マジェステの使い方を徹底解説!万能なヘアアクセでアレンジ無限大♡

おしゃれ女子の間で話題のヘアアクセサリー「マジェステ」をご存知でしょうか?「知っているけれども、どんなふうに使うのかよく分からない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。実際に使っている方にも「うまく留まらない」「落ちてしまう」などいろいろ悩みがあるようです......。

マジェステは形もいろいろあるので、使いこなせるとヘアアレンジの幅が広がりますよ。マジェステの使い方のコツとヘアアレンジについてご紹介していきます!


目次

ヘアアクセサリー「マジェステ」がおしゃれ女子の間で話題♡



ヘアアクセサリーのマジェステが「ヘアアレンジのアクセントになる!」とおしゃれ女子の間で話題になっています。マジェステを使えばシンプルなヘアアレンジでも凝った印象に大変身しますよ。
そんな流行りのマジェステについて簡単にご説明していきます!

マジェステとは?



マジェステとは、バレッタにかんざしのような金具が組み合わされたデザインのヘアアクセサリーのことです。使うだけでこなれ感が出るので、簡単なヘアアレンジの仕上げに使うのもおすすめですよ。

バレッタは留める髪の量が増えると留めにくいことがありますが、マジェステはスティックを挿し込むだけなのでその心配がありません。

種類や形も豊富で嬉しい♡



マジェステの魅力は何といっても種類や形が豊富なところです。同じマジェステでも形が全く違うこともあります。

流行のアイテムですが、年代問わず使える大人かわいいデザインも多いですよ。最近では100均でも売られていますので、お気に入りのデザインを探してみてくださいね。

マジェステの定番はなんといってもべっ甲風のマーブル模様



マジェステで定番となっているのが「べっ甲風のマーブル模様」です。マーブル模様のデザインは仕事などでの普段使いからデートまで幅広く対応できます。


詳しく見る♡
一つ持っておくといろいろな場面で使えてとても便利ですよ。色を変えると印象がガラリと変わるので、シーンによって使い分けるのもおすすめです!

シンプルなフレームデザインは使い勝手抜群



マジェステでおすすめなのが「フレームとスティックのみのシンプルなデザイン」です。シンプルなサークル型のほか、ハートやスターなど見ていて楽しくなるデザインがたくさん揃っていますよ。

日常で気軽に使えるタイプのマジェステは、ほかのヘアアクセサリーと合わせて楽しむのもおすすめです。

変わったデザインで人と差を付けるのもおすすめ



マジェステの魅力はやはりほかとは違ったデザインです。「人とかぶりたくない」という方は、その中でもさらに変わったデザインを選ぶのもおすすめですよ。


詳しく見る♡
人とは違った素敵なデザインのマジェステを探してみてくださいね。

マジェステの基本的な使い方&しっかり留めるコツとは?



マジェステの使い方はとてもシンプルです。ただし、留め方によってはうまく固定されなかったり、落ちたりすることもありますので注意しましょう。

マジェステの基本的な使い方と、しっかり留めるコツについて解説していきます。

1.髪の結び目やまとめた部分にマジェステ本体を押し当てる



まず髪の結び目やまとめた部分にマジェステの本体部分を押し当てます。髪の毛がある程度束になっているところが付けやすいですよ。留めたいところにかぶせてしっかり押し当てておきましょう。

2.マジェステ本体にスティックを通す



マジェステ本体を動かないよう押し当てたら、スティックを通していきましょう。このとき、なるべく髪の毛の奥の方に差し込むようにするのがポイントです。

表面の浅い部分にスティックを挿しただけだと、抜けやすくなってしまうので注意しましょう。

マジェステをしっかり留めるコツ



マジェステはうまくスティックを挿し込まないと、固定されなかったりスティックが途中で抜け落ちたりすることがあります。コツを覚えてマジェステの使い方をマスターしましょう!

マジェステのスティックをゴムの結び目に挿すようにする



マジェステがなかなか固定できない場合は、スティックをゴムの結び目に挿すようにすると安定します。マジェステのスティックは髪の部分のみに通すと動きやすく、固定されにくい場合があるためです。

マジェステ初心者の方には特におすすめですので、試してみてくださいね。

髪にスタイリング剤をつけておく



特に髪の毛がストレートの場合やもともと髪質が細めの方は、そのままの状態だとマジェステのスティックが抜けやすくなります。ヘアアレンジをするときにスタイリング剤をつけて馴染ませておきましょう。

ワックスをもみ込んだりスプレーをかけたりしておくと、髪の毛がまとまるのでマジェステが落ちにくくなりますよ。

ヘアアレンジをするときに髪をねじりを入れておく



マジェステを付ける前に、あらかじめねじりを入れておくのもおすすめです。その部分にマジェステのスティックを挿し込めば、きつめに留まるので落ちにくくなります。

ほかにも髪の毛でゴム隠しをしたところや編み込み部分など、髪の層が厚くなっている部分に留めるのがポイントです。

スティックが短めや太めの物を探す



マジェステが落ちやすくなる原因の一つに「スティックの先端部分が手やものにぶつかって抜けてしまう」というものがあります。それを防ぐために、最初からスティックが短めや太めのものを探して選ぶというのも一つの方法です。


詳しく見る♡
垂直ではなく斜めに差し込んで、スティックの先端がなるべく当たらないようにするのも対策になりますよ。

【髪の長さ別】マジェステを使うときのヘアアレンジ例



マジェステは基本的な使い方のコツを押さえれば、いろいろなヘアアレンジに使えるのが魅力的なところです。ある程度長さがあれば、ショートやボブくらいの長さの方でもマジェステを使ったヘアアレンジが楽しめますよ。

髪の長さ別にマジェステが似合うヘアアレンジ例をご紹介していきます。

ショート&ボブ



ショート&ボブは髪が短い分ヘアアレンジがしにくいと思われがちです。でもやり方によっては、ショート&ボブを活かしたかわいい髪型が簡単に作れますよ。ぜひ試してみてくださいね。

サイドの髪を利用してマジェステでアレンジ



髪型がショート&ボブの方は、サイドの髪の毛をうまく利用してマジェステでアレンジしてみましょう。そのままだとマジェステが落ちやすくなるので、髪の毛をねじってピンで留めてからつけるなど工夫してみてください。


詳しく見る♡
小さめのマジェステを選んで、ほかの飾りピンと一緒に付けてみても楽しそうですね。

ねじりんぱにマジェステをプラス



ショートやボブの方は髪の毛が短いので、凝った編み込みなどは難しいと思っていませんか?ねじりんぱなら、髪の毛が短めでも挑戦しやすいですよ。

サイドの髪をねじって後ろでハーフアップになるようにゴムで留め、1回くるりんぱします。ねじった部分を丁寧にほぐして、マジェステでゴム隠しすれば完成です。


Amazonはこちら♡
定番のリボンのほか、リーフモチーフなどを選べばまた違った印象になります。簡単ですが凝ってみえるヘアアレンジなのでおすすめです。

小さめシニヨンにマジェステでアクセントを



「シニヨンは髪が長くないと......。」とあきらめるのはもったいないです!簡単なシニヨンの場合、一つ結びにしたら毛先をゴムに入れ込むだけでOKです。大きめのマジェステをつけてアレンジのアクセントにしてみましょう。


詳しくはこちら♡
パステルカラーのマジェステを選べば、気分も晴れやかになりそうですね。

ミディアム



ミディアムはある程度長さがあるので、ヘアアレンジが比較的しやすい髪型です。「いつも同じ髪型になりがち」という方もバリエーションを増やして、いろいろなマジェステで遊んでみましょう!

後ろ編み込みをマジェステでさらに華やかに



ミディアムの方におすすめなのが後ろ編み込みです。難しそうに見えますが、表編みをマスターすれば簡単にできますよ。

後ろ編み込みにマジェステを添えるとさらに華やかになるので、パーティヘアとしてもおすすめです。


詳しく見る♡
ゴールドのマジェステなど、ゴージャスな印象のものを選んでみてくださいね。

元気な玉ねぎヘアもマジェステで大人っぽく



結んだ形が玉ねぎのように見える玉ねぎヘアが話題になっています。髪がそんなに長くなくてもできるので、ミディアムの方にぴったりです。

玉ねぎヘアは元気な印象がありますが、くるりんぱと合わせたり結ぶ位置を低くしたりすると大人っぽく仕上がりますよ。


詳しく見る♡
マジェステもシックなものを合わせて、大人の玉ねぎヘアを楽しんでみてはいかがでしょうか?

三つ編みハーフアップとマジェステでガーリーに



ハーフアップは定番のヘアアレンジですが、いつもと変えたいというときは三つ編みがぴったりです。ミディアムの長さを活かして三つ編みを2つ重ねたり、くるりんぱを足してみたりするとさらに可愛くなりますよ。


詳しく見る♡
甘めのマジェステを合わせてデートやお出かけを楽しんでくださいね!

ロング



ロングは女性らしい髪型として人気ですよね。そのまま下ろしているのも十分素敵ですが、ロングならではのヘアアレンジに挑戦してみませんか?主役級のマジェステを使えば注目が集まりますよ!

定番のローポニーテールもマジェステで変身



ローポニーテールといえばヘアスタイルの定番ですよね。普段でもよく見かける髪型ですが、マジェステ一つでパーティヘアにも変身します!ロングの方は髪をゆったり巻いておくと、大人っぽくこなれた印象になりますよ。


詳しくはこちら♡
華やかなマジェステをプラスすれば、たちまちパーティヘアの完成です。大振りでビジューなどが付いたマジェステを選んでみてくださいね。

フィッシュボーンをマジェステで一工夫



「普段の三つ編みとは一味違うヘアアレンジに挑戦したい!」という場合は、「フィッシュボーン」がおすすめです。編み上がりが魚の骨の形に似たヘアアレンジで、簡単なのに凝った髪型に見えますよ。


詳しく見る♡
ロングの方は長めのフィッシュボーンを作って、マジェステは甘めのものを選ぶと特別感が出ます。ヘアアレンジに一工夫して周囲と差をつけましょう!

編み下ろしにマジェステで彩りを



編み下ろしといえば、結婚式でもよく使われる憧れの髪型ではないでしょうか?そんな特別感のある髪型ですが、デートやお出かけにもぴったりです。


詳しく見る♡
ロングならではの長い編み下ろしに、あえてキュートなマジェステを合わせるとカジュアルダウンできますよ。ほかのヘアアクセもプラスして遊び心満載の編み下ろしを楽しんでみてくださいね。

1
2