彼氏が喜ぶ言葉を知りたい♡彼女にされると嬉しいこと&嫌なことは?

「好きな人にもっと好きになってもらいたい」「彼氏を喜ばせたい」と考えている彼女は多いですよね。今回は、彼氏が喜ぶ言葉や行動、彼女にされたら嬉しいこと、嫌なことを紹介していきます♪お互い良い気持ちで関係が続けられるように、彼氏のことをよく知っておきましょう。

いい彼女だと思われたいけれど、何をしたらいいか分からないと悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。



目次 [開く]

彼氏が喜ぶ言葉を知ってキュンとさせたい♡




彼氏が喜ぶ言葉をなるべくかけてあげて「キュンとさせたい!」「もっと仲良くなりたい」と考えているけれど、いざ言葉をかけようと思うと「どんな言葉や行動をすると彼氏が喜ぶか分からない」と悩みますよね。

彼氏が彼女にされると嬉しいこと、彼氏が喜ぶ言葉だけでなく、彼氏がされたら嫌なことを把握しておくと、
彼氏を嫌な気持ちにさせるのを避けることが可能です。

今日から使える言葉や行動ばかりなので、ナチュラルに彼氏を喜ばせられる女性になりたいという方は参考にしてみてください!

彼女に言われたら嬉しい♡彼氏が喜ぶ言葉




最初に、彼女に言われたら嬉しいと感じる彼氏が喜ぶ言葉をまとめました。
感情を込めて伝えるとより、きちんと彼氏に好きな気持ちが伝わります。
言葉を伝える時は、彼氏の目を見てしっかり発言するように心がけてみてくださいね。

「大好き」


シンプルに彼氏に愛の気持ちを伝える「大好き」という言葉は、誰が聞いても嬉しいですよね。好きな気持ちを伝えるときは、相手に好きの気持ちが伝わるように笑顔で言ったり、目を見て発言しましょう。

一言「大好き」と伝えるだけでも十分喜んでもらえると思いますが、「気遣いができる点が大好き」や「仕事をしている姿が大好き」など、具体的に彼氏のどこが好きなのかを言ってあげてみてください。

例えば自分が彼氏に「仕事をしている○○の姿好きだよ」と言われたら、「もっと仕事を頑張ろう」という気持ちになりますし、自信がつきますよね。

「会いたい」




デートの約束や、彼氏に会いたいと思った時は、ストレートに「会いたい」と気持ちを伝えましょう。
メッセージアプリで伝えるよりは、電話をかけて声で伝える方が相手に伝わりやすいです。
彼氏から「会いたい」と言われたら嬉しいように、彼氏も彼女から言われたら嬉しい気持ちになります。

彼女から「会いたい」と言われると、よほど時間がない限りは会いに行こう!と決心する彼氏も多いです。
急に会いたくなったら、わがままを言ってみるのもおすすめです。

「一緒にいると落ち着く」




「一緒にいると落ち着く」「一緒にいると楽しい」など、彼氏といて安心する気持ちを伝えるのもおすすめです。お部屋デートでまったりしている時、デートをしている時など、思った時に彼氏に言うようにしましょう。

相談に乗ってもらった後、落ち込んで励ましてもらった後なども、彼氏に安心した気持ちを伝えましょう。

「いつもありがとう」




長い間付き合っていると、忘れてしまいそうな感謝の気持ちを彼氏に伝えるのもおすすめです。会いに来てくれたり、ご飯をご馳走してくれたりなど、自分のために使ってくれた時間やお金にも感謝を忘れないようにしましょう。

彼氏の目を見て、「いつもありがとう」と伝えるだけで、彼氏は喜んでくれます。彼氏のさりげない気遣いに気づいたら、感謝の気持ちをちゃんと伝えると良い関係が作れます。

「頼りにしてるよ」


恋人として、信頼している、頼りにしているという気持ちが伝えられる言葉です。相談事を聞いてもらった時、元気がなくて励ましてもらった時など、感謝の気持ち、信頼の気持ちをして伝えるのがベストです。思っていても普段から伝える機会がないので、言われると彼氏は喜びます。

「声が聞きたかった」




彼氏に急に電話をかけて「声を聞きたかったから電話した」と伝える方法もおすすめです。「大好き」という気持ちをなかなか言葉にできないという方も、言いやすい言葉ではないでしょうか。

遠距離カップルは、特に会う機会が少ないので素直に気持ちを伝えるのが大事です。

「デートしたいな」




いつもは男性側からデートの誘いがある場合は、女性側からデートの誘いを行うのもおすすめです。「○○に行きたい」と要望を伝えるのも良いですが、「デートしたいな」と気持ちを伝えると愛嬌があってより可愛いです。

また、具体的にデートプランを立てて誘う方法もおすすめです。デートする時間がない場合は、「ご飯だけでも食べに行けないかな?」と誘ってみてください。ほんの少しの時間でゆっくり過ごせなくても、一緒に居たいと強く思ってくれているのだなと伝わるかもしれません。

「お疲れ様、今日も頑張ったね」


仕事や勉強、部活を頑張っている彼氏に「お疲れ様、今日も頑張ったね」と声をかけてあげましょう。自分も言われたら嬉しいように、彼氏も嬉しい言葉です。

遠距離のカップルは、彼の仕事や学校が終わったタイミングでメッセージや電話で毎日お疲れ様の気持ちを伝えてあげてください。どんなに疲れていても、彼女にお疲れ様と言われたら、疲れが吹き飛ぶという彼氏も多いです。

「愛してるよ」




「大好き」よりも、愛情の濃度が高く伝えられるのが「愛してる」の言葉です。しかし、普段口にする機会が少ない大事な言葉だからこそ、照れくさくて言うのが恥ずかしく感じてしまう方も多いですよね。そんなときはフランクに伝えるように意識してみてください。

例えば、じゃれている時にさらっと言ったり、電話の会話の流れで言ったり、手紙で伝えたりする方法などが挙げられます。大事な言葉だからこそ、彼から愛情の言葉をもらったら、そこは恥ずかしくてもしっかり言葉で返すように心がけましょうね。

「ごちそうさまでした」


デートで男性にお金を出してもらった際には、「ありがとう」「ごちそうさまでした」とお礼をしっかり伝えるようにしましょう。長い間付き合っていると、感謝の気持ちを忘れがちですが「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、しっかりお礼を言うのが大事です。

同棲している場合も、「いただきます」「ごちそうさま」が言える彼女は、彼から当たり前のことがきちんと習慣としてできる人だと評価されます。

「自慢しちゃった」




彼氏と行ったデートや、彼氏に貰ったプレゼントなどを周りに自慢した時には、彼氏に報告しましょう。人に報告するほど、嬉しかったんだと彼氏は彼女に対してキュンとします。具体的に自慢した内容や、自慢した相手の反応を合わせて報告するのもおすすめです。

「この前楽しかったね」




デートやご飯に行った際の思い出を振り返るように「この前楽しかったね」と伝えるのも、彼氏が喜びます。
その時の思い出話をしたり、次のデートの計画もスムーズに立てたりできます。

直接目を見て伝えるのだけでなく、電話で伝える方法もおすすめです。遠距離のカップルは、思い出話で会話を繋ぐ人たちが多いので、多く言うようにしましょう。

「教えてほしい」


彼氏が詳しいジャンルの内容にに対して「教えてほしい」というのもおすすめです。男性は、知識を女性に披露したり、詳しいことを説明したりするのが得意なので「教えてほしい」といわれるとはりきります。また、自分の趣味や、詳しいことに興味を示してくれる姿にキュンとします。

知らないことがあったら、知ったかぶりをせずに素直に教えてもらいましょう。

「もっと一緒にいたいな」




いつもはデートの後すぐに帰るけれど、たまには「もっと一緒にいたいな」という気持ちを伝えてみませんか?彼氏もいつもすぐに帰って寂しいという気持ちを抱えているかもしれません。もっと一緒にいたいという気持ちを伝えると、相手に愛情が伝わりやすいのでおすすめです。

「帰りたくない」などは、少し重くなってしまうかもしれないと思う場合は「もっと一緒にいたい」という風に伝えると重くなりすぎずにフランクに伝えられます。

1
2
3

関連記事