セックスが気持ちよくない原因が知りたい!快感を得る方法も大公開♡

女性にとってセックスは、女性ホルモンを活性化させるもの、三大欲求の1つでもある性欲を解消するもの、ストレス発散、子どもをつくるための手段、女性としての存在意義を確認するものなど、さまざまな意味を持ちます。

今いくつか挙げたように、女性のなかでセックスをする理由や意味は人によって違う場合があります。しかし、なかでも「大好きな彼と愛情を確認し合うもの」「恋人への最大限の愛情表現」だと考えている人が1番多いのではないでしょうか。

そんな「彼と愛情を確認し合うもの」であるセックスですが、彼が感じてくれているなかで自分は感じられない、気持ちよくないことから純粋に楽しめず、悩んでいる女性が多いのも事実です。

そこで今回は、なぜ彼とのセックスが気持ちよくないのか原因を紹介するとともに、彼とのセックスで快感を得る方法を紹介します。



目次

彼とのセックスが気持ちよくない……、一体なぜ?




大好きな彼とするセックスは気持ちよくて2人で楽しめる行為だと思っていたけれど、いざしてみると「何が気持ちいいのかが分からない」「気持ちよくないからどうしていいのかが分からない」と悩んでいる女性は多いです。

一方、世の中には大好きな恋人とのセックスを楽しめている女性もいます。しかし、今楽しめている多くの女性も一度は同じことで悩んだことがある人は多いです。では、なぜ多くの女性は彼とのセックスについての悩みに直面してしまうのでしょうか。

セックスが気持ちよくない女性は多い!




先ほどお話ししたように、彼とのセックスについて悩んでいる女性は多いです。まずは、気持ちよく感じられないことから出てきてしまう悩みを見てみましょう。

彼に合わせて演技している




セックスを経験したことがある女性で、「気持ちいいか分からないけれど感じているふりをした」「気分が乗らないけど、楽しんでいるふりをした」など、セックス中に演技をしたことがある女性は、約7割いるそうです。

本当は彼と同じように自分も楽しみたいけれど楽しめないので、せめて楽しんでいるふりだけでも……、と彼氏に嫌われたくない一心で演技をしている女性は少なくないようです。

また、気持ちよくないからといって、彼にされるがままであったり、何をされても無反応、もしくは顔をしかめていたりしたら、彼が傷ついてしまいますよね。

しかし、自分が感じられないことで、毎回演技をしなければならず、セックスが負担に思えてしまう場合や、苦痛に感じてしまう場合があります。

気持ちいいけどイったことがない



彼とのセックスを重ねて気持ちいいとは思うようになったけれどまだイッたことがないという悩みや、根本的に「イク」とは何なのか、経験していないがゆえに分からない、と悩みを抱えている女性は多いです。

しかし、ほとんどの男性は自分が気持ちよければ女性は必ずイクものだと思っている人が多いのが現状です。そのため、彼女は感じているから大丈夫だろうと思い込み、女性が絶頂に達する前に男性が果て、終わってしまうこともあるでしょう。

結果としてセックスをするたびにイケないこと、イク感覚が分からないことをストレスに感じてしまい、セックスが嫌いになってしまう女性もいます。

ひとりエッチならイケる




なかにはひとりエッチではイケるのに彼とのセックスではイケないことに悩みを抱えている女性もいます。イク感覚を知っているのに、彼とのセックスではイケずに消化不良で終了はつらいですよね。

ひとりエッチであれば、性欲が高まった好きなときにリラックスした状態で自分が感じるところを好きなように刺激できるので、絶頂まで導きやすいです。しかし、彼とのセックスでは主導権が彼にある場合が多く、物足りなさを感じて終わってしまう場合があります。

ひとりエッチならいけるのにセックスではイケない女性は、できれば彼のテクニックや優しい愛撫で絶頂に達したいのが本音ですが、なかなか難しいのが現状です。

経験不足なため「気持ちよい」がわからない




初体験だったという場合や、まだ経験数が少ない場合でセックスを気持ちいいと感じられる女性は少ないです。また、経験が少ないがゆえに、セックス中にどう振る舞うべきなのかが分からない、彼は気持ちいいと思ってくれているのかなど考えてしまうことが多いですよね。

セックスを気持ちいいと感じるためには、ある程度性感帯を開発しなければいけません。しかし、何回セックスをしたら快楽を感じられるようになるなどの目安はなく、個人差があります。

そのため、いつ心から楽しめたり、気持ちいいと感じられたりするのだろうと不安に感じている女性も少なくありません。

セックスを気持ちよくないと思ってしまう原因とは?




彼とのセックスを楽しみたいと思っているのに、なぜ気持ちよくなれないのでしょうか。

彼とのセックスを楽しめるようになるためには、気持ちいいと感じられない原因を知らなければいけません。まずは、考えられる原因を知り、セックスへの理解を深めていきましょう。

性感帯が未開発




性感帯が開発されていないと、彼に触られても気持ちいいというよりはくすぐったい、痛いと感じてしまう場合があります。

また、性感帯が未開発で自分でもどうすれば気持ちよくなれるのか分からなければ、どうしたら気持ちよくなってくれるのだろうと悩んでいる彼に、ここを触ってもらえれば気持ちよくなれるというのも伝えられません。

セックス中に他のことを考えている




彼とのセックスを楽しんだり、気持ちいいと感じたりするためにはそれなりの集中力が必要です。

例えば、自分の体に自信がなく、「デリケートゾーンの臭いやケアはきちんとできているのだろうか」「ぽっこりお腹なんだけれど大丈夫かな」などが気になりすぎて彼とのセックスに没頭できないということはありませんか?

このような状態だとコンプレックスや不安に気を取られているので、彼にどこを触られても気持ちよくありません。普段であれば誰にも見せないところを彼にさらけ出すわけなので、恥ずかしさや不安、緊張はするかもしれません。

しかし、心と体をオープンにして彼を信頼しなければ、愛情を伝えるコミュニケーションとしてのセックスを楽しむのは難しいでしょう。

挿入時の痛みが怖い




セックスの経験が少ない場合や膣が十分に濡れていない状態で挿入されてしまうと、気持ちよさよりも違和感や痛みが生じてしまいます。

仮に、セックスに慣れるまでは挿入時や挿入中は痛いものだと分かっていたとしても、彼とセックスするたびに痛みを我慢しなければいけないのはつらいですよね。

また、膣が十分に濡れていない状態で挿入をされると痛みが先行し、膣内の性感帯が敏感になってくれないので気持ちよさを感じられません。

恥ずかしくて気持ちにブレーキをかけてしまう




セックスの経験の少なさや彼にセックスですべてをさらけ出す不安や緊張、彼に裸を見せる恥ずかしさから気持ちにブレーキがかかり、気持ちよくなれない場合があります。

あなたのことを大事に思ってくれている彼ならきっとあなたのことをすべて受け止めてくれます。

彼を信じて「彼にならすべてをさらけだしても大丈夫」「セックスは怖いもの、恥ずかしいものではなくて彼と気持ちよくなって楽しむもの」とプラスの思考をもってセックスに臨むことも大切ですよ。

気持ちや感情の高まりが低い




女性がセックスで快感を得るためには、性感帯を刺激されて感じられるようになることも大事なのですが、気持ちの高まり具合も非常に重要です。

セックスへの気持ちが高まれば高まるほど性感も大きくなり、セックスに熱中できるため、快感を得やすくなります。しかし、気分が乗らなかったり、気持ちが前向きでなかったりする場合に彼とセックスしても、セックス自体が盛り上がらず、気持ちよくなれません。

セックスに対して嫌悪感がある




性欲があまりなかったり、過去の経験のなかでセックスに対して嫌なことがあったりして、セックスに対してマイナスのイメージを抱いている女性もいます。

また、自分の体にコンプレックスを感じていたり、セックスで気持ちよくなれなかったりしてセックスが嫌い、したくないという考えになってしまっている場合も考えられます。

セックスに対して嫌悪感やマイナスのイメージがあることで彼に申し訳なさや罪悪感を感じている女性もいるでしょう。しかし、なぜセックスをしたくないのか、できないのかを彼に伝えなければ、余計に彼を傷つけてしまう可能性もあります。

なぜセックスをしたくないのかを彼に話すのには勇気がいるかもしれませんが、しっかりと話し合って彼と向き合うことが克服や解決の近道です。

セックスが気持ちよくないのを彼に伝えたほうが良い?




彼とのセックスが気持ちよくない、楽しめないという悩みを彼に伝えるべきなのか、相談しても良いのか悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

彼に相談したいと思っていても、打ち明けることで嫌われてしまうのではないかと不安になってしまいますよね。また、内容がナイーブなものであるがゆえに、彼に不安や悩みを上手に伝えられるかどうかの自信がない人もいるでしょう。

セックスが気持ちよくないことをどのようにして彼に伝えればいいのか、伝え方のポイントも押さえながらご紹介します。

正直に伝えるのがベスト




彼にセックスが気持ちよくないこと、楽しめていないことを伝えるのには勇気がいりますが、我慢し続けるよりも彼との今後のために、正直に伝えるのがベストです。

なぜなら、あなたがセックスで演技をしていた場合、彼は彼女が演技をしていると思ってセックスをしていないからです。そのため、よほど勘の良い彼氏でなければあなたが本当は感じていないことに気づきません。

また、あなたがセックスに対して嫌悪感やマイナスのイメージを抱えたまま頑張ってセックスに臨んでいることも、セックスを断ってしまっている理由もあなたが伝えなければ伝わりません。

この先も一緒にいたいと思えるような大切な彼であれば、前向きにセックスについて2人で向き合い、見直していきましょう。

不満を抱えたままのセックスは辛いだけ




今は彼氏とのセックスが気持ちよくないことや不満があることを我慢できていても、その不満がどんどん蓄積されていき、無意識のうちに「彼に嫌なことをされた」と被害者意識が高まっていってしまう可能性も考えられます。

被害者意識が高まってしまうと、彼とセックスをするたびに体に不快感が刻まれてしまい、彼とのセックスどころか、彼のことが本当に好きなのかどうかさえも分からなくなっていってしまいます。

自分の心が疲れてしまうことで彼のことが好きか分からなくなってしまうのはつらいですよね。

セックスは2人の愛を育むためのコミュニケーションです。あなたが我慢して彼が良ければそれでいいというようなものではありませんよ。

伝えればマンネリ化防止にもなる




彼にセックスへの不満や悩みを言わなければ彼とのセックスで感じられないまま、楽しめないままかもしれませんが、彼に伝えれば2人の体の相性が良くなるための機会がつくれます。

彼とのセックスが気持ちいいと感じられるようになるためには、彼と何度も体を重ね、どのようにすればお互いが気持ちいいのか伝え合って改善していくことが大切です。

そのなかで少しでも「気持ちいいかもしれない」と思えるようになってくれば、それを伝えたときに彼もあなたも嬉しいですよね。そうなれば、セックスが終わった後に次はこうしてみようか、今日は何が良かったのかなどを話すことで、少しずつでも前向きにセックスに臨めるようになります。

お互いがセックスに前向きになれば、自然と触れ合いたくなりますし、お互いにどのようにしたら相手が喜んでくれるのかなと思えるので、セックスに飽きや不満がなくなり、マンネリ化防止にもつながりますよね。

彼とのセックスを気持ちよくする方法




彼にセックスに対しての不安や悩みを打ち明けたあとは、2人でセックスが気持ちよくなるように改善していきましょう。

ここでは、セックスで気持ちよくなる方法をいくつかご紹介しますので、自分に合う方法、2人に合う方法を探してみてくださいね。

1
2

関連記事