両片思いになる原因&特徴を徹底解説!両思いになるための方法も♡

普段仲良くしているあの人は、実は私の好きな人なんです。なかなか気持ちを伝えられないけれど、向こうは私のことをどう思っているんだろう……。

実はそれ、両片思いかもしれませんよ。気になる彼もまた、あなたのことを思っているかもしれません。

気になるあの人の気持ちを確かめるためにも、まずは両片思いについて知っておきましょう。切ない両片思いを脱出する、両思いになれる方法についてもご紹介します。



目次

両片思いはもどかしい…



小説や楽曲の中でも描かれることが多い両片思い。いつも相手に伝わらない気持ちが切なくて、なかなか結ばれない2人にもどかしくなってしまいますよね。すれ違ってしまう2人を見ていると、応援せずにはいられないことも……。

現実に、しかも自分が両片思いになってしまったら、と考えてみましょう。想像するだけで、心がきゅんと締めつけられてしまいます。

両片思いってどんな状態?


両片思いとは、お互いがお互いに恋愛感情を抱いているにもかかわらず、それに気がついていない状態を言います。両方が片思いをしていることから、両片思いと呼ばれているんですね。



何かがきっかけとなり、お互いの気持ちに気がつくだけで進展が望める両片思いさんたち。両思いまであと1歩というところまで来ているため、余計に切ない関係性とも言えます。

無事に両思いに発展できる人もいれば、両片思いのまま離れ離れになってしまう悲しい人たちもいるようです。そして後から、「実はあのとき好きだった」と知ることもしばしば……。そんな切ない後悔、したくないですよね。

両思いのはずなのに…両片思いになってしまう原因



では、うまく両思いになれず、両片思いとなってしまうのはどうしてなのでしょうか?どちらか片方が原因となってしまっている人たちもいれば、それぞれに原因がある場合もあります。

どちらにしても、原因に早く気がつくことが大切ですね。両片思いではなくても、恋愛がうまくいかない場合は、自分の性格や状況を1度整理してみるとよさそうです。恋愛がうまくいかない理由に気がつくことで、関係が進展するかもしれませんよ。

恋愛に消極的


最近、「草食系」と呼ばれる恋愛に消極的な若者が増えてきています。草食系といえば、そばにいたい、デートしたいといった気持ちが持てないという人が多いですよね。なかには「好き」という気持ちがそもそもわからない、という人も……。



こういった草食系の人に恋をしてしまった場合、なかなか彼の気持ちがわからず不安になってしまうことと思います。しかし、自分の気持ちに気がつきにくいのもまた、草食系の特徴です。

彼も「好き」と思っていながら、自分の気持ちになかなか気がつけず、あなたにアピールできないのかもしれません。気持ちは誰かが教えてくれるものではないため、自分で自分の気持ちに気がつくのは、とても難しいことなのです。

今の関係が壊れたらと不安になっている


最初は見ているだけだったあの人と、最近ようやく話せるようになってきたあなた。朝のあいさつもできるようになり、そろそろ告白しようかな……と思えるようになりました。



しかし、「もし失敗したら、今まで通りの関係には戻れないかもしれない」といった不安が、あなたの勇気を邪魔していませんか?その結果、失敗するくらいなら今のままでいい、と気持ちをしまい込んでしまっている場合があります。

そして相手も、せっかく仲良くなれたあなたにフラれることが怖くて、不安になっているのかもしれません。

告白する勇気がない


好きな気持ちをストレートに言える人もいれば、なかなか言えない人もいますよね。告白する、というのは男女問わず緊張するものですから、無理もありません。



どちらかがはっきりと「好き」と言ってくれたなら、両片思いになることはまずないでしょう。しかし、両方がシャイだったら、せっかくの気持ちをお互いに隠してしまっているのかもしれません。

特に女性の方は、どことなく「告白は男性がしてくれるもの」と思いがちです。男性から素敵な告白をしてくれるのを待つうちに、両片思いになってしまう場合もありそうです。

友達でいる期間が長い



気がつけばいつも一緒にいるくらい、長い間友達でいるあの人。友達としている期間が長ければ長いほど、改めて「好き」とは言いにくくなってしまいますよね。

告白が成功して恋人になれば、友達だったころとはまた違う接し方をしなければなりません。ずっと気の合う友達だっただけに、今更どう接していいのか分からなくなってしまう場合も考えられます。

周りにバレるのが嫌だ



恥ずかしがり屋な人の中には、恋愛関係が周りに知られるのを嫌がる人も多くいます。一緒にいるところを冷やかされたり、周りに広められたりした経験のある人も、誰にも言わずに静かに付き合いたいと思う傾向にあるようです。

そんな恥ずかしがり屋な部分が、あなたへの告白を邪魔しているのかもしれません。彼の周りの環境はどうでしょうか?

自分に自信がない


あの人のことが好きなのは間違いないけれど、自分なんかが好きになっていいのかな、と思っていませんか?自分に自信がない人ほど、告白をあきらめてしまう傾向にあります。自分にコンプレックスを持っていたり、自慢できる部分がなかったりすると、彼がどんどん自分とつり合わない気がしてしまいますよね。



彼もまた、同じことを思っているかもしれません。お互いが遠慮してしまった結果、思いが届かなくなってしまうのも切ないですよね。

あなたが彼のいいところを知っているのと同じで、彼もあなたのいいところを知っています。そんなあなたのことを好きになってくれた彼とならば、一緒にいて自信を身に着けることもできそうですね。

両片思いの特徴・あるある



次に、一般的に両片思いとされる2人に当てはまる特徴についてご紹介します。普段の2人の状況を思い浮かべながらチェックしてみてくださいね。

当てはまるものがあったという人は、次の「両片思い診断」もチェックしてみましょう。

特に用事がないのにLINEが続いている



今日あったことや面白かったことなど、他愛ないメッセージのやり取りが長く続いている場合、両片思いかもしれません。毎日LINEを送り合っても負担にならず、むしろ楽しみになっている人はいませんか?

自分が楽しく話をしていて、彼も楽しそうに返してくれている、ということは、彼は間違いなくあなたと話がしたいからLINEをしていると言えます。他の誰でもないあなたと、今日の気持ちを共有したい、と思ってくれているのではないでしょうか?

「付き合ってるの?」と周囲の人から言われる



両片思いの場合、周囲の人からは付き合っていると思われている場合も多くあります。それほどまでに仲の良い2人に見えるということですね。実は付き合っていない、と知って驚かれてしまうこともしばしば。

そして、周りからこう聞かれたことがきっかけで、お互いをより意識できるようにもなりそうです。

距離が近くなりがち



大人数で集まるときも、気がつけば隣にいるのが両片思いの特徴の1つです。お互いに思い合っているからこそ、自然と近くにいられるのかもしれませんね。

また、2人でいるときも、他の人と比べて座る位置が近かったり、密着しているという人もいるようです。近くにいて安心感が得られるのは、お互いに思い合っているからこそではないでしょうか。

ボディタッチの回数が多い



ふとした瞬間に肩に触れたり、頭をなでたりといったボディタッチは、心を許した彼にしかできないしぐさの1つです。好きな彼に触れたいと思うのは当然のこと!あなたの好きな人がボディタッチをしてくれるのなら、それはあなたが大切だからかもしれません。

男友達にするような強めのボディタッチではなく、優しくいたわるようなボディタッチが理想ですね。

楽しいことを共有できている



共通の趣味があったり、好きな食べ物が一緒だったりする相手とは、なんだか打ち解けられそうな気がしませんか?お互いに楽しいと思える話をするうちに、もっと話したい!と思えることもありますよね。

自分と好きなものが同じ人には、自然と興味がわいてくるものです。遊びに行くなどして楽しい時間を共有すれば、かけがえのない存在になりそうですね。

イベントを一緒に過ごす



誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどのイベントを一緒に過ごすことができれば、カップルへの第1歩とも言えますよね。恋人と過ごすための日に一緒にいる人ならば、彼もあなたのことが好きなのは間違いなさそうです。

また、それぞれのイベントでプレゼントをもらうのも嬉しいですよね。選ぶとき、買うとき、彼の頭の中には必ずあなたがいます。あなたの好みやほしいものなどを考えながら準備してくれたと知れば、嬉しさも倍増です。

悩みを相談できる



悩みを相談できるということは、やはり気持ちを許しているということ。それと同時に、彼を信用しているということでもあります。自分の弱い部分をさらけ出すことにもつながるため、大きな悩みであればあるほど相談できる人は限られてきますよね。

あなたの好きな人が、相談相手にあなたを選んでくれたのなら、まずは頼ってくれたことを喜びましょう!うまくアドバイスができなくても、あなたが一生懸命に話を聞いてあげるだけで、きっと彼も嬉しいはずです。

これってもしかして…?両片思い診断



では、実際に両片思いの可能性が高い項目についてチェックしてみましょう。

これらに当てはまれば、あなたも両片思いかもしれません。そう考えると、なんだかドキドキしてしまいますね。

1
2

関連記事