膝の黒ずみをさっぱり消したい!おすすめの対策&ケア方法を大公開♡

肌見せの季節に困ってしまう、お肌の悩みが「膝の黒ずみ」です。その対策とケア方法を詳しく紹介します!黒ずみの原因やおすすめ保湿アイテムも要チェックです。肌見せファッションがおしゃれにキマる、黒ずみゼロのキレイな膝を目指しましょう。



目次

肌見せの時期!ですが膝の黒ずみが気になる…


暑くなると、水着やショートパンツで肌を見せる機会が増えますね。そして、エクササイズやムダ毛ケアにも力が入る季節です。でも、そのときに見落としがちなのが、「膝の黒ずみ」です。引き締まったボディとピカピカ素肌を手に入れても、膝が真っ黒ではせっかくの肌見せも台無しですよね。

正しい膝の黒ずみ対策や日々の予防法をチェックして、キレイな膝になりましょう。おすすめのケアアイテムも要チェックです。みんなが憧れるようなツルツルの膝で、夏のおしゃれをさらにセンスアップさせましょう!



膝の黒ずみの原因


膝の黒ずみの原因として、どんなことが考えられるのでしょうか?その原因について詳しく解説します。普段膝の黒ずみにつながることをしていないか、自分の生活をぜひ振り返ってくださいね。



刺激や摩擦


皮膚は刺激や摩擦を受けることで、「メラニン」と呼ばれる色素を作り出します。そのメラニンが沈着することで皮膚が黒っぽくなります。でも、すぐに色素沈着が起こるわけではなく、同じ場所に長時間刺激や摩擦を受けることで、肌の角質が変わるサイクルが追いつかずに黒くなってしまうのです。



膝は脚を曲げたり伸ばしたりするときに、いつも服に擦れています。また、膝を床につけるときや体を洗うときにも刺激や摩擦を受けているので、膝は他の体の部分よりも色素沈着しやすいんです。

乾燥


元々膝は、体の中でも汗や脂が出る汗腺や皮脂腺が少ないところです。そのためケアをしないでそのまま放っておくと、水分も油分も足りずに乾燥がどんどん進んでいきます。



乾燥した膝は肌の新陳代謝が悪く、角質が日々溜まって硬くゴワゴワになります。その溜まった古い角質が、がんこな黒ずみの原因になってしまうのです。

膝の黒ずみを消したい!対策・予防法は?


困ってしまう膝の黒ずみへの対策や予防策は、実はいろいろあるんです!日々の生活の中で、少し意識するだけでできることばかりです。習慣化して、膝の黒ずみにさよならしましょう。



膝の洗い方を見直す


黒ずみが気になるからといって、ゴシゴシと膝を洗っていませんか?強く擦って摩擦を与えてしまうと、黒ずみの大きな原因になってしまいます。膝を洗うときはたっぷりの泡で包み込むように、汚れを落としましょう。



そして手やボティタオルで、優しく撫でるように洗います。これで汚れは十分落ちますよ。お風呂から出た後も、タオルで擦らないように水分を吸水する感覚で、押さえながら拭きましょう。

古い角質をオフする


溜まった古い角質をオフすることで、黒ずみが薄くなります。角質オフ用のアイテムなら、効果的に黒ずみをやっつけることができますよ!角質オフへの効果だけでなく、成分や香りにこだわったスクラブアイテムもたくさんあります。



毎日のお風呂の中で使えるものなら、ケアを忘れることなく習慣化できますね。黒ずみはすぐになくなるものではないので、粘り強くケアすることで効果が見えてきます。

しっかりと保湿をする


お風呂から出た後は、十分保湿をすることが大切です。化粧水やクリームを使って、毎日うるおいをたっぷり与えましょう。お風呂から出た後だけでなく、乾燥しやすいムダ毛の処理後にも保湿を忘れないでくださいね。



また、肌の露出が増える春夏はもちろん、秋冬の保湿にも力を入れましょう。秋冬は肌が隠れる服を着ることが多いので、膝のケアを忘れがちですが、空気が乾燥しているので要注意です。秋冬のケアが、春夏の肌見せに活かされますよ。

窮屈な下着やデニムなどを避ける


いつも履いている下着やデニムがキツすぎるという人はいませんか?窮屈な下着やデニムだと、その圧迫感から肌と生地が擦れやすくなり、黒ずみの原因になってしまいます。



膝の黒ずみを防ぐためには、膝まわりがゆったりとしたパンツやスカートを選びましょう。また、お気に入りのボトムスが窮屈だったり、膝に触れる部分が多かったりするときは、たまには気分転換も兼ねていつもよりゆったりしたものや、短い丈のものを選ぶとよいですね。

なるべく床に膝をつかないようにする


普段の生活では、できるだけ床に膝をつかないようにしましょう。床に膝をつける行為は日常的についついやってしまいがちですが、それをしないように意識することで、道具いらずで黒ずみ対策ができます。



仕事でや部屋の掃除で長時間膝をつくことがよくある人は、膝用サポーターをつけるのもおすすめです。膝のクッションが摩擦や刺激、汚れを防いでくれます。

スクラブで膝の黒ずみをなくすケア方法


膝の黒ずみを効果的に消していくのに、欠かせないのがスクラブです。スクラブを使えば、いやな黒ずみがどんどんキレイになっていきます。スクラブは膝の黒ずみに悩む女子の強い味方です!ツルツルのキレイな膝になるために、スクラブでの正しいケア方法をマスターしましょう。



スクラブの正しいやり方


膝の角質は、顔や他の体の部位の角質より厚く硬いので、粒が大きめのソルトスクラブをおすすめします。肌が弱い人は、シュガースクラブなどの細かい粒のもので優しくケアしましょう。好きなブランドや香りを選べば、ケアの時間が楽しくなりますよ。

より効果的に角質を取り除けるよう、スクラブをする前に汚れや汗を落として、膝を清潔な状態にしておきましょう。次に小さじ一杯ぐらいの量のスクラブを膝に乗せます。そして円を描くようにクルクルと優しく膝をマッサージします。力を入れすぎると、肌を痛めてしまうので注意してください。



最後にぬるま湯でゆっくりとスクラブを洗い流します。早く黒ずみを消したいからといって、決められた量や回数を守らず使ってしまうと、肌が傷つき逆効果なので気をつけてください。

スクラブ後の保湿は念入りに


スクラブ後の肌はとても柔らかく、デリケートな状態です。そのまま放っておくと、せっかくのスクラブ効果が水の泡に。スクラブ後は念入りに保湿して、スクラブの効果をさらに上げましょう。



まずは、化粧水を少しずつ重ねて水分を与えます。化粧水は一度にたくさん付けるのではなく、少なめの量を2〜3回に分けて使うと、浸透力がアップします。その後ボディミルクでうるおいが逃げないように仕上げます。

特に乾燥が気になるときは、ボディミルクをクリームやオイルに変えると保湿力が高まりますよ。

マッサージをする&美容液を使うのも◎


週に一度、ご褒美のスペシャルケアをすれば、楽しく黒ずみ対策が続けられます。フェイスケアと同じように、化粧水の後に美容液をつければ、黒ずみ対策がさらに効果的に!



保湿した後にはマッサージクリームで、膝の辺りからふくらはぎまでを優しく揉んでマッサージしましょう。とっても気もちいいですよ!脚がすっきりと軽くなります。好きな香りのマッサージクリームを選べば、ステキなリラックスタイムが過ごせます。

重曹で膝の黒ずみを消せる!?驚きの方法を紹介


膝の黒ずみ対策でぜひ試したいのが「重曹」を使ったケアです。消臭剤やキッチンの汚れ落とし、料理の下ごしらえなど、日常のいろいろな場面で使える重曹ですが、なんと膝の黒ずみケアでも活躍するんです!

そんな重曹を使った、膝の黒ずみのケア方法を紹介します。膝の黒ずみにおさらばするために、重曹でのケアにぜひチャレンジしてください。



重曹を使うメリット


重曹はドラッグストアやスーパーなど、身近なお店ですぐに手に入れられる便利なアイテムです。重曹でのケアに必要なものは、重曹と水だけなので、お家ですぐにできます。



水とよくなじむので、膝の黒ずみケアが初めての人でも使いやすいです。弱アルカリ性で肌に優しいところも嬉しいですね。スキンケアや料理で使う重曹なら、粒が細かいのでより少ない刺激で黒ずみを軽減できます。

重曹を使ったケア方法


まず重曹大さじ1杯、水小さじ1〜2杯を用意して混ぜます。次に、できた重曹ペーストを丁寧に擦り込むように膝に塗ります。このときに強く擦らないようにしましょう。肌トラブルの原因になってしまいます。



黒ずみが特に気になるときは、ここから5〜10分置きます。肌に負担がかからないよう、この時間は守ってくださいね。最後にゆっくり洗い流しましょう。スクラブのときと同じように、保湿をしっかりしたら重曹でのケアは完璧です。重曹でのケアは肌を傷めないためにも、週1回にしましょう。

重曹オイルパックも効果的!


重曹に混ぜるのを水ではなく、オイルに変えることで集中的なケアができます。ボディオイルはもちろんですが、なんとオリーブオイルを使ってもOKなんです!重曹とオイルの量は、水でのケアの場合と同じです。



膝に塗った後は、さらに効果が高まるよう、ラップでパックして10分程度おきましょう。洗い流して、最後に保湿をしたら柔らかくしっとりとした膝になりますよ。簡単にできるので、ぜひ試してくださいね。

1
2

関連記事