ピンクブラウンは暗めも明るめも可愛い♡長さ別ヘアスタイルを紹介

定番モテカラーのピンクブラウン。ピンクをほんのり感じるぐらいの暗めのニュアンスカラーだったらオフィスもOKですし、ブリーチしてカラーを入れれば透明感のある外国人風にもなれます。どんなトーンでも、誰にでも似合って、誰でも可愛くなれちゃうカラーです。

今回はそんなピンクブラウンのヘアスタイルを、長さ別で紹介します。次にしてみたいヘアスタイルを見つけてみてください!

目次

ピンクブラウンは今話題のヘアカラー♡


ピンクブラウンは、2020年のトレンドカラーのうちのひとつ。そんなピンクブラウンのスタイルをたっぷりご紹介します。

ピンクブラウンってどんな髪色?


ピンクブラウンは、肌馴染みのいいブラウンのベースカラーにピンクを足した、とても人気のカラーです。ピンクを加えることでブラウンヘアよりも甘さが出て、やわらかい印象を作ることができます。また、明るさや長さによって、大人フェミニンな艶髪から、周りにちょっと差をつけるモードヘアまで、いろんな印象に変化できちゃいます。

編み込みなどのヘアアレンジをするときにも、ほんのりピンクのカラーが光に透けてとってもおしゃれです。可愛らしいゆるふわの編み込みスタイルにも、カジュアルなまとめ髪でも周りとちょっと差をつけることができますよ。


ピンクブラウンの魅力♡


トレンドカラーのピンクブラウンにはみんなが好きになっちゃう魅力がたくさんあふれています。これを見たら、あなたもピンクブラウンにカラーしたくなっちゃうかもしれません!

肌になじみやすい


黄みがかった日本人の肌色には、暖色系のカラーが相性抜群!ピンクブラウンは暖色系の中でも特に肌馴染みがいいブラウンが入ったカラーなので、肌色に合いやすい最強カラーです。

ブルーベース(ブルベ)の人は、ピンク味の強めな暗めピンクブラウンを選ぶと、ブルベさんの青みがかった白い肌を強調してくれます。イエローベース(イエベ)の人はブラウン味が強い明るめピンクブラウンを選ぶと肌馴染みがよくおすすめです。


色落ちも楽しめる


ピンクブラウンは、色落ちしたときのキラッとしてしまう黄色みが出にくく、綺麗な髪色が続きやすいカラーです。色落ち後は、その人がもともと持っている色や染めた色によって、オレンジブラウン~赤みブラウンにだんだんと変化していきます。色落ちした後もツヤ感が続き、長く楽しめるカラーです。

男女共にウケがいい


可愛らしくて守ってあげたくなる印象になるピンクブラウンは、男性受け最強のモテカラーです。また、暖色系カラーは髪のツヤ感も強調されるので、女性らしい印象を持ってもらえます。柔らかく話しかけやすい印象にもなるので、女性からも好かれますよ。

レングス別!ピンクブラウンのおすすめヘアスタイル《ショート~ボブ》


ショートヘアやボブヘアは首が細く華奢に見え、あなたをもっと綺麗に見せてくれます。首回りがすっきりしていてコーディネートの邪魔をしないため、ショートにしているアパレルスタッフも多いですよね。おしゃれをするのが楽しくなるヘアスタイルです。

暗めピンクブラウン×すっきりショート



すっきりとしたフォルムのショートヘア。ショートヘアだと男の子っぽくなりがちですが、長めの前髪と、ツヤ感のある暗めピンクブラウンヘアで、大人っぽい印象になります。このぐらいのトーンだと、オフィスでも浮かなそうですね。

すっきりしたヘアスタイルなので、大きめなアクセサリーでアクセントをつけたり、襟元にボリュームがあるタートルネックを合わせてもかわいいです。暗めカラーでもおしゃれが楽しめるヘアスタイルです。

暗めピンクブラウン×巻きスタイル


かなり暗めのカラーですが、毛先を巻いてあげることで透け感がアップします。短めのボブスタイルでカジュアル感がありますが、透け感のあるカラーリングにすることで、カジュアルスタイルをおしゃれにアップグレードしています。外の光に当たるとピンクがチラッと主張する、可憐なスタイルです。

ピンクブラウン×内巻きボブ



レイヤーなどを入れて軽くすことがないので重めな印象になりがちのボブスタイルですが、ピンクブラウンカラーを選ぶと明るい印象にすることができます。このモデルさんは、ブリーチしたあとにピンクブラウンでトーンダウンさせて、さらにラベンダーグレーをミックスして透明感をプラスしています。色落ちも楽しめる、絶妙カラーですね。

レングス別!ピンクブラウンのおすすめヘアスタイル《ミディアム》


ミディアムヘアは、だいたい肩から鎖骨くらいの髪の長さのスタイルです。長すぎず短すぎないミディアムヘアは、髪の毛の動きを出しやすく、アレンジも豊富です。同じ髪型だとすぐに飽きてしまうという方も、ミディアムヘアにすれば毎日違ったスタイルを作ることができます。

グラデーションピンクブラウン×ゆるウェーブ



根元暗めのグラデーションカラーと前髪まで巻いたゆるウェーブ。すこしオレンジがかったカジュアルなピンクブラウンは、ガーリーになりやすいピンクブラウンをヘルシーに変化させてくれます。ウェーブさせることで透け感が出て、顔周りに動きもあるのでこなれ感のある印象ですね。

グラデーションカラーは伸びた部分が地毛と馴染んでプリンになりづらく綺麗な髪色が続くので、なかなか美容院に行けない忙しい方にもおすすめです。

暗めピンクブラウン×ぱっつん前髪


暗めのピンクブラウンは、肌の透明感をより際立たせてくれるカラーです。

前髪をぱっつんに切ると子供っぽくなりがちですが、ピンクブラウンカラーと合わせることで少し大人っぽい印象にすることができます。暗めに染めた髪色も、光によってピンクが透けて見えて、透明感が出ていますね。女性からも男性からも好かれる、愛されスタイルです。

ピンクブラウン×毛先ワンカールト



シンプルな毛先ワンカールのロブ(ロングボブ)は、髪が綺麗に見えて清楚な印象の王道モテスタイルです。ピンクブラウンにすることで、透明感や可愛らしさがより強調されています。シンプルなヘアスタイルは爽やかなイメージなのでたくさんの場面に対応します。

明るめピンクブラウン×外ハネ


明るめカラーと外ハネヘアーでカジュアル感がありますが、ピンクカラーとオイルの効果でレディっぽさも出せるスタイルです。あえて真っ直ぐスタイリングすることで、こなれた印象に仕上がっています。肩につくぐらいのミディアムヘアはハネが気になりますが、そのハネを生かして外ハネミディを楽しむのもおすすめです。

ピンクブラウン×くるりんウェーブ



耳あたりからレイヤーが入ったヘアを耳上から強めにくるりんとウェーブさせた、ベティーちゃんのような可愛らしいスタイルです。かわいらしくフェミニンな印象をつくれるピンクブラウンカラーが、このヘアスタイルにとっても似合っています。カラコンも外国人風なグリーンカラーを選ぶことで、このスタイルの良さを120%引き出しています。

ピンクブラウン×顔まわりウェーブ


明るすぎず絶妙にカワイイピンクブラウンのスタイルは、光に当たると天使の輪ができて、清楚な印象です。全体は重めにして顔周りだけ動きをつけてあげることで、オルチャンっぽく仕上がっています。重めのピンクブラウンは、秋冬にも合いますよ。

暗めピンクブラウン×なみウェーブ


ナチュラルな暗めカラーをアイロンを使ってなみウェーブスタイルにすることで、クラシカルな雰囲気に仕上げています。綺麗についたウェーブと毛先につけたオイルで、髪の艶がより感じられ、女性らしさが強調されています。派手すぎないのでオフィスにも使えるカラーです。

レングス別!ピンクブラウンのおすすめヘアスタイル《ロング》


ロングヘアは一番女性らしい魅力を出せる愛されヘアです。「女性にはロングヘアでいてほしい」と望む男性も多く、いつの時代でも男性人気は衰えません。。そんな愛されロングに、さらに愛されピンクブラウンを掛け合わせて、カワイイを独り占めしちゃいましょう。

ピンクブラウン×ウェーブ



女の子らしいピンクブラウンのウェーブロングヘアは、やわらかくフェミニンなモテヘアです。前髪をつくって毛先をくるんと巻くと、大人っぽくなりすぎず守ってあげたくなっちゃう可愛さ。メイクやコーディネートにも柔らかいピンクを使うことで女性らしい印象が強調されて、デートにもおすすめのスタイルです。

ピンクブラウン×カジュアルウェーブ


きつく巻きすぎないゆるウェーブヘアはカジュアルな印象になりがちですが、ピンクブラウンを選ぶことでガーリーにシフトされています。明るすぎないカラーで大人っぽさも残した絶妙にかわいいヘアスタイルは、ヘアカラーと合わせてモーブピンクのパンツをコーディネートして、女っぽカジュアルスタイルに仕上げましょう。

明るめピンクブラウン×ふわふわウェーブ



ブリーチしたピンクブラウンカラーは光に当たることで、透明感と軽さを演出してくれます。ふわふわのウェーブヘアは光の当たり方によって印象が変わるので、ピンクブラウンの透け感をより楽しめます。しっかりウェーブが効いているので、アレンジする際にもこなれ感が出しやすいスタイルです。

暗めピンクブラウン×ゆるランダムウェーブ


ロングヘアを太めのアイロンでランダムに巻いたウェーブヘアスタイルです。たるんとした緩いウェーブは、女性らしいS字ラインを描いています。暗めヘアにしっかりダークなピンクを入れることで、大人っぽさと女性らしさが感じられる、韓国アイドルのようなスタイルです。

暗めピンクブラウン×ストレート



アイドルみたいな前髪ありの王道ストレートに、ピンンクブラウンカラーを合わせて清楚なモテスタイルです。暗めに染めていても、さらっとなびいた髪は、光の加減でニュアンスピンクが楽しめます。オフィスでもOKの、王道愛されスタイルですね。

ピンクブラウン×重めロング


顔まわりはふわっと巻いて、後ろは綺麗なストレートヘアを毛先の方だけ巻いたスタイルです。髪全体に重みを残していますが、ピンクを強めに入れることでまとまりが出て、髪のツヤが強調されています。ピンクブラウンを上手に使うことで、清潔感がある綺麗なオルチャン(韓国の綺麗な女性)のように仕上がっています。

ピンクブラウンインナーカラー×ゆる巻きロング



ブリーチして髪の内側に明るめピンクを入れたスタイル。インナーカラーは個性的になりすぎるイメージがありますが、全体のカラーと色調を合わせるとナチュラルにつながり可愛らしく仕上がります。インナーカラーの部分を他の部分より少し強めに外巻きにすることで、インナーカラーを目立たせています。

顔まわりに明るいピンクがあることで、一気に華やかな印象になっていますね。ロングヘアでインナーカラーを入れる人は珍しいので、人と違ったおしゃれを楽しみたいという方にもおすすめです。

1
2

関連記事