赤アイシャドウの選び方&塗り方のコツとは?おすすめ商品も大公開♡

目元を華やかにしてくれるアイシャドウは、カラーや種類が豊富でついついたくさん集めたくなりますよね!定番のブラウンやオレンジのアイシャドウも人気ですが、最近では赤アイシャドウを使った血色メイクやアンニュイメイクが注目されています。

そこで今回は、赤アイシャドウの選び方や塗り方のコツ、おすすめの赤アイシャドウをご紹介します。塗り方をマスターして、赤アイシャドウメイクを楽しみましょう!


目次

赤アイシャドウを使ってメイク上級者になろう!


アイシャドウといえば、肌馴染みの良いブラウンやオレンジなどを使用する方が多いのではないでしょうか?ブラウンやオレンジのアイシャドウは使いやすく、どんなシーンにも対応できるのでとても便利ですよね。しかし、いつも同じ色のアイシャドウを使っているとメイクがマンネリ化してしまうことも……。

そこでおすすめなのが赤アイシャドウです!赤アイシャドウは一見上級者向きで、扱い方が難しいと思われがちですが、使いこなすとワンランク上のアイメイクができます。使い方も様々なので、毎日のメイクに飽きてきたという方は、赤アイシャドウを使ったアイメイクにチャレンジして、メイク上級者になりましょう!

赤アイシャドウにはどんな魅力があるの?


赤アイシャドウは個性的な印象で、扱いにくそうだなと感じている方も多いですが、使い方次第で簡単におしゃれ顔になれるアイテムです。まずは赤アイシャドウの魅力をご紹介します。


お肌を白く見せてくれる


赤アイシャドウの魅力は、お肌を白く見せてくれることです。これは肌の色と赤アイシャドウのコントラストが関係しています。肌に馴染むブラウンやベージュ、オレンジなどのアイシャドウは、時間が経つとくすんで見えてしまうことがあります。

しかし赤アイシャドウを塗ることで、色のある部分とない部分がはっきりとするため、肌が白く見えるのです。色白に見えると透明感が出て、肌がきれいに見えることもあります。肌を白く見せたいという方は、ぜひ赤アイシャドウを使ってみてください。

目元が女性らしい印象になる


赤い洋服や赤い靴、赤い口紅など、赤は女性を魅力的に見せてくれるカラー。同じように目元に赤アイシャドウを塗るだけで、一気に色気が感じられ女性らしい雰囲気が出ます。赤アイシャドウを塗ると、内側からにじみ出るような血色感を出すことができるので、色っぽい目元になりモテも期待できます!

また赤は温かみのある色なので、目元が優しい雰囲気になり可愛さもアップします。使い方を変えるだけでセクシーにも可愛くもなれるのが、赤アイシャドウの魅力です。

オールシーズン使える


赤アイシャドウには明るい色や深みのある色などたくさんの種類があり、季節に合う色味をメイクに取り入れたり、濃淡を調節したりすることでオールシーズン使えます。春夏は明るめの赤アイシャドウを目尻や下まぶたにポイント使いするとおしゃれな目元に。

秋冬は深みのある赤アイシャドウを使って、スモーキーな目元にするなどオールシーズン赤アイシャドウのメイクが楽しめます。

おしゃれで個性的な目元になる


赤アイシャドウは、塗るだけで個性的な目元になれます。ブラウンやベージュ、オレンジなどの定番カラーはとても使いやすいですが、どうしても同じようなメイクに見えてしまいますよね。

しかし赤アイシャドウは個性的な印象になり、ワンランク上のアイメイクができます。いつものメイクに飽きてきたという方や、おしゃれに見せたいという方は、ぜひ赤アイシャドウを選んでみて。

赤アイシャドウの失敗しない選び方


赤アイシャドウといっても種類は様々。赤でも色味が少しずつ違ったり、質感が違ったりするだけで印象がガラリと変わるので、選び方は重要です。そこで、赤アイシャドウの失敗しない選び方をご紹介します。自分に合った赤アイシャドウを見つけて、赤メイクにチャレンジしてみましょう。


自分の肌タイプに合わせて選ぶ


まず、赤アイシャドウを選ぶうえで重要なのが、自分の肌タイプに合っているものを選ぶことです。人それぞれ肌の色が違うので、自分の肌タイプに合うかを確認しながら選ぶようにしましょう。

日本人の肌は大きく分けてブルーベースとイエローベースの2タイプがあります。それぞれどんな赤アイシャドウが合うのかをご紹介するので、自分の肌タイプのものをチェックしてくださいね。

ブルベに合う赤アイシャドウ


ブルーベースはさらに夏タイプと冬タイプに分けられます。夏タイプも冬タイプも特徴は似ているので、ブルーベースの特徴からご紹介します。血管が青または紫色、手のひらが青または赤、瞳の色や地毛が黒などがブルーベースの特徴です。

ブルーベースの方には、ワインレッド・ボルドーなどの青みの強い赤アイシャドウがよく似合います。ブルーベースの肌をきれいに見せてくれるので、赤アイシャドウ選びの参考にしてくださいね!

イエベに合う赤アイシャドウ


イエローベースは春タイプと秋タイプに分けられます。イエローベースは血管が緑色、手のひらが黄味がかっている、瞳の色がブラウンや黒といった特徴があります。

そんなイエローベースの方には、朱色やブラウン系の赤などが似合います。黄味やブラウン味の強い赤は、イエローベースさんの肌色に馴染むので、悪目立ちせず魅力的に見せてくれます。

仕上がりの質感で選ぶ


赤アイシャドウを選ぶうえで、仕上がりの質感はとても重要です。アイシャドウにはパールが入ったものやマットタイプのもの、ツヤ感が出るものなど様々な質感があります。そのため同じ赤アイシャドウでも、質感が違うだけで仕上がりの印象が変わります。

赤アイシャドウで色っぽい目元にしたいならツヤ感のあるものを、モードでかっこいい雰囲気の目元にしたいならマットタイプなど、なりたいイメージに合わせて選ぶようにしましょう。

目のタイプで選ぶ


一重・二重・奥二重、腫れぼったいまぶたなど目のタイプも様々あります。赤アイシャドウは選び方を間違えると腫れぼったく見えたり、余計に目が小さく見えたりすることも。

一重や奥二重の方は目元に奥行きが出る、深みのある赤アイシャドウがおすすめです。二重の方は、濃い赤シャドウだと目元の印象が強くなり過ぎてしまうため、肌馴染みの良い薄付きの赤シャドウがおすすめ。このように、目のタイプに合った赤アイシャドウを選び、より魅力的な目元を作りましょう。

パレットタイプorシングルシャドウで選ぶ


アイシャドウには、数色のアイシャドウが入ったパレットタイプと、単色で使えるシングルシャドウがあります。使用用途によってどちらかを選ぶことで、赤アイシャドウメイクの幅が広がりますよ。

パレットタイプの場合は、赤アシシャドウだけでなく、相性の良いブラウンやベージュなどがセットになっているので、キレイなグラデーションを作ることができます。シングルアイシャドウはポイント使いに便利なので、赤アイシャドウ初心者の方におすすめです。

赤アイシャドウの上手な塗り方&コツ


次に赤アイシャドウの上手な塗り方とコツをご紹介していきます。赤アイシャドウは塗り方を間違えると、ケバいアイメイクになってしまったり、腫れぼったくみえてしまいます。

上手な塗り方をマスターして、アイメイクに取り入れましょう!初心者の方でも簡単にできる塗り方とコツをご紹介するので、ぜひチャレンジしてみてください。

目尻にのみ赤アイシャドウを塗る


いきなり赤アイシャドウをまぶた全体に塗ると失敗してしまうことがあるので、まずは目尻にのみ赤アイシャドウを塗ってみましょう。手持ちのブラウン系のアイシャドウを塗ったあとに、目尻にのみ赤アイシャドウをプラスするだけの簡単な塗り方です。慣れてきたら、ブレンディングブラシでぼかしてグラデーションメイクを楽しんでみてください。


初心者さんは発色が控えめな赤アイシャドウを


初心者さんは、発色が控えめな赤アイシャドウを選び、薄く付けるようにしましょう。赤アイシャドウを薄くまぶたにつけたら、ブレンディングブラシを使ってアイホールに向かって塗り広げていきます。発色が控えめのものなら、血色感がプラスされる程度なので失敗しにくく、ナチュラルな目元になります。


下まぶたに塗る


赤アイシャドウは、下まぶたに塗ると失敗しにくくなるのでおすすめです。上まぶたに塗ると赤アイシャドウが強調され過ぎてしまいます。しかし、目の粘膜の色に近い赤アイシャドウを下まぶたの際に塗ると、さりげなくデカ目になりアイメイクのアクセントにもなります。


相性の良いカラーと合わせて使う


赤アイシャドウを上手に塗るコツは、赤アイシャドウと相性の良いカラーと合わせて使うことです。赤アイシャドウを一色で使用するよりも、ブラウンやベージュなど肌馴染みの良い色と合わせて使うと、赤シャドウだけが浮くこともありません。

赤アイシャドウを単品で使用するのは難しいと感じる方は、いつものブラウンメイクに赤アイシャドウを足してみてください。

おすすめの赤アイシャドウを大公開♡【プチプラ編】


それではおすすめのプチプラ赤アイシャドウをご紹介していきます。初めて赤アイシャドウを使う方には、お財布に優しいプチプラのものがいいですよね。しかし最近のプチプラアイシャドウは、発色も持ちもデパコス級に優秀なものがたくさんあります。プチプラの中でも特に人気でおすすめのアイシャドウをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。


1
2

関連記事