肌が汚い原因とは?綺麗になるための生活習慣&スキンケアを大公開♡

肌が汚いと悩んでいる女性必見!綺麗な肌になるための生活習慣やスキンケアを徹底解説します。肌が汚くなってしまう理由や肌に優しい生活習慣、スキンケアなど、美肌をゲットするために大事な情報が満載です。ツルツルのうるおい肌をゲットして、さらにステキな女性になりましょう。



目次 [開く]

肌が汚いのをなんとかしたい!


ファッションやヘアスタイル、メイクは女子にとって、すごく大事ですよね。でも、それらにも負けないぐらい実は人に見られているのが、肌です。ツヤツヤの肌は、それだけで周りを魅了するパワーがあり、自信へとつながります。

でも肌が汚いと、気合の入ったおしゃれをしても、鏡を見るたびにネガティブになってしまいますよね。肌が汚いと悩んでいる女性のための、美肌に導く生活習慣やお手入れの仕方を紹介します。肌が汚い理由を探り、正しいケアをマスターして美肌を手に入れましょう。



そもそも「肌が汚い」とは?


「肌が汚い」とは、どんな状態のことを言うのでしょうか?実は、「肌が汚い」と一言で言っても、いろいろな状態が当てはまるんです。調子の悪い肌の様子について解説します。自分の肌で当てはまることはないか、チェックしましょう。



シミやそばかすが多い


綺麗な肌というと、誰もがまっさらでどこをとってもツヤがある肌を想像しますよね。でも茶色のポツポツとしたシミやそばかすがあるだけで、そのイメージが崩れてしまいます。



シミやそばかすは、年齢を重ねるにつれて悩む人が多いことから、あるだけで老けた印象をもたれてしまいます。一度できると消えにくく、メイクで隠すのも大変です。

ニキビや吹き出物ができている


汚い肌で悩む人にとっての肌トラブルの代表といえば、ニキビや吹き出物です。大きいものができると、かなり目立ってしまいます。大事なデートやお出かけの日にできると、落ち込んで気分も下がりますよね。



悪化すると赤く化膿して膨らみ、メイクではどうしようもできなくなることも。痛みを伴うこともあるので、かなり厄介です。美肌を目指す女性にとっての大敵です。

毛穴が目立つ


綺麗なスベスベ肌とは逆に、汚い肌は毛穴が目立っていることがよくあります。肌色がよく、他のトラブルがなくても、ポツポツと毛穴が見えると美肌から遠ざかってしまいますし、見た目の印象もよくありません。



特に皮脂分泌が多いTゾーンの毛穴は汚れやすく、黒ずんだ角栓になるとケアも面倒になります。頬やあごの毛穴の開いていると、そこにファンデーションが溜まって汚く見えてしまいます。

乾燥している


肌が乾燥していると、皮膚がこわばってメイクのノリが悪くなってしまいます。乾燥がひどいと、目の周りや口元など、表情を変えると動くところの薄い皮膚がカサカサになり、白く粉を吹いて見た目が悪くなります。



乾燥することで、皮脂が過剰に分泌され、ニキビや吹き出物など他の肌トラブルにつながる可能性もあります。また、乾燥で小ジワができると、老けて見られることも。

たるんでいる


綺麗な肌は、皮膚がピンと張っていてうるおいがあり、触ると弾力がありますよね。でも、汚い肌はたるんで元気がなく、周りに不健康なイメージを与えてしまう場合もあります。



ハリのある肌だと顔が明るく若々しく見えますが、たるんだ肌は老け顔に見られがちです。肌がたるんでいると、表情もどこか寂しく見えてしまいます。

くすんでいる


特に大きな肌トラブルがないのに、肌が汚く見えるという人は、肌がくすんでいる可能性が高いです。肌がくすんでいるとは、顔色が全体的に日焼けしたみたいに黒っぽい、黄色く透明感がない、気分が悪いときのように青黒い、という状態のことを言います。



肌がくすんでいると、メイクをしたときにいつもよりベースメークの肌なじみが悪くなり、メイクが浮いて見えます。加齢によっても、くすみは出やすくなります。

ニキビ跡がある


ニキビや吹き出物は完治後にも肌への影響を与えます。ニキビや吹き出物がかなり大きくなって悪化したり、指で潰してしまったりすると、治った後でもそこが跡になってしまいます。



跡になると、シミのようにそこだけ肌の色が変わる、凸凹になるなど、汚く見える原因になります。ニキビ跡は一度できると、すぐには消えずに長い間残ってしまうので大変です。

クマがある


多くの女性を悩ませる肌の悩みの一つがクマです。クマがあるだけで、顔全体がどんよりとしたイメージになり、せっかく綺麗な肌でも汚く見えてしまいますよね。



表情も暗く疲れているように見え、スキンケアを怠っているような印象を与えます。せっかくがんばったアイメイクも、クマがあると綺麗に見えないのでしっかりと対策をとりましょう。

肌が汚い原因


次に、肌が汚くなる原因について調べましょう。肌の調子を悪化させる原因を知ることで、綺麗な肌になるための正しいスキンケアのヒントが見つかりますよ。今までのケアを見直すための参考にしてくださいね。



紫外線対策をしていない


肌に大きなダメージをもたらす紫外線。その紫外線対策を怠ると、汚い肌になってしまう可能性があります。紫外線に当たると、肌は水分を奪われ乾燥し、触るとざらざらとした感触に。



他にもシミ・そばかす、シワやたるみなどさまざまな肌の悩みのもとになるんです。もともとアトピー性皮膚炎やアレルギーがある人は、紫外線の刺激で、それらの症状が悪化してしまうこともあります。

スキンケアが間違っている


せっかく念入りにスキンケアをしても、その方法が間違っていると綺麗になるどころか、肌の状態を悪くしてしまいます。汚れをしっかり落としたいからといって、力を入れてゴシゴシ顔を洗うと、肌を傷つけてしまいます。



また、テカりが気になるからと乳液を使わないでいると、肌の保湿が十分にできず、余分な皮脂が分泌されてニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

メイクが落とし切れていない


メイクの落とし方が雑、メイクを落とさないまま寝ることがよくあるという人は、肌が汚くなってしまいやすいです。メイクが長時間残ったままの状態は、肌にとって大きな負担になります。



残ったメイクは皮脂と混ざって汚れとなり、それが蓄積することで、健康な肌にたくさんのトラブルを引き起こします。乾燥やニキビはもちろん、色素沈着にもつながります。

ニキビや吹き出物を触って悪化させる


ニキビや黒ずみができると、どうしても気になってしまいますよね。なんとかしたいからと、汚れた手で触る、無理に押し出して潰すという人もいますがそれはNGです!



スマホやパソコン、電車の手すりなど身の回りのいろいろなところに雑菌は住み着いています。雑菌のついた手でニキビや吹き出物を触ったり、潰したりすると状態が悪化して、肌が汚くなってしまいます。

1
2
3

関連記事