焼けた肌を白くする方法は?日焼け直後にすべきこと&紫外線対策も♪

毎年夏の暑い時期になると悩まされる、日焼け対策。きちんとやっているつもりでも、いつの間にか日焼けをしていた……。そんな経験はありませんか?日焼けはお肌を黒くするだけでなく、シミやシワ・そばかすの原因にもなるので、女性の大敵ですよね。

今回は、焼けた肌を効果的に白くする方法と、日焼け直後の正しいケア&紫外線対策についてご紹介します。しっかりケアを行い、美白美人を目指しましょう!



目次

日焼けしても諦めないで!焼けた肌を白くする方法は?



日焼け止めを塗るのをつい忘れてしまった……。気づいたときにはお肌が赤くヒリヒリとしていて、手遅れだった……。こんなとき、どうしたらいいの?と焦りますよね。

実は、日焼けをした後でも「お肌を白くする方法」があるのです!焼けてしまったからと諦めないで、今からでもできることを実践してみましょう。

そもそも日焼けして肌が黒くなるのはなぜ?




お肌が黒くなるのは、日焼けをした直後に起こる「サンバーン」と、日焼けをして数時間経ってから起こる「サンタン」の、2つの症状により起こります。

サンバーンは日光皮膚炎とも呼ばれ、日焼けをした直後に起こるお肌がヒリヒリと赤くなる状態のことをいいます。これは、紫外線が皮膚を通過して細胞組織が傷つくことで起こり、軽いやけどをしている状態と同じなのです。また、お肌を紫外線から守るためのメラニンを、このとき同時につくっています。

サンタンは、サンバーンによりつくられたメラニンが分泌する際にできる色素のことで、このメラニンによりお肌を黒くしたりシミやシワの原因を作りだしたりするのです。

日焼け直後にすべきこと



日焼けをした後に、そのまま放置していませんか?実は、アフターケアをしっかり行うことで、お肌の回復を早めるだけでなくシミやシワ対策にも効果が現れるのですよ。

なるべく早めに冷やす



日焼けは「軽いやけど」をしているのと同じ状態のため、なるべく早めに冷やすことが重要です。冷水や冷えた濡れタオル・または保冷剤で火照りがなくなるまで、しっかり冷やしましょう。

冷水で冷やす場合は、水圧でお肌にダメージを与えないように注意をし、保冷剤で冷やす場合は冷えすぎを防止するためタオルなどを巻いてから使いましょう。

優しく洗顔をしてしっかり保湿をする



日焼けをした直後は、思っている以上にお肌がダメージを受けています。そのため、クールダウンした後のお肌は優しくケアを行うことが重要です。洗顔をする際はゴシゴシと強く洗うのではなく、優しく丁寧に洗いましょう。

洗顔料を敏感肌用のものに切り替えたり、ぬるめのお湯で洗ったりと、なるべく刺激を与えないようにすることも大切です。また、日焼け止めクリームは、お肌に負担のかかるものがほとんどです。特にUV効果の高いものは、より一層お肌に刺激を与えます。日焼け止めがお肌に残っている場合は、やさしくしっかり洗い流しましょう。

日焼けをした後のお肌は、いつもよりも水分が不足しやすくなっています。洗顔後はしっかり保湿をすることも忘れないようにしましょう。敏感肌用の化粧水に切り替えて、お肌に刺激を与えるコットンは使用せずに、手のひらでやさしくお肌を保湿しましょう。

焼けた肌を白くするための方法とは?



お肌が黒くなってきた……。紫外線を浴びてから数時間経つと出てくる症状ですが、少しでも早く元のお肌に戻したいと思いますよね。しっかりケアを行い、さまざまな対策をすることによって、少しでも早く綺麗なお肌に戻しましょう!

これ以上日焼けしないような対策をする



日焼けをしたお肌は、通常よりとてもデリケートな状態です。この状態のまま新たに日焼けをしてしまうと、さらにお肌が焼けるだけでなく、シミやシワの原因をつくりだしてしまいます。

日焼けをした直後は、海やプールなどの紫外線が強い場所に行くことを避けて、日焼け止めを塗ったり日傘を利用したりしてなるべく紫外線を浴びないように注意しましょう。

基礎化粧品を美白タイプのものにする



赤くヒリヒリとした状態が治まってきたら、基礎化粧品を美白タイプのものに切り替えましょう。
美白化粧品は、お肌を黒くする原因の「メラニン」を新たにつくりださないように予防をしてくれる効果があります。また、すでにつくられてしまったメラニンを抑え、元の状態に戻してくれる働きもあります。

美白系の化粧品で特におすすめなのは「薬用美白リアルオールインワンリキッド」です!ビタミンやセラミドなどの美容成分をしっかり含みつつ、独自のナノ化技術で浸透力をアップさせています。

オールインワンなので、肌への負担を最小限にできる点も魅力的。

30代~50代の選ぶオールインワンジェルで第1位を獲得していたり、雑誌等で紹介されていたりと口コミでも高評価されている商品ですので、ぜひ公式サイトも確認してみてください!

薬用美白リアルオールインワンリキッド公式サイトはこちら♡

お肌のターンオーバーを促進する



新しいお肌をつくりだしてくれる、ターンオーバー。焼けたお肌を少しでも早く元の状態に戻すには、新しいお肌をつくりだすことが重要です。そして、このターンオーバーは「成長ホルモン」と深い関係があります。

成長ホルモンは、筋肉や骨をつくりだしてくれたりアンチエイジングに効果があったりと、さまざまな役割をもちますが、成長ホルモンの分泌が活発になることによってお肌のターンオーバーを促進してくれます。

成長ホルモンの分泌を活発にするには、空腹を感じてから30分程度は食べ物を口にしないことです。体が空腹を感じると成長ホルモンが活発になり、その後ご飯を食べることで代謝が上がり、お肌のターンオーバーを促進してくれるのです。

たっぷりと睡眠をとる



日焼けしたお肌を白くするためには、たっぷりと睡眠をとることも重要です。睡眠をたっぷりとると、成長ホルモンがたくさん分泌されてお肌のターンオーバーを促してくれます。

ただ睡眠をたっぷりとれば良いというわけではなく、質の良い睡眠をとることが大切です。寝る直前は、睡眠の妨げとなるカフェインの摂取を控えたり、ブルーライトを浴びるパソコンやスマートフォンの使用を控えたりして、質の良い睡眠をとれるように工夫をしましょう!

適度な運動をする



適度な運動をすることも、成長ホルモンの分泌の大きな手助けとなります。ウォーキングなどで、適度に体を動かすことを心がけましょう。

ここで注意が必要なのが、運動をするために野外に出てしまい新たに紫外線を浴びてしまうことです。せっかくお肌を白くするために実施しているのに、これでは本末転倒ですね。

ウォーキングは施設などを利用してなるべく室内で行い、場所が確保できない場合は自宅でできる体操やヨガに切り替えましょう。

ピーリングで角質ケアをする



ピーリングは、古くなり不要となったお肌を取り除き、新しいお肌へと生まれ変わらせてくれます。そして、このピーリングをうまく取り入れることにより、日焼けしたお肌を元の綺麗なお肌へと導いてくれます。

ピーリングはやりすぎるとお肌へ大きなダメージを与えるだけでなく、かえって悪化させてしまうことも。また、日焼けをした直後のデリケートなお肌に行うとかえってダメージを与えてしまうことになるので、お肌の状態が落ちついてきてから開始し、やりすぎに注意しましょう。

基本は、週に1回。ニキビや肌荒れが気になる人は、10日に1回にするなど間隔を空けることが大切です。ピーリングを行った後のお肌はバリア機能が低下している状態なので、念入りに保湿を心がけ、紫外線を浴びないように注意しましょう。

エステや皮膚科に行く



自分でいろいろやるのは不安……。という場合は、エステや皮膚科へ行きプロの手を借りるのがおすすめです。プロに自分のお肌の状態を診てもらうと、日焼けのことだけでなくお肌の詳しい状態を把握できます。

また、日焼けをした後いつまで経ってもお肌の状態が良くならない場合は、皮膚科できちんと診察をしてもらいましょう。

焼けた肌を白くするためには内側からのアプローチも大切♡



お肌が黒くなると外側からたくさんアプローチをしがちですが、実は内側からもしっかりアプローチをすることによって、より早くお肌を白くできるのです。美白に効果のある栄養素をしっかり摂り、内側からも綺麗な美肌を目指しましょう。

ビタミンCが多く含まれた食べ物を食べる



お肌を白くするために欠かせない栄養素が、「ビタミンC」です。ビタミンCはメラニンの生成を抑えてくれるだけでなく、シミやシワにも効果があるため、積極的に取り入れることを意識しましょう。

代表的な食べ物として、赤ピーマン・黄ピーマン・ブロッコリー・キャベツなどがあります。果物のなかでは、キウイフルーツ・イチゴ・ネーブルオレンジなどに多く含まれているため、毎日の食事にぜひ取り入れましょう!

ビタミンAが多く含まれた食べ物を食べる



美白を目指すうえでビタミンCはとても大きな役割をしてくれますが、日焼けをしにくくするためには「ビタミンA」が欠かせません。

ビタミンAには、紫外線からお肌を守ってくれるバリア機能を強化する働きがあります。また、お肌のターンオーバーを正常な状態へと導いてくれる効果もあるため、美白に欠かせない存在なのです。

ビタミンAの代表的な食べ物としては、豚レバー・鶏レバー・ウナギ・モロヘイヤ・ニンジン・春菊などがあります。なかなか摂取しづらい場合は、栄養補助食品やサプリメントと併用するのもおすすめですよ。

リコピンが多く含まれた食べ物を食べる



トマトに含まれていることで有名な「リコピン」も、積極的に摂取したい栄養素です。リピコンにはお肌のシミや老化を防いでくれる役割があるため、元の綺麗なお肌に戻すためにとても重要な役割があります。

代表的な食べ物としては、トマト・スイカ・柿・マンゴー・パパイヤなどがあります。ビタミンCを含むものも多いため、ぜひ取り入れましょう。

ポリフェノールが多く含まれた食べ物を食べる



アンチエイジングに効果があるといわれる「ポリフェノール」も、実は美白に効果があるといわれています。ポリフェノールの一種である「エラグ酸」には、メラニンの生成を抑えるだけでなく、ニキビや肌荒れの原因となる菌を減らす働きもあります。

代表的な食べ物は、ブラックベリー・イチゴ・ザクロなどのベリー類やナッツ類にエラグ酸が多く含まれています。また、玄米に含まれているポリフェノールの一種の「フェルラ酸」にもメラニンの生成を抑える働きがあるといわれています。

1
2

関連記事