エロいキスの種類とやり方を徹底解説♡彼を興奮させるポイントとは?

大好きな彼とキスをすると、愛されていることが実感できて嬉しい気持ちになりますよね。そんな幸せをプレゼントしてくれる彼に、エロいキスでお返しをしてみませんか?彼女からのキスを心待ちにしている男性は、意外と多いですよ!

ということで今回は、エロいキスの種類やキスの上手なやり方を徹底的に解説していきます。積極的に迫るあなたの様子に、彼はもっとメロメロになっちゃうかも……!?


目次 [開く]

エロいキスってどんなキス?


「大好きな彼にもっと喜んでほしい!」という思いから、エロいキスを習得しようと頑張っている女性もたくさんいます。とはいえ、「エロいキス」は、そもそもどうやってするものなのでしょうか?

エロいキスの種類は意外と豊富で、軽く触れる程度のソフトなものから、舌を使うような深いものまでいろいろあります。「いきなり大胆にせまるなんて……恥ずかしくてできない!」という人は、まずは軽めのエロいキスにチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。

キスがもたらす効果


大切なパートナーとキスをすると、なんだかほわほわとした幸せな気分になりますよね。実は、大好きな人とのキスは、心と身体を元気にする効果を持っているのです。キスするだけで幸せな気持ちになれて身体にもいいなんて……びっくりですよね!

とはいえ、キスによる効果は、あなたが大切に思う人とのキスでないと発揮されません。誰とでもキスをすればいいわけではないので、気をつけてくださいね。

ストレスが和らぐ


大好きな人とキスをすると、幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」が分泌されます。セロトニンは人が感じているストレスを軽減し、気分をハッピーにしてくれる効果があるのです。

「仕事や勉強のストレスが溜まっていてつらい……」という人は、パートナーにキスをおねだりしてみてはいかがでしょうか?ストレスによるイライラや鬱感も、キスをすれば軽くなることがありますよ!

快感を得られる


彼とキスをしていたらなんだか気持ちよくなってきて、そのままベッドイン……なんてこともありますよね。唇は身体のパーツのなかでも柔らかい方なので、その感触を味わうだけでも快楽を感じちゃうのです。

いってらっしゃいのキスやバイバイのキスは、気持ちよく相手を送り出すためにも、積極的にしてあげましょう。

気分が明るくなる


キスをして幸せな気持ちになると、自然とポジティブ思考になります。キスによるストレスの緩和やリラックス作用で心が元気になると、なんでもできちゃいそうな気持ちになるものです。

毎日がなんだか憂鬱なときは、愛するパートナーに思い切ってキスをしてみましょう。きっと気持ちが前向きになりますよ!

免疫力が上がる


キスには、身体の免疫力を上昇させる効果があるといわれています。2014年に発表されたオランダの研究によると、10秒間キスをすると、キスをした相手との間で、8000万個のバクテリアが交換されるとのこと。

体内にバクテリアが侵入すると、身体の免疫機構が働き始めます。すると、体内では、入ってきたバクテリアに対する抗体を生み出されるのです。そして抗体の数が増加することで、さまざまな病気への耐性ができます。

とはいえ、免疫力の上昇は、キスの副産物的な効果です。実際にバクテリアのことを考えながらキスをする必要はないですよ!

美容効果


好きな人とキスをすると、心臓がドキドキしてたまらないですよね。このドキドキは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの動きを活発にしてくれます。

エストロゲンは、コラーゲン繊維を増やして肌に弾力を与えたり、肌の水分を保持したりする作用を持ちます。そのため、キスによってエストロゲンが元気になると、ぷるぷるで潤った肌が手に入るのです。

また、エストロゲンは年齢とともに減少してしまいます。美容のためにも愛のためにも、大切なパートナーとのキスは続けていきたいものですね。

ダイエット効果


キスは意外とカロリーを消費する行為です。たとえば、1分間キスをすると、それだけで6キロカロリーもエネルギーを使います。たとえば、30分キスをすると、6キロカロリー×30分=180キロカロリー。これは、お茶碗1杯分のご飯のカロリーと同等なのです。

また、舌などを使ったエロいキスをすれば、普段使わない筋肉が使われて顔が引き締まります。彼とイチャイチャキスをするほど痩せてしまうなんて、嬉しい効果ですよね!

いくつ知ってる?エロいキスの種類



エロいキスとひとことで言っても、その種類はさまざま。場面に応じたキスの使い分けが大切になってきます。たくさんの種類があるエロいキス、あなたはいくつ知っていますか?

スウィングキス



静かで落ち着いた場所でしたいスウィングキス。自分の唇で彼の下唇を挟んで、顔を左右にゆっくりと振っておこないます。ライトなキスの最中にスウィングキスを挟めば、ちょっぴり刺激的なキスに大変身しちゃいますよ。

バードキス



小鳥がくちばしでつんつんとつつくイメージで、彼の唇に何度もキスをするやり方です。嬉しそうに何度もキスをしてくる女性は、彼からすれば可愛らしさ万点。思わずぎゅっとしたくなっちゃうような、とても愛らしいキスです。

キャンディキス


キャンディを食べながらおこなうキスです。まずは自分がキャンディを口に入れ、少しなめたら彼にキスをしながらキャンディを口移しで渡しましょう。お菓子を使ってキスをすると、いつもと違った刺激や面白さがありますよ。

キャンディだけではなく、チョコレートでもできます。カップル間でお気に入りのお菓子で試すのがおすすめです。

スライドキス



触れた唇を上下や左右に動かしておこなうスライドキス。力を入れすぎず、優しく彼の唇をなでるイメージでおこなうのがポイントです。唇が荒れていると台無しになっちゃうので、事前のリップケアを忘れずに!

プレッシャーキス



口を閉じ、彼の唇に自分の唇を押し当てるシンプルなキスです。シンプルゆえに、お互いの大切さを感じられます。唇の柔らかな感触を感じてもらうのが大切なので、口をぎゅっと閉じすぎないように注意しましょう。

インサートキス


名前の通り、相手の口内に舌を入れるキスが、インサートキスです。自分ばかりが入れるのではなく、彼と交互に舌を入れあうのがポイント。

彼の口に舌を入れたら、口内でゆっくり、優しく動きましょう。彼の舌を受け入れたときは、さりげなく相手の舌と絡んだり、吸ってみたりするのがおすすめです。

バインドキス



気持ちが高揚したときにしたいバインドキス。唇の上下をお互いに挟みあった状態で、顔を左右に揺らしたり、唇をなめ合ったりしておこないます。唇の挟み方を交互に変えるのがポイントで、長く続けるほど気分はどんどん盛り上がっていきますよ!

オブラートキス



オブラートキスはその名の通り、相手の舌をオブラートのように包み込むキスです。彼がキスのときに舌を入れてきたときがチャンス!あなたの口で彼の舌を優しく包み込んであげれば、そのエロさに彼も骨抜きにされちゃうはずです。

サーチングキス



インサートキスの進化形がサーチングキスです。舌を使ってお互いの歯茎を丁寧に、じっくりとなぞっていきます。急がず焦らず、のんびり時間をかけておこなうのがポイントです。

クロスキス



キスのなかでも最上級のエロさを誇るのが、クロスキスです。かなり深めのキスで、彼と自分の唇をずっと密着させた状態でおこないます。口内では舌を吸ったり、甘噛みしてみたり……自由にしてかまいません!恥を捨て、思う存分彼への愛を伝えられます。

「エロい!」と思った彼女からのキスは?男性の経験談



彼女からキスをされると、男性はとても嬉しい気持ちになります。そのキスがとんでもなくエロいキスだったときには、興奮度はもう最高潮!ここでは、男性が「エロい!」と感じた彼女からのキスをご紹介していきます。

彼女から舌を入れてきたとき


「いつもは消極的な彼女が、ある日突然キスのときに舌を入れてきた。驚いたけど、彼女の気持ちが伝わってきて嬉しかった」

「いつもは消極的な彼女が大胆なキスをしてくると興奮する」という声はとても多いです。普段とのギャップがたまらず、惚れ直してしまう男性もいるそう。大胆に迫る勇気がない女性も、一度自分の殻を破ってしまえば、彼に喜んでもらえるかもしれませんよ!

ずっと見つめられた後のキス


「彼女がじっと見つめてきたので見つめ返していたら、なんかいい雰囲気になってきてそのままキス。キスしたいっていうアピールだったと知ったときは、可愛すぎて悶絶しました」

女性からじっと見つめられると、多くの男性は何かを期待してしまうもの。その期待通りにキスをしてもらえたら、気持ちが通じたような気がして嬉しくなっちゃいそうですよね。

自宅でのんびりからのディープキス


「おうちデート中に彼女がちょっかいをかけてきたから、お返しにキスをした。すると、今度は彼女から少々ディープなキスが。キスするたびにどんどんエスカレートしていって、めちゃくちゃ興奮しました」

ただのイチャイチャからだんだん盛り上がっていくと、一気に興奮度がマックスになる男性はとても多いです。おうちデートなら、周りの目を気にする必要がないですから、思い切って大胆になってみてもいいかもしれませんね。

未知なるキスはたまらない


「彼女が自分よりも経験豊富な人で、いろいろと教えてもらった。驚くことも多かったけど、すっかり彼女の虜になってしまった。彼女以外考えられない」

エロい魅力を持った女性にはまってしまう男性は、案外たくさんいます。積極的で大胆な女性は、ほかの女性にはない色気がありますよね。恥ずかしがらず、彼を骨抜きにするつもりで迫ってみてもいいかもしれませんね。

エロいキスをするための大切なステップ



彼にエロいキスを仕掛ける前に、素敵なキスをするためのステップを確認しておきましょう。デイリーケアからキスに持っていくための方法まで、しっかりチェックしてくださいね。

キスする前は口臭・唇ケアを忘れずに


「いざ、エロいキス!」と意気込む前に、口臭や唇のケアをしておきましょう。キスをしたときに口がむわっと臭ったり、唇がガサガサだったりすると、せっかくのムードも台無しです。

口臭を防ぐために、キスをしそうな日の前にはにんにくなどの刺激物や脂っこいものを食べるのを避けましょう。歯磨きをよくして、口臭ケア用アイテムを使うのもおすすめです。

唇は、日ごろから乾燥しないようにリップクリームをこまめに塗ることが重要。おうちでケアするなら、リップ用のスクラブを使い、こってりしたテクスチャーのリップクリームを塗って過ごすといいでしょう。

ボディタッチをする


キスに持ち込む前に、相手の身体に触れてみましょう。エロいムードをつくるためには、ボディタッチが非常に重要です。

いきなり局所をがしっと触るのではなく、手や肩からゆっくりと、なでるようにしてあげましょう。触る範囲を徐々に胸元や太ももなど広げていき、セクシーな雰囲気をつくっていきます。

抱きつく


ムードができてきたら、相手にぎゅっと抱きついてみましょう。力強く抱きつくのではなく、「あなたへの気持ちで胸がいっぱいなの!」という感じで、彼の胸元に顔を埋めてください。

抱きしめながら背中や腰へのボディタッチは続けましょう。恥ずかしいと思いますが、それは彼も同じこと。彼の心臓のドキドキを聞いていれば、緊張が誤魔化せますよ。

色っぽい声を出す


彼と身体を密着させたら、喘ぎ声を連想させるようなエロい声で彼を誘惑します。甘えるような声と色っぽさを組み合わせたようなボイスを出すのがポイントです。

キスをしている途中で声が漏れることがあると思いますが、この色っぽい声は、彼にキスを連想させられます。「早くキスしたいの!」というアピールにもなりますよ。

顔を近づける


キスができそうな雰囲気が整ったら、彼に顔をゆっくりと近づけていきましょう。おでこや鼻がくっつくくらい近づくのがポイントです。

ここまでやると彼はキスを期待しますが、まだキスはしちゃダメ!ゆっくりゆっくり、自分と相手の欲望が限界に達するまで我慢しましょう。おあずけを食らった分、キスの快感はよりアップしますよ!

エロいキスのやり方《ライトキス編》



「エロいキスなんて恥ずかしくてできない……!」という女性は、まずはライトなキスからチャレンジしてみるのはいかが?ライトキスなら手軽にチャレンジしやすいですし、彼にも喜んでもらえること間違いなしですよ!

唇を重ねたまま横にスライド


いつも通りのキスをしたら、唇で相手の唇をなでるように左右にスライドさせましょう。唇の柔らかさがより一層伝わって、自分も彼も興奮しちゃいます。

唇をスライドさせるときは、いやらしくゆっくり動くのがポイントです。唇が乾燥しているとすべりが悪くなっちゃうので、リップクリームを仕込んでおくのを忘れずに!

軽めのキスを何度もする


軽めのキスを繰り返す方法は、バードキスという手法です。エロいよりはキュートさが勝る技ですが、その分エロいキスに慣れていない女性でも挑戦しやすくなっています。

唇を押しつけるのではなく、あくまでも触れる程度のキスを繰り返すのがポイント。ちゅっちゅっと彼の唇をついばむようにキスをすれば、あなたの可愛さに彼はメロメロになっちゃうはずです!

鼻をくっつける


キスをするのではなく、自分の鼻を相手の鼻にくっつける方法です。小動物が鼻と鼻をくっつけているようなイメージで、彼の顔に近づきましょう。

彼はキスをされると期待すると思いますが、ここでキスをしてはいけません。ちょっとだけ相手を焦らすようなイメージで、あえてキスをしないことが大切です。キスできそうなのにできない距離感が、なんともいえないエロい雰囲気を醸し出します。

唇以外にもキスをする


キスといえば唇にするのが鉄板ですが、唇以外にキスをするのもムードが出ていいものです。たとえば、性感帯であることが多い耳や鎖骨にキスをすれば、彼の興奮度を高められます。

また、下記のように、キスは場所によってその意味が異なります。

・唇:相手への愛情
・耳:性的な誘惑
・ほっぺ:親愛の気持ち
・鼻:相手を大切にしたい
・首元:相手を自分のものにしたい
・鎖骨:性的な欲望

キスの意味を知っていれば、彼をもっと喜ばせられるかもしれませんね。

エロいキスのやり方《ディープキス編》



「大胆なエロいキスで彼をもっと喜ばせたい!」という女性は、ディープなキスで彼を骨抜きにしちゃいましょう。いつもとは違うギャップのあるエロいキスをすれば、彼はあなたにやみつきになっちゃうはすですよ!

歯茎に舌を這わせる


相手の口内に舌を挿入するのはエロいキスの鉄板ですが、その舌をどう動かすかによってエロさは変わってきます。相手の歯茎をなめる行為は、彼を食べちゃってるような気分になってテンションがアップ!

舌を這わせるときはべろべろとなめ回すのではなく、ゆっくりと彼の口内を侵すようにするのがコツです。密着度も上がるので、彼との愛情も深まりますよ!

相手の舌を吸う


彼があなたの口内に舌を入れてきたら、その舌をちゅっと吸ってみましょう。強く吸いすぎると彼が痛がってしまうので、柔らかいゼリーを吸うくらいの軽い気持ちでおこなうのがポイントです。

舌を吸うと、彼の温かさや柔らかさがダイレクトに伝わってくるので、幸福感が増します。彼との距離もぐっと縮まって、もっとラブラブになれちゃいますよ!

唇をなめる


舌を入れたディープキスの最中に、相手の唇をペロッとなめるキスです。深いキスの途中に挟むことでキスにメリハリがつき、よりエロい雰囲気をつくれます。

ポイントは、唇をべろべろとなめ回さないこと。あくまでもさりげなく、相手の口内から舌を出したときなどについでにおこないましょう。彼に口を開けてほしいときにも使えます。

彼の口を吸う


彼の舌を吸い込むのではなく、唇ごと覆ってしまう技法です。かなり難易度が高いディープキスですが、その分感じるエロさは……もう、たまりません!

いきなりパクッと口に飛びつくのではなく、ライトキスからディープキスへ移り、その延長線上でおこなうと、自然にできますよ。

エロいキスで男性を興奮させるポイント



彼と一緒にエロいキスをもっと楽しむために、キスで男性を興奮させるポイントを押さえておきましょう。興奮度が高まるほど、キスは激しくなり、彼との愛情も深まっちゃいますよ!

キスしながら吐息を吐く


キスしている最中の吐息は、場の空気を一気にエロい雰囲気に変えてくれる効果を持っています。キスしながらふとした瞬間に漏れる吐息に、彼のボルテージもどんどんアップ!

吐息はキスしていれば案外自然と出てしまうものですが、「吐息を出すのは恥ずかしいし、わざとらしくなっちゃいそう……」と心配している人もいると思います。そんなときは小さな声で「んっ……」「ふっ……」と吐息混じりに漏らしてみて。

聞こえるか聞こえないかくらいのソフトボイスで声を出すことで、本物の吐息感が増します。恥じらいがある女性は、ぜひお試しください。

焦らす


キスできそうなムードをつくりだしたら、彼とキスできそうでできない、絶妙な距離感を保ちましょう。たとえばおでこをくっつけたまま上目遣いをしてみたり、鼻をくっつけてじっと見つめて見たり……。

キスできそうなのにできないとき、人は目の前の欲望をこらえることでムラムラ感がどんどん増していきます。欲望を解き放ったときのキスは、きっと今まで味わったことがないくらいエロいキスになりますよ!

また、焦らすことは相手だけでなく、自分にとってもつらい行為です。あなた自身が限界まで彼とのキスを我慢することで、恥じらいを克服するきっかけができる可能性もあります。「自分からエロいキスをするのは恥ずかしい……」という人は、実践の価値ありです。

音をたてる


キスをするときに「ちゅっ」というリップ音や水音をたてると、エロいムードがどんどん増していきます。

人は、聴覚からでも興奮を感じることができます。唇の感触だけでなく耳からの音も入ってくることで、「自分は今キスをしている」という現実が改めて突きつけられ、興奮できるのです。

口内だけではなくて耳からも彼を侵していく感覚は、一度はまるとやみつきになってしまいますよ。

ゆっくりと動く


普段からゆっくりと優雅に行動している女性は、どことなく色気がありますよね。キスをするときも同じで、キスをする前のステップでもキスの最中でも、ゆっくり動くことはとても重要です。

舌や唇、手先の動きがゆっくりだと、それだけで官能的な印象になります。ゆっくり動くことで彼の感覚をしっかり刺激できるので、彼のボルテージをぐんぐん上昇させられますよ。

また、ゆっくり動くとがっついている感じもなくなるので、女性らしくてエロい上品さを表現できますよ。

じっと見つめる


キスの最中、彼の目をじっと見つめてみましょう。うるんだ瞳で熱いまなざしを向けるのがポイントです。風邪をひいたときの目がうるうるしていて可愛いのと一緒で、キスのときにもうるうるした視線を向けられると、彼はぐっときてしまいます。

特に眠たそうなまなざしは、エロさ満開です。ぱっちり目を開けるのではなく、まぶたを少しだけ閉じておくのを心がけてください。

「キスするときに目が乾いてつらい……」なんてことがないように、目薬で日ごろから目の疲れは労わってあげてくださいね。

とびきりエロいキスで彼を魅了しちゃおう!


エロいキスの種類や彼を虜にするキスのやり方を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

大好きな人とはキスをするだけでも幸せですが、キスには心と体を元気にしてくれる効果があります。大切な彼とは積極的にキスをしてみてください。彼女からエロいキスをされたら、彼もきっと喜んでくれますよ。

また、エロいキスはただ単に舌を入れるだけでなく、ライト系からディープ系までたくさんの種類があります。「自分からエロいキスをするのは恥ずかしい……」という人は、ライトなものから試してみましょう。エロいキスを習得して、彼をもっと自分に夢中にさせてくださいね!

(まい)

関連記事

今、あなたにオススメ