パリジェンヌって何?その特徴とおすすめファッションを徹底解剖♡

パリの街角をさっそうと歩いているようなスタイリッシュな女性を連想させる「パリジェンヌ」。なんとなく、おしゃれでかっこいいモデルさんのような女性を思い浮かべるけれど、いざパリジェンヌ風のファッションをしよう!となるとポイントは何なのだろうと気になりませんか?

この記事では、パリジェンヌの特徴から、パリジェンヌファッションのポイントまでを幅広く解説します!



目次 [開く]

パリジェンヌファッションを上手に着こなしたい!





パリジェンヌのような、かっこいい大人のファッションに挑戦したいと思うあなた。まずは、「パリジェンヌ」の意味と、ファッションにとどまらないパリジェンヌのライフスタイルや価値観から紐解いていきましょう。

パリジェンヌのスタイルを知ることで、ファッションやメイク、ヘアスタイルなどのルールもおのずと分かってきますよ。より本格的なパリジェンヌファッションに近づくためのコツでもあります。さっそく見ていきましょう。

パリジェンヌの意味とは?





パリジェンヌという言葉は、フランスの首都「パリ」から派生した言葉です。直訳すると「パリの女性」や「パリ娘」の意味。しかし実際には、パリに住む女性のことを総括して指し示すよりも、フランス、ひいてはヨーロッパの街角をさっそうと歩く、おしゃれを楽しむことを大切にする女性全般のことを指すことが多いようです。
 

パリジェンヌのファッション





パリジェンヌのファッション、と聞いてベストセラー本『フランス人は10着しか服を持たない』(大和書房:ジェニファー スコット著/神崎 朗子訳)を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか?フランス人は本当に自分に合ったもの、長く着られるものを厳選して大切に着続けているのです。



これはパリジェンヌファッションにも通じるところがあるでしょう。流行を追ってトレンドファッションに身を包み、シーズンごとに服を買い足すスタイルとは少し異なりますね。

パリジェンヌの価値観





自分に合ったものしか身にまとわない。このパリジェンヌの信念は「周りに合わせない。自分は自分」という意識のもとにあります。流行や値段、見た目や年齢といった言葉はパリジェンヌには無関係。他人は他人、自分は自分、という確固とした考えがあるため、自分だけのスタイルを厳選して自信をもって大切に着続けるのです。

自分のスタイルをもつという芯の強さ、そして身にまとうものを長く大切にすること、この2点がパリジェンヌに共通する価値観です。

パリジェンヌのライフスタイル





パリジェンヌはファッションへのこだわり同様に、ライフスタイルについても世間体よりも個人の選択を大切にします。

もっとも大きな特徴のひとつが、「いつまでも女性であることを楽しむ」ということ。結婚、子育てなど、人生においていろいろなライフステージがありますが、どのステージにいたとしても女性としてのおしゃれ、幸せは犠牲にしません。常に自分のスタイルを持ち続けながら女性としての魅力をはぐくむのが、パリジェンヌのライフスタイルです。

パリジェンヌファッションのポイント





パリジェンヌのイメージ、少しずつ見えてきましたか?ここからは、さっそくパリジェンヌを目指したいあなたへのおすすめファッションポイントを解説していきます。

パリジェンヌファッションに特別なアイテムは不要。きっとあなたのクローゼットにもパリジェンヌファッションに使えそうな洋服があるはずです!

シンプルなアイテム使い





パリジェンヌファッションの一番のポイントは「シンプル」であること。たくさんのブランド品や流行のアイテムで身を飾るよりも、その日の主役を決めて、その主役以外は限りなくシンプルに押さえます。足し算でファッションを完成させていくのではなく、引き算でファッションを完成させるのです。

トレンドよりも“自分に似合うか”が大切





パリジェンヌファッションに「トレンド」の文字はありません。トレンドのものを身に着けて他人と合わせるのではなく、自分に似合うものだけを身にまとうことが自信をもたらすのです。

パリジェンヌファッションを目指すのであれば、まずはどんなファッションが自分に合っているのかを知るところから始めましょう。トレンドはいったん脇に置いておいて、あなた自身が好きな色、デザインやアイテムを見つめなおしてみてください。

モノトーンコーデと差し色





パリジェンヌファッションは、色使いもポイント。いろいろな色を組み合わせた華やかなかわいさよりも、モノトーンを基調としたシックなコーディネートが主流です。

さらにバッグやパンプスなどのファッションアイテムでビビッドな差し色をつけ加えて、メリハリをつけるのがパリジェンヌファッションのおしゃれテクニック。色使いを意識するだけで、一気にパリジェンヌファッションに近づけますよ。

パリジェンヌのマストアウター「トレンチコート」&「ジャケット」





パリジェンヌはどのようなアウターをファッションに取り入れているのでしょうか?ここからはおなじみのアウターを、パリジェンヌ風に着こなすコーディネートを紹介します。

シンプルコーデにトレンチコートを合わせるだけでおしゃれに





春先や秋の始まりに大活躍のトレンチコートは、パリジェンヌファッションでも鉄板のアイテム。アウターの下はワントーンコーデやモノトーンコーデで、できるだけシンプルにまとめるのがポイントです。少しオーバーサイズのトレンチコートにするとよりおしゃれ度が増しますよ。

さっと羽織るだけで、一気にヨーロッパの街角にいそうな大人の雰囲気を醸し出せますね。
 

ジャケットにはスキニーデニムで抜け感を作る





オフィス風のかっちりとしたジャケットも、パリジェンヌファッションとの相性は抜群。少しメンズライクでシャープな雰囲気に仕上がりますよ。ボトムスにはスキニーデニムを合わせることで、フォーマルになりすぎない絶妙なバランスのコーディネートの完成です。

黒レザージャケットと差し色アイテム





シャープな印象を与える黒レザージャケットはパリジェンヌもお気に入りアイテム。暗めの色を基調にコーディネートし、ファッションのどこかでビビッドな差し色アイテムを入れると一気にパリジェンヌファッションに大変身です。

細めのシルエットのコーディネートになるので、首周りにボリュームのある差し色スカーフを合わせるのもおすすめ。
 

デニムジャケットとスニーカー





スポーティーな印象の組み合わせも、工夫次第でパリジェンヌファッション風になります。デニムジャケットはオーバーサイズのものを着崩し気味にはおり、足首は切りっぱなしのスキニーパンツでさりげない肌見せを。サングラスをかければ一気におしゃれな雰囲気のパリジェンヌの完成です!

「シャツ」を色っぽく着こなすのがパリジェンヌ





パリジェンヌファッションのトップスのキーワードは、「色っぽさ」。ただ肌を見せればよいというものではなく、引き算で計算された上品な色っぽさを目指していきましょう!

胸元を大胆に開けネックレスをつければ色っぽい雰囲気に





シンプルな白シャツも、パリジェンヌファッションの強い味方。かっちりとした印象も、ボタンをはずして胸元を大胆に見せることで一気に色っぽい雰囲気になりますね。広く開いた胸元には、その日のファッションの主役のネックレスを合わせましょう。

レトロな柄物シャツなら肌見せもナチュラルに





一昔前のファッションを思わせるレトロな雰囲気の柄物シャツ。これ一枚でファッションの主役になり、力を入れすぎないおしゃれが完成するのでパリジェンヌファッションにも相性がよいアイテムです。シフォン生地だと肌もより美しく見せてくれますよ。

ボーダーTシャツでさらっとセクシーに





カジュアルなパリジェンヌファッションには、ボーダーアイテムが欠かせません。これ一枚で少しあどけなさの残るパリ娘風のファッションになりますよ。より大人っぽく見せたい場合は、小さめサイズのTシャツでボディラインをはっきりと出してみましょう。

黒Tシャツでクールセクシーに





パンチの効いたオールブラックコーデです。色味がまったくないので、素肌の質感がより際立ちますね。少しくったりとした素材の黒Tシャツを選んでメンズライクなパリジェンヌファッションを楽しみましょう。
 

パリジェンヌは「リップ」が重要!おすすめのリップカラーは?





パリジェンヌ風を目指すのであれば、ファッションだけではなくメイクも大切なポイント。シンプルなファッションを基調とするので、リップカラーのアクセントでトータルコーディネートを楽しむのがパリジェンヌの法則です。ここからはリップの色別に見ていきましょう。

定番!真っ赤なルージュ





まずは定番のルージュ。モノトーンコーデやボーダールックとの相性が抜群です。とことんシンプルなコーディネートに真っ赤なリップをのせて、気分はまるでモデルさん。主役はリップなので、アクセサリーも控えめにするとバランスが良いですよ。

シックにキメたいならブラウン





色味を抑えたクールなスタイルに、ブラウン系のリップを合わせるとどこかアンニュイな雰囲気を感じる大人ファッションの完成です。ツヤのあるタイプよりもマットなタイプのリップの方が、相性がよいのでおすすめ。

ナチュラルモードならならヌーディー





あえてヌーディーなリップを合わせるのもおすすめテクニック。パリジェンヌファッションの法則で唇の色味を引き算した分、アイメイクに少し重点を置いてみましょう。ナチュラルな美しさがファッションをより際立たせてくれますよ。

パリジェンヌの原則はナチュラルメイク!



パリジェンヌのメイクと聞いて、まず思い浮かべるのはやはりリップですよね。それではベースメイクやアイメイクのパリジェンヌスタイルはどのようなものなのでしょう?



ファッションにも共通することですが、基本的にパリジェンヌのメイクはシンプル主義。ファンデーションを使わない人も多いようです。その理由の一つが、彼女たちにとって最高のメイクは「笑顔」だから。メイクを重ねることで得られる美よりも、素のままで笑って過ごすことがなによりの美しさだという考えがあるのです。

パリジェンヌファッションをするときは、メイクも少しいつもより控えめに。そしていつもより自分の笑顔に自信をもって街を歩いてみましょう!
 

パリジェンヌファッションにおすすめの「ヘアスタイル」





ファッション、メイクのポイントを押さえたら、最後はヘアスタイルです!パリジェンヌファッションに合わせたいヘアスタイルのポイントは、程よい脱力感。キメすぎることなく、でもいい加減でもない。そんな計算しつくされたテクニックを見ていきましょう。

切りっぱなしロングはセンターパートがパリジェンヌ流





スパっと切りそろえられた毛先がおしゃれなロングヘアはパリジェンヌのヘアスタイルの代表格。ナチュラルなストレートヘアはシンプルコーデとも相性抜群です。前髪はセンターで左右に分けて、クールにキメましょう!

ヨーロッパのお人形さんのようなボブスタイル





前髪ありのボブスタイルを、子供っぽくなりすぎずに大人のおしゃれに変身させるのがパリジェンヌのテクニック。自然な外はねがナチュラルな雰囲気を増してくれますよ。ボーダーTシャツや赤のバレーシューズなど、カジュアルなスタイルと合わせるのがおすすめです。

シニヨンスタイルでざっくりとまとめ髪





まとめ髪スタイルをするときは、少しルーズにまとめたシニヨンスタイルがおすすめです。低い位置にお団子を作ることで、大人のおしゃれスタイルになります。かっちりとまとめてしまうよりも、手ぐしでささっとまとめたような抜け感を大切にしましょう。

おくれ毛もなくして顔周りをすっきりとさせることで、パリジェンヌのシンプルな雰囲気が際立ちます。

スカーフを巻いてその日の主役に





柄つきのスカーフや鮮やかな色のスカーフを、ターバンのように頭に巻くと途端にヘアスタイルが主役のおしゃれパリジェンヌファッションに。洋服やメイクは、スカーフの色や柄を邪魔しない控えめのものをチョイスしましょう。

パリジェンヌファッションは誰でもチャレンジできるおしゃれスタイル





パリジェンヌの意味から、パリジェンヌファッションに近づくためのコーディネート、メイク、ヘアスタイルまでご紹介しました。実際に特徴を見てみると、手軽に挑戦できそうなファッションも多いですね。

パリジェンヌファッションの基本である、「シンプル」「自分らしさ」。このふたつを意識しながら、あなたにしかできない自信にあふれたパリジェンヌファッションを楽しんでくださいね。

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ