黒豆茶の嬉しい効果・効能を徹底解説♡淹れ方やアレンジレシピも必見

美容や健康に良いだけでなく、ダイエットにも効果があるといわれる、黒豆茶。なんとなく体に良いことはわかっていても、詳しい効果までは意外と知らないですよね。

今回は、黒豆茶の効果や効能について詳しく解説し、正しい淹れ方や意外な飲み方についてもご紹介します。上手に取り入れて、体の内側から綺麗になりましょう!



目次 [開く]

黒豆茶ってどんな飲み物?


別名「黒大豆(くろだいず)」や「ぶどう豆」とも呼ばれる黒豆には、室町時代から続く古い歴史があります。

また、お正月のおせち料理でお馴染みの黒豆「丹波黒(たんばぐろ)」をはじめとして、さまざまな種類があるのも特徴です。そんな黒豆を原料としているのが「黒豆茶」なのです。



黒豆茶に含まれている成分とは


黒豆茶の原料である「黒豆」には、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」を多く含んでいます。

また、イソフラボン・大豆たんぱく質・食物繊維・カリウム・ビタミンB群・ビタミンEなどが含まれているため、これにより「美容」「健康」「アンチエイジング」などに効果があるといわれています。



黒豆茶はノンカフェインのため、カフェインが苦手な人でも気軽にチャレンジしやすく、普段の生活に取り入れやすい特徴があります。定期的に飲むことによって女性にうれしい「強い味方」となってくれますよ。

これは嬉しい♡黒豆茶の効果・効能


「黒豆茶」は一般的なお茶とは違い、びっくりするくらいたくさんの成分が含まれていることがわかりますが、その1つ1つは具体的にどのような効果を発揮するのでしょうか?



むくみ解消


黒豆茶の原料である「黒豆」は、カリウムを豊富に含んでいます。カリウムには「血圧を下げる効果」や「老廃物を排出する働き」があるため、体の中に溜まっている不要な水分や老廃物を排出し、むくみの解消へとつながります。

朝起きると顔がむくんでいたり、夕方になると足が重かったりする場合は、積極的に黒豆茶を飲みましょう。



美肌効果


黒豆には「不溶性食物繊維」が豊富に含まれているため、デトックス効果や便秘解消を期待できます。また、ビタミンB2にはお肌の再生や美髪・美爪にも効果があるため、女性の頼もしい味方となってくれます。

その他にも、腸内環境を整えてくれる「オリゴ糖」も含まれているため、黒豆茶を飲み続けることにより、体の内側から健康的で綺麗なお肌づくりの手助けをしてくれるのです。



メタボ改善


「大豆たんぱく質」を多く含んでいるのも、黒豆茶の特徴です。大豆たんぱく質には、血中に含まれる「コレステロール」を下げる働きや、血圧や血糖値を下げる働きもあるため、メタボを効果的に改善してくれて健康的な体へと導いてくれるのです。

また、「ビタミンB群の仲間」である、ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシン・パントテン酸・ビオチンは、大豆たんぱく質の働きをスムーズにする手助けをしてくれるため、健康的な体づくりをするうえで重要な役割をしてくれます。



アンチエイジング


黒豆の表面にある「黒い皮」には、アントシアニンが多く含まれています。このアントシアニンには抗酸化作用があるため、アンチエイジングに効果的といわれています。

ビタミンEにも強力な抗酸化作用があるため、黒豆を摂取することによりダブルで老化を防いでくれます。

年齢を重ねても美肌を維持するためには、黒豆茶は必要不可欠な存在です。



脳を活性化してくれる


黒豆茶には「レシチン」や「コリン」という成分も含まれています。あまり聞きなれない名前ですが、これらは脳を活性化するうえで重要な役割をしています。

集中したいときや、最近物忘れが多いと感じたときなどに黒豆茶を飲むと、脳を健康な状態へと導いてくれますよ。



冷え性予防


「アントシアニン」には、血液の流れを正常に戻してくれる働きがあります。また、ビタミンEには血行を良くする働きがあるため、血液をサラサラにしてくれて血流をアップしてくれます。これにより、冷え性の改善や予防が期待できます。



貧血予防


黒豆茶には「鉄分」も多く含まれているため、貧血の予防にも効果的です。また、ビタミンB群の仲間である「ビタミンB12」や「葉酸」には、赤血球の生成や悪性貧血を防ぐ働きもあるため、鉄分と協力しあって貧血の予防をしてくれます。



病気の予防


黒豆茶には「イソフラボン」を多く含んでいます。イソフラボンには女性ホルモンの働きを促してくれる効果があるため、骨粗しょう症や乳がんなどをはじめとした「女性に多い病気」の予防に効果的です。

大きな病気以外にも「口内炎の予防」や「虫歯予防」「ストレス解消」「体のだるさの改善」「寝つきを良くする」など、さまざまな体の不調を改善してくれます。



黒豆茶の基本的な淹れ方


「黒豆茶の淹れ方」には、さまざまな方法が存在します。効果的に取り入れるためにも基本的な淹れ方をマスターして、自分のライフスタイルに合わせて継続しやすい方法をみつけることが重要です。



黒豆から淹れる方法


黒豆茶を「豆」から入れる方法についてご説明します。この方法は少し手間がかかりますが、黒豆本来の香りを楽しみたい人や、残った豆をそのまま食べたい人におすすめです。



まずは、黒豆をザルなどに入れ、軽くこすり合わせながら水で洗い流しましょう。よく水を切ったらフライパンに入れ、弱火でじっくり炒ります。途中で何度かフライパンを揺らしながら、20分~30分くらい黒豆がほんのり色づくまで火にかけましょう。

ほんのり色づいてきたら火を止めて、粗熱を取ったら容器に移して完成です。飲むときは、カップや急須に黒豆を少し入れて熱湯を注ぎましょう。色が出てきたら飲み頃ですよ。

市販の炒り黒豆を使う方法


市販の「炒り黒豆」を使えば、わざわざ火を通すこともなく手間をかけずに簡単につくれます。また、香りを楽しめるメリットもありますが、ものによっては残った豆をそのまま食べられない場合があるため、購入時には焙煎度を確認することを心がけましょう!

淹れ方は豆からつくったときと同じで、カップに適量の豆とお湯を入れれば完成です。手軽に飲めて便利ですね。



ティーバッグで淹れる方法


紅茶感覚で飲める「ティーバッグ」は、忙しくて時間がとれない人におすすめです。炒り黒豆と比べると香りが減ってしまいますが、持ち運びが便利なので職場など外出先でも気軽に飲める便利さがあります。

淹れ方は、とっても簡単!ティーポットにティーバッグを1袋入れて熱湯を注げば完成です。なかには、ティーバッグなのに中身が食べられるものもあるので、最後まで楽しみたい人は探してみましょう。



黒豆茶をアイスで飲みたい場合


夏の暑い時期や猫舌の人は、黒豆茶をアイスにして飲みたくなりますよね。ホットで淹れた黒豆茶を冷蔵庫で冷やすのもいいですが、時間がなかったり忙しかったりするときは「水だし可能なティーバッグ」を活用しましょう。

意外にも、黒豆茶にもアイスが可能なティーバッグが売っています。購入の際には、対応可能かどうか確認してみましょう。



黒豆茶を飲む際の注意点


万能なアイテムの「黒豆茶」ですが、実は注意点がいくつか存在します。しっかり理解をして守らないと、効果が半減するだけでなく体へ悪影響を及ぼしてかえって逆効果となってしまうことも……。

より効果的に続けるためにも、正しい飲み方や注意点をしっかりマスターしましょう!



飲み過ぎないように


体に良いとされる「黒豆茶」ですが、一度に飲みすぎると体にさまざまな不調を起こしてしまいます。

例えば、黒豆茶に含まれている「不溶性食物繊維」は便秘解消に効果があるとされていますが、摂りすぎると腸が活発になりすぎて、下痢を引き起こしてしまいます。

また、女性が発症しやすい病気の予防をしてくれる「イソフラボン」ですが、こちらも摂りすぎることによってホルモンバランスを崩してしまい不調の原因へとつながってしまいます。



健康的な大人が黒豆茶を飲む場合、1日2~3杯が目安とされています。せっかく効果を期待して飲むのだから、1日の摂取量を守りましょう。

特に妊婦さんの場合は、1日1~2杯を目安にしておくのがおすすめです。ノンカフェインなので妊婦さんでも安心できる飲み物ですが、イソフラボンの過剰摂取は妊娠中の体には悪影響とされています。お腹の中の子どものためにも、摂取量を守ることが大切ですよ。

1
2

関連記事