目つきが悪い原因は?直す方法を一挙公開♪印象美人を目指そう♡

初対面での第一印象はとても重要です。しかし、目つきが悪いと相手への印象がどうしても悪くなってしまいます。

今回は目つきの悪さの原因や直す方法についてご紹介します。よく「目つきが悪い」と言われてしまう方はぜひ参考にしてみてくださいね。



目次

目つきの悪さを改善して印象美人になろう♪


印象美人というとどのような人を思い浮かべるでしょうか。いつも笑顔で、爽やかで、話しかけやすそうな人ですよね。それとは逆に印象が悪い人はどうでしょうか。話しかけ辛い、いつも怒っている……。などです。それには大抵自分では気づいていない顔の特徴が関係することがあります。

その中でも目つきというのは非常に大切です。ことわざの中に「目は口ほどに物を言う」という言葉があるほどです。目つきが良ければ好印象に、目つきが悪ければ悪印象になってしまいます。

目つきが悪い、睨んでいるように感じると言われたことのある方は、目つきの悪さを改善して印象美人を目指しましょう。

「目つきが悪い」ってどういう状態?



そもそも目つきが悪いのはどのような状態のことでしょうか。目の状態から体の状態まで詳しく見ていきましょう。

瞳よりもまぶたが強調されている状態



目つきが悪くなっている方は瞳よりもまぶたが強調されてしまっている状態です。

簡単に言うとまぶたが下がってしまっている状態のことです。例をあげてみたいと思います。まず遠くのものをよく見るように目を上げてみてください。今のまぶたと目はどのような状態になっていますか?恐らく、まぶたはしっかり上に上がり目は見開いていると思います。

反対に何かに向かって睨むようにしてみてください。眉間にシワが寄り、まぶたは下がってきていると思います。目つきが悪い人はその状態です。つまり、まぶたが下がって目が大きく開かず瞳が見えづらくなっています。

目だけでなく顔や体全体の印象も関係する


まぶたが下がっていて瞳よりもまぶたの方が強調されている人でも好印象の人もいます。それには、目つきだけでなく顔の表情、体全体の印象も関係するようです。

例えば顔の表情としては、眉毛が上がっている、口をキュッと結んでいる、ほっぺたを膨らませている、表情が読めないなどは怒っているかまたは怖いといった印象になります。体全体としては腕組みをしている、落ち着きがない、何かをトントンと叩くなどは機嫌が悪い印象や威圧感さえ相手に与えてしまうでしょう。

こうした体全体の印象は相手に目つきの悪さのイメージを悪くさせてしまう可能性があります。こうしたことから、リラックスした表情や動作の大切さが分かりますね。目つきが悪くても印象美人になることは可能です。

目つきが悪い原因とは?



目つきが悪い状態については理解することができました。では目つきが悪い原因について考えていきましょう。例えば視力が悪い、表情が硬いなど理由はさまざまです。

視力が悪い


目が悪い人は物を見ようとして、どうしても目を細めてしまいます。

この場合には本人はほとんど無意識にしている事が多く、人の顔を見る時にも目を細めて見るため相手は自分が睨まれていると感じるようです。

眉間にしわが寄っている


物を見る時に癖で眉間にしわを寄せている方がいます。または老化や眼球の疲れにより眉間にしわができることもあります。

そうした表情は相手に威圧感を与えたり、不満があるのではないかと思わせるため印象美人とは言えません。

まぶたの開きが狭い



先ほども、まぶたよりも瞳が強調されることで目つきが悪くなるとお伝えしました。

まぶたの開きが狭ければ狭いほど目つきは悪くなります。まぶたの開きが狭い表情は相手に嫌な印象を持っていると勘違いさせることがあります。

表情が硬い


ブスッとした硬い表情は、怒っている時の顔と大差ありません。

緊張しやすい性格でそうなってしまったり、もともと表情を出すのが苦手な方もいるかもしれませんが、表情が硬いと相手も緊張してしまいます。

目つきが悪いことで周囲に与える印象



目つきが悪いとどのような印象を周囲に与えてしまうのでしょうか?

怒っている、睨まれている、不満がある、相手を好きではないなどマイナスの印象を伝えることになります。

怒っている



目つきが悪いとどうしても不機嫌な印象を与えてしまい、結果として怒っているのではないか?と相手に思わせてしまいます。

自分は普通の顔をしているのに「怒ってる?」と聞かれることもあるかもしれません。

睨まれている


目つきの悪さは睨まれている時の目と同じ形になります。

そのため自分の事をよく知ってくれている人はいいのですが、見ず知らずの人からは「ガン飛ばされている」「喧嘩を売られている」との印象を受ける場合もあります。

不満がある


目つきが悪いと機嫌が悪いどころではなく、今の状況に不満があると勘違いされることがあります。

会社や学校では上司や先生から注意されて反省しているのに、目つきが悪いために全く反省していない、それどころか不満がある顔をしていると思われます。他にも、デートや友達と遊んでいる時には「本当に楽しい?」「帰りたいの?」と聞けれ、相手につまらないのではないかと思わせてしまうこともあるでしょう。

相手を好きではない


相手に対して興味がない、好きではないなどのメッセージを知らず知らずのうちに送っていることもあります。

目が笑っていないため相手に良い印象を与えません。特に、表情に敏感な子供から自分のことを好きではないんだと勘違いされ、子供から懐かれづらいという悲しい経験をするかもしれません。

目つきが悪いのを直す方法は?



目つきが悪いということには数々の悪い印象があることが分かりましたね。

では、目つきが悪いのを直す方法はあるのでしょうか。目つきを良くする方法、印象美人になる方法についていくつかご紹介します。

視力を良くする


目つきが悪いのは視力が悪いので、物をよく見ようとしてその結果眉間にしわがより目つきが悪くなるといった原因が関係しています。

中には視力が良くなっても癖がついてしまい、目つきが悪いままという方もいます。しかしほとんどの場合、視力を良くすればその癖が直るという方がほとんどですので心配はいりません。

ご自身の視力に合ったメガネやコンタクトレンズをつけたり、レーシックなど視力を回復させる手術をしたりと視力を良くする方法を試してみましょう。

目周りをマッサージする



目が疲れているとどうしてもまぶたが重くなり、目つきの悪さがますます現れてしまいます。少しでも目を大きく見せる為に目の周りをマッサージをして癒しましょう。

指で優しく目の周りを押したり、ホットタオルを目に当てたり、フェイシャルパックをすることで目の疲れを取ることができます。

マッサージする場合には、目の周りは皮膚の中でもとりわけデリケートな部分なので強い力でなく、気持ちがいいと思えるくらいの優しいタッチで行いましょう。毎日行うと効果が出やすいですが、難しければ2、3日に一回でも構いません。続けていく事が大切です。

目元のマッサージに♡おすすめアイクリーム


目元をマッサージする時には、すべりの良いクリームを使って優しくケアしましょう。強い摩擦は肌への負担となり、肌荒れやしわ、シミなどの原因になるので注意です!



POLAのB.Aアイゾーンクリームは、ベストコスメを38冠も受賞している大人気のアイクリーム♡濃密なクリームが肌に密着して、うるおいやハリを与えてくれます。目元の印象力に着目し、立体感やツヤ感のある目元へと導きます。

アイクリーム=エイジングと思っていませんか?20代だからまだいいかな……と目元のケアを先延ばしにすると、トラブルが発生してからでは改善が難しくなることも。なるべく若いうちからアイクリームを使うのがおすすめですよ。

【公式】POLA B.Aアイゾーンクリームを今すぐチェック♡

話すときの姿勢を意識する



話す時にどのような姿勢になっているか考えましょう。目つきの悪い人の多くがアゴを引いて話しているという姿勢が見受けられます。

アゴを引いて話すとさらに睨んでいるかの様に見えてしまい、ますます怖そうなイメージになりかねません。しかしアゴを上げすぎると反抗しているような印象にもなってしまうため、バランスが重要です。顔はまっすぐと意識していればいいでしょう。

1
2

関連記事