結婚相手の決め手ってなに?男性が求める条件&重要なポイントも♡

結婚相手を決める時、重要なポイントがあることを知っていますか?もちろん好きな気持ち、一緒にいたいという気持ちも大切です。しかしそれだけではなく将来を見据え相手を見極める必要もあります。

いったいどんな相手を選べば幸せな結婚をすることができるのか、そして男性は女性にどんな条件を求めているのか、知りたいですよね!今回は結婚の決め手や相手の選び方を詳しく解説していきます。しっかりと相手を見て、真剣に向き合い、結婚について考えていきましょう。


目次

後悔したくない!どんな人を結婚相手に選べばいい?



結婚は一生もの……。やっぱり後悔はしたくないと思うのが当然の気持ちですよね。しかし、後悔しない結婚相手はどうやって選べばいいのでしょうか。

好きだから結婚したいからという気持ちだけではなく、結婚相手に求めるものや相手の行動や考え方も重要視して考えていくことで後悔しない結婚をすることができます。冷静に相手を見極めて、一緒に暮らしていくことができるかどうか、今後何十年もパートナーとして支え合っていけるかを考える必要があるのです。

どんな人を結婚相手に選べばいいのか、いろんな視点や意見から判断していきましょう。

沢山出会える街コン ぴったりのパートナーが見つかる!


結婚相手と恋人は別物?



恋人が好きだけど結婚相手とは別物なのか、それとも同じなのか分からない人も多いでしょう。ここでは恋人と結婚相手の違いについて解説していきます。

一緒にいてドキドキするかを重視する傾向がある「恋人」



恋人には刺激を求める人が多いでしょう。ドキドキする、ときめくなど一緒にいて心が動き刺激的に感じることです。それが恋という感情でもあります。心が動かなくなってしまうとマンネリや飽きを感じてしまい、別れてしまうことも。

恋人には自分を良く見せたいという気持ちが強く、恋人の理想でありたいと思い行動することもあります。恋人に求めることは一緒にいてドキドキするかどうかを大事にするものなのです。なので、新しい出会いがあると恋人がいてもそちらになびいてしまうことがあり、自分のドキドキ感やときめきを優先して相手を選ぶこと傾向が強いでしょう。

パートナーとして共に過ごせるかが大切な「結婚相手」



結婚相手というのは恋人は違い、将来を考え長く一緒に過ごせるかどうかを重要視します。好きという気持ちはもちろん、それだけではなく自分のパートナーとして信頼ができるかどうか。安定した関係を築けるかどうかを考えるものでしょう。

ときめきや刺激よりも安定と安心を求めます。自分を良く見せようという気持ちよりも自分の本心を見て受け入れてもらいたいという気持ちの方が強いです。そして自分も相手を受け入れたいという気持ちを持ちます。恋心よりも愛情を大切にし、居心地の良さや穏やかさを優先するでしょう。

短い時間や心の動きよりも、お互いの関係性や空気感価値観や考え方など内面を見ているのです。

結婚相手を選んだ決め手って何だった?既婚女性の本音



では既婚女性は男性のどこを見て結婚しようと思ったのでしょうか。既婚女性の本音をご紹介します。結婚の決め手になった男性の性格や考え方を一緒に見ていきましょう。

誠実で優しかった



「とても誠実で真面目。私にすごく優しくて愛してくれました。この人と結婚したいと心から思えたので結婚しました」(27歳/ネイリスト)
「彼は優しくいつも私のことを考えてくれました。浮気もしないし誠実で信頼できたので結婚したら幸せになれると確信できたんです」(26歳/販売)
「結婚の決め手は誠実さと優しさかな。この人は自分と向き合って真剣に交際してくれていると思えた」(32歳/主婦)

誠実で優しい相手だったから結婚したいと思えたんです。真剣さや真面目さが付き合っていく中ですごく伝わったのでしょう。信頼でき、自分を愛してくれていると実感できたためそこが結婚の決め手です。

しっかりと向き合ってくれる人だった



「自分の良いところは褒めてくれて、悪いとこは指摘してくれた。それって自分と向き合い、考えてくれているということだと思えたんでそこが決め手です」(33歳/接客)
「忙しくても会う時間を作ってくれて、どんな自分も受け入れくれました。真剣に向き合っていることが伝わったんです」(29歳/薬剤師)
「話し合いを大事にして、将来設計をしっかりと伝えてくれる人でした。長い将来を見据えて自分と向き合い、真剣に結婚を考えてくれているんだなと思えたので結婚しようと決心できたんですよね」(31歳/美容師)

しっかりと自分に向き合い、受け入れようとしてくれる姿勢が決め手になった女性も。長所も短所も理解し、話し合いを大事にしてくれるとこの人は自分と向き合おうとしていると感じるでしょう。そのまっすぐと向かってくる姿勢に結婚しても家庭を築いていけると感じることができたのです。

価値観が似ていた



「結婚は価値観が大事だと思っていました。彼とは価値観のズレを感じることがなく共感できる部分が多かったので結婚できると思えたんです」(30歳/主婦)
「お金のことや男女間のこと、家事や育児の考えが一致。価値観はすごく合うので自然と結婚への意識が芽生えました」(25歳/事務)
「付き合っているときから価値観が似ていて、喧嘩も少なかったです。お互いに自然と安定が生まれてこれは結婚しても穏やかで幸せでいられると思ったんです」(34歳/パート)


価値観が似ていたため、そこが結婚の決め手になった女性もいます。金銭面や男女間のことなど価値観が似ていることで信頼や安心感が生まれるのです。衝突することも少なく、安定した交際ができるため結婚しても穏やかで幸せな家庭が築けると感じたのでしょう。

沢山出会える街コン ぴったりのパートナーが見つかる!

両親と仲良くしてくれた



「結婚をするということはお互いの両親も関わること。彼は私の両親とも仲良くでき、両親も気に入ってくれました。それが結婚の決め手かな」(23歳/保育士)
「私の両親に会う時は挨拶をしっかりとしてくれて、お土産を送ってくれることもあり両親も大事にしてくれました。この人は家族を大事にしてくれると思えたので結婚しました」(28歳/美容部員)
「彼を実家に連れて行った時に、明るく元気に両親と話してくれました。緊張していたはずなのに頑張って仲良くなろうとしてくれる姿勢が嬉しく、優しい彼と結婚したいと思えた」(24歳/OL)

自分の両親と仲良くしてくれる彼を見て、結婚を決めた女性もいます。結婚はお互いに両親も関わってくることです。仲良くできない、両親を適当にあしらうなど両親を大事にしない態度をしている男性とは結婚を考えるのは難しいでしょう。自分の家族も含め、大事にしてくれる相手だからこそ結婚したいと思えるのです。

男性が結婚相手に求めるものとは?



男性は結婚相手に何を求めるのか、気になりますよね?女性のどんなところを見て結婚したいと思うのか。男性の求めるものも一緒に確認していきましょう。

礼儀やマナーができている



「自分は礼儀やマナーが大事です。誰に紹介しても恥ずかしくないですし、自慢できます」(30歳/IT)
「マナーはしっかりしてほしいな。奥さんのマナーが悪いと自分の評価も下がるので」(32歳/営業)
「両親に対する礼儀や食事や公共でのマナーがしっかりとしていると素敵だな、いいなと思う」(28歳/飲食)

礼儀やマナーを求める男性も多いでしょう。妻の評価は夫である自分にも関わってくるからです。誰に紹介しても恥ずかしくなく、尊敬や自慢ができるしっかりとした女性ならば妻として信頼できますし、そんな女性を選んだ自分の評価も上がります。上品さも感じられるため魅力的に思えるのでしょう。

明るくて癒される性格



「ニコニコしてて笑顔がかわいくて毎日癒される彼女といると結婚しても楽しそうと思える」(26歳/美容師)
「癒しは自分にとって大事なところ。自分を尊敬して支えてくれる奥さんが理想です」(33歳/自営業)
「明るくて前向きでポジティブな女性は元気をもらえるし癒されますよね。結婚しても明るく安心できる家庭になりそう」(29歳/アパレル)

明るさと癒しを求める男性もいます。疲れて帰ってきた時に癒されたい、安心したいと思うためそれが自然とできる性格の女性を求めるのです。居心地が悪くネガティブな女性と一緒にいると自分も疲れてしまいます。結婚をしたら毎日一緒にいるので元気や癒しを与え、いつも明るく迎えてくれる女性を好むのです。

自分を出せる



「自分の素を受け居てくれる女性がいいな。楽だし一緒にいて疲れないから」(24歳/事務)
「飾らずに自然体でいられる女性と結婚したいです。自分のすべてを受け入れてくれると思えるので安心できます」(31歳/医療関係)
「結婚するならお互いに自分を出せる関係じゃないと。自分を作って一緒にいても長く続かないと思う」(25歳/販売)

自分を出せる相手を求める男性も。自分を作ってしまうと自分らしくいられず疲れてしまいます。飾らずに自然体でいられ、それを受け入れてくれる女性といると安心感や居心地の良さを感じられ、結婚をしても穏やかな時間を過ごせると思えるのでしょう。ずっと一緒にいるからこそ自然体で居られることは大切です。

信頼ができる



「信頼できないと結婚できない。この人は信頼できると思えると自然と将来を考えられます」(34歳/公務員)
「やっぱり夫婦になるなら信頼関係は大事だと思う。お互いを疑わずに信じ合える人がいい」(27歳/技術職)
「信頼できる女性と結婚したい。浮気、お金の使い方とか、結婚するうえで信頼できないと任せられないし不安」(23歳/製造)

信頼できる女性と結婚したいと思う男性も多いです。やはり信頼できないと不安や疑いを持ってしまい結婚生活を安定させることができません。信頼できるということはお互いに相手を思いやり、相手を傷つけることはないということ。相手のことを考え、愛し合えているからこそ信頼関係が生まれます。

沢山出会える街コン ぴったりのパートナーが見つかる!

結婚相手を決める時に確認すべきポイント



今の恋人と結婚してもいいのか判断がつかないこともありますよね。ここからは結婚相手を決める時に確認すべきポイントをご紹介。これをおさえておけば判断材料のひとつとして考えることができますよ。

どんな怒り方をするか



相手は怒る時にどんな怒り方をするでしょうか。冷静になぜ怒っているのかを話してくれるタイプなのか怒りに任せて怒鳴り散らすタイプなのかで結婚の決め手が変わっていきます。怒鳴り散らすタイプはイライラしたときや自分の思い通りにならない時に恐怖や怒りで相手をおさえつけようとするでしょう。

相手になぜ怒ったのかを理解して欲しいのではなく自分が怒っていることをアピールし、相手を全面的に責めるだけです。しかしそれではお互いの気持ちを理解し合うことはできません。冷静に怒っている理由を話してくれるタイプならば相手の気持ちも自分の気持ちも話すことができます。

そして相手が怒ってしまった理由を理解し、反省することもできるのです。なので相手の怒り方も結婚の決め手の材料として考えてみましょう。

価値観が合うか



結婚をするうえで価値観というものはとても大事になっていきます。お金の使い方や生活の仕方、異性友人との付き合い方など人によって価値観は違うのです。そこが合わないと感じている場合、結婚は難しいかもしれません。

例えば相手は男女の友情が成立すると思っているため結婚後も異性と2人で遊びに行ってしまいます。しかしあなたはそれは不倫や浮気に近いのではないか、友情であっても結婚したら控えるべきではないかと思った場合、そこですれ違いが生まれてしまうでしょう。

その価値観の違いひとつで喧嘩が起こり、不満やストレスを溜め込む原因になります。一緒に暮らし、家庭を作っていくため価値観の相違は大きな壁になるということです。今の恋人と価値観は合うかどうかも確認しておきましょう。

家事育児に対する姿勢



女性はもちろん、男性も家事や育児に参加して家庭を作っていくのが結婚です。なので、相手が家事や育児に対してどこまで考えてくれているかも判断材料のひとつにしてきましょう。例えば、相手が家事や育児は女性の仕事と考えていると結婚をしても何も協力してくれません。

休日も相手は家のことや子供のことは何もしてくれない状態になってしまい、妻の負担ばかりが増えていきます。共働きならばもっと負担は増え、一緒に暮らしているという感覚がなく結婚の意味が見いだせなくなってしまうでしょう。

ひとり暮らしを経験しているため家事は一通りできる、できなくても手伝う意識がある場合は協力的な夫になってくれます。育児に対しても一緒にやっていく、子供としっかりと向き合うという姿勢を持てているのかも話し合ってみてください。

次のページ
1
2

関連記事