紫に合う色をマスターして個性的に♡おしゃれに差がつくコーデを紹介

みなさんは紫色のアイテムをコーディネートに取り入れることはありますか?エレガントでミステリアスな雰囲気のある紫色は、コーディネートをワンランク上の着こなしにしてくれる魅力的なカラーで、その存在感は、コーディネートの主役としても差し色としても取り入れられる万能カラーでもあります。

こちらの記事では、紫に合うおすすめコーデをカラー別にご紹介していきます。紫を使ったコーデの魅力をたっぷりご紹介しますので、ぜひこちらを参考に紫アイテムに挑戦してみてくださいね!


目次

紫に合う色ってなに?上手にコーディネートしたい♡


紫色は、ほかの色にはない魅力がたっぷりの唯一無二のおしゃれカラーです。コーディネートにさりげなく取り入れるだけでも、グッとハイセンスな着こなしになるファッショナブルなカラーですよ。

しかしその一方で、おしゃれ初心者の方にとって個性的な紫は合わせるのが難しいという印象も強いですよね。ここからは、紫色の魅力や紫を上手に取り入れたコーディネートをご紹介しますので、ぜひお気に入りの着こなしを見つけてみてくださいね!


SHOPLISTで紫アイテムを探す♡

紫は春夏秋冬いつでも取り入れられる万能カラー♡


紫には、春夏秋冬どんな季節でも取り入れられるという魅力があります。ひとくくりに紫といっても、春らしいさわやかなイメージの薄紫から秋らしいシックなイメージの深い色味の紫までさまざまな表情をもっています。紫の合わせ方をマスターすれば、おしゃれな着こなしを1年中楽しめるのでコーディネートの幅が広がりますよ。

コーディネートを垢抜けた印象にしてくれる


紫には、コーディネートを垢抜けた雰囲気にしてくれるという魅力もあります。そもそも、紫が与える印象には神秘的や芸術的といった感性を刺激する深い魅力があります。特有の魅力を持った紫をファッションで取り入れると、奥深く洗練された独特な雰囲気を持った印象を与えられるので、周りと差がつくハイセンスな着こなしができます。

紫に合う色のおすすめコーデ《ホワイト》


いよいよここから、紫を取り入れたコーディネートをカラー別にご紹介していきます。

まずは紫にホワイトを合わせたコーディネートです。ホワイトは、基本的にどんな色にでも合うベーシックなカラーです。もちろん紫との相性の良さも間違いなしで、とても合わせやすいカラーなので初心者さんにおすすめです。

薄紫スカート×白Tシャツ


こちらは、薄紫のフレアスカートにシンプルな無地の白Tシャツを合わせたコーディネートです。全体的にカジュアルなアイテムでまとめた着こなしに、可愛らしい薄紫のスカートがフェミニンテイストをプラスしたコーディネートになっていますね。

薄い色味の紫はラベンダーカラーともいわれ、とても春らしいイメージがあります。こちらのコーデのように、カゴバックを合わせるとラベンダーカラーのスカートと春らしい雰囲気がマッチして、とても季節感のある着こなしになりますよ


紫ロンT×白パンツ


こちらは、紫のプリントロンTと白のパンツを合わせたコーディネートです。前面のフォトプリントがポイントのクールな着こなしですね。トップスはスモーキーな紫色なので、カジュアルなTシャツでも上品さのあるアイテムです。

合わせている白のパンツも、少しグレーがかったようなアイボリーに近い色味なので全体的に落ち着いた雰囲気にまとまっています。サングラスやブーツなど、小物づかいもスタイリッシュでこなれ感のあるおしゃれな着こなしですね。


薄紫キャミワンピ×白ブラウス


こちらは、薄紫のキャミソールワンピに白のブラウスを合わせたコーディネートです。薄紫色の花柄ワンピースがとてもロマンティックで、うっとりしてしまいますね。

上半身がコンパクトなデザインのキャミソールには、そでにボリュームがあるふんわりしたシルエットのブラウスを合わせると、とても女性らしい着こなしになります。ただ、女性らしいファッションに挑戦したいけど、花柄のワンピースは甘くなりすぎるのが心配で抵抗があるという方も多いですよね。でも紫色なら、そんな心配は無用です。

紫はピンクやイエローなどのガーリーなイメージのカラーに比べて落ち着いた雰囲気のあるカラーなので、大人の女性にもおすすめですよ。

紫パンツ×白プリーツシャツ


こちらは紫のスラックスパンツに白のプリーツシャツを合わせたコーディネートです。独特なデザインのプリーツシャツに紫色のパンツの個性的な魅力がマッチしていて、シンプルだけど目を惹く着こなしになっています。

テロっとしたとろみ素材のパンツと、透け素材のプリーツシャツは抜け感のある雰囲気が相性バッチリで、春夏にも涼しげに着られるさわやかな着こなしですね。


SHOPLISTで紫×白アイテムを探す♡

紫に合う色のおすすめコーデ《ブラック》


続いて、紫とブラックを合わせたコーディネートをご紹介していきます。ブラックも、ホワイト同様どんな色にも合わせやすいモノトーンカラーですよね。ホワイトがさわやかな魅力を持っているのに比べ、ブラックは紫と合わせるとコーディネートをダークで魅惑的な雰囲気にしてくれます。

大人っぽい魅力たっぷりの紫×ブラックの組み合わせは、挑戦してみたくなること間違いなしですよ!

紫ニットカーディガン×黒パンツ


こちらは、紫のニットカーディガンに黒のパンツを合わせたコーディネートです。ゆったりしたニットカーディガンをタックインしているので、ウエスト周りが引き締まって見えてメリハリのある着こなしになっていますね。

シンプルな組み合わせですが、首元の肌見せで女性らしさが演出されていますし、カーディガンについている大きなボタンや、白いベルトがワンポイントになっているのでとてもバランスが良いコーディネートです。


紫ニット×黒ムートンコート


こちらは、紫のニットに黒のムートンコートを合わせたコーディネートです。ボリュームがある黒のムートンコートは、秋冬に取り入れたいおしゃれアイテムのひとつですよね。落ち着いた色味の紫のニットとよく合っていて大人っぽくてかっこいい組み合わせです。

下は、白のコットンスカートを合わせているのでコーディネートが軽やかになり、抜け感のある雰囲気を演出してくれています。またこちらのコーデのように、ムートンコートはそでを通さずに肩がけではおれば、こなれ感のあるハイセンスな着こなしになりますよ。


紫ロングコート×黒デニムパンツ


こちらは、紫のロングコートに黒のデニムパンツを合わせたコーディネートです。紫のロングコートというと派手な印象になりがちですが、こちらのロングコートはくすんだ色味の紫で落ち着いた大人っぽい雰囲気を演出しつつ、存在感もバッチリの絶妙な魅力があるアイテムです。

カジュアルな黒のデニムパンツとスリッポンを合わせてラフに着こなしていて、ゆるめの雰囲気が女性らしいですね。紫色が持つアンニュイなイメージと大人っぽいラフな着こなしが絶妙にマッチしていて、ほかの色では出せない魅力を見せられるスタイルです。


紫バッグ×ブラックコーデ


こちらは、全体を黒でまとめたブラックコーデに紫のバッグを合わせた着こなしです。

オールブラックは上手に着こなせば、シックでモードな雰囲気のある魅力的なコーディネートができます。しかし地味で冴えない印象になってしまうこともあり、なかなか挑戦する人が少ないのも事実。そんなときは、差し色をプラスして垢抜けたブラックコーデにするのがおしゃれな着こなしのコツです。

こちらのコーデでは、2020年流行している巾着バックで紫を差し色として取り入れていてトレンド感とこなれ感をプラスした着こなしになっています。個性的なカラーのアイテムをひとつ取り入れるだけで、コーディネートが一気にスタイリッシュでハイセンスに仕上がるので、紫はブラックコーデの差し色としておすすめです。


SHOPLISTで紫×黒アイテムを探す♡

紫に合う色のおすすめコーデ《ベージュ系》


続いてご紹介するのは、紫とベージュ系のカラーを合わせたコーディネートです。ベージュ系といえば、黄色が混じったような白のアイボリーや薄いブラウンのような色などでヌーディーなカラーで女性らしいイメージが強いですよね。

女性らしいヌーディー系のカラーと大人の魅力たっぷりの紫色は上品できれいめなコーディネートにぴったりの組み合わせです。

紫ロングガウン×アイボリーワイドデニム


こちらは、紫色のロングガウンにアイボリーのワイドデニムを合わせたコーディネートです。リラックス感のあるラフな着こなしですが、落ち着いた色味の紫とアイボリーの色づかいが大人っぽいきれいめカジュアルなコーディネートにまとまっています。

ざっくり首元があいたインナーに、抜け感のあるロングガウンを合わせることでヘルシーな肌見せができるので、涼しげで軽やかな春夏コーデにおすすめです。また、すその広がったシルエットのワイドデニムをハイウエストで履くと足が長く見え、スタイルアップ効果もバツグンですよ!


紫スカート×ベージュトレンチコート


こちらは、紫色のスカートにベージュのトレンチコートを合わせたコーディネートです。春や秋の定番アイテムであるトレンチコートを使ったコーデは、色づかいで個性を出したいですよね。

こちらのコーディネートのように、トレンチコートにシックで落ち着いた雰囲気の深い紫のスカートを合わせると、とても上品な着こなしになります。エレガントな魅力のあるトレンチコートとダークで気品ある紫のスカートは、大人の女性のきれいめスタイルにぴったりでデートなどでも活躍するコーディネートです。

こちらのコーディネートでは、足元に白いスニーカーを持ってきてカジュアルダウンしていて、力が抜けたこなれ感のある着こなしになっていますね。


次のページ
1
2

関連記事