マウンティングとはどんな意味?女子・男子の特徴&上手な対処法も!

「あ、この人マウンティングしてきたな」と感じることはありませんか。人はなぜマウンティングをするのでしょうか。また、マウンティングという行為には、いったいどんな意味があるのでしょうか。
同じマウンティングでも女子と男子では動機や目的が違っているなど、マウンティングする人にも心理的な理由があるようです。

ここではマウンティングの意味に加えて、男女別の特徴や上手な対処法を紹介していきます。人間関係を円滑にするうえで、きっと役立つ内容になっていますよ。


目次

マウンティングする人にイライラ……


自分の立場や所有物をひけらかして他人を見下すマウンティングは、された場合に非常に不愉快な気分になるものです。

マウンティングされると、なんだかイライラして、仕返ししたい気持ちに襲われ、その相手のことが頭から離れなくなりますが、実際に言い返す前にちょっと待ってみるのがおすすめです。

マウンティングの本質を見抜くことから、もう人間関係に悩まないで済む、いい解決法を見つけることができるかもしれませんよ。

マウンティングとは?


マウンティングとは、いったいどういうものなのでしょうか。

動物園のサル山では、強いサルがほかのサルの上に乗るようにしている様子を見ることがあります。これは動物が、自分の優位性や強さを誇示する行為で、これがマウンティングです。格闘技では、マウントポジションを取るという言葉も使われていますね。

動物の行為から派生したこの言葉ですが、人間社会でもマウンティングをしてくる人に出会うことがあります。「あ、マウンティングしてきたな」「動物じゃないんだからやめればいいのに」と思っても、実際にされると嫌な気持ちになってしまいますね。

マウンティングする人の心理


マウンティングする人には、どのような心理が働いているのでしょうか。

日常的にマウンティングを繰り返している人もいますが、実際には人と会話をしている内にとっさにしてしまったという場合もありそうです。ここでは、マウンティングする人の心理を紹介します。


「凄い」と思われたい


人間には、人に認められたいという承認欲求があります。自慢できることができたときにはそれを人に話したい、見せて凄いと思われたいという欲求です。

ただの自慢であればまだいいのですが、他人の話を聞いたときに、その場でそれより格上の自分の話をあえて披露する行為は、マウンティングになるでしょう。他人の成功を妬む気持ちから、幸せな話にケチをつけるような形で「自分はもっと凄いのだ」という話をしてくるのです。

自尊心を満たしたい


人は、友達や親しい人に対しても、マウンティングをしてしまうことがあります。普段から仲良くしている間柄だからこそ、相手が自分よりも少し優れた立場になったときには、自分と相手とを比較してしまい、劣等感を感じやすいのです。

「相手とは平等な立場であったはずなのに、なんだか自分が劣っているように感じる」「相手より優れた立場にいたい」という意識から、相手の幸福を受け止めることができずにマウンティングをするのです。

自分が上であることを実感したい


マウンティングは、学校や職場などの社会的な場所でも起こります。上下関係のある社会で生きている人たちは、先輩・後輩、上司・部下、目上・目下などの立場を守って暮らしています。

この場合、立場が下の人に対して、自分のほうが上であることを示し、それを認めさせるためにマウンティングは行われます。組織上の立場を利用してちょっとした命令や無理を言うなど、活動や業務に関係のない場面で行使されるマウンティングです。

立場を脅かされるのが恐い


後輩や組織に新しく入ってきた人に対するマウンティングには、自分の立場を脅かされるのが恐いという心理も隠れています。

後輩や新人に厳しく接するのは教育で、時には嫌がらせの場合がありますが、自分が優れていることをアピールしたり、活動や業務とは無関係な内容で相手をあざ笑うような行為は、マウンティング行為だと考えられます。

実力が低い後輩に対して教育や指導は必要ですが、マウンティングは必要はありませんので、マウンティングの理由には、後輩や新人の能力や態度に脅威に感じていることが考えられます。

マウンティング女子の特徴


「マウンティング女子」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。女性間でかかわるとやっかいなマウンティング女子。

それには、どのような特徴があるのか、また、マウンティングをする心理について知っておくことで、上手に対処することができるかもしれません。


聞いてもないのにアドバイスをしてくる


あなたの周りに、聞いてもいないのにアドバイスしてくる人はいませんか。それが親切からくる行為ならいいのですが、人に教える行為を利用して、自分が優位な立場になることを目的としている場合もあるので要注意です。

女子はグループを作ることが多く、会社の同僚やママ友などで、そのグループを支配するかのように行動している人がいる人がいます。

グループで行動することは悪いことではありませんが、なかにはリーダー的立場になることを目的としている人もいます。そのような人が自分に対してマウンティングしてきた場合には、意識的に距離を置いてもいいでしょう。

プライドが高い


マウンティングをする女子は、他人に自分を認めさせたいと思っていると同時に、社会や組織での自分の立場を意識しています。プライドが高く、支配欲が強いことから、組織の中の1人という立場では満足できず、常に影響力のある人物でありたいと思っているのです。

そのようなマウンティング女子は、本当の意味であなたに興味があるわけではありません。周りと比較して優れている自分が好きなので、そのような自分でいられないときにはプライド傷つきます。傷ついたプライドを癒すためにマウンティングをするのです。

幼い頃から特別扱いされて育った


マウンティング女子の中には、幼い頃から特別扱いされて育った人がいることでしょう。自分はいつも特別な存在だったので、周りの人の気持ちに対して配慮が足りません。「こんなことを言ったら、相手が嫌な気持ちになるかも」という考えに思い至ることができないのです。

その場の感情で自分の方が優れていることをアピールしてしまう背景には、相手の気持ちに対する想像力の欠如があります。

容姿に自信がある、もしくはコンプレックスがある


「かわいい子」や「美人」であることは、女性の人生において多大な影響力をもたらします。容姿が優れていることで優位に扱われる経験をした人は、美しさには人を動かす力があることを知っています。

そのような人にとって、自分よりかわいい、自分より若くて美人の存在は脅威です。そのため、女子のマウンティングには、かわいい、美しい、若いなどの要素が関わってきます。

気が強く、感情を抑えられない


マウンティング女子は、気が強く、感情を抑えられない一面を持っています。人間社会で生活していれば、自分の感情を我慢する場面が多くあり、年齢を重ねるにつれて人には感情的な一面を見せないようになっていきます。

しかし、マウンティング女子は、その気の強い一面を周りの人に向けることで自分の支配欲を満たしています。普段から職場や組織で我慢をしている人は、マウンティングで自尊心や支配欲を満たすことによって、無意識に日頃のストレスを解消し、バランスをとっているのかもしれません。

意外と多い!マウンティング男子の特徴


実は、意外と多いのがマウンディングをする男子です。反論しないのが得策ですが、つい攻撃的な仕返しの言葉が口をついて出てしまい、関係が前よりも険悪なものになってしまうこともあるでしょう。

ですが、男子がするマウンティングには女子とはまた違った一面がありますので、その特徴を紹介します。


お金やステータスを自慢する


学歴、社会での成功、年収など、何かにつけて他人と比較されることの多いのが、男子の人生です。「出世なんて興味ない」という考えもある女子とは違い、多くの男子は競争社会の中で生きています。そのため、マウンティング男子が自慢するポイントはお金やステータスであることが多いです。そこには「周りよりも自分は優れている」「社会的に成功している」と思いたい心理があります。

女子の場合はマウンティングに至る心理を無意識に隠すことが多いのですが、男子の多くはそれを隠しません。自分の実力や実績をアピールするのは、単なる自慢です。しかし、明らかに自分よりも年収や学歴の低い人に対して行うことで自尊心を満たす行為は、マウンティングになります。

特殊なジャンルの知識を披露する


自分に自信がない男子のマウンティングは、自尊心を維持するために行われます。自分が社会的に成功しているとは思っていない場合、その人がアピールするポイントは、特殊なジャンルの知識になります。

学生時代に活躍したこと、趣味のジャンルで一目置かれている話、実は財産があること、妻が美人だ、など。自分の話を延々と語って聞かせる男子は、人にはわからない知識や自分が好きなことを披露することで密かにマウンティングし、自尊心を満たしていることがあります。

本当は自分に自信がない


競争することを常とする男性の社会では、他人と比較して優れていることに価値を置く傾向にあります。そのため、マウンティング男子には、本当は自信がないことを認めることができないという心理があり、そのことを隠しているかもしれません。

「学歴や仕事で評価されない」「女性にモテない」「お金がない」などの劣等感を覆い隠すように、自尊心を満たすことができるジャンルを見つけては、他人にマウンティングすることがあります。

人に認められたい


「自分は仕事はこんなことをしてきた」など、自分の過去の業績をアピールするのも、認められたいマウンティング男子の特徴です。特に年配の男性は「自分は凄い」ということをアピールしたい気持ちを強く持っています。

まったく関係のない場所で会社での立場や業績をアピールしてしまうのは、社会的に勝ち取った自分の立場や能力をわからせたいという心理から生まれるものですが、心の奥に「私は、あなたに見下されるような人間ではない」という気持ちが根強くある、マウンティング行為です。

これは、職場とは無関係の人をはじめ、家族や若い女性の部下に対して行われることが多いマウンティングです。

1
2

関連記事