生しやすくなっています。汗ジミもできやすいワキは、スプレーやロールオン、クリームタイプの制汗剤で汗を抑えちゃいましょう。汗をかいた後なら、シートやローションタイプがおすすめです。

また、ワキ周りを清潔に保つことも大切です。特に、汗をかきにくい人はデオドランド効果のあるボディソープを使って、ワキの雑菌が増殖するのを防止しましょう。

足の裏におすすめのデオドランドアイテム


蒸れやすい足の裏の臭いは、肌用の制汗剤に加え、靴に使える防臭スプレーや防臭用の粉で対応できます。足の裏の臭いは、靴やストッキングで蒸れるのが原因なので、足と靴をダブルで防臭することが大切です。

また、靴を履いていないときのケアも大切です。履いて蒸れた靴は、防臭スプレーを振りかけて干しておきましょう。干して通気性をよくすることで、増えた雑菌をリセットできます。

デリケートゾーンにおすすめのデオドランドアイテム


デリケートゾーンの臭いケアは、デリケートゾーン専用のソープやクリームを使うことで改善することがあります。デリケートゾーンはとてもセンシティブな部位なので、ケアの際は専用のアイテムを使ってください。

また、生理中は抗菌効果があるラベンダーやティーツリーなどのエッセンシャルオイルを使うのもおすすめです。ナプキンにオイルをつければ、爽やかな香りとともに嫌な臭いを予防できます。使用方法には注意して、オイルの希釈濃度には気をつけましょう。

次のページ
1
2
3

関連記事