口寂しい原因は一体なに?おすすめの対策法&ヘルシーおやつも紹介!

口が寂しいと思ったときってありませんか?何もしていないときほど、なんだか口が寂しく感じるものです。そうなると目の前のお菓子をついつい食べちゃったりして罪悪感......。なんてことを経験したことがある人も多いはずです。

そんな時はどうやって対処すればいいの?口が寂しいってどうして起こるんだろう?と疑問に思いませんか?口が寂しい原因を知って、ついつい食べちゃうそんな癖を直してみましょう!



目次 [開く]

口寂しいときってつい食べちゃう…


口が寂しい時っていきなりやってきますよね。何かを食べないと気が済まない!なんて気持ちになってしまって目の前にある食べ物を食べてしまいますよね。食べた後に後悔してしまうことは分かっているのについつい食べてしまうんです……。

こんな経験誰だってしたことがあるはずです。どうやって乗り越えればいいの?と思ったこともあるでしょう。どうして口が寂しいと感じるのか原因を知れば解消できるかもしれません。

お腹は空いていないのに口寂しい原因は?


お腹は空いていない、さっき食べたばかり!なのに、なぜか口が寂しい、と感じる時ってありますよね。それはどうして起こるのか気になりませんか?さっき食べたばかりなのに!と思っても食べてしまったりする人も多いと思います。どうして食べても口が寂しいと感じてしまうのか知りたいですよね。

お腹が減っていないのに何か食べたい!と感じてしまうのはきちんとした原因があるんです。あなたにも当てはまるものがあるかもしれません。口が寂しい原因を見つけて解消していきましょう!

ストレスが溜まっている


口が寂しいと感じる原因の一つがストレスです。ストレスは体のあらゆるところに支障をきたします。ストレスで胃が痛くなる人もいるしそれが原因で何も食べられなくなるという人もいれば、逆に食べることでストレスを解消している人もいます。

食べることでストレス解消になる人ほど口が寂しいと感じてしまうことも多いです。ストレスの要因は様々です。職場だったり、学校だったり小さいストレスがどんどん溜まることで体がSOSを出します。口が寂しく感じることも体からのSOSと言えるでしょう。

食べることで幸せを感じることができるのでついつい食べてしまうのです。自分なりのストレス発散法を見つけてみましょう。

暇な時間を過ごしている


一人で家にいたりすると暇だなと感じることってありますよね。暇な時間を長く続けていると口が寂しいと感じる原因にもなってしまいます。

暇な時って何か刺激がほしいと感じたりすることってありませんか?今の状況を打破したい、何か暇じゃなくなる方法を見つけたいと思ったりします。刺激がほしいと体が感じることでそれが食に繋がるのです。

暇だから何かを食べる、という習慣ができてしまっていることもあります。暇な時間をできるだけ作らないことも口が寂しいという思いを防ぐポイントです。

ダイエットをしている


ダイエットをしている時って好きな食べ物を我慢している時でもありますよね。ご飯だっていっぱい食べたいし、お菓子も食べたい!でもダイエットを成功させたいと自分の中で葛藤しているはずです。

でもそんなダイエット中の時こそ食べ物のことを考える時間は多くなります。カロリー計算をしながらご飯を食べたり、何かに置き換えたダイエットをしてみたりするとどんどん食事への関心は強くなります。

ダイエットが終わったらあれ食べたいな、これ食べたいなと考える時間も増えていきますよね。そうなると頭は食べ物のことでいっぱいになり、なんだか口が寂しい、何か食べたい!と感じる原因になってしまうのです。食事のことを考える時間を減らすことで回避できますよ。

禁煙している


禁煙すると口が寂しい!という人って多いですよね。禁煙も原因の一つなのです。タバコを吸う人は、吸うことでストレスを発散しています。ちょっと落ち着きたいという時もタバコを吸えばそれで満たすことができます。

でもいざ禁煙をするとイライラするとき、落ち着かない時にどうやって一息つけばいいのかがわからなくなります。そういう時に口が寂しいと感じるのです。そして食べることで満たすようになっていきます。禁煙後に太ったという人は口が寂しくなることで食べる機会が増えるためです。

喫煙者にとって禁煙はかなりのストレスがかかります。ついつい何かを食べてしまうことは仕方ないことです。太りにくいおやつなどでカロリーは押さえたい所ですね。

妊娠している


妊娠している時にも感じることがあります。妊娠中は体に様々な変化が起こります。妊娠するまでは口が寂しいなんてあまり感じなかったという人も、妊娠することで体に変化が出てきたりもします。

妊娠初期には『悪阻』というものがあり、吐いてしまう吐き悪阻だったり、何か食べていないと気持ち悪くなってしまう食べ悪阻というものがあります。食べ悪阻は何かを食べていないと気持ち悪くなるので食べれるものを常に口に入れているということもあります。

また悪阻が落ち着いても、それまで食べれなかった反動で食べてしまうということもあります。食べれないことがストレスになり口が寂しく感じて食べてしまうというのも原因の一つです。


口寂しい時はどうすればいい?おすすめの対策


人間にとってストレスはつきものです。口が寂しいと感じてしまうことは仕方のないこととも言えます。でも常に食べるということはできませんよね。

ではどんな方法で解消すればいいのでしょうか?おすすめの対策はあるのか気になりますよね。口が寂しいと感じた時には今から紹介する方法を試してみましょう。口が寂しいという気持ちを切り替えることが大事なポイントです!

歯を磨く


口が寂しいと感じた時は歯を磨くことで解消できます。歯磨きって口の中がさっぱりしますよね。それに気分転換にもなります。少しの時間でも歯磨きをすることで口の中に爽快感を与え何か食べたいという気持ちを抑えることができますよ。

それに歯磨きをした後に食べるのってちょっと抵抗があったりしませんか?せっかく綺麗になった口の中に食べ物を入れてしまうとまた汚れてしまいます。歯磨き直後にジュースを飲んだりすると変な味になってしまったりもしますよね。

口の中をさっぱり仕上げたい時はミントやクール系の歯磨き粉を使ったり、甘い味の歯磨きを使って口が寂しいのを満たしてあげるのもいいですね。

温かい飲み物を飲む


ついつい何かを食べてしまう習慣がつくと太ってしまう原因にもなります。もし口が寂しいと感じた時は温かい飲み物をゆっくり味わって飲んでみましょう。

温かい飲み物と言っても砂糖たっぷりのコーヒーや紅茶では意味がありません。ホットミルクやハーブティー、今流行りのカフェインレスの飲み物などを飲むようにしましょう。

ハーブティーであればいろんな味のものがあるので楽しみながら飲むこともできます。嫌々飲むよりも、楽しんで飲むほうが心も満たされますよね。できるだけ味わってゆっくり飲んでみましょう。口が寂しい時も満足できるはずです。

運動をしてみる


何か食べたい!そう思うとどうしても食べ物のことを考えてしまいますよね。そんな時は軽い運動をして紛らわしてみましょう。どんな運動方法でも構いません。走るのが好きな人はランニングをしたりするのもいいですし、運動が苦手という人は家の中で踏み台昇降をすることでも口が寂しい気持ちを解消することができます。

ストレッチも運動の一つです。ストレッチならいつでも簡単にできるのでおすすめです。運動やストレッチに集中すると口が寂しいと感じていたことも忘れてしまいますよね。それに運動をすれば運動不足を解消することができますし、ダイエットにも効果があります。

運動することでストレスを解消することもできますので一石二鳥ですよ。

好きな音楽を聴く


好きな音楽を聴いてるときってその歌手の声や歌詞に集中しますよね。好きなアーティストの曲を聴くことでストレスを解消することもできます。

音楽に集中することで食べ物のことを考える時間も少なくなります。音楽を聴いていると心を落ち着かせることもできますね。好きなアーティストのDVDなどを見るのもいいですね。一緒に歌ったりすることでストレスを発散できるのでとてもおすすめです。

趣味に没頭する


趣味はありますか?映画を見たり、アクセサリーを作ったり、ショッピングを楽しんだりどんなことでもいいんです。趣味に没頭する時間を作ればそれだけ食べ物のことを考える時間を少なくすることができます。口が寂しいと感じた時には自分の好きなことに集中する時間に変えてみましょう。

趣味に没頭する時間はとても大切な時間でもあります。好きなことに集中できることでストレスを発散することができますよ。口が寂しいと感じるのはやはりストレスが一番の原因です。そのストレスを発散する方法を見つけることが一番の改善方法です。

これを機に趣味を見つけて楽しんでみましょう。

誰かとお喋りする


誰かとお喋りすることで口が寂しいと感じるの防ぐこともできます。友達とお喋りしたり、家族とお喋りするのってとても楽しいですよね。喋って、笑ってストレスを発散することもできます。

喋ることで食べ物を考える時間も減ります。一人で暇な時間をぼーっとすごすと口が寂しいと感じてしまいますが、誰か喋って楽しい時間を過ごせればそんな事を感じることもなくなりますよね。

家から出ず引きこもってしまうとそれだけストレスを感じやすくなります。友達や家族と話す時間を作ってみるといいでしょう。

5分我慢してみる


一度初心に戻って5分我慢してみる、という対策をとるのも良い方法の一つです。5分間口が寂しいという気持ちを断つために無心になって我慢してみると案外我慢できるものだなと感じるはずです。

それに我慢ができるんだと分かれば口が寂しいと感じた時でもすぐに対策を取ることができます。我慢することって難しく感じるかもしれませんが、何か食べたい!という思いから一旦離れることができれば5分後には口が寂しいという感情はなくなっているはずです。まずは5分頑張ってみましょう。

寝る


いろんな方法を試してみたけどどれも利かなかった!という人は寝ることで解消できるはずです。寝ている時に食べ物のことを考える時間はありません。ぐっすり眠ってしまえばその間は口が寂しいと思うこともないですよね。

どうしても我慢できない!でも食べるのは嫌!という時は寝てしまいましょう。夜に口が寂しいと感じやすいのであれば就寝時間を早めればOK。寝る時間も早くなればそれだけ睡眠時間を取ることもできます。夜更かししてお菓子を食べちゃうよりも断然いいですよね。

寝るというのは最終方法ではありますが効果のある方法だと言えるでしょう。


どうしても口寂しい!ダイエット中にも食べれる食べ物


色々な方法を試してみたけど一時的には我慢できるけど、どうしても口が寂しい!と食べたくなってしまう時もありますよね。そんな時に毎回高カロリーなものばかりを食べてしまうと太る原因にもなってしまいます。毎日続けていくと体重はどんどん増え続けていくばかりです。

どうしても何か食べたい!と思った時にはカロリーの低いおやつなどを試してみましょう。ここではダイエット中でも食べれる物を紹介していきます。罪悪感なく食べることができますよ。ぜひチェックしてみてください!

ナッツ類


ナッツ類を食べてお腹を満たしてあげましょう。ナッツは低カロリーとは言えませんが食べる量を抑えればカロリーも抑えることができるし栄養も豊富なおやつになります。一日の目安量は片手のてのひら一杯分ぐらいがいいとされています。

ナッツにもたくさん種類はあるので自分の好きな組み合わせで食べてみるのもいいですね。いろんな味を楽しみながら、お腹も満たすことができるのでおすすめです。

ナッツはできるだけ塩を使っていないもの、素焼きのものを選びましょう。塩のついているものだとカロリーも高くなっていきます。それを毎日続けるとなると高血圧などの原因にもなってしままいます。油で揚げたナッツもダイエットには向きません。必ず素焼きのものを選ぶようにしましょう。

ゆで卵


ゆで卵も口が寂しいと感じた時に最適な食べ物です。ゆで卵は一つ食べても100キロカロリー以下なんです。それにゆで卵はお腹の中での消化が悪い食べ物として有名です。消化の悪い=お腹に溜まりやすいので腹持ちがいい食べ物という訳なのです。

口が寂しい時はお腹を満たすことができればその気持ちも抑えることができます。一つ食べるだけでも満腹感を感じることができるのでダイエットにもおすすめです。

ゆで卵を食べるときはマヨネーズや塩などを付けたい!と思ってしまいますがそれでは高カロリーになってしまいますのでそのままのゆで卵を食べるようにしましょう。

1
2

関連記事