ムカつく女友達の特徴といえば?上手な対処法や仕返しする方法も必見

誰の周りにも1人はいるであろう「ムカつく女性」。仕事仲間にいるという人もいれば、プライベートで付き合いのある友達がムカつく、という人も。そんなムカつく女性は、そばにいるだけでイライラしてしまう存在なので、ストレスが溜まっているという人も多いのでは?

そこで今回は、ムカつく女性の上手な対処法や仕返し方法についてご紹介します。もし自分の周りにムカつく女性がいるという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


目次

ムカつく女友達ってどう対処すればいいの?



一緒にいるとイライラする女性、それが付き合いのある友達や知り合いだと厄介ですよね。これからも付き合っていくとなると、大々的に注意して事を荒立てるのは嫌だけど何とかしたい。では、どのようにムカつく女性を対処したらいいのか気になりますよね。

こんな人いませんか?ムカつく女友達の特徴



ムカつく女の対処法を知る前に、まずはムカつく女友達の特徴を知っておきましょう。特徴ごとに対処法が変わることもあるので、自分の周りにいるムカつく女友達がどんなタイプなのかチェックしてみてください。

マウンティングしてくる



マウンティングする女性は「私は誰よりも優れている」と思い込んでいるため、自分が相手よりも優位に立つことで幸せを感じるのが特徴です。そのため、「私はこんなにも素晴らしい人間だ」というアピールをするために相手をけなしたりすることがあります。

マウンティングされた側はイライラしますが、マウンティングする側の女性は無意識にこの行動をとっていることが多いので非常に厄介な存在です。

過干渉



「こうしたほうがいいよ」「私なら絶対こうする」という一見アドバイスととれる発言、主観が強すぎたり、すべての事柄に口を出す面倒見が良すぎる女性はあなたの周りにいますか?友達を思いやっての発言だとしても、度を越えれば過干渉になってしまいます。アドバイスを求めていないのに、あれもこれもと言われたら正直うっとうしい存在ですよね。

当の本人は「友達が心配だから言ってあげている」という優しさゆえの行動なので、困りものです。

愚痴が多い



気心知れた女友達だからこそ、たまには愚痴を聞いてもらいたいと思うこともあるでしょう。しかし、毎回会うたびに愚痴を聞かされていたら疲れますよね。

いつも愚痴を言う人は「でも・だって・私は悪くない」と否定する言葉が多いのが特徴です。どんなに話を聞いても答えが出ないネガティブな会話が毎回だと、「いい加減にしてよ!」とつい怒りたくなってしまいます。

時間にルーズ



約束の時間を守らず何度も遅刻する人、居ますよね。残念ながら時間にルーズな人はなかなか直らないので毎回悩まされることも。仕事の約束はもちろん、遊びに行く約束でも時間というのは大切なものです。しかし、相手の時間を奪っている、時間を無駄にしているという感覚はおそらくないでしょう。

自慢話が多い



「彼氏にブランドのバッグ買ってもらっちゃった」「最近先輩に告白されちゃって」と、こちらが聞いてもいないのにベラベラと自慢話をしてくる女性にはうんざりする人が多いようです。

延々とその自慢話を聞くことも疲れますが、自慢話が多い人は承認欲求が強く、なんでも張り合ってくるという特徴があります。時にはバレバレの嘘をついてまで張り合おうとするので、聞いているほうは呆れてしまいます。

余計な一言が多い



「〇〇ちゃんにしては、よくできたね!」「彼氏かっこいいね!でも私の彼氏の方がかっこいいけど」といったように、余計な一言を言ってしまう人がいます。

褒めているようでちょっと見下した発言に、言われた側はなんとなくモヤモヤしてしまうもの。また、人によってはマウンティングするかのような嫌味な言い方をする場合もあり、ムカつくと思う人が多いようです。

職場でもイライラ…ムカつく女の特徴



職場にはさまざまなタイプのムカつく女性がいます。毎日顔を合わせる存在だからこそ、ちょっとしたことでも目に付きイライラが募る原因に。それでは、職場にいるムカつく女性の特徴を見ていきましょう。

上司の前で猫をかぶる



散々上司の悪口を言っていたのに、その上司を目の前にした途端、ニコニコと愛想のよい笑顔を振りまく人がいます。もちろんそうした切り替えも時には必要ですが、あまりにも態度が変わると周りは「ついていけない」と思ってしまうようです。

そういう女性に限って悪口を言っている上司に媚びを売ることがあるので、「言ってることが違うじゃん!」と周りから批判される対象となります。

無視してくる



挨拶はもちろん、用事があって話しかけているのに無視をするという女性もいます。相手のことを単純に嫌い、相手の容姿や才能に嫉妬して避けている、自分のことで精一杯の状態で周りに目を向けられないなど、無視をする理由は人によってさまざまです。

しかし、職場は仕事をする場であって個人的な感情を持ち込んでいい場所ではありません。だからこそ、挨拶は返す質問には答える、といった最低限のコミュニケーションがとれない女性は腹立たしく感じます。

空気が読めない



職場はチームワークが試される場所です。会社ごとに社風があったり、社員一丸となって設定した目標に取り組んだりと、その場の空気を呼んで臨機応変に対応することが求められます。

しかしなかには空気が読めず社風に合わない格好で来たり、仕事よりも自分の都合を優先したりなどの自己中心的な行動をとる人もいるようです。女性の多くは空気を読むことに長けている人が多いため、空気が読めない人が居ると目に付き、気になる人が多いようです。

間違いを認めない



間違いやミスがあったらそれを認めて、謝るのが一般的。しかし、あきらかに間違いを起こしているにもかかわず、それを認めず開き直る女性もいます。

指摘や注意をされても「私は〇〇さんに言われた通りにしただけ」と誰かのせいにしたり、時には逆ギレして周囲を困らせる人もいるようです。間違いは誰にでもありますが、訂正や謝罪は必要ですよね。特に仕事となると、素直に認められない場合は信頼を失ってしまうことも。

上から目線



「そんなことも知らないの?」「私が言っているんだからあなたは従えばいい」「あなたには無理」といったように、常に上から目線でしゃべる女性もいます。

上司と部下という立場であれば、多少はグッと我慢することもあるかもしれません。けれど常にこのような対応をされたら、さすがにイラッとしますしモラハラになる可能性もありますよね。上から目線の女性に限って偉い人の前ではペコペコしたりするので、余計に周囲から反感をかいます。

男性に媚びたり甘える



声がワントーン高くなったり、「これわかんなーい」と可愛い子ぶって甘えたり、さりげなくボディタッチをしたりなど、男性の前になると急に態度を変える女性もいます。

プライベートな場ではなく、あくまでも職場は仕事を目的とした場所なのでそのような行動は控えるのが一般的。仕事そっちのけで男性に気に入られようと必死になっているので、仕事は進まないし見ていて不快なので、イライラの対象となります。

おしゃべりに夢中で仕事をしない



職場内でコミュニケーションを取ることは大切ですが、業務に支障が出るほどおしゃべりに夢中になるのはちょっと問題があります。その女性が残業になるだけならいいのですが、時にはその溜まった仕事を他の人が処理しなければならない場合も。

「お給料は働いた対価として貰えるはずなのに、なぜ働かないのか?」と、真面目に仕事をしている人が不満を持つのは当たり前ですよね。

ムカつく女友達への上手な対処法は?



自分の周りにいるムカつく女はどんなタイプでしたか?ここからは、ムカつく女友達に対する対処法についていくつかご紹介しますので、女友達のタイプによって対処法を変えてみましょう。

深く付き合わない、気にしない



ムカつく女友達とは一緒の空間にいるだけでイライラしてしまうもの。その状態ではストレスが溜まるのは目に見ています。そのため、できることならこれ以上深い関係になるのは避けるべきです。

ただ、女性の場合はグループ行動をする人たちも多いので、「仲良くしないわけにはいかない」という人もいるはず。そんな場合は、とにかく相手の意見を気にしないことです。真に受けてしまうとイライラばかりが募るので、「また言ってるよ」という軽い気持ちで受け流しましょう。

正直な思いを伝えてみる



相手を不快にさせる行動をとる人の中には、実は悪気がなくやってしまっている人も居ます。素直でいい子なんだけど、どうしてもここだけは気になる……、なんて場合は悪気なく行っている可能性があります。

だからこそ、正直に思っていることを伝えてみましょう。時にはハッキリ注意してあげることも優しさなので、この機会に話し合いをしてみてください。あなたのことを本当に大切だと思っている友達なら、きっと改善してくれるはずですよ。

肯定してあげる



マウンティングする女友達や自慢ばかりしてくる女友達は、実は「みんなから認められたい」「私のことをもっと見てほしい」といった不安を抱えています。その不安を解消するために、マウンティングや自慢をして自分を保とうとしているのです。

そういった心理があるからこそ、否定するような言葉をかけるのは得策ではありません。肯定するような言葉をかけて承認欲求を満たしてあげるようにしましょう。

次のページ
1
2

関連記事