頭が悪い人の特徴を徹底解説!原因や改善法を知って賢い人を目指そう

頭の悪い人、あなたの周りにも思い当たる人がいませんか?ほかにも、もしかして自分は誰かにそう思われているのではないかと悩んだことがある人もいるかもしれません。

この記事では、頭の悪い人に関するさまざまな情報をまとめています。自分の頭の悪さを改善したい人や、頭の悪い人には、どうやって向き合って行くべきかなどを知りたい人はチェックしてみてください。

目次

頭が悪い人には共通する特徴があった!



頭が悪い人と聞くと思い浮かべてしまう友達や後輩などがいるのではありませんか?そんな人たちには、実は共通点があります。

どういった共通点があるのか気になりませんか?自分が頭の悪いタイプかもしれないと不安になった人でもしっかりと改善点もまとめていますので、安心してください。

頭が悪くなる原因とは



頭の悪さは、生まれつきや遺伝というよりも、日々の習慣が大きく影響していると言えます。

特に学生時代から社会人になりたてのころにどういった生活をしてきたかなどによって頭の悪さが変わってきてしまうのです。

挫折や努力をしたことがない


これまでなにかに一生懸命頑張って、成功した経験や失敗してしまった経験はありますか?結果はどうであれ、なにかに対して真剣に努力をしたかどうかは頭の悪さを左右する大きな出来事となっています。

その理由は経験です。大きな挫折を味わってしまった人は、そのときはとても辛かったと思いますが、再度挑戦をしたり時間とともに辛い思い出を乗り越えてきた人ばかりだと思います。

たとえ失敗しても、その経験は成長に繋がっているはずです。成長が少ない人は頭が悪いタイプになりやすいということなのですね。

自分自身と向き合ったことがない


これも努力ととても似ている部分になるのですが、自分自身としっかりと会話をしたことがありますか?

自分はなにを考えているのか、どうしたいのか、そういった自分の意見と向き合いしっかりと対話することで、これも成長に繋がるのです。

頭が悪くなってしまう原因には、「成長」が大きく関係しているのです。
自分自身と向き合ったことのない人は、努力をせずに適当に生きてきたため、成長できたであろう過程が飛ばされてしまっているのでしょう。

今からでも遅くありません。自分自身としっかりと向き合ってみてはいかがでしょうか?

スマホばっかり見ている


携帯電話、スマホが普及するようになって、常にスマホを見ている人も多いのではないでしょうか?

朝起きてすぐ、通勤中、寝る前など少しでも時間があればSNSの友達の投稿をチェックしたり、コメントを送ったり、という人は多いはずです。

スマホはこれまでできなかったことをできるようにさせてくれたテクノロジーの進化で、なくてはならないものとなっていますが、依存してしまうほどスマホばかり見ている人は、頭がどんどん悪くなってしまうと思っていていいでしょう。

頭のいい人の中には、意識してスマホを使わない時間を作るということをしている人もいますよ。スマホを使わない時間ができると、意外と時間ってあるんだな、と気づくこともできるでしょう。

対面で人と関わらない


さらに、現在はスマホが普及したこともあり、ネット上での繋がりが増えた人も多いのではないでしょうか?

オフラインではなく、ネット上のみのかかわりになってしまうと、新しい考え方や価値観などに触れる機会が減ってしまうため、頭が悪くなってしまう原因にもなってしまいます。

とくに、女性の場合LINEで友達と頻繁にやり取りをすることも多いですよね!自宅にいることが増えた2020年ですが、やはり実際にオフラインで人と関わって話をするというのは脳の活性化のためにも大切なことなのです。

本を読まない


現代において、本を読まない人はたくさんいます。読書平均時間は1日たったの20分前後と言われています。

本は知識や教養を増やすことだけでなく、正しい言葉遣いや豊かな表現力、漢字を読む能力などさまざまな面において有効です。

頭のいい人というのは、やはり読書をしている時間も多く、1日1冊の本を読んでいるという人もいます。

今なら電子書籍も普及しており、通勤の電車内や寝る前のベッドの上などすきま時間でも読書ができますから、ぜひ読書を取り入れてみてはいかがでしょうか?

同じ人とばかり会っている


親友や仲のいい友達がいるからといって、気の合う人たちとばかり会うのも頭が悪くなってしまう理由になっていることはご存知でしょうか?

同じ人と会うと、毎回会話の内容も同じになってくることが多いです。居心地がよく共通の話題を楽しく話せるのは大切なことですが、いろんな意見を聞き刺激を受ける機会を減らしてしまうのも事実です。

週に1度だけでも、普段話さないような人と話す機会を設けてみたり、友達の友達に会ってみるなど、新しい出会いをすることも大切です。

これまで聞いたことのない価値観に触れることは、頭のいい人でも意識してやっている人が多いです。

頭が悪い人の特徴【行動編】



頭の悪い人には、行動面においても大きな特徴があります。あなた自身は、以下の特徴に当てはまることはないでしょうか?

頭の悪い人というのは、行動も似てくるものなのですね。

同じミスを何度も繰り返す


同じミスや間違いを何度もおかしてしまうというのは、頭の悪い人の最大の特徴と言ってもいいでしょう。何が原因で同じミスが何度も起きるのでしょうか?

それはすでに原因の部分でお伝えしたとおり、努力をしたことがないということが大きく関係しています。人間は、間違いをおかしてしまったとき、なんでミスしてしまったのか、次はミスをおかさないようにこうやってみよう!など改善点を何かしら見つけようとします。

でも、頭の悪い人の場合、なぜこんな失敗をしてしまったのだろう、と考えることもないのです。そのため、次はこうしよう、と改善しようとすることもないため、また同じミスをおかしてしまうのです。あなたにも当てはまる部分はないですか?

言い訳が多い


頭が悪い人は、言い訳も多くなってきます。自分の意見が全てで、どれも正しく、違う考えは聞き入れたくないという部分を持っているのが頭の悪い人で、別の言い方をすると、とても頑固なのです。

特に、頭の悪い人は、自分が間違っているということを認めたくないというプライドの高い人が多いため、間違ったときに言い訳が出てしまうという流れになってしまうのでしょう。

言い訳をしているときは、もう後戻りできないな、と思いながらも言い訳を考えながら発言している人が多いです。あなたにも思い当たる節がありませんか?

臨機応変に対応できない


頭の悪い人というのは、固定観念の強い人が多いです。すでに解説したように、自分の意見が正しいと思っていたり、自分の非を認めたくないという人が多いため、なにかイレギュラーな出来事が起きたときに対応できなくなってしまうという人が多いのも特徴だと言えるでしょう。

例えば、海外旅行が好きな人というのは、日本では当たり前だと思っていることも海外では当たり前ではないということを知っています。

例えそれを知らなかったとしても、頭のいい人なら旅行中に何かトラブルが起きたとしても、「日本と同じようにはいかないんだな」としっかりと理解した上で対応ができるのです。

でも、頭の悪い人になると、日本ならこんなことにはならないぞ!と怒ったり、起きてしまったことに対して文句を言うと言った行動に出てしまう人も多くいます。

臨機応変に対応できないのは、頭の悪い人にはよくあるパターンと言えるでしょう。

勉強を全然しない


本を読むことと同じで、普段から勉強の習慣があるという人は多くありません。大人になってからの平均勉強時間は1日たったの6分と言われています。

あなたは普段勉強しているでしょうか?人気のある勉強と言えば、英会話が挙げられます。英会話だけでなくても、勉強をするということは自分の知らないことを知るということになりますので、知識を増やすことができるのは単純明快です。

勉強する時間なんてないと思う人もいるかもしれませんが、SNSを何気なく見ている時間も積み重なれば1日1時間以上なっている人も多いのではないでしょうか?

勉強をしないのも、頭の悪い人の行動の特徴となっています。

人から何かを学ぼうとしない


頭の悪い人というのは、自分の意見が正しく自分の非を認めたくないという人が多いため、人から何かを学ぼうとする姿勢がほとんど見られないのも特徴の一つと言えるでしょう。

特に最近では年下の上司や女性の上司なども増えてきています。しかし、どうしてもそれを受け入れられないという人も多くいるのです。

実際に言葉にはしなくても、態度として出てしまっている人が多いのが現実です。そういった人も含め、誰からでも何かを学ぼう!という姿勢のある人は、どんどん知識がついたり新しい価値観を知る機会が増えていきますよ。

頭の悪い人達の中に、人から学ぼうと言う意識の無い人が多いのは、自分を下に見られるのが嫌だというプライドの高さが原因でしょう。

頭が悪い人の特徴【性格編】



次は、頭が悪い人によく見られる性格面でのキャラクターについて見ていきましょう。ここでも、やはり頭がいい人との大きな違いが見えてきます。

自己中心的


自分のことしか考えられない人が多いのも特徴です。そのため、やはり頭のいい人にとってはなかなか付き合いづらい存在だと言えます。

その理由は、自分のことを考えるのが精一杯で、人の気持ちを考えることができないところにあります。

頭の良い人であれば、この人はどう考えているだろう?と気になったり、あの人はこういう性格だからこういう風にするだろうな、と一歩先のことを考える余裕があるのです。

頭の良くない人というのは、そのときそのときで何か事態が起きてしまってから対処するため、どうしても自己中心的になってしまうのでしょう。

何かを理解するのに時間がかかる



新しい知識などを習得するのがとても苦手な人も多いようです。そのため、性格上何かを理解するということにとても時間がかかってしまいます。

もちろん新しいことを覚えるには最初は時間がかかってあたりまえとも思えますが、もっとできるようになりたい、というような向上心がないところが彼らの問題です。

好奇心や冒険心が少ない



好奇心や冒険心が少ないのも、頭が悪い人によく見られる行動パターンと言えます。好奇心があれば、いろいろなものに挑戦できますから、どんどん知識や教養も増えていくでしょう。

しかし、頭の悪い人はいつもと同じ生活やライフスタイルであったり、慣れたものを好む傾向にあるので、頭が良くなれないとも言えます。

1
2
3

関連記事